何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

宿泊施設の形態 (日本編)

提供: ウィキトラベル
2009年9月23日 (水) 03:52時点におけるDecchi (トーク | 投稿記録)による版 (新規作成)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索
宿泊施設の形態 (日本編)

Default Banner.jpg

これは「お役立ち情報」の記事です。

2日以上の旅に出た場合には必ずどこかで夜を明かすことになる。夜行列車や夜行バスの利用、夜通しのドライブ、一晩中歩き続けるなどの場合を除けば、旅館やホテルでの宿泊が一般的であるが、そのほかにも様々な宿泊の形態がある。ここでは、様々な宿泊場所とその活用法、注意点などを紹介する。


宿泊施設の種類とその特徴

  •  旅館

日本旅館は2名以上で食事付の宿泊が基本であり、宿泊料金も一般的に2名1室2食付の一名あたりの料金が表示される。観光地の日本旅館であれば風呂・トイレ付の部屋が多いが、温泉旅館などは風呂無しの部屋も多く、トイレも共同の場合がある。宿の玄関で履物を脱ぐ場合と部屋の入り口で脱ぐ場合があるが、いずれにしても客室内は靴を脱いで使用する。ホテルという名称でも実際は和室の日本旅館であることも多い。また、和室とベッドルームのある和洋室という客室もある。宿泊料金は施設によって大きく異なり、標準は¥7,000くらいから¥20,000くらいであるが、豪華なところは¥100,000を越える場合もある。

  •  リゾートホテル

大規模観光地に建つ比較的豪華なホテルである。客室は広めのベッドルームにバス・トイレがあり、長期滞在者のためにミニキッチンがついている場合もある。レストランや売店のほかにプールや庭園、大浴場、プライベートビーチなどを持つ施設もある。料金設定は宿泊のみの場合が多いが、朝食付や2食付などのプランが用意されている場合が多い。ルームチャージで¥15,000程度から様々である。

  •  シティホテル

大都市にある大規模なホテルで、大ホールや結婚式場を併設していることが多く、レストランや喫茶室、テナントの小売店などは宿泊者だけでなく外来者の利用も多い。ルームチャージで¥10,000程度からが標準であるが、¥1,000,000もするスイートルームを持つホテルもある。

  •  ビジネスホテル


  •  ペンション


  •  モーテル


  •  民宿


  •  ユースホステル


  •  ゲストハウス 


  •  宿坊


  •  山小屋


  •  コテージ


  •  貸し別荘


  •  キャンプ場


宿泊可能場所

  •  健康ランド

終夜営業の大規模入浴施設には、リクライニングシートなどの仮眠施設がある場合が多い。入浴料金に加えて深夜料金を支払うことが一般的であるが、比較的安価に一夜を過ごすことができる。サウナやレストラン、ゲームコーナー、ビデオ視聴などのサービスがある場合が多い。

  •  インターネットカフェ

大都市を中心に営業する店が増えている。通常は1時間単位だが、数時間や深夜のパック料金もあり、安価に一夜を過ごすことができる。

  •  民泊

その他の夜明かし場所と注意点

  •  深夜営業のレストラン

宿泊施設ではないので横になるだけでなく座ったままで眠ることも原則禁止だが、店によっては大目に見てくれることもある。いずれにしても、深夜の時間つぶし程度にしかならずしっかり睡眠をとることは無理である。

  •  社寺

お寺や神社の中には、境内のお堂や社殿の中で一夜を明かすことを許しているところもある。必ず管理者の許可を受けて指定の場所に滞在し、火気を使用しないなどの決まりを厳守することが必用である。

  •  駅

夜行列車が停車する駅などでは、深夜も駅舎を開けている駅がある。また、無人駅の駅舎で一夜を明かすことができる場合がある。いずれの場合も、駅利用者の迷惑にならないように終列車までは横にならないようにしたり、始発前には起きるなどの配慮が必要である。

  •  道の駅

乗用車での旅の場合、道の駅の駐車場で停車して車中泊することが可能である。トイレや水、自動販売機などがあるので便利である。付近の迷惑にならないようにアイドリングは必ず止めるようにすること。

  •  あずまや

暖かい時期なら展望台などにあるあずまやで一夜を明かすことができる場合がある。ただし、雨が降ると濡れてしまうので天気予報を確認して利用することを検討すること。

  •  公園


この記事「宿泊施設の形態 (日本編)」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。