何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

「出羽三山」の版間の差分

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
出羽三山

Default Banner.jpg

(食べる)
(宿泊所)
(タグ: モバイル編集モバイルウェブ編集)
 
(同じ利用者による、間の1版が非表示)
52行目: 52行目:
  
 
{{Taberu|二の坂茶屋|羽黒山の石段参道にある茶屋。4月下旬~11月上旬の営業。|shozai=鶴岡市羽黒町手向73-1。|tel=(0235) 62-4287|web=http://hagurokanko.jp/miru/hagurosan/ninosakachaya.html|jikan=8:30~17:00|ryokin=|}}
 
{{Taberu|二の坂茶屋|羽黒山の石段参道にある茶屋。4月下旬~11月上旬の営業。|shozai=鶴岡市羽黒町手向73-1。|tel=(0235) 62-4287|web=http://hagurokanko.jp/miru/hagurosan/ninosakachaya.html|jikan=8:30~17:00|ryokin=|}}
 +
 +
{{Taberu|大梵字|alt=だいぼんじ|道の駅「月山」月山あさひ博物村内にある蕎麦処。|shozai=鶴岡市越中山字名平4-2。|tel=(0235) 53-3413|web=http://www.gassanasahi-hakubutsumura.co.jp/daibonji/|jikan=11:00~17:00、定休日 4月~11月は無休、12月~3月は第4月曜|ryokin=|}}
  
 
==飲む==
 
==飲む==
59行目: 61行目:
 
===宿泊所===
 
===宿泊所===
  
{{Tomaru|斎館|alