何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

萩市

提供: ウィキトラベル
2005年12月22日 (木) 19:56時点における61.210.245.6 (トーク)による版 (観る)
移動先: 案内検索
萩市

Default Banner.jpg

萩市 (はぎし) は、日本の西部、中国地方山口県北部にある都市である。

着く

公共交通機関を使う場合、JR新幹線の新山口駅より、防長交通・JRバス中国の運行する路線バス「はぎ号」を利用するのが一般的。防長交通の「はぎ号」は新山口駅から防長交通萩バスセンター・東萩駅まで約1時間半。

飛行機で

宇部市にある山口宇部空港、または島根県益田市にある萩・石見空港を利用する。萩・石見空港からは石見交通バスが運行しており、防長交通萩バスセンターまで約1時間20分。

電車で

JR山陰本線が通じており、下関・九州方面からは比較的アクセスがよい。山陽小野田市の新幹線厚狭駅から美祢線で長門市駅まで行き、山陰本線の東萩・益田方面に乗り換えるという手もある。

山陰本線の長門市~東萩~益田間は約1~2時間に1本の運行であり、終電も21時頃なので、乗り換えなどには注意が必要。かつては特急「いそかぜ」が運行されていたが、現在は廃止され普通列車のみである。

船で

萩市浜崎にある萩商港からは、見島・大島・相島といった各離島に客船が就航している。特に見島は、天然記念物である見島牛や鬼ようずの風習で有名。

バスで

バスで萩市に入る手段としては、冒頭の「はぎ号」の他、広島からの昼行高速バスや、大阪近鉄上本町駅・あべの橋駅からの夜行高速バス「カルスト号」、東京の京急品川バスターミナルからの夜行高速バス「萩エクスプレス」がある。

車で

関西方面からは、中国自動車道山口インターか、山陽自動車道防府東インターで降り、国道262号、萩有料道路を利用する。山口インターからは萩市内まで約45km、防府東インターからは約55km。 九州方面からは中国自動車道美祢インターで降り、国道435号、490号、262号、萩有料道路を利用する。萩市内まで約35km。

動く

電車で

バスで

観光客と地元住民の利便性の観点から、「萩循環まぁーるバス」という赤い車体のバスが市内各地を運行している。笠山などを除く市内のほとんどの観光名所を網羅しており、料金はどこまで乗っても100円。東回りの「松陰先生」と西周りの「晋作くん」の2ルートがある。

足で

観る

萩市は、かつて長州藩毛利氏36万石の城下町として栄え、また19世紀半ばの幕末、明治維新には吉田松陰・高杉晋作・木戸孝允(桂小五郎)などといった優秀な政治家を多数輩出した。そのため彼らに関する史跡が数多くある。

また、「一楽・二萩・三唐津」という言葉に代表されるように、日本でも有数の陶芸「萩焼」の産地でもある。


松陰神社  
吉田松陰を祭神として1890年に創建。境内には、高杉晋作・久坂玄瑞・伊藤博文・山縣有朋などを教育した松下村塾の建物が残る。
 所在  萩市椿東船津JR「東萩」駅から徒歩15分  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  無料

遊ぶ

買う

食べる

安食堂

中級

高級

飲む

泊まる

安宿

中級

高級

出かける

外部リンク

この記事「萩市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。