何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

岸和田市

提供: ウィキトラベル
2019年8月18日 (日) 11:49時点におけるShoestring (トーク | 投稿記録)による版 (出かける: +{{Titleicon}})
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索
岸和田市

Default Banner.jpg

岸和田城

岸和田市(きしわだし)は大阪府の泉州地方にある泉南地域最大の都市。 大阪府岸和田市公式ウェブサイト


分かる[編集]

概要[編集]

中世以降、岸和田藩の城下町を中心に発展してきた。大阪府の南部、泉南地域の中心都市で、府の出先機関や企業の支店などが多数置かれている。山車の前方に付けた100mほどの2本の綱を、500人程度の曳き手が時に速度を乗せたまま方向変換しつつ、地元の町を駆け抜ける勇壮な「岸和田だんじり祭」で有名。全国的にも広く知られた祭りであり、開催期間中は毎年60万人前後の観客で賑わう。

観光案内所[編集]

  • 岸和田市観光振興協会 所在  岸和田市本町11-23。だんじり会館内。  電話  (072) 436-0914  FAX  (072) 436-0915  時間  10:00~17:00  WEB  [1]  e-mail  [2]

着く[編集]

飛行機で[編集]

関西国際空港から南海電気鉄道南海本線又はJR阪和線で岸和田市内各駅へ。

蛸地蔵駅

列車で[編集]

大阪市方面から

  • 南海電気鉄道南海本線、春木駅 - 和泉大宮駅 - 岸和田駅 - 蛸地蔵駅 。
  • JR阪和線、久米田駅 - 下松駅 - 東岸和田駅 。

車で[編集]

バスで[編集]

船で[編集]

動く[編集]

別寅かまぼこの城内寮

列車で[編集]

バスで[編集]

主な路線バスは、南海ウイングバス南部。


ローズバス — 地域バスの「地域巡回ローズバス」で、車いすによる乗車も可能である。南海岸和田駅が起点で、1日6便。また、JR下松駅にも連絡しており、左回りコースのバス利用で所要時間が約20分。  所在  岸和田市内  時間  運行時間は月曜日から土曜日の日中のみで、日祝日は運休。  料金  大人・・・¥100。子供・・・¥50。障がい者・・・大人¥50。子供・・・¥30。  WEB  [3]

足で[編集]

岸和田城周辺の名所は岸和田駅~蛸地蔵駅間の駅近くに集積しているので、どちらかを起点にすると良い。車の場合も岸和田城のすぐ横を通る204号線沿いにある有料市営駐車場か北側に位置する市役所の有料駐車場もあるのですぐに散策ができる。

岸和田城周辺の岸城町は城下町らしい古い街並みが多く残されていて、内部非公開であるが武家屋敷も現存する。また城下町を散策すると寺田財閥ゆかりの瀟洒な建物、別寅かまぼこの城内寮の庭木や他にも目を引く建築物や風景が非常に多い。

岸和田城西側の204号線を越えて更に進むと紀州街道が通っており、道沿いにも、寺社、町屋、近代建築物など趣のある街並みが形成されている。

岸和田駅西側、真っ直ぐに岸和田駅前商店街、岸和田本通り商店街が延びて、商店街を抜けるとベイサイドモールがあり非常に活気がある通りである。この商店街に古い商店を残す城見橋筋商店街や大人がゆっくりとした時間が過ごせる商店街に生まれ変わった、かじやまち(旧岸和田中央商店街)が接続されている。近年、シャッター通りが増えている町の商店街が多い中、岸和田駅周辺は活気があり、また新しい試み行われて町歩きが非常に楽しい町である。

観る[編集]

南海本線岸和田駅・蛸地蔵駅沿線[編集]

岸和田城周辺[編集]

岸和田城  
別名、千亀利城(ちきりじょう)。岸和田城は元弘4年(1334年)楠木正成が一族の和田高家を派遣し和泉国府の南の守りとして築城させた岸和田古城が前身(現在の岸和田市野田町1-6)。元々、岸と呼ばれる地域に築城したこともあって岸の和田城と呼ばれるようになり、いつしか「岸和田」に変化していったと伝わる。元亀から天正年間に松浦肥後守が城主であった頃に現在地に移転。天守閣は文政10年(1827年)に焼失したが昭和29年(1954年)に市民の寄付などにより再建。現在は多角的に利用され、結婚式なども行われる。市名由来にもなっている岸和田のシンボルである。

