何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

戦争遺跡を巡る

提供: ウィキトラベル
2018年3月23日 (金) 17:22時点におけるたぬき (トーク | 投稿記録)による版 (防空壕など)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索
戦争遺跡を巡る

Default Banner.jpg

これは「旅のテーマと主な目的地」の記事です。

戦争遺跡を巡るでは、戦争時の軍事施設や平和公園など、戦争に関わる場所を紹介する。

尚、この項目では、第二次世界大戦など、明治維新以後の戦争遺跡を主に解説している。江戸時代以前の合戦の跡などは、「古戦場を巡る」を参照されたい。

一覧[編集]

軍事施設[編集]

  • 田子特攻基地跡 — 大東亜戦争末期の1945年に、敵艦隊に魚雷を抱いて体当たりする ベニヤ板の特攻艇「震洋」を格納するため作られた洞窟群である。実際には終戦などにより使用されることは無かったが、貴重な戦争遺産である。  所在  静岡県西伊豆町田子地区 地図
  • 知覧特攻基地跡 — 若くしてここから帰らない兵士が飛び立った。当時食堂を経営していた親代わりの女性は亡くなったが、その意思を継いだ人も多い。  所在  鹿児島県南九州市

防空壕など[編集]

被災建築物[編集]

平和公園・記念碑[編集]

気をつける[編集]

  • 戦争遺跡は戦争体験を伝える重要な遺跡である。戦後60年を経て老朽化が進んでいるにも関わらず、保存措置などが行われておらず、危うい状態に置かれている場所も多い。不用意な行動によって、遺跡を傷つけてしまうこともある。そのようなことがない様、注意深く観光すべきである。
  • 戦争遺跡自体は私有地にある場合も多い。その場合は、私有地に入らず外から観る、もしくは所有者の許可を得てから中に入る必要がある。そこにあるからと言って、むやみに入り込んで観光することはトラブルの基である。注意したい。
  • 戦争遺跡によっては、慰霊の意味が強い場所も多い。不用意な行動や不用意な発言などで遺族感情を傷つけ、トラブルとなることもある。場所の特性を考え行動したい。
  • 左右ともに政治思想に染まっている人が暴言、暴力的になって対立派にヘイトを行う例も増えている。特に広島市長崎市東京/千代田の靖国神社周辺、沖縄本島で顕著である。極力政治的な話は避けることである。

外部リンク[編集]