メインメニューを開く

ウィキトラベル β

伊勢神宮 内宮

南勢(なんせい)は、三重県の南部にある地域である。「伊勢志摩」と呼ばれる事も多い。


地域・地方編集

市町村編集

  • 伊勢市 — 伊勢神宮の門前町。2005年11月、二見町などと合併。
  • 鳥羽市 — 真珠の養殖で有名。
  • 志摩市 — 風光明媚な海岸線と大型テーマパーク「志摩スペイン村」のある観光都市。
  • 度会郡

その他の旅行先編集

分かる編集

着く編集

動く編集

伊勢・鳥羽・志摩3市間移動は運行本数の面から近鉄が便利。大紀・玉城・二見にはJR、志摩には近鉄には近鉄しか通っていない。 市内移動は三重交通バスを利用。

観る編集

  • 伊勢神宮:正式名称は「神宮」。一般には伊勢市にある内宮(ないくう)と呼ばれる皇大神宮(こうだいじんぐう)、外宮(げくう)と呼ばれる豊受大神宮(とようけだいじんぐう)を指すが、伊雑宮(いざわのみや、志摩市)や瀧原宮(たきはらのみや、大紀町)など伊勢市外のものをも含む125の神社から構成される。

遊ぶ編集

食べる編集

飲む編集

気を付ける編集

出かける編集


 

この記事「南勢」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。