何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

「札幌市」の版間の差分

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
札幌市

Default Banner.jpg

(動く)
(レンタカーで)
101行目: 101行目:
 
===レンタカーで===
 
===レンタカーで===
 
*定山渓を抜けて洞爺湖の方に行くとか、富良野まで足を延ばす予定があるとかであればレンタカーを借りるというのも手だが、札幌市内観光をするのであればレンタカーを借りるほどではない。
 
*定山渓を抜けて洞爺湖の方に行くとか、富良野まで足を延ばす予定があるとかであればレンタカーを借りるというのも手だが、札幌市内観光をするのであればレンタカーを借りるほどではない。
*主だった観光スポットは大半が街の中心部にある為、徒歩でも十分見て回れる程度の距離にあり、札幌ドームや藻岩山、羊が丘など中心部から外れた場所にあるスポットでも地下鉄やバス、市電を利用すれば十分たどりつける場所であり、道内の他の街と異なり便数が少ないという事もない。
+
*道が直線で車で走りやすいという北海道でも札幌市内は別で、主要道路など東京と同様に交通渋滞が発生する上、街中に駐車スペースが充分にあるとは言い難い。その為、市内観光で車を利用するメリットはあまり無い。
*直線で車で移動しやすいという北海道でも札幌市内は別で、要所では交通渋滞が発生する上、駐車スペースについても十分にあるとは言い難い。その為、市内観光で車を利用するメリットはあまり無い。
+
*主だった観光スポットは大半が街の中心部にある為、徒歩でも十分見て回れる程度の距離にあり、札幌ドームや藻岩山、羊が丘など中心部から外れた場所にあるスポットでも地下鉄やバス、市電を利用すれば十分たどりつける場所にあり、道内の他の街と異なり便数が少なく乗り継ぎに苦労するという事もない。
  
 
===歩いて===
 
===歩いて===

2009年7月18日 (土) 01:29時点における版

札幌時計台

札幌市 (さっぽろし) は北海道中西部に位置し北海道庁および石狩支庁の所在地である。政令指定都市として南区西区手稲区北区東区白石区厚別区豊平区清田区および中央区の10区がある。また、その周囲は南から恵庭市千歳市伊達市喜茂別町京極町赤井川村小樽市石狩市当別町江別市および北広島市の11市町村に接している。札幌市役所:札幌市中央区北1条西2丁目 TEL (011) 211-2111(代表)、札幌市観光案内札幌観光協会

名古屋市に次ぐ国内第5の人口があり、北関東以北最大の都市。冬にはさっぽろ雪祭り、夏にはYOSAKOIソーランや花火大会などが行われる。


分かる

概要

札幌市の位置

北海道を代表する都市であるため、各方面へ移動する際の中継点にもなる。 市内の南部は支笏洞爺国立公園に指定されており、豊富な自然が残っている。また、南部には定山渓温泉という温泉街があるが、市内中心部から車で1時間程度かかる。

観光案内所

北海道さっぽろ観光案内所 — 外国人にも対応できる案内所である。  所在  札幌市北区北6条西4丁目 JR札幌駅西コンコース  電話  (011) 213-5088  時間  8:30~20:00、年中無休。

観光文化情報ステーション — 札幌で行われるイベントの宣伝 / 情報提供を行っている。  所在  地下鉄南北線「大通駅」地下コンコース北改札口横  電話  (011) 222-4894  時間  10:00~20:00、年始年末定休。  WEB  [1]  e-mail  [2]

大通公園観光案内所 所在  札幌市大通公園西3丁目  時間  4月〜10月 10:00〜17:00(6月〜8月 18:00まで)

札幌国際プラザ — 外国人向け案内所。  所在  札幌市中央区北1条西3丁目札幌MNビル3階  電話  (011) 211-3678  時間  9:00~17:30、日祝 / 年始年末休館。  WEB  [3]  e-mail  [4]

テレビ塔観光案内所 所在  札幌市中央区大通西1丁目  時間  10:00~21:30

気候

札幌市の平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)-4.1-3.50.16.712.116.320.522.017.611.34.6-1.08.5
降水量 (mm)110.795.780.160.955.151.467.2137.3137.6124.1102.7104.81,127.6
データ出典

着く

ホワイトイルミネーション (大通公園)

飛行機で

千歳にある北海道の空の玄関口の新千歳空港[5]からは約40km、東京大阪名古屋福岡など25空港からの国内線と、ソウル釜山台北香港北京大連上海グアムからの国際線が発着する。札幌駅までは新千歳空港駅からJRの快速列車が15分間隔で運行しており、所要36分、運賃は1,040円。指定席利用の場合は料金300円で、駅の緑の窓口か指定席用自動販売機で購入。また、市内には丘珠空港があり、函館釧路女満別稚内根室中標津といった道内各空港からの短距離便が就航している。丘珠空港は地下鉄東豊線栄町駅へバス5分。

丘珠空港:正式名称は札幌飛行場、防衛省が管理する共用飛行場である。就航路線は次のとおり。

  • 全日空(ANA)-稚内空港(1往復)、女満別空港(2往復)、根室中標津空港(3往復)、たんちょう釧路空港(3往復)、函館空港(5往復)
  • 北海道エアシステム(HAC)-たんちょう釧路空港(2往復)、函館空港(3往復)

地下鉄駅・札幌駅への連絡

  • 北海道中央バスの路線バス丘珠線は、地下鉄栄町駅、地下鉄麻生駅および札幌駅北口経由北海道中央バス札幌ターミナル行き。空港発は6:38、7:33、8:28~(60分毎)~18:28、19:23、20:13、22:04があり、札幌駅まで所要35分、運賃は¥200である。
  • 北都交通空港連絡バスは、地下鉄栄町駅、全日空ホテル経由札幌南口行き。各到着便にあわせて出発する。札幌駅まで所要30分である。

列車で

JR北海道[6] が道内各地からの特急列車を運行しているほか、札幌近郊の都市からは快速・普通列車も便利。また東京・大阪からも寝台特急が運転されている。

道内から

  • 快速「エアポート」 <小樽(32分、620円) — 札幌 — 新千歳空港、30分間隔で運行>
  • 特急「スーパーホワイトアロー」 <旭川(1時間20分) — 札幌、「ライラック」とあわせて30分間隔で運行>
  • 特急「スーパー北斗」 <函館(3時間) — 東室蘭苫小牧 — 札幌、「北斗」とあわせて1-2時間間隔で運行>
  • 特急「スーパーおおぞら」 <釧路(3時間40分) — 帯広 — 札幌、6往復運行>
  • 特急「スーパー宗谷」 <稚内(5時間) — 名寄(2時間20分) — 札幌、「サロベツ」とあわせて3往復運行>
  • 特急「オホーツク」 <網走(5時間30分) — 北見(4時間40分) — 札幌>

本州から

  • 寝台特急「カシオペア」「北斗星」 <上野仙台 — 札幌、各1往復>
  • 寝台特急「トワイライトエクスプレス」 <大阪京都 — 札幌、週4〜7往復>

船で

札幌市内へ直接船で到達することは出来ないが、小樽・苫小牧・室蘭へは以下の都市からフェリーが就航している。

バスで

  • 旭川市・北見市・網走市・紋別市・稚内市・帯広市・釧路市・根室市・函館市・せたな町などの間で高速バスが運行されている。北見・網走・稚内・釧路・中標津・根室・函館の各地からは夜行バスも運行されているため、ホテル代を浮かせたいバックパッカーにはおすすめ。
  • 札幌を中心として主要都市間を移動するのであればバスが値段的にもお得。またJRよりも本数が多いのも特徴である。
  • 新千歳空港からは、市内の主だった地下鉄駅間とを結ぶ高速バスが運行している。真駒内など場所によってはJRで札幌駅まで来てから地下鉄を利用するよりも、高速バスを利用した方が早くて安い場合がある。

車で

  • 一般道:小樽・函館方面から国道5号、滝川・旭川方面から国道12号、苫小牧・室蘭方面から国道36号など
  • 自動車道:道央自動車道(八雲ICから士別剣淵ICまで)の札幌南IC、北郷/札幌ICが、また、札樽自動車道(札幌JCTから小樽IC)の雁来/伏古IC、札幌北/新川IC、札幌西IC、手稲ICが利用できる。

動く

列車で

JR駅があるが、各駅前を動くのでなければ市内を巡るのには列車は不便である。市内巡りには地下鉄がより適し、場所によっては市電 (路面電車) も使用可能。

地下鉄で

  • 札幌市内の観光名所は地下鉄さっぽろ駅~すすきの駅間に集中しており、市内観光を行うのであればこれらの駅が基点となる。但し、土地勘があるのであれば徒歩でも名所めぐりをすることが可能。
  • 観光目的で地下鉄を利用する場合、1DAYカード(¥1,000)を利用するのがお得。これを利用すると札幌市内(手稲や定山渓など一部を除く)を運行する地下鉄、バス、路面電車を1日乗り放題で利用する事ができる。
  • 毎月5日と20日には1DAYカードよりも¥300安いエコキップ(¥700)が購入できて利用する事が可能。これも1DAYカードと同じ交通機関が乗り放題になる。
  • 毎週土日、祝日はドニチカキップというものが売られており、¥500で1日乗り放題となる。三連休などを利用して旅行する場合、これを使うと便利である。

路面電車で

  • 藻岩山のロープウェイ乗り場へ行く場合に路面電車を利用することができる。札幌市中心部からはすすきの(ロビンソン前)と大通公園近くの西4丁目に乗り場がある。
  • 毎週土日、祝日は市電専用一日乗車券「ドサンコパス」が300円で販売されている。この切符では1枚で大人1人とこども1人まで乗り放題である。市電の初乗り運賃が170円なので、2回乗った段階で元を取る計算になり、非常にお得。

バスで

日中の移動に使用可。料金は市内一律¥200である(定山渓や手稲など一部を除く)。現在は北海道中央バス、ジェイ・アール北海道バス、じょうてつバスと夕鉄バスの4社が札幌市内で路線を展開している。路線は市内を縫うように走っていて複雑なので事前に確認のこと。また、効率的に市内観光を行いたい場合には、定期観光バスを利用するのも手である。

タクシーで

市内には観光タクシーを取り扱っているところも数社ある。

レンタカーで

  • 定山渓を抜けて洞爺湖の方に行くとか、富良野まで足を延ばす予定があるとかであればレンタカーを借りるというのも手だが、札幌市内観光をするのであればレンタカーを借りるほどではない。
  • 道が直線で車で走りやすいという北海道でも札幌市内は別で、主要道路など東京と同様に交通渋滞が発生する上、街中に駐車スペースが充分にあるとは言い難い。その為、市内観光で車を利用するメリットはあまり無い。
  • 主だった観光スポットは大半が街の中心部にある為、徒歩でも十分見て回れる程度の距離にあり、札幌ドームや藻岩山、羊が丘など中心部から外れた場所にあるスポットでも地下鉄やバス、市電を利用すれば十分たどりつける場所にあり、道内の他の街と異なり便数が少なく乗り継ぎに苦労するという事もない。

歩いて

さっぽろテレビ塔は札幌市のランドマーク

札幌市の中心街は京都市のように碁盤の目状に区画が分かれており、初めて札幌市を訪れた人にとっては、道なりが同じで似たような景色ばかりが続き目的地へ行くにも困難である。街中を歩くと区画表記で○○条△△丁目という表記を目にするが、これは街の南北を「条」で表し、北○条、南○条の境界に相当するのが大通公園である。例えば北3条というと大通公園から北に3区画目と判断できる。また街の東西を「丁目」で表し、市中心部を流れる創成川を境界に東△丁目、西△丁目と区切られている。で、それら基点にあたる位置にある建造物がテレビ塔であり、街を歩く時には○○条△△丁目という表記を見かけたら「テレビ塔に対してどの辺の位置なのかな?」とある程度の位置の把握になるので覚えておくとよい。

  • 駅近辺以外は歩きだけで目的地に行くのは困難。他の交通機関と併用することを薦める。
  • 札幌市内の主な観光スポット大半はJR札幌駅から地下鉄南北線すすきの駅までの間に集中しており、札幌駅から中島公園まで歩くだけでも赤レンガ庁舎や時計台、テレビ塔、狸小路、すすきのなど観光名所を廻る事は可能。
  • 定山渓など山中であればともかく、街中は起伏が少なくて歩きやすく、冬道で路面が凍結でもしてなければ徒歩でも指して苦労はしないと思われる。
  • 冬の間、地上は路面が凍結していることが良くあるので転倒に注意。大通公園を中心に地下街(オーロラタウン、ポールタウン)があり、雪道が苦手であれば地下街を通って移動するのもあり。
  • 人との待ち合わせ場所として、JR札幌駅南口(アピア)、地下鉄南北線大通駅(ポールタウン入口付近)、南北線すすきの駅(ロビンソン百貨店)が挙げられる。この街で新生活を送るのであればその場所は押さえておきたいところである。


自転車で

雪のない時期であれば自転車を借りての移動も便利である。

  • 札幌駅の東側にある北5西1サイクルポートでは、札幌市が1日500円で自転車のレンタルを行っている。電話:050-3652-9053
  • 市内のホテルではレンタルサイクルを行っているところもある。
  • 中心市街地では路上駐輪の取締りが厳しいので注意すること。
  • 札幌市内は碁盤の目状になっている=交差点の数が多い為、赤信号に引っ掛かりやすく、その度にイライラしてくるかと思われる。敢えて街中を避け、たとえば豊平川沿いのサイクリングロードなどのルートを覚えておくと移動の際にスムーズに進むことができる。

観る

JRタワー  
周辺の再開発により新しくできたJR札幌駅の駅ビルで、それまで市街中心部のシンボルだったテレビ塔よりも高い展望室がある。展望室の男性用トイレはガラス張りになっており、札幌市街を見下ろしながら用をたす事ができる。展望室に登ったのであればこのトイレを利用してみるのも一興である。
 所在  札幌市中央区北5条西2丁目-4丁目、札幌駅ビル内。  電話  (011) 209-5500  WEB  [7]
 開場時間  10:00~23:00(最終入場 22:30分)。  料金  \700
JRタワー


北海道大学  
非常に広大なキャンパスを有する。ポプラ並木やイチョウ並木など散策するだけで独特の雰囲気を味わえる。正門の横にある警備室でキャンパスマップがもらえるので散策する際にはもらっていくとよい。
 所在  札幌市北区北8条西5丁目(札幌駅北口徒歩10分)  電話  (011) 716-2111  WEB  [8]
 開場時間  -  料金  -


赤レンガ道庁 (北海道庁旧本庁舎)  
かつて北海道庁の庁舎として使われていた赤レンガ造りの西洋館。現在は北海道開拓時代の資料館となっており、展示物の閲覧が行える。
 所在  北3条西5丁目  電話  北海道庁:(011) 231-4111  WEB  [—]
 開場時間  8:45~17:00  料金  入館無料。


札幌時計台  
旧札幌農学校演武場として設立された建物で、1世紀あまりの歴史を持つ。札幌市のシンボル的存在。北海道というイメージから時計台は庭園みたいな場所のど真ん中に建っていると思われがちだが、実際はビル群に囲まれた中にぽつんと建っており、知らないでいるとイメージとのギャップに驚くやもしれない。
 所在  札幌市中央区北1条西2丁目(JR札幌駅南口徒歩10分、また地下鉄大通駅徒歩5分)  電話  (011) 231-0838  WEB  [9]
 開場時間  9:00~17:00。毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)及び年末・年始(12/29~1/3)は休館。  料金  大人 200円(団体180円)、小・中学生以下無料。
札幌時計台


大通公園  
札幌市内の中心部、東西約1.5kmに渡って長く伸びた公園。さっぽろ雪祭りやホワイトイルミネーション、初夏に行われるYOSAKOIソーラン祭りの会場としても有名。夏季にはとうきびカーが出店するので、そこで買って食べるとうもろこしやじゃがバターはなかなかいける。
 所在  札幌市中央区大通西1丁目-12丁目。地下鉄東西線・南北線・東豊線「大通駅」下車。
大通公園


さっぽろテレビ塔  
大通公園の東側に位置する高さ147,2mの電波塔。90mの部分に展望台があり、札幌市内が一望できる。
 所在  札幌市中央区大通西1丁目。  電話  (011) 241-1131  WEB  [10]
 開場時間  9:30~21:30  料金  大人700円。
さっぽろテレビ塔


道立近代美術館  
1977年創立の北海道を代表する美術館。北海道にかかわる美術品を中心に所蔵。常設展と特別展が行われる。
 所在  札幌市中央区北1条西17丁目  電話  011-644-6881  WEB  [11]
 開場時間  9:30~17:00(入場は16:30まで)  料金  料金問い合わせ011-644-6882


知事公館  
道立近代美術館に隣接し、そのうち北側の部分が公園として一般に公開されている。
 所在  札幌市中央区北1条西16丁目  電話  011-611-4221  WEB  [12]
 開場時間  8:45~17:30  料金  無料


道立三岸好太郎美術館  
知事公館、近代美術館に隣接するもうひとつの美術館。モダニズムを代表する画家のひとりである三好の作品を所蔵、展示している。
 所在  札幌市中央区北2条西15丁目  電話  011-644-8901  WEB  [13]
 開場時間  9:30~17:00(入場は16:30まで)  料金  大人450円、高大学生220円 ※特別展は別途設定


大倉山ジャンプ競技場  
「大倉シャンツェ」と呼ばれていた1932年開場のスキージャンプ場で、ジャンプ競技大会が行なわれている。
 所在  札幌市中央区宮の森(地下鉄円山公園駅からタクシー1080円)
大倉山ジャンプ競技場
 


羊ヶ丘展望台  
牧場であるが展望台で、クラーク博士の像が立っている。札幌市街や札幌ドームを眺めることができる。
 所在  北海道札幌市豊平区羊ヶ丘(地下鉄福住駅からバス)  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  500円(バス利用者は車内で徴収)。
羊ヶ丘展望台


藻岩山  
標高531mの山で、夜間には山頂から札幌の夜景を見る事のできる夜景スポットである。
 所在  札幌市南区(路面電車「ロープウェイ入口」徒歩8分、ロープウェイ5分)  WEB  [14]
藻岩山


成田山 新栄寺  
北海道三十三観音霊場第九番札所。真言宗智山派の寺院で本尊は大聖不動明王、札所本尊は不空羂索観世音菩薩。1885年に創建。(第十番札所は石狩市「立江寺」)
 所在  中央区南七条西三丁目2  電話  (011) 511-0927  WEB  [15]
 開場時間    料金  


東海大学札幌校舎  
東海大学(旧北海道東海大学)のある南沢は道内におけるラベンダー発祥の地(実は富良野ではなく)ということもあり、数年前より校内でラベンダーの植栽が進められてきた。現在では約3600株のラベンダーが植えられ、シーズンの7月には一般公開もされている。札幌に行く用事はあるもののラベンダーを見に富良野まで足を延ばすことまでできないという人や、車で定山渓方面に行くついでに見てみたいという人は寄ってみるといいかもしれない。
 所在  南区南沢5条1丁目  電話  011-571-5111(東海大札幌キャンバス)  WEB  [16]
 開場時間  -  料金  -

遊ぶ

定山渓温泉  
札幌の奥座敷といわれる温泉、日帰り温泉も楽しめる。
 所在  南区定山渓(札幌駅からバスで約1時間10分)


札幌国際スキー場  
スキー、スノーボードが楽しめる。札幌市中心部から車で1時間程度。
 所在  札幌市南区定山渓937番地先(札幌駅よりバスで60分)  電話  (011) 598-4511、ゲレンデ:(011) 598-4560  WEB  [17]
 営業時間  12月半ばから5月のゴールデンウィーク期間  料金  初滑り券(大人1日券)3,000円。


札幌ドーム  
サッカーや野球での利用が可能で、目的に応じて天然芝と人工芝の入れ替えが可能な多目的ドーム施設である。一般公募で決まった愛称はHiroba。2002年のサッカー日韓W杯でイングランドvsアルゼンチン戦が行われた会場としても知られ、普段はJリーグ「コンサドーレ札幌」やプロ野球「日本ハムファイターズ」の本拠地として利用される。他にもスポーツではプロレスやXスポーツ、ミュージシャンのコンサート等のイベントが行われる。
 所在  札幌市豊平区羊ヶ丘1番地(札幌市中心街から地下鉄で25分、福住駅から南に徒歩10分程度)  電話  -  WEB  [18]
 営業時間  -  料金  試合により異なる


サッポロファクトリー  
サッポロビールの工場跡を改築したモール。創業当時の味を再現したサッポロビールが飲める。
 所在  札幌市中央区北2条東4丁目(地下鉄バスセンター前駅8番出口徒歩5分、JR札幌駅徒歩12分)  電話  (011) 207-5000  WEB  [19]
 営業時間  -  料金  無料、駐車場無料/1時間。

買う

  • 札幌市街地でショッピングを楽しむとするならば、ヨドバシカメラや大丸が集中するJR札幌駅前、札幌駅から大通公園までの駅前通り沿い、地下街のオーロラタウンとポールタウン、狸小路が挙げられる。
  • 駅前にはヨドバシカメラやビックカメラなどの家電・パソコン店や、大丸やLoftなどのデパート、紀伊国屋などの書店があり不自由しない。大通公園から南側のエリアにも、丸井今井などのデパート、狸小路商店街などがある。
  • お土産を買うにしても市内各所にお土産屋があるので特に不自由しない。地下街のポールタウンやオーロラタウンにも様々なお店が出店しているので見て廻るのもよい。
  • 他、ショッピングスポットとしてJR新札幌駅周辺などが挙げられるが、品揃えは発寒ジャスコが一番である。


狸小路  
地下街に直結したアーケードで、古い店と新しい店が混在し、ドンキホーテなどの大型店やお土産屋、個人経営のお店などが軒を並べる。全長約1km。
 所在  地下鉄大通駅・すすきの駅間の地下街(ポールタウン)、エスカレーターを上る。


ロイズ  
チョコレートの会社。生チョコレートのほか、甘さとしょっぱさの程よいポテトチップチョコレートや、ウエハースが人気。
 所在  市内デパートなど  WEB  [20]


食べる

おすすめ

やきとうきび (焼きとうもろこし)  
春から秋にかけての、札幌市の名物の一つ。北海道の人の話では「とうもろこしは、収穫してから半日くらいの間に調理しないと、糖度が急速に落ちてしまう。だから、本当にうまいとうもろこしは、産地の北海道でしか味わえない」とか。値段も200円程度と格安。
 所在  大通公園などの出店で。


じゃがバター  
夏季、大通公園のとうきびワゴンで焼きとうきびと一緒に売っている、北海道の名産品の一つであるじゃがいもを蒸かしたもの。塩とバターが付いて¥200で売っている。
 所在  大通公園の出店で。

安食堂

とうきびワゴン  
夏季限定。大通公園に出店する露天販売で北海道名物のとうきび(とうもろこし)じゃがバターを販売している。他、かき氷やラムネなども売っている。
 所在  大通公園  WEB  [—]


北欧 (HOKUO)  
札幌市営地下鉄駅の大半には出店していると思われるパン屋さん。その昔、工場が火事で規模が縮小するといったこともあったが、現在は東京都内等にも出店するまでに成長。札幌市内で安く昼食を済ませようとする時のお供である。
 所在  札幌市内各所、他。

中級

ラーメンが有名[21]。500~1,200円程度。


元祖ラーメン横丁  
元々は通りに面してラーメン屋が軒を連ねていたが、札幌冬季五輪の際の道路拡張でビルの1Fに移動した。観光客には昔からよく知られた観光スポットだが、近年では地元の人の取り込みに苦労している様子がHPの文面から窺える。
 所在  札幌市中央区南五条西3丁目8第4グリーンビル1F(地下鉄すすきの駅下車すぐ)  電話  -  WEB  [22]
 営業時間  10:00頃〜翌05:00(店舗による)  予算  700円〜2,000円前後(店舗による)。
元祖ラーメン横丁


サッポロビール園  
元々は同じ敷地内で実際にビールを製造していたが、現在は製造は恵庭市の工場に集約された。ジンギスカンとビールを楽しむことができる。
 所在  札幌市東区北7条東9丁目2-10(JR苗穂駅北側、徒歩10分程度またはJR札幌駅タクシー10分程度)  電話  0120-150-550  WEB  [23]
 営業時間  11:30~22:00  予算  3,000円前後(メニューによる)。

