メインメニューを開く

ウィキトラベル β

天橋立と宮津湾

宮津市(みやづし)は、京都府北部、日本海沿岸にある市である。天橋立の景観は松島宮島と共に日本三景の一つに数えられている。 宮津市役所


分かる編集

 
大江山から見る宮津市街地

日本三景を抱える街である。市域は南北に別れていて、天橋立で辛うじて繋がっている。そのため、一般車両で南北を行き来する場合、与謝野町を経由する必要がある。 宮津市南には酒呑童子や百人一首で有名な大江山がそびえている。

観光案内編集

  • 天橋立観光協会 — 天橋立と宮津市の観光案内。  所在  宮津市字文珠314番地の2。天橋立ターミナルセンター丹後観光情報センター内。  電話  (0772) 22-8030  FAX  (0772) 22-8710  時間  9:00~18:00。  WEB  [1]

企画切符編集

着く編集

飛行機で編集

列車で編集

 
天橋立駅

市内にJR線はないが、JR京都駅から宮福線経由で特急が乗り入れて来る他、大阪方面からの特急の一部は福知山駅で天橋立に向かう特急との乗り換えが可能である。また、JR各駅のみどりの窓口で出発駅から京都丹後鉄道線内の各駅までの切符が購入できる(ただし、線内のみの切符は購入できない他、一部のJRの企画切符が使えない)。

主な鉄道駅(WILLER TRAINS 京都丹後鉄道)
  •  宮津駅(宮舞線・宮豊線・宮福線)
    •  市の中心駅。京都駅から特急で2時間、福知山から特急で30分ほどかかる。
  •  天橋立駅(宮豊線)
    •  日本三景の天橋立の最寄駅。宮津駅から5分で着く。  
特急列車 
  •  特急はしだて
    •  京都-宮津・天橋立・久美浜(1日5往復)
  •  特急たんごリレー 
    •  福知山-宮津・天橋立・豊岡 

車で編集

宮津天橋立ICで京都縦貫自動車道と山陰近畿自動車道が接続している。また、宮津天橋立IC~与謝天橋立ICは無料区間となっている。(京都・大阪から概ね2~3時間ほど) 府中地区以北や、栗田地区以東へは一般国道178号を走るのが分かりやすい。

自動車専用道路
  •  京都縦貫自動車道(綾部宮津道路) 
    •  宮津天橋立IC
  •  山陰近畿自動車道 
    •  与謝天橋立IC
主な一般道路  
  •  国道176号
  •  国道178号
  •  京都府道2号(天橋立へアクセスする道路)
  •  京都府道9号(宮津天橋立ICと国道を繋ぐ道路)

バスで編集

本数は少ないが、東京・京都・大阪から高速バスが運行されている。

高速バス路線
  • 東京-京都・福知山・宮津・豊岡線 — 東京駅-大崎駅-京都駅-福知山駅-宮津駅-天橋立駅-豊岡駅-城崎温泉駅(京都縦貫道経由)と結ぶ高速バス路線。予約制で座席指定制。1日1往復。  料金  ¥4,000~。  WEB  WILLER EXPRESS
  • 京都-宮津線 — 京都駅-宮津駅-間人(京都縦貫道経由)と結ぶ高速バス路線。予約制で座席指定制。1日3往復、沓掛IC~京都駅前の区間が高速長岡京経由になった。トイレ付きバスで運行。  料金  ¥2,600(宮津駅-京都駅前)。  WEB  丹後海陸交通
  • 大阪-宮津線 — 大阪(阪急梅田)-宮津駅-峰山(舞鶴若狭道・京都縦貫道経由)と結ぶ高速バス路線(阪急バスと丹後海陸交通の共同運行便)。予約制で座席指定制。4列バスにて運行。1日3往復。  料金  ¥2,600(大阪(阪急梅田)-宮津駅)。  WEB  阪急バス

船で編集

動く編集

列車で編集

 
天橋立駅 駅名標
 
北近畿タンゴ鉄道の1日乗車券と丹後あかまつ号の乗車整理券
 
天橋立ケーブルカー


府中地区以北へは、宮津駅・天橋立駅・岩滝口駅などで下車した後、路線バスなどの別の交通手段に乗り換える必要がある。栗田半島へは宮津駅でタクシーやレンタカーに乗り換えると良い。

市内の路線と駅

  •  京都丹後鉄道 宮舞線/宮豊線  
    • 舞鶴市 丹後神崎)-丹後由良-栗田-宮津天橋立-岩滝口 -(与謝野町 与謝野)
  •  京都丹後鉄道 宮福線
    • 宮津-宮村-喜多-辛皮-(福知山市 大江山口内宮)
  •  天橋立鋼索鉄道(丹後海陸交通) 
    • 府中-傘松

※ 太字の駅は特急停車駅

観光列車

  •  丹後あかまつ号
    •  由良川河口に架かる由良川橋梁と汐汲浜を眺められる区間(しおくみはま:丹後由良駅~栗田駅)で速度を落として走行する。奈具(なぐ)海岸付近では約2分間の一時停車、天橋立の展望区間(栗田駅~宮津駅)などの観光名所付近では解説のアナウンスが行われている。コミューター車両(一緒に連結される白い車両)は乗車券のみで乗れるが、あかまつ号車両は乗車整理券(¥310)が必要となる。西舞鶴-豊岡間を上下1本ずつ運行。
  •  丹後あおまつ号
    •  宮福線を運行する観光列車である。運行区間は、西舞鶴→福知山が1本、福知山→天橋立が2本、天橋立→福知山が1本である。乗車券のみで乗車できる。
  •  丹後くろまつ号
    •  予約制のレストラン車両である。
  •  天橋立鋼索鉄道(傘松ケーブル)
    •  府中地区の府中駅から傘松公園(傘松駅)までの区間を運行しているケーブルカーである。リフトも併設されている。ケーブルカーの所要時間4分で、リフト乗車時の所要時間は6分である。

バスで編集

宮津市の路線バスは丹後海陸交通により運用されている。しかし、最も本数の多い上宮津~伊根町のバスでさえ1時間に1本しか走っていないので少々不便である。

路線バス(丹後海陸交通)

詳しくは丹後海陸交通のHPを参照のこと。与謝野町の与謝の海病院バス停を境に宮津方面、伊根方面でそれぞれ上限¥200区間(均一ではない)が設定された。天橋立駅バス停から乗車して与謝の海病院を越える府中や伊根方面へ行く場合は上限が¥400になる。

登山バス(丹後海陸交通)

傘松公園と西国28番札所の成相寺を結ぶ。運賃の中に入山料が含まれる。所要時間7分。

  •  運行時間
    •  8:40~17:00の間、20分間隔で運行。(3月・11月 8:40~16:40、12月~2月 9:00~16:00)
  •  運賃(入山料込) 
    •  大人¥1,100 中高生¥900 小学生¥360

船で編集

天橋立観光船(丹後海陸交通)

丹後海陸交通による運航。主に文殊~一の宮(府中)間を結ぶ。カモメに餌付けすることができる。文殊側の乗り場は智恩寺付近、府中側の乗り場は籠神社付近にある。所要時間12分。

  • 運行時間・発車時刻
    • 丹後海陸交通HPを参照。平日の日中は概ね30分間隔・休日は20分間隔での運行。
  •  運賃
    •  大人¥520 子ども¥260

足で編集

  •  成相寺参道
 
大谷坂の階段
 
西谷の急な坂道

 天橋立北側の府中地区から成相寺に至る参道は現在3本存在する。

  •  大谷坂
    •  天橋立ケーブルカー府中駅付近の大谷寺を通る参道である。傘松公園まで階段が続き、傘松公園からは登山バスが通る道路を通って成相寺に至る。
  •  本坂
    •  近年再整備された参道。本格的な山道が続き、途中で傘松公園からの道路に合流して成相寺に至る。
  •  西谷
    •  丹後郷土資料館付近から成相寺に至る参道。一般車両も通れるアスファルト舗装の参道だが、急坂が存在する。