諸葛孔明の「八陣法」をテ-マに作庭された、天守閣前の「八陣の庭」が美しく、大阪みどりの百選に選ばれている。

 所在  岸和田市岸城町9-1。南海本線蛸地蔵駅下車徒歩10分。  電話  (072) 431-3251  WEB  [4]
 開場時間  10:00~17:00(入場は16:00迄)。  料金  天守閣¥300、中学生以下無料。岸和田城・だんじり会館・きしわだ自然資料館3館共通券¥700。
岸和田城


岸城神社 (きしきじんじゃ)  
正平17年(1361年)地元民が五穀豊穣を祈って神明社を築いたのが始まりとされる。岸和田城の東側に鎮座し、城の鎮守の神である。毎年行われる、だんじり祭の時には、14台のだんじりが、宮入をする。
 所在  岸和田市岸城町11-30 。南海本線蛸地蔵駅又は岸和田駅下車。  電話  (072) 422-0686  WEB  [5]
 開場時間    料金  参拝自由。
岸城神社


五風荘 (ごふうそう)  
旧岸和田城主岡部氏の新御茶屋跡で岸和田城の南側に隣接している。紡績業などで財をなした寺田利吉が昭和4年から10年をかけて作った邸宅で約8,000平方メートルの敷地に主屋と「山亭」など三つの茶室、回遊式の日本庭園がある。

「公共の文化財の新たな保存と活用法」として2009年9月10日に「がんこ岸和田五風荘」としてオープン。

 所在  岸和田市岸城町18-1。南海本線蛸地蔵駅下車。  電話  (072) 438-1152  WEB  [6]
 開場時間  11:00~22:00。  料金  
五風荘


自泉会館  
昭和7年、岸和田紡績の社長、寺田甚吉が設立した会社の社交場。1943年(昭和18)岸和田市に寄贈。建築家、渡辺節による設計で昭和初期に流行ったスパニッシュ様式の建物で登録文化財に指定されている。現在はギャラリーや多目的ホールとして利用されている。正面に市役所の駐車場あり(最初の1時間無料)。
 所在  岸和田市岸城町5-10。南海本線岸和田駅下車。  電話  (072) 437-3801  WEB  
 開場時間  10:00~22:00。  料金  
自泉会館


岸和田だんじり会館  
だんじりの資料館。だんじりの華である大工方(屋根の上に乗る人)、やり回しなどを体験できる施設やだんじりに乗っている気分が味わえる3Dシステム、祭りの情景を大迫力で見せる27面マルチビジョンがある。
 所在  岸和田市本町11-23。南海本線蛸地蔵駅下車徒歩7分。  電話  (072) 436-0914  WEB  
 開場時間  10:00~17:00(入場は16:00迄)。  料金  大人¥600、子供¥300。
岸和田だんじり会館


蛸地蔵駅  
大正3年4月1日に開業のステンドグラスが美しいレトロな駅舎。ステンドグラスには天性寺に伝わる蛸地蔵伝説の絵巻から蛸と一緒に敵軍と戦う法師が描かれている。
 所在  南海本線蛸地蔵駅。  電話    WEB  
 開場時間    料金  
蛸地蔵駅

紀州街道沿い周辺[編集]

紀州街道  
かつて紀州徳川家の参勤交代のために整備された大阪と和歌山を結ぶ、総延長50kmの街道。街道沿いには趣のある本瓦葺き、出格子の伝統的な造りの家が軒を連ねており、家の由緒などが書かれた看板が架けられている。歴史の道に相応しい町にするために、地元住民による様々な景観作り活動が行われて、建設省から「手作り郷土賞」を受賞している。また城下町の古い街並みだけではなく、大正から昭和初期の近代建築物も多く残されている。
紀州街道


岸和田まちづくりの館  
紀州街道沿いにある公民館で、1Fロビーを観光客にも解放されている。ボランティアが常駐しており、お茶のサービスや町の見所などを説明してくれる。
 所在  岸和田市本町8-8。南海本線蛸地蔵駅下車。  電話  (072) 433-3511  WEB  
 開場時間  9:00~21:00。  料金  無料。
岸和田まちづくりの館