高級

飲む

すすきの  
大通公園より南、西1丁目〜6丁目あたりにかけて広がっている、北海道を代表する歓楽街。付近一帯に、多数の飲食店や風俗店などが集まっている(右の画像はすすきのビル)。[24]
 所在  大通〜南9条、西1丁目〜6丁目界隈、地下鉄すすきの駅下車。
すすきの

泊まる

中心市街地

安宿

すすきのからさらに南側に、1泊シングル1名3,000~5,000円台のホテルが固まってある。また、すすきの近辺にはカプセルホテルもある。


スパサフロ  
大きいスパやカプセルホテル。男女は階を違えて入浴・宿泊できる。元サウナ北欧クラブ。
 所在  中央区南6西5(すすきの)  電話  男性:(011) 531-2233、女性:(011) 531-2424  WEB  [25]
 e-mail  [26]
 時間    料金  (入浴料込)男性:平日・日・祝3,800円 / 金土祝前日4,300円、女性:平日・日・祝4,100円 / 金土祝前日4,600円。

中級

駅周辺のホテルは1泊シングル1名でも4,000円台~8,000円程度とばらつきがある。観光案内雑誌(じゃらんなど)を見て予約すると、割引になるホテルもある。

高級

ホテルニューオータニ札幌  
札幌駅と大通り公園の中間に位置して、時計台・赤レンガも徒歩圏内で観光とビジネスに最適。
 所在  札幌市中央区北2条西1-1-1 ( JR札幌駅徒歩8分 ) 地下鉄さっぽろ駅22番出口徒歩1分。  電話  (011) 222-1111
 FAX  (011) 222-5521
 WEB  [27]
 時間  チェックイン 13:00 チェックアウト 11:00   料金  インターネット滞在時間限定プラン(18:00~9:00)¥5.000~、朝食¥1.500、朝食付プラン¥7.000~、駐車場1泊¥1.050。


京王プラザホテル札幌  
 所在  札幌市中央区北5条西7丁目2-1(JR札幌駅徒歩5分)  電話  (011) 271-0111
 FAX  (011) 271-7943
 WEB  [28]
 時間  チェックイン 13:00 チェックアウト 11:00   料金  10,000円前後~、ベビーベッド無料、客室ネット接続無料、駐車場滞在中1,000円。


ホテルオークラ札幌  
 所在  札幌市中央区南1条西5丁目(JR札幌駅徒歩15分 / タクシー5分、地下鉄「大通」駅3番出口徒歩1分)  電話  (011) 221-2333
 FAX  (011) 221-0819
 WEB  [29]
 時間  チェックイン 13:00 チェックアウト 12:00   料金  10,000円前後~、ベビーベッド無料、駐車場1泊1,000円。

気をつける

  • ススキノ地区での客引き行為。地下鉄すすきの駅から地上に出ると「客引きに関する注意」を促す看板がある前で堂々と客引きをしているのを見かけるほど客引きが多かったが、一時期に比べ少なくなったとは言え、いまだに客引きを見かける。これは条例で禁止されている行為であり、客引きについていくと事前の説明と異なり、高額な飲食代を請求される場合があるので絶対についていってはならない。最近では規制が厳しくなったことで、居酒屋で観光客を装って近づき、客の警戒心解いて打ち解けたころを見計らって「お勧めの店がある」と言ってボッタクリ店に連れ込むケースが見られる。この手の人間については札幌に限らず国・地域関係なく、はなから相手にしないのが無難である。
  • 2005(平成17)年8月1日から、札幌市内全域で、たばこの吸い殻や空き缶などのポイ捨てが条例で禁止されている。また、指定された区域では、歩きたばこ(携帯灰皿での喫煙を含む)なども条例違反となる。違反者には罰則が適用となり、1,000円の過料が課されるので注意。
  • 札幌駅付近では短時間でも放置自転車やバイクは条例により撤去される場合があり、駐輪場も有料となっている。

出かける

  • サッポロビール北海道工場は南に隣接する恵庭市にあり、サッポロビール庭園駅が最寄。サッポロビール庭園駅へは千歳線で35-50分。工場見学、試飲ができる。
  • 札幌から北西に30km程の位置に港町小樽がある。札幌駅から函館本線を利用して45分程度で到着する。
  • 最近話題の夕張は東へ約60km、夕張鉄道バスで札幌駅前から1時間40分、運賃は¥1,650である。