何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

南城市

提供: ウィキトラベル
2011年5月7日 (土) 01:57時点におけるFab4 (トーク | 投稿記録)による版 (食べる)
移動先: 案内検索
南城市

Default Banner.jpg

南城市(なんじょうし)は沖縄県の市で、沖縄本島南部の地域「島尻」にある。 南城市公式サイト


分かる

南城市の位置

なんじょうナビ! (南城市観光・文化振興課) —  電話  (098) 947-1100  WEB  [1]


着く

飛行機で

列車で

車で

バスで

那覇市糸満市から路線バスを利用できる。

船で

動く

列車で

バスで

足で

観る

斎場御嶽 (せーふぁうたき) 地図  
琉球王国最高位の霊場。近年まで男子禁制であった。巨石の三角形の隙間を進むと聖地・久高島が見ることが出来る。2000年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つである。
 所在  南城市知念字久手堅。  電話  知念村農業経済課 (098) 948-1413  WEB  [2]
 開場時間  8:00~18:00  料金  大人200円、小中学生100円。


仲村渠樋川 (なかんだかりひーじゃー)  
国の重要文化財に指定された建造物。
 所在  玉城字仲村渠。  電話    WEB  
 開場時間    料金  

遊ぶ

おきなわワールド 文化王国・玉泉洞 地図  
おきなわワールドは昔の民家が移築されたものもあり、紅型や機織の体験もできる。植物園・工芸品や地ビールなどの工房、みやげ品店などがある。エイサーの公演も行なわれる。鍾乳洞である玉泉洞は、洞窟内が整備されており、照明・通路の安全は確保されている。通路はややぬれているものの、水はたまっていない。
 所在  南城市玉城字前川1336。  電話  (098) 949-7421  WEB  [3]
 営業時間  9:00~17:30(11月~3月は17:00迄)。  料金  ¥1,200。


ハブ博物公園  
毒ヘビとして有名なハブに関する資料館。1日6回ハブとマングースのショーが見学できる。希望者はコブラと記念撮影ができる。
 所在  おきなわワールド内  電話  (098) 949-7421  WEB  [4]
 営業時間  9:00~18:00(夏季は18:30まで)  料金  高校生以上¥600、玉泉洞と文化王国との共通フリーパス¥1,600。


あざまサンサンビーチ 地図  
知念岬の近くにある人工ビーチ。
 所在  南城市知念字安座真 1141-3。車で那覇空港から約50分、南風原南ICから約20分。路線バス38番志喜屋線で「あざまサンサンビーチ入口」バス停下車、徒歩約5分。  電話  (098) 948-3521
 FAX  (098) 852-6300
 WEB  [5]
 営業時間  遊泳期間は3月下旬~10月31日で無休、遊泳時間は9:00~18:00(7・8月は19:00迄)。  料金  入場無料。シャワー、ロッカー、駐車場等は有料。


奥武島  
漁業の町で新鮮な魚を安く買えたり食事ができる。本島と橋で繋がっている。
 所在  南城市玉城字奥武


新原ビーチ  
白い砂浜が広がっているビーチ。グラスボート乗り場もある。
 所在  南城市玉城字百名1599-6  電話    WEB  
 営業時間    料金  

買う

中本鮮魚店  
沖縄天ぷらの有名店。奥武島へ続く橋を渡ると正面にある。
 所在  南城市玉城字奥武9。  電話  (098) 948-3583  WEB  
 営業時間  10:00~19:00  値段  

食べる

安食堂

中級

浜辺の茶屋  
浜辺に建つ人気のcafe。エアコンはないが海に面した窓を開けて風を感じていると、時には時間を忘れてしまうことも。
 所在  沖縄県南城市玉城字玉城2-1  電話  098-948-2073  WEB  [6]
 営業時間  10:00~21:00(月曜は14:00~21:00)  予算  

高級

飲む

泊まる

安宿

中級

高級

出かける

久高島 — 琉球王国時代に神事が行われていた島。南城市に属しており、知念岬から東へ5.3kmの海上にある。市内の知念安座真港から船で15~20分。 地図



この記事「南城市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。