メインメニューを開く

ウィキトラベル β

桃園県

2015年3月29日 (日) 06:17時点におけるWya (トーク | 投稿記録)による版 (市町村)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

桃園県 (とうえんけん、タオユエン) は台湾北部の県であり、台北県宜蘭県新竹県と接している。人口196万人(2008年12月現在)。


市町村編集

  • 桃園市:県政府所在地で最大の都市。台湾島最西端の、白沙岬燈塔がある。
  • 中壢市:客家人が多く住んでいるため、客家料理屋や客家風の廟などが多い。台湾高速鉄道の桃園駅がある。
  • 平鎮市
  • 八徳市
  • 大渓鎮:西門や永寧からバスで日帰りで行ける。日本統治時代の大渓神社跡(大渓公園内)、武徳殿などの旧跡や老街、大自然いっぱいの大渓橋、地瓜餅やおつまみに最適な豆干などの特産があり、地方風情が好きな方にはおすすめ。また蒋介石・元総統の遺体仮安置所(慈湖)と蒋経国・元総統の遺体仮安置所(頭寮)もある。
  • 楊梅鎮
  • 大園郷:台湾桃園国際空港がある。
  • 龍潭郷
  • 盧竹郷
  • 観音郷
  • 新屋郷
  • 復興郷
  • 亀山郷

その他の旅行先編集

分かる編集

着く編集

列車で編集

車で編集

バスで編集

動く編集

観る編集

遊ぶ編集

食べる編集

飲む編集

気を付ける編集

出かける編集

外部リンク編集


この記事「桃園県」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。