何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

北九州市/門司区

提供: ウィキトラベル
北九州市 : 門司区
2019年9月22日 (日) 02:18時点におけるたぬき (トーク | 投稿記録)による版 (門司港レトロ)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索
門司港駅

門司区(もじく)は北九州市にある区である。

区内の観光名所に「門司港レトロ」がある。門司港レトロ


分かる[編集]

九州最北端の地である。 関門海峡を挟んだ下関市と門司は昔から交通の要衝として重要であった。 近代は北九州工業地帯における工業港、東アジアはじめ各地の貿易を行う貿易港として、下関市と一体化して開発された。 関門トンネル・関門橋など下関とのつながりが大きい。 鉄道のターミナルが門司駅へ、さらには小倉駅へ移動したためさびれていたが、門司の遺跡となるビルが市によって「門司港レトロ」として開発。 2019年には門司港駅がリニューアルされた。 古くからの歴史を持つ独特の町である。

着く[編集]

門司港駅
門司区のキャラクター「じーも」
関門国道トンネル人道口
列車で
観光の中心となる駅はJR鹿児島本線・門司港駅。
  • 博多駅から快速列車で約80分、¥1,470。
    • 特急列車を利用する場合は小倉駅で門司港行き普通列車に乗り換え。所要時間は約1時間。博多→小倉の自由席特急券は¥510.
    • 新幹線利用の際は小倉駅下車(博多→小倉は15~20分)運賃(博多→門司港)¥1360、自由席特急券¥940。当日限りの土・日・祝日有効の「新幹線よかよかきっぷ」は小倉まで往復¥3090(小倉→門司港は別途片道¥280)。
  • 小倉駅から普通列車で約12分、¥280。
バスで
小倉駅入口・砂津などから西鉄バス170番系統(都市高速経由)で門司港レトロ下車。
船で
下関市唐戸~門司港を関門汽船が毎時2~3本運行している。所要時間は5分、大人¥400。
車で
関門国道トンネル・関門橋を利用すると下関と九州間を移動できる。
福岡方面からは門司IC・都市高速春日ランプ下車。
本州方面からは門司港IC利用。
徒歩で
国道9号線の「みもすそ川」バス停近くに関門トンネルの歩行者用通路がある。エレベーターで地下に降り、約700m歩いてエレベーターで地上に上ると西鉄バス「関門トンネル人道口」あるいは徒歩10分のところに北九州銀行レトロラインの関門海峡めかり駅がある。


観る[編集]

甲宗八幡神社  
平知盛の墓がある。
 所在  北九州市門司区旧門司1丁目  電話    WEB  
 開場時間    料金  
甲宗八幡神社


和布刈神社 (めかりじんじゃ)  
関門海峡にある。九州最北端の神社。わかめを刈って供える「めかり神事」が有名。
 所在  北九州市門司区大字門司3492番地  電話  (093)321-0749  WEB  [1]
 開場時間    料金  
和布刈神社

門司港レトロ[編集]

関門海峡 (かんもんかいきょう)  
本州の下関市と九州の北九州市(門司区)の間にある海峡。両岸の幅は狭いところで約700m。かつて源平の壇ノ浦の戦いが繰り広げられた場所でもある。下関市と北九州市の間には関門橋がかかる。北九州市側からは、映画の撮影などにも使われている和布刈公園第2展望台や、橋のたもとにあるノーフォーク広場からの眺めが良い。海峡を走る船の姿を間近に見ることができる。
 所在  門司区和布刈。門司港駅から和布刈行きバスで約11分。または北九州銀行レトロラインのノーフォーク広場駅/関門海峡めかり駅下車。
関門海峡


旧三井物産・旧門司鉄道管理局ビル  
三井物産のビルとして建設、その後は国鉄門司鉄道管理局→九州旅客鉄道北九州本社として利用。関門海峡・門司区の歴史などを展示。
 所在  北九州市門司区西海岸1-6-2 門司港駅徒歩1分  電話    WEB  
 開場時間    料金  無料


