メインメニューを開く

ウィキトラベル β

小千谷市(おぢやし)は新潟県中部にある市である。 小千谷市役所


分かる編集

概要編集

日本でも有数の豪雪地帯にあることで知られている。

観光案内編集

  • 小千谷観光協会 — パンフレットのダウンロード・サービスを行っている。  所在  城内2丁目7番5号。  電話  (0258) 83-3512  FAX  (0258) 83-0871  WEB  [1]  e-mail  [2]

着く編集

飛行機で編集

また、ウラジオストクハバロフスクハルビン上海ソウルグアムからの便も利用できる。
イルクーツク便は休便中
新潟交通 新潟空港線が万代口バスターミナル6番線・新潟駅前⇔新潟空港 間を結んでいる(¥370、約25分)。 新潟交通ホームページ

列車で編集

 
小千谷駅
  • 東京駅より、上越新幹線で長岡駅乗換、上越線小千谷駅まで約2時間。浦佐駅乗換では約2時間10分。
  • 新潟駅より、上越線 小千谷駅(長岡駅乗換)まで約40分。
  • 上越線 長岡駅から約20分、浦佐から約30分。

車で編集

  • 練馬ICより、関越自動車道小千谷ICまで約157分(228.8km)。
  • 新潟西ICより、北陸自動車道~関越自動車道小千谷ICまで約42分(68.8km)

バスで編集

池袋駅東口から
高速バス新潟線で小千谷ICまで約3時間。新潟駅前から約1時間15分。運行は西武バス。池袋-新潟線 時刻表(西武バス)
長岡から
「急行」長岡-小千谷-十日町線で約35分。十日町から約1時間。運行は越後交通。池袋-長岡北-7小千谷市'-新潟線 時刻表
長岡から
「急行」長岡-来迎寺-片貝-小千谷線で約55分。運行は越後交通。時刻表PDFファイル

船で編集

動く編集

列車で編集

JR 上越線、飯山線の駅がある。

JR 上越線編集

長岡市 越後川口駅) ― 小千谷駅 ― (長岡市 越後滝谷駅)

JR 飯山線編集

十日町市 下条駅) ― 越後岩沢駅 ― 内ヶ巻駅 ― (長岡市 越後川口駅)

バスで編集

  • 越後交通、南越後観光バス時刻表。 [hittp://www.echigo-kotsu.co.jp/contents/diagram/rosen/03odiya/ 2011年越後交通株式会社 小千谷 地区 時刻表]
  • 越後柏崎観光バス 電話  (0258) 83-5590

タクシーで編集

  • 中央タクシー 電話  (0258) 82-4345
  • 小千谷タクシー 電話  (0258) 82-4330
  • 魚沼タクシー 電話  (0258) 82-2175
  • つばめタクシー片貝営業所 電話  (0258) 84-2109

足で編集

観る編集

片貝まつり (浅原神社奉納煙火大会)  
世界一の四尺玉を打上げる奉納花火大会が有名。
 所在  小千谷市。  電話  (0258) 84-3900、4/1~10/31。  WEB  [4]
 開場時間  9月9・10日夜22:00、各1発打上げ。  料金  有料桟敷席1マス(7~8名)¥30.000、有料観覧席¥1.000、自由観覧場所(無料)。


司馬遼太郎「峠」文学碑  
司馬遼太郎が描いた「峠」の榎峠は中越地震で崩壊。
 所在  高梨、越の大橋西詰め。  電話    WEB  [5]
 開場時間    料金  


船岡山「慈眼寺」 (市指定文化財、会見の間)  
天武天皇の時代に創建された歴史ある寺。慶応4年(1868年)5月2日に河井継之助と西軍の会談が決裂した間があることでも知られている。
 所在  小千谷市平成2-3-5。  電話  (0258) 82-2495  WEB  [6]
 開場時間    料金  


信濃川花火プロジェクト2009  
全長155km、8分33秒の奇跡。信濃川の上流から河口まで300mの等間隔で約510発の花火(火柱タイプ)を打ち上げるイベントである。
 所在  信濃川沿いの上流(津南町)~河口(新潟市)迄。  電話  (050) 3376-2332  WEB  [7]
 開場時間  2009年10月31日(土)18:00~18:09。  料金  無料。花火オーナー¥20,000。

遊ぶ編集

おぢやクラインガルテン「ふれあいの里」  
平成19年に山本山高原にオープン、滞在型農園と日帰り型農園がある。
 所在  小千谷市塩殿甲1814-2。  電話  (0258) 83-1722  WEB  [8]
 営業時間    料金  滞在型30区画、畑200㎡年間¥396,000・日帰り型84区画、50㎡年間9,600。