観る編集

周辺の見どころについては天橋立も参照。

天橋立・文殊地区編集

  •  天橋立
    •  智恩寺
    •  天橋立ビューランド

府中地区編集

元伊勢籠神社 (もといせこのじんじゃ)  
丹後一宮。観光船乗り場から真正面に鎮座する。かつて天照大神・豊受大神を祀っていたことから元伊勢とされ、鳥居も伊勢神宮と同じ作りである。。
 所在  宮津市大垣。  電話    WEB  
 開場時間  7:00~18:00。  料金  駐車料金 普通乗用車 ¥600 

二輪車¥200。

 


真名井神社 (まないじんじゃ)  
籠神社の奥宮で、天照大神・豊受大神を祀っていたとされる。本殿はなく拝殿の裏に磐座がある。
 所在  宮津市難波野。  電話    WEB  
 開場時間    料金  駐車料金 無料
 


傘松公園 (かさまつこうえん)  
天橋立#観る参照


成相寺 (なりあいじ)  
西国三十三箇所観音霊場の二十八番札所。傘松公園から登山バスが運行されている。丹後郷土資料館付近の道から車で訪れることもできる。展望台もあり、傘松よりも高所から景色を楽しめる。
 所在  宮津市成相寺339。  電話    WEB  
 開場時間  8:00~17:00(時期により変更される)。  料金  入山料 大人¥500、中高生¥200、小学生以下 無料。
 


丹後郷土資料館 (たんごきょうどしりょうかん)  
天橋立や丹後にまつわるさまざまな資料を見ることができる。付近に国分寺跡や江戸時代の住居が移築復元された旧永島家住宅がある。
 所在  宮津市字国分小字天王山611-1。  電話    WEB  [2]
 開場時間  9:00~16:30。  料金  普通展示 大人¥200 子ども¥50 特別展示 大人¥250 子ども¥70。

宮津市街・上宮津地区編集

旧三上家住宅 (きゅうみかみけじゅうたく)  
江戸時代に酒造業・廻船業・糸問屋を営んでいた商家の住宅。重要文化財に指定されている。
 所在  京都府宮津市字河原1850。  電話    WEB  [3]
 開場時間  9:00~17:00。  料金  大人¥350 中学生以下¥250。


カトリック宮津教会 (かとりっくみやづきょうかい)  
日本国内の教会の中では2番目に古い畳敷きの教会である。
 所在  宮津市宮本500。
 


金引の滝 (かなびきのたき)  
日本百名瀑の一つ。
 所在  丹後海陸交通路線バスの金引きの滝口バス停から徒歩。
 


宮津燈籠流し花火大会 (みやづとうろうながしはなびたいかい)  
宮津市街地で行われるお盆に関連した行事。毎年8月16日に行われる。燈籠を海に流して先祖の霊を送り出した後、花火が打ち上げられる。日本三大燈籠流しの一つである。
 所在  宮津湾・島崎公園周辺。

栗田・由良地区編集

宮津エネルギー研究所・丹後魚っ知館 (みやづえねるぎーけんきゅうじょ・たんごうおっちかん) 地図  
栗田半島にある関西電力のPR館。エネルギーに関する展示の他・小規模ながら水族館も併設されている。ペンギン水槽や、ヒトデやナマコに触れることができるタッチング・プールのあるエリアへは、料金を払わなくても入場できる。
 所在  宮津市小田宿野。  電話  0772-25-2026  WEB  [4]
 開場時間  9:00~17:00(年末年始と水・木曜休み、祝日の場合は翌営業日が休み、。  料金  大人¥300 小人¥150。
 


由良神社 (ゆらじんじゃ)  
宮津市由良地区にある神社。精錬された境内が特徴で、人が滅多に来ないため、静かな雰囲気で参ることができる。
 所在  宮津市由良
 


由良川 (ゆらがわ)  
宮津市を通過する唯一の一級河川。河口を宮津線の鉄橋が横切る(由良川橋梁)。 この川より東は舞鶴市。
 所在  由良地区の国道沿い。丹後由良駅から舞鶴市の丹後神崎駅までの区間。


奈具海岸 (なぐかいがん)  
由良―栗田間にある区間。海沿いの断崖絶壁を道路と線路が走る。観光列車はここで一旦停止する。
 所在  国道178号の由良-栗田の区間。宮舞線の丹後由良駅-栗田駅の区間。
 


