何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

歌志内市

提供: ウィキトラベル
2008年9月11日 (木) 12:40時点における木更津乃風 (トーク | 投稿記録)による版 (新規)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索
歌志内市

Default Banner.jpg

歌志内市 (うたしないし) は、北海道空知支庁にある日本で最も人口の少ない市である。


分かる

歌志内市日本で最も人口が少ない市で知られており、クイズのネタ等で登場することもしばしばである。かつては炭鉱で栄えた町であり、最盛期には人口が5万人に届くくらいまでに増加(その時に市制を開始)するが、炭鉱が閉山したことにより人口が減少し、現在は1万人を下回るに至る。市名の由来はアイヌ語のオタウシナイ(「砂の多い川」の意)から転訛している。なお隣町の砂川市は同じ単語で意味の方を市名の由来にしている。

着く

飛行機で

列車で

車で

バスで

船で

動く

列車で

バスで

足で

観る

遊ぶ

かもい岳国際スキー場  
東西計10コースのゲレンデを持つ、空知管内で最も規模の大きいスキー場。かもい岳温泉が併設する。
 所在  字歌神  電話  0125-42-2667  WEB  [1]
 営業時間  Web参照の事  料金  リフト:大人¥280、子供¥170

買う

食べる

郷土料理

なんこ鍋  
馬の腸を味噌で煮込んだもつ煮。
 所在  —

安食堂

中級

高級

飲む

泊まる

安宿

中級

高級

出かける

外部リンク


この記事「歌志内市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。