旧門司税関 (きゅうもじぜいかん) 地図  
1912年(明治45年)に建てられた門司税関の建物。レンガ造り瓦葺平屋構造。旧門司税関の歴史を物語るさまざまな展示物がある。
 所在  門司区東港町1-24。門司港駅下車徒歩5分。  電話  (093) 321-6111  WEB  [-]
 開場時間  9:00~17:00、年中無休。  料金  入場無料。
旧門司税関


門司港駅舎 地図  
1914年(大正3年)、イタリアのテルミネ駅をモデルに建てられた九州最古の駅。鉄道駅としては初めて国の重要文化財に指定された。戦時中の貴金属供出から免れた青銅製の手水鉢や、九州の鉄道の起点を示す〇哩碑(ゼロマイルひ)などがある。待合室にスターバックスコーヒーと「みかど食堂」がある。2019年に改築工事が終わった。7
 所在  門司区西海岸。JR鹿児島本線門司港駅下車。  電話  (093) 321-8843  WEB  [-]
 開場時間  JR九州のダイヤに準ずる。  料金  無料。
門司港駅舎


旧門司三井倶楽部 (きゅうもじみついくらぶ) 地図  
1921年(大正10年)、三井物産の迎賓館として建てられた。物理学者のアインシュタインが宿泊したことで知られ、当時の部屋が残っている。作家林芙美子の資料室もある。1階は門司区の観光の案内所。
 所在  門司区港町7-1。JR門司港駅下車徒歩1分。  電話  (093) 321-6191  WEB  [-]
 開場時間  9:00~17:00、年中無休。  料金  入場大人¥100、子供¥50。
旧門司三井倶楽部


門司港レトロ展望室 地図  
建築家、黒川紀章が設計した、127メートルのマンションの一角を利用した展望室。門司・下関の夜景など、関門海峡の大パノラマを一望できる。日本発のデジタル電子望遠鏡を設置。
 所在  門司区東港町1-32。門司港駅下車徒歩5分。  電話  (093) 331-3103  WEB  [-]
 開場時間  10:00~22:00、年4回不定休。  料金  入館料大人¥300、小・中学生¥150。
門司港レトロ展望室


九州鉄道記念館 (きゅうしゅうてつどうきねんかん) 地図  
1891年(明治24年)に九州鉄道の本社として建てられた、門司港レトロの中でも最も古い建築物。SLやかつての電車特急などの車両が展示され、九州の鉄道の発達が判りやすく紹介されている。
 所在  門司区清滝2-3-29。門司港駅下車徒歩3分。  電話  (093) 322-1006  WEB  [2]
 開場時間  9:00~17:00(入館 16:30まで)、不定期。  料金  入館料大人¥300(SUGOCAで支払いだと¥240)、子供¥150(4歳未満無料)、ミニ列車1回¥300。
九州鉄道記念館


海峡プラザ 地図  
門司港レトロの第一船溜正面に1999年にオープン。北九州の名産品や輸入雑貨、レストランなどがあるが、全世界のオルゴールを集めた「オルゴールミュージアム門司港」、20世紀初頭のヨーロッパのガラス工芸を展示する「赤煉瓦ガラス美術館」の2つの美術館が見どころ。
 所在  門司区港町5-1。門司港駅下車徒歩2分。  電話  (093) 332-3121  WEB  [3]
 開場時間  美術館:10:00~19:00、無休。  料金  オルゴールミュージアム門司港:入館¥500、赤煉瓦ガラス美術館:入館¥400。
海峡プラザ


海峡ドラマシップ 地図  
源平合戦や宮本武蔵・佐々木小次郎による巌流島の決闘など、歴史の舞台となった関門海峡をテーマにしたミュージアム。建物の吹き抜け中央に映しだされる映像や、人形アート・ジオラマなどを展示。無料の展望デッキもある。
 所在  門司区西海岸1-3-3。JR門司港駅下車徒歩5分。  電話  (093) 331-6700  WEB  [4]
 開場時間  9:00~19:00(季節により異なる)、不定休(年4回程度)。  料金  大人¥500。小人¥200(無料ゾーンあり)。
海峡ドラマシップ


