メインメニューを開く

ウィキトラベル β

南投県(なんとうけん)は台湾中西部、地理的に台湾の真ん中にある。雲林県彰化県台中県花蓮県高雄県嘉義県と多くを接している。[1]


市町村編集

  • 南投市:県政府所在地で最大の都市。
  • 埔里鎮埔里は「台湾のへそ」と呼ばれる。紹興酒でも有名。
  • 竹山鎮
  • 草屯鎮
  • 集集鎮:1999年9月21日のいわゆる「921集集大地震」の震源地。ローカル線「集集線」でも有名。
  • 鹿谷郷:凍頂烏龍茶で有名な凍頂山がある。
  • 魚池郷:景勝地である湖「日月潭」がある。
  • 水里郷: 集集線で日月潭の入口の街。

その他の旅行先編集

分かる編集

着く編集

列車で編集

車で編集

バスで編集

動く編集

観る編集

遊ぶ編集

食べる編集

飲む編集

気を付ける編集

出かける編集

この記事「南投県」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。