光明寺  
創建不詳。現在地に元亀2年(1571年)寺堂を中興したと伝わる。光明寺が岸和田城伝馬口門と西大手門を固める要衝であった。城の周辺に寺院が多く配置されているのは、合戦時、寺を陣屋にするなど、軍事的意図があったのではないかと考えられている。紀州街道沿いにある。
 所在  岸和田市本町15-25。南海本線蛸地蔵駅下車。  電話  (072) 422-0930  WEB  
 開場時間    料金  参拝自由
光明寺


天性寺  
火災により創建年など不詳。「聖地蔵尊縁起絵巻」による伝説では、天正年間に紀州勢が岸和田に攻め込んで来た。多勢に無勢で岸和田城は落城寸前であったが、一人の白法師と無数の蛸が現れ、敵を倒し退却させた。その数日後、城の堀から無数に傷を負った地蔵が発見され、城内に大切に収められた。その後、一般の人にもその御利益を受けられるように当寺に移されたと伝わる。日本最大の地蔵堂として有名で伝説から「蛸地蔵」と呼ばれている。紀州街道から参道が延びている。参拝者用駐車場なし。
 所在  岸和田市南町43-12。南海本線蛸地蔵駅下車。  電話  (072) 422-0773  WEB  
 開場時間    料金  参拝自由。
天性寺


きしわだ自然資料館  
岸和田のおいたちや身近な自然について紹介する博物館。建物は昭和初期に建築された旧寺田銀行の外観をを活かした近代建築である。
 所在  岸和田市堺町6-5。南海本線蛸地蔵駅又は岸和田駅下車。  電話  (072) 423-8100  WEB  
 開場時間  10:00~17:00(入場は16:00迄)。  料金  大人¥200、中学生以下無料。
きしわだ自然資料館


旧和泉銀行本店 (C.T.L.BANK)  
渡辺節設計による昭和8年建設の和泉銀行本店跡で登録有形文化財に指定されている。銀行の役目を終えた後、手付かずであったが現在は地元有志によって維持され、多目的スペースとして利用されている。紀州街道に面している。
 所在  岸和田市北町14-3。南海本線岸和田駅下車。  電話    WEB  
 開場時間    料金  観覧無料。
旧和泉銀行本店


旧四十三銀行 (成協信用組合岸和田支店)  
大正8年に、旧四十三銀行として建てられた赤煉瓦が美しい近代建築物。設計者は不明であるが、作風からして近代建築の巨匠、辰野金吾ではないかという説がある。現役の建物で紀州街道に面している。
 所在  岸和田市魚屋町2番1号。南海本線岸和田駅下車。  電話    WEB  
 開場時間    料金  
旧四十三銀行


ふぐ博物館  
日本ふぐ研究会の会長を務め、ふぐ研究の世界的権威である北濱喜一氏(だんじりにも造詣が深い)が、「ふぐ中毒の絶滅」を目的に作られた博物館。長年に渡る研究調査標本、民芸品、美術工芸品が展示されている。フグ料理店「喜太八」隣接。
 所在  岸和田市北町10-2 。南海本線岸和田駅下車。  電話  (072) 422-3929(要予約)  WEB  
 開場時間  10:00~15:00。休館日火曜。  料金  無料。
ふぐ博物館


本徳寺  
明智光秀の子、南国梵桂が開基と伝わる。もと貝塚市鳥羽にあった海雲寺が、岸和田藩主岡部行隆の命で現地に移し、寺号を本徳寺と改めた。教科書などに掲載されている明智光秀の肖像画と位牌が安置されていることで有名。
 所在  岸和田市五軒屋町9-13。南海本線岸和田駅下車。  電話  (072) 422-1083  WEB  
 開場時間    料金  

JR阪和線沿線[編集]