ハクレイ酒造 地図  
銘酒「白嶺(はくれい)」を醸造。本社に併設された「天の蔵」で蔵見学が可能(要予約)、直販所も併設。北近畿タンゴ鉄道丹後由良駅から徒歩7分。
 所在  宮津市字由良949  電話  0772-26-0001  WEB  [5]
 開場時間  9:00~17:00(水曜・年末年始休み、直販所は水曜・元旦休み)。  料金  見学無料。

遊ぶ編集

周辺のレジャースポットについては天橋立も参照。

上宮津地区編集

大江山スキー場 (おおえやますきーじょう)  
小規模なゲレンデがあるスキー場。丹後半島では2か所しかないスキー場のうちのひとつである。初心者も遊べる。
  •  リフト 一人乗り2基
  •  ゲレンデ 大平ゲレンデ(第1リフト)・大笠ゲレンデ(第2リフト)
  •  夜間営業 大平ゲレンデのみ
  •  レストハウス有。
 所在  大江山。宮津天橋立ICから大江山を登って行く。路面凍結などに注意。  電話    WEB  
 営業時間  昼8:30~17:00 夜(金・休日)18:00~21:00。  料金  駐車料金:平日・夜間無料 休日¥1,000 リフト運賃:第1リフト 1回¥200(夜間¥300) 第2リフト 1回¥300 1日券¥3,000 夜間¥2,500。

栗田・由良地区編集

宮津市海洋つり場  
栗田半島にある釣り場。
 所在  宮津市字小田宿野816-1。  電話    WEB  
 営業時間  開設時期 4月1日~11月30日

4、10、11月 7:00~17:00 5~9月 7:00~18:00。毎週木曜日休み。

 料金  大人¥1,050、小人¥525(見学のみは大人¥210、小人¥105)。


丹後由良海水浴場  
由良地区にある海水浴場。
 所在  宮津市由良。

買う編集

宮津市公設市場  
国道178号沿いにある鮮魚や食料品の市場。
 所在  宮津市字新浜1988。  電話  (0772) 22-2206  WEB  
 営業時間  [4月~9月] 7:00~19:00、[10月~3月] 7:00~18:30、定休日 7・17・27日。  値段  


宮津シーサイドマート ミップル  
宮津市街にあるショッピングセンター。レストランもあり、昼食をとることもできる。
 所在  宮津市浜町3012。  電話    WEB  
 営業時間  10:00~20:00(レストラン街は23:00)。  値段  

食べる編集

安食堂編集

豚珍館  
ご当地グルメ「カレー焼そば」で有名な中華料理店。
 所在  宮津市字新浜1951-4。  電話  (0772) 25-1715  WEB  [6]
 営業時間  11:30~14:00 17:30~21:00。  予算  カレー焼そば ¥730。


カフェ・レスト 絵梨奈  
老舗カフェ。
 所在  宮津市万年1015-1。  電話  (0772) 22-2727  WEB  [7]
 営業時間  10:00~24:00、定休日 第2・4日曜。  予算  カレー焼きそば(ウェット・ドライ) ¥690。

中級編集

富田屋  
宮津駅前にある食堂。
 所在  宮津市字鶴賀2066-56。  電話  (0772) 22-0015  WEB  [l]
 営業時間  11:00~23:00、定休日 月曜。  予算  

高級編集

飲む編集

泊まる編集

天橋立のホテルは天橋立#泊まるを参照。

安宿編集

中級編集

高級編集

出かける編集

隣接する市町村

  •  丹後
    •  伊根町-伊根の舟屋で有名である。
    •  与謝野町-宮津市の南北間を往来するのに通過する町。一字観公園やちりめん街道など。
    •  京丹後市-経ヶ岬・山陰海岸国立公園など。隣接しているが与謝野町などを経由しないと行けない。
  •  中丹
    •  福知山市-宮津市の南隣にある京都府北部の中核となる街。福知山城などがある。
    •  舞鶴市-宮津市の、由良川を挟んで東にある街。赤レンガ倉庫群や引揚記念館などがある。

その他


  宮津市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「宮津市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。