出光美術館(門司)  
出光興産の創業者出光佐三が収集した一級の書画や陶磁器のコレクションが見られる。また、館内には出光佐三の生涯を紹介する出光史料館も併設されている。門司港は出光創業の地である。
 所在  北九州市門司区東港町2-3  電話  093-332-0251  WEB  [5]
 開場時間  10:00~17:00(入館は16:30まで、月曜定休)  料金  一般600円、高・大生400円、中学生以下は無料
出光美術館(門司)


関門海峡ミュージアム  
関門海峡を一望できる展望デッキ、豪華客船をイメージしたラウンジ、第七管区の紹介。貸自転車やレストランもある。
 所在  北九州市門司区西海岸1-3-3 門司港駅徒歩5分  電話  (093)331-6700  WEB  [6]
 開場時間  10:00~18:00  料金  ¥500


門司駅周辺[編集]

門司赤煉瓦プレイス  
旧サッポロビール工場の赤レンガ倉庫を活用した施設。サッポロビールの歴史が展示してある。門司港駅近くでなく門司駅の裏なので注意
 所在  北九州市門司区大里本町 3-11-1  電話  (093) 372-0962  WEB  [7]
 開場時間  9:00~17:00  料金  ¥100

遊ぶ[編集]

北九州銀行レトロライン  
旧貨物線を利用した観光専用鉄道。通称「潮風号」。時速15kmで走るトロッコ列車からはレトロ地区や関門橋を見ることができる。全て自由席で、立ち席は認めないので満員のときは途中駅の出光美術館駅・ノーフォーク広場駅での乗車ができないこともある。途中にトンネルがあり、客車の屋根に魚の電飾が映し出される。
 所在  九州鉄道記念館駅(門司港駅から徒歩2分)~関門海峡めかり駅(関門トンネル人道口から徒歩10分)。  電話  (093) 331-1065  WEB  [8]
 営業時間  3月~11月の週末や長期休暇などを中心に。HPを参照。  料金  ¥300
北九州銀行レトロライン


門司港レトロクルーズ (関門汽船) 地図  
門司港を周遊するクルーズ船。船長のガイドつき。
 所在  海峡プラザ前から出航。  電話  (093) 331-0222  WEB  [9]
 営業時間  11:00より(不定期航路)。  料金  ¥800。


もじ 楽の湯  
門司駅より海岸に歩いたところにある浴場。
 所在  北九州市門司区大里本町3-13-26 門司駅西口徒歩5分  電話  (093) 382-1010  WEB  [10]
 営業時間  10:00~24:00  料金  平日¥700、土休日¥750

買う[編集]

じじや  
干物の店。いわしのぬかみそ煮や鯵の開き、うになどが名物。歩道にある「バナナマン」の像はじじやの社主の秋武氏。
 所在  門司区港町4-1。海峡プラザ東館1F。  電話  (093) 322-1228  WEB  [11]
 営業時間  10:00-20:00  値段  霜降り鯵干物2枚¥1,050など。
じじや


バナナの叩き売り  
昔、出荷できなくなったバナナを門司港駅近くでさばいていた。その名残で現在も見世物として独特の口上とともにバナナを売りさばいている。口上や売り方は様々。
 所在  門司港駅周辺には多い。
バナナの叩き売り


栄町銀天街  
レトロな商店街。
 所在  門司区栄町。  WEB  [12]
栄町銀天街


食べる[編集]

焼きカレー  
門司港の新しい名物。ご飯にカレーとチーズと卵を乗せてオーブンで焼いたもの。ご飯の味付けやカレーの辛さなど、各店舗によって個性がある。
 所在  提供する店は門司港駅周辺に約30店舗ある。
焼きカレー