白と光の祭典、小千谷風船一揆  
2009年度で第33回になる雪原まつりの一大スペクタクルで日本を代表する熱気球大会も兼ねている。
 所在  西中(競技フライト・日本海カップクロスカントリー選手権)・平沢(各種イベント・ジャスコ小千谷店北側)。  電話  (0258) 83-3512  WEB  [9]
 営業時間  2月。  料金  熱気球試乗体験大人¥1,000、子供¥500。

買う編集

しおどの農産物直売所「あいちゃんの店」  
平成20年4月、おぢやクラインガルテン居住者30世帯60人と地元農家24人が協力して出店。
 所在  小千谷市塩殿甲2768-1。ディリーヤマザキ塩殿店の駐車場。  電話    WEB  [10]
 営業時間  14:00~17:00。土曜日営業(春~秋限定)。  値段  時価。


食泉「小千谷店」  
1996年に1号店をオープンした地元の味の手作り総菜店 ( 県内に4店舗出店 ) お昼のバイキングと午後4時からサービスタイムが好評。
 所在  小千谷市城内町。ろうきん前。  電話  (0258) 82-8817  WEB  [11]
 営業時間    値段  


吉雪  
はじまりは回船問屋(北前船)の老舗が平成3年に自社ブランド店をオープン。
 所在  小千谷市城内1-8-18。ミヤキン家具1F。  電話  (0258) 82-3500  WEB  [12]
 営業時間  9:30~18:00。水曜定休。  値段  吉雪の甘塩サーモン10切¥4,200。

食べる編集

へぎそば  
へぎという四角い器に盛られた蕎麦。魚沼地方を中心に食べられている。
 

安食堂編集

手打ち麺処「暁天」 (細貝食品)  
2008年10月22日オープン、小千谷の人気店「勝龍」の2号店。
 所在  小千谷市三仏生稲場3121-2。ベイシア向かい側。  電話  (0258) 83-3367  WEB  [13]
 営業時間  11:00~20:00。火曜定休。  予算  角煮みそ麺¥980。


麺や「ようか」  
2008年11月11日オープン、煮干と鶏のダシが効いて麺はストレート細麺で鶏チャーシューなど新しいタイプのお店。
 所在  小千谷市若葉。  電話    WEB  [14]
 営業時間  11:00~15:00、17:30~21:00、火曜定休。  予算  鶏塩ラーメン¥680、うめ塩ラーメン¥700。

中級編集

須坂屋  
へぎそばの名店。新潟市と東京にも支店がある。
 所在  小千谷市小粟田1721-1。  電話  (0258) 82-3295  WEB  [15]
 営業時間  11:00~18:30、第1・2・4火曜、第3日曜定休。  予算  


わたや  
へぎそばの名店。同市本町と平沢町に店があり、新潟市のイオン新潟南ショッピングセンターにも支店がある。本店・平沢店・イオン店ではメニューが若干違う。また、インターネットでも販売している。
 所在  本店:小千谷市本町2丁目3-34、平沢店:小千谷市平沢1丁目8-5。  電話  本店:(0258) 82-2258 平沢店:(0258) 83-0588  WEB  [16]
 営業時間  本店:11:00~15:00:平沢店 11:00~21:00、定休日 本店 月曜日(月1、2回) 平沢店 木曜日(月1回)。  予算  


和田  
小千谷駅前のへぎそばのお店。
 所在  小千谷市東栄1丁目2-2。  電話  (0258) 83-3283  WEB  [17]
 営業時間  10:30~19:30、定休日 水曜。  予算  名物へぎそば(3人前) ¥2,100。

高級編集

飲む編集

泊まる編集

安宿編集

農家民宿「弥ぜん」 (どぶろく徳五郎)  
小千谷市東山地区の民宿で「どぶろく」が飲める宿。司馬遼太郎の「峠」のタイトルのひとつ榎峠が近くにある。
 所在  小千谷市小栗山1603-2。  電話  (0258) 59-3391  WEB  [18]
 時間    料金  1泊2食付¥6,000。


農家民宿「新助」  
主人の作る「鯉料理」と奥さんの作る「山菜田舎料理」が自慢の宿。農業体験もできます。
 所在  小千谷市南荷頃3736-3。  電話  (0258) 59-2779  WEB  [19]
 時間    料金  1泊2食付¥7,500。


小千谷ふるさとの丘ユースホステル  
小千谷駅から岩間木、塩谷行きバスで10分、寺沢バス停下車。徒歩5分。
 所在  小千谷市大字小栗山(寺沢)2063。  電話  (0258) 59-2951  WEB  [20]
 時間    料金  

中級編集

高級編集

出かける編集


  小千谷市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「小千谷市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。