久米田寺 (くめだでら)  
行基が建立した四十九院の一つ。天平10年(738年)門前に広がる灌漑用の池「久米田池」を管理するために建てた隆池院が始まりとされる。境内は広く、金堂(府指定史跡)、開山堂(行基堂)、御影堂(大師堂)、聖天堂、観音堂、大門、多宝塔など見所は多い。桜と菜の花の名所。参拝者用駐車場あり。
 所在  岸和田市池尻町934。JR阪和線久米田駅下車。  電話    WEB  
 開場時間    料金  参拝自由。
久米田寺


久米田池 (くめだいけ)  
広さ45.6ha、周囲2.6kmの大阪府最大の池。水源の乏しい地域のため、聖武天皇が行基に勅命し、神亀2年(725年)から天平10年(738年)の14年の歳月をかけて完成したと伝わる。
 所在  久米田寺隣接。
久米田池


久米田池交流資料館  
久米田池にまつわる歴史的資料を展示している。
 所在  岸和田市池尻町671-11。  電話  (072) 444-2272  WEB  
 開場時間  10:00~17:00。  料金  


久米田古墳群  
久米田寺西側に位置する6基からなる古墳群。市の史跡公園として整備されている。ちなみにこの周辺は元プロ野球選手の清原和博の地元である。
 所在  岸和田市池尻町。

岸和田市郊外[編集]

積川神社 (つがわじんじゃ)  
和泉国四宮。創建の詳細は不詳であるが崇神天皇の御世と伝わる。鳥居に架かる「正一位 積川神社」と書かれた額は白河上皇が書いた物とされており大阪府指定文化財である。本殿は慶長7年(1602年)豊臣秀頼が片桐旦元に命じ、大修理を加えたと伝わる桃山建築で、国指定重要文化財。
 所在  岸和田市積川町350番地。  電話  (072) 479-0134  WEB  [7]
 開場時間    料金  参拝自由
積川神社


大威徳寺 (だいいとくじ)  
役行者による開基と伝わる天台宗の古刹で、牛滝寺とも呼ばれている。多宝塔は国の重要文化財に指定されている。紅葉の名所として有名で11月には「牛滝山もみじまつり」が催される。
 所在  岸和田市大沢町1178。南海本線岸和田駅またはJR久米田駅から南海バスで「牛滝山」下車徒歩すぐ。  電話  (072) 423-2121(岸和田市商工観光課)  WEB  
 開場時間  9:00~17:00  料金  

遊ぶ[編集]

岸和田だんじり祭  
岸和田市の秋の風物詩にして、最大の祭りで「岸和田のカレンダーは9月から始まる」と言われるほどである。毎年二日間で60万人の観光客が訪れ盛大に行われる。起源は定かではなく市内の各地域に寄っても異なり、各町のだんじりがそれぞれの氏神社に宮入りし、五穀豊穣・無病息災などを祈願する。基本的に「地車」(だんじり)と呼ばれる山車を曳き町中を疾走する祭りで非常にエキサイトだが、けが人や建物にきずがつくこともある。だんじり祭自体は岸和田独自の物ではないが、重心が下にある岸和田型の「下だんじり」によるやりまわしと呼ばれるコーナーリングが見所である。市内のだんじり会館で資料が見られる。
 所在  岸和田市内各地域。
岸和田だんじり祭


岸和田競輪場  
競輪場。
 所在  岸和田市春木若松町22-38。南海本線春木駅下車。  電話  (072) 422-4846  WEB  [8]
 営業時間    料金  一般入場料¥50。


岸和田市中央公園  
市営の都市公園。廃止された春木競馬場の敷地跡地にあり、スポーツ広場、テニスコート、プール、体育館、フィーエルヤッペンの競技場などを擁する。敷地内には明治初期に建設された学校建築の登録有形文化財である、旧岸和田村尋常小学校校舎が移築されている。
 所在  岸和田市西之内町8。南海本線春木駅又はJR阪和線久米田駅下車。  電話  (072) 444-4371(中央公園管理棟)  WEB  [9]
 営業時間    料金  


蜻蛉池公園 (とんぼいけこうえん)  
府営の都市公園。
 所在  岸田和市三ヶ山町大池尻701。  電話  (072) 443-9671  WEB  [10]
 営業時間    料金  有料駐車場600台


天然温泉・だんぢりの湯  
スーパー銭湯。だんじり好きな方にはたまらないお風呂。館内の液晶モニターには、だんじり曳行の映像が掛け流し状態。
 所在  岸和田市八幡町4-57。南海本線春木駅下車、北西へ徒歩約3分。  電話  (072) 431-2611  WEB  
 営業時間  19:00~3:00(最終受付2:00)  料金  レギュラー・中学生以上¥350、子供¥130(11歳~6歳)、5歳以下¥50。


天然温泉・スパリゾートリバティ千亀利の湯  
源泉掛け流しのスーパー銭湯。露天風呂、壷風呂、大源泉風呂、古代檜風、漢方薬湯、ジェットバス、冷水風呂、温泉プール、遠赤外線サウナ、ゲルマニウムサウナなど、沢山の浴槽がある。宿泊施設もある。
 所在  岸和田市並松町25-17。JR東岸和田、南海岸和田駅から送迎バスあり。  電話  (072) 423-1126  WEB  [11]
 営業時間  年中無休オールナイト。  料金  大人¥1,890、小人¥945。


牛滝温泉いよかの郷 (うしたきおんせん)  
天然温泉。
 所在  岸和田市大沢町1156。  電話    WEB  [12]
 営業時間    料金  

買う[編集]

岸和田カンカンベイサイドモール  
岸和田だんじり祭の見所の1つである「カンカン場」の前にあるショッピングセンター、アウトレットモール。映画館もある。
 所在  岸和田市港緑町3-1。  電話    WEB  [13]
 営業時間    値段  


岸和田駅前商店街  
だんじりが駆け抜ける商店街。だんじりが走るコース内であるため、アーケードの高さは日本一。
 所在  岸和田市宮本町6-18。 南海本線岸和田駅下車。  電話  (072)439-4072  WEB  [14]
 営業時間    値段  


ラパーク岸和田  
長崎屋がキーテナントのショッピングセンター。岸和田競輪と隣接している。
 所在  岸和田市春木若松町21-1。南海本線春木駅下車。  電話  (072)433-3810  WEB  [15]
 営業時間  10:00~20:00  値段  


道の駅 愛彩ランド  
6月から8月上旬は「世界一甘い桃」としてギネス世界記録に認定された桃目当てに行列ができる。
 所在  岸和田市岸の丘町3-6-18  電話  (072) 444-8002  WEB  [16]
 営業時間  定休日k 水曜  値段  

食べる[編集]

安食堂[編集]

小藤食堂  
定食屋。
 所在  岸和田市下野町3丁目10-28。  電話  (072) 237-1632  WEB  
 営業時間  10:30~19:30。  予算  


ふみや食堂  
定食屋。
 所在  岸和田市港緑町7-10。  電話  (072) 237-1632  WEB  
 営業時間  10:30~19:30。  予算  


Cafe NO-DA  
醤油ベースのオムライスが名物。
 所在  岸和田市岸城町4-21。  電話  (0724) 30-3737  WEB  
 営業時間  10:00~21:00  予算  オムライス ¥300

中級[編集]

ステーキハウスLOG  
ログハウスのリーズナブルなステーキハウス。
 所在  岸和田市池尻町384-4。  電話  (072) 444-0007  WEB  
 営業時間  11:00~15:00、17:00~22:00  予算  ステーキランチ、¥1,250~¥2,000。


泉州やさいのビュッフェ&カフェ  
農産物直売所「愛彩ランド」に併設の泉州野菜を使ったビュッフェレストラン。
 所在  岸和田市三ヶ山町280-55。  電話  (072) 444-8003  WEB  [17]
 営業時間  11:00~15:00、定休日 水曜  予算  ランチバイキング 大人¥1,250

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

アパホテル関空岸和田  
 所在  岸和田市宮本町3-19。岸和田駅下車。  電話  (072) 433-7111  WEB  [18]
 時間    料金  


ステーションホテルみやこ  
 所在  岸和田市宮本町17-20。岸和田駅下車。  電話  (072) 423-7772  WEB  [19]
 時間    料金  


中級[編集]

岸和田シティホテルプリンセス  
 所在  岸和田市沼町17-1。岸和田駅下車。  電話  (072) 438-7810  WEB  [20]
 時間    料金  


高級[編集]

出かける[編集]


Wikitravel Shared Logo 岸和田市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。