ちゃんらー  
古くからの門司港名物。うどんのスープ風の汁にちゃんぽん麺のような麺を入れたもの。具はねぎともやし程度で、どちらかというと軽食である。発祥は下記の「二代目清美食堂」の前進の「清美食堂」で、長崎県から引っ越してきた常連の女の子が「ちゃんぽんが食べたいがお金がない」といったことから発明された。
ちゃんらー


関門ふぐ  
北九州市の隣・下関市には、全国のフグの水揚げ量日本一を誇る市場がある。そのため、北九州市でもふぐを食べる文化がある。ふぐ刺し、ふぐ鍋など。安価な店から高級店まで多数。
 所在  門司区・小倉北区など。

安食堂[編集]

めかり[編集]

若松屋  
関門トンネル人道口にある、おでんの老舗。関門トンネルを徒歩で抜ける人の食事になっている。
 所在  北九州市門司区門司3492 西鉄バス「関門トンネル人道口」徒歩すぐ  電話    WEB  
 営業時間  ~15:00  予算  おでん¥105
若松屋


オハフ33  
北九州レトロライン・関門海峡めかり駅すぐのところに関門トンネルで使用されたEF30形電気機関車とオハフ33型客車が保存され、客車内部は軽食喫茶になっている。客車の一部は昔ながらの客車の様子である。
 所在  門司区門司 めかり公園潮風広場  電話  (093) 322-1188  WEB  
 営業時間  トロッコ運行日の10:00~16:30  予算  コーヒー¥300、ビール¥350、ウインナー¥400など

門司港レトロ[編集]

放浪記  
栄町銀天街にある、レトロなレストラン。林芙美子の「放浪記」より名前を取ったハヤシライスの「フミコ林ライス」で有名。
 所在  門司区栄町7-5。  電話  (093) 332-1622  WEB  
 営業時間  10:00~21:00。月曜定休。  予算  フミコ林ライス¥750、生うに丼¥1,400など。


Anchor1889  
門司港名物「ちゃんらー」を提供。
 所在  門司区東港町6-72港ハウス1F。跳ね橋の前。  電話  (093) 322-5051  WEB  
 営業時間  11:00~18:00  予算  ちゃんらー  ¥580


梅月  
栄町銀天街近くにある甘味処。かき氷やぜんざいなどの甘味のほか、焼きそばなど軽食もある。
 所在  福岡県北九州市門司区栄町1-10  電話  093-321-1344  WEB  
 営業時間  11:45~19:00、土祝11:45~18:00(日曜定休)  予算  ぜんざい¥480など


大平山  
地元では知られたラーメン店。九州風の豚骨ラーメンが楽しめる。
 所在  福岡県北九州市門司区東本町1-5-2  電話  093-321-5183  WEB  [13]
 営業時間  11:00~17:00(火曜定休)  予算  大平山ラーメン¥700など


キッチンポレポレ (Kitchen Pole Pole)  
門司港駅近くのレストラン。夜は居酒屋メニューがある。
 所在  門司区港町9-7。門司港駅徒歩2分  電話  (093) 321-6739  WEB  [14]
 営業時間  8:30~16:00 17:30~21:30、定休日 月曜  予算  ポレポレ本格焼きカレー ¥900、門司港地ビール¥600など
キッチンポレポレ


二代目 清美食堂  
芋洗坂係長の母親が経営していた店を芋洗坂係長と姉で復活させた店。漫画「クッキングパパ」にも登場した。
 所在  北九州市門司区東港町2-25  電話  (093) 342-9386  WEB  [15]
 営業時間  月~土11:00~15:00/17:00~21:00 日11:00~19:00 月曜の夜の部、火曜休  予算  ちゃんらー¥450など
二代目 清美食堂


こがねむし  
焼きカレーの名店。
 所在  北九州市門司区東本町1-1-24  電話  (093) 332-2585  WEB  
 営業時間  11:45~14:45/17:00~20:00 金曜休  予算  焼きカレー¥650など


ドルチェ  
焼きカレーと手作りケーキの店。
 所在  北九州市門司区港町6-12  電話  (093) 331-1373  WEB  [16]
 営業時間  月~金:9:00~18:00/土日祝~20:00 火曜休  予算  焼きカレー¥850など

中級[編集]

元祖瓦そば たかせ 門司港レトロ店 地図  
下関市にある川棚温泉の名物、瓦そばの店。下関市豊浦町にある元祖瓦そば たかせの支店。瓦そばとは、茶そばを瓦の上で軽く炒めたもの。
 所在  門司区港町5-1海峡プラザ西館2F。  電話  (093) 322-3001
 FAX  (093) 322-3003
 WEB  [17]
 営業時間  11:00~20:00、水曜定休。ゴールデンウィークと夏休み期間の閉店時間は21:00。  予算  瓦そば一人前¥1,100など。
元祖瓦そば たかせ 門司港レトロ店


海人  
卸問屋直営の店。一階が回転寿司、二階が海鮮処となっているほか、仕出しや宅配も行っている。
 所在  門司区港町3-3  電話  093-322-5522  WEB  [18]
 営業時間  ランチ11:00~15:00、夕食17:00~22:00  予算  ふく御膳¥2100など


ファンキータイガーアジト  
お笑いコンビ・ロバートの秋山竜次の父・幸重が経営する店。メニューはハンバーグと焼カレー、カレーライス。かつては海賊船のような船だったが、老朽化により移転。
 所在  北九州市門司区港町3-14-1  電話  (093)321-3636  WEB  
 営業時間  11:30~21:00(水曜休)  予算  ハンバーグ¥1000など


プリンセスピピ  
アジアン料理の店。門司港名物の焼きカレーも食べられる。
 所在  福岡県北九州市門司区西海岸1-4-7  電話  予約050-5872-5798
(問い合わせ093-321-0303)
 WEB  
 営業時間  ランチ11:00~15:00、ディナー18:00~22:00(月火曜定休)  予算  王様カレー¥1000など


はなのつゆ  
栄町銀天街の路地にある板前割烹。ふぐをはじめとする関門の海の幸が手ごろな値段で味わえる。
 所在  門司区栄町5-3  電話  予約050-5869-9760
(問い合わせ093-331-0010)
 WEB  
 営業時間  17:00~22:00(日曜定休)  予算  ふく刺身¥2600など


陽のあたる場所  
門司港駅近くにあるレストランバー。ビルの7階にあり、窓からは関門海峡を一望できる。焼きカレーが自慢。
 所在  門司区西海岸1-4-3  電話  093-321-6363  WEB  [19]
 営業時間  11:00~23:00  予算  カレードリアセット¥1500など


萬龍  
栄町銀天街そばにある老舗中華料理店。建物も趣ある作りとなっており、レトロ情緒をかきたてられる。
 所在  福岡県北九州市門司区本町4-4  電話  093-321-2028  WEB  
 営業時間  営業時間  予算  味ソ麺¥630など


伽哩本舗  
焼きカレー専門店。
 所在  北九州市門司区港町9-2 門司港駅徒歩2分  電話  (093) 331-8839  WEB  [20]
 営業時間  11:00~20:30  予算  昔の焼きカレー¥950、ふくの焼きカレー¥1200など

高級[編集]

ふくの店 志げる  
ふぐの調理法である「縦引き」「横引き」の両方の調理法で作る店。下関には負けないとのこと。
 所在  門司区栄町1-9。  電話  (093)321-1711  WEB  [21]
 営業時間  4月~9月 17:00~21:00(os20:00)/10月~3月 17:00~22:00(os20:30)日・祝日17:00~21:00(os20:00)日祝日休(12月無休)。  予算  志げるコース¥9450など。


