何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

砥部陶街道五十三次

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
砥部陶街道五十三次

Default Banner.jpg

これは「旅行プラン」の記事です。

砥部陶街道五十三次は、砥部町内の、砥部焼などに関するスポットを巡るプランである。

分かる

砥部町内にある観光ポイント53カ所を巡り、楽しむスタンプラリー。特に巡り方に順番や決まったことはなく、1日でも数日かけてまわってもよい。


準備する

陶街道五十三次しらべ帖には、スタンプを押す場所があり、記念品にもなるのでおすすめ。

出発する

ポイント一覧

ポイント スタンプの位置 所在地
1 念ずれば花開く百番碑 開花亭東側の朴庵の入口横 砥部町拾町16
2 井上正夫記念館 記念館の入口前方 砥部町拾町117‐1
3 「ようこそ とべ町へ」モニュメント 店の入口横 砥部町拾町154‐1
4 大森彦七 伝説の魔住が窪 地蔵堂正面左側 砥部町重光465
5 赤坂泉 あずまや内 砥部町重光135
6 理正院と麻生の金毘羅さん 納径所の左手の門を入った所 砥部町麻生393
7 水満田古墳公園 西の谷上池の土手を渡った正面 砥部町麻生425
8 愛媛県総合運動公園 公園管理事務所入口横 松山市上野町乙46
9 愛媛県立とべ動物園 入口ゲート横 砥部町上原町240
10 大森彦七供養塔 供養塔正面右側 砥部町宮内1424-1
11 陶壁画と手水鉢 本館と陶壁画の間 砥部町宮内83
12 ミュゼ里山房 入口横 砥部町宮内980
13 えひめこどもの城 砥部町側入口 松山市西野町乙108-1
14 中央公民館の友愛の像 友愛の像横 砥部町宮内1369
15 中央公民館の陶壁画 陶壁画前 砥部町宮内1369
16 砥部町庁舎の四季山水 陶壁画 正面玄関横 砥部町宮内1392
17 文化会館の井上正夫胸像と資料室 会館正面入口横 砥部町宮内1410
18 砥部町陶街道ゆとり公園アリーナへの道 陶板 公園管理棟チケット販売窓口 砥部町千足400
19 とべ温泉 湯砥里館の陶壁画 玄関横 砥部町宮内1902‐3
20 登窯 入口横 砥部町千足359
21 松山南高砥部分校の陶壁画 校門横 砥部町岩谷口7
22 砥部衝上断層 木のつり橋を渡った看板横 砥部町岩谷口450先・大南1891先~1869先
23 岩谷霊岩寺の厨子と須弥壇 霊岩寺正面横 砥部町岩谷182
24 仙波渓谷 散策路途中の休憩所内 砥部町総津1777
25 神の森大橋 神の森大橋の前 砥部町総津1786先
26 陶芸舎とふるさと生活館 陶芸舎(中田窯)の入口横 砥部町総津159‐2
27 道の駅ひろた「峡の館」 峡の館入口横 砥部町総津162‐1
28 山村留学センター 玄関横 砥部町高市1143‐7
29 佐々木酒造の主屋と煉瓦煙突 玄関横 砥部町総津785
30 旧広田支所 玄関横 砥部町総津385
31 長曽池キャンプ場 手前駐車場付近 砥部町総津1485
32 権現山 権現山入口横 砥部町総津1548
33 農村工芸体験館 入口横 砥部町総津117
34 上尾陶石 事務所横の倉庫軒下 砥部町玉谷1685
35 銚子ダム公園 公園のあずまや 砥部町川登3775
36 銚子滝 バス停から10メートルの所 砥部町川登3307先
37 川登水車 橋を渡った右手倉庫 砥部町川登708
38 坪内家 門の横 砥部町川登578
39 川登陶石と砥部陶磁器原料の水簸 工場入口右手 砥部町川登563
40 梅山大登窯(梅野精陶所) 陶器販売所入口横 砥部町大南1441
41 砥石山公園 広場に入って左手奥 砥部町外山965
42 陶里ケ丘 陶里ケ丘中央の通り北端の広場 砥部町五本松885付近
43 陶板の道 武道館跡地前 砥部町大南847先
44 陶祖ケ丘 杉野丈助碑の横 砥部町大南1036
45 砥部町陶芸創作館 入口横 砥部町五本松82
46 初雪盃酒造資料館 入口横 砥部町大南400
47 大宮八幡宮 拝殿付近 砥部町大南317
48 とべ むかしの くらし館 入口横 砥部町大南703
49 大南商店街モニュメント 砥部保育所前の「陶琴の館」内 砥部町大南709
50 手づくり醤油(しょうゆ)工場 入口横 砥部町大南760‐1
51 砥部町商工会館 玄関横 砥部町大南394
52 JA砥部の陶壁画と映写機 陶壁画付近 砥部町大南686
53 砥部焼伝統産業会館 館内 砥部町大南335

まわり終わったら

まわり終わって、スタンプを砥部焼伝統産業会館へ持って行くと、記念メダルや割引券などがプレゼントされる。また、記念メダルは干支の絵が入っているので、毎年デザインが違う。

気を付ける

外部リンク

この記事「砥部陶街道五十三次」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。