まんねん亀  
ふぐ料理で有名。
 所在  門司区栄町5-3。  電話  0120-008129  WEB  [22]
 営業時間  11:30~14:30(お昼はコースのみ要予約) /17:00~22:00  予算  とらふくコース¥6300~。


ポルトーネ  
門司港ホテル内にあるレストラン。フレンチの伝統にシェフの感性と地元の食材が融合した「門司港キュイジーヌ」を提供している。
 所在  福岡県北九州市門司区港町9-11  電話  093-321-6662  WEB  
 営業時間  朝(和洋バイキング)7:00~10:00、ランチ11:30~14:30、ティータイム14:00~17:00、夜17:30~21:00  予算  門司港キュイジーヌ「デトロワ」コース¥6930など


三宜楼茶寮  
昭和初期から所在する大規模料亭「三宜楼」の建物で下関市の春帆楼が料亭として経営している。
 所在  北九州市門司区清滝3-6-8 門司港駅徒歩8分  電話  (093) 321-2651  WEB  [23]
 営業時間  11:30~15:00/17:30~22:00  予算  (昼)ふく御膳¥3240など、(夜)ふく会席¥8640、ふくフルコース¥18360など。夜は予約制。


みかど食堂  
門司港駅開設当初からの食堂を再現。
 所在  北九州市門司区西海岸1丁目5-31  電話  (093) 321-8321  WEB  [24]
 営業時間  11:30~15:00/17:30~21:00  予算  ランチ¥2800~3600、ディナー¥4800~6800

飲む[編集]

スターバックスコーヒー 門司港駅店  
門司港駅舎内にあるスタバ。
 所在  北九州市門司区西海岸1-5-31  電話  (093) 342-8607  WEB  [25]
 営業時間  8:00~21:00  料金  コーヒー¥290など


門司港地ビール工房 地図  
北九州市唯一の地ビール。ジンギスカンやピザや地元の魚介類をつまみに。
 所在  北九州市門司区東港町6-9 門司港駅から徒歩6分。  電話  (093) 321-6885  WEB  [26]
 営業時間  11:00~22:00  料金  地ビール各種¥480、ピッツァ¥1200~、特製生ラムジンギスカン(1人前・野菜付き)¥1260、ふぐのから揚げ¥600、ラムのカツ¥650など。
門司港地ビール工房

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

ホテルポート門司 地図  
長期滞在可能なホテル。
 所在  門司区栄町11-29。JR門司港駅徒歩10分。  電話  (093) 331-0112
 FAX  (093) 331-1004
 WEB  [27]
 e-mail  [28]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 11:00   料金  シングル¥6,300~、ダブル・ツイン¥7,350~。


ホテルルートイン門司 地図  
全国展開しているチェーンホテル。関門海峡が見える展望大浴場あり。
 所在  門司区西海岸2-11-2。JR門司港駅車2分、門司港駅より送迎バスあり。門司IC車10分。  電話  (093) 322-1111
 FAX  (093) 322-3211
 WEB  [29]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥5,500~、ツイン¥13,000~、朝食¥500、駐車場無料。


HOTEL AZ 北九州新門司港店  
「新門司IC」より車で約10分。
 所在  門司区吉志1丁目25-5。  電話  (093) 483-1301  WEB  [30]
 時間    料金  


Moji Port  
門司駅裏から海岸に行ったところにある、浴場併設の宿。
 所在  北九州市門司区大里本町3-13-26 門司駅徒歩5分  電話  (093) 382-3322  WEB  [31]
 時間    料金  ¥7000~

高級[編集]

プレミアホテル門司港 地図  
門司港の埠頭に建てられたオシャレなホテルである。
 所在  門司区港町9-11。JR門司港駅徒歩1分  電話  (093) 321-1111  WEB  [32]
 e-mail  [33]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 11:00   料金  1泊2食¥15660~、

連絡する[編集]


Wikitravel Shared Logo 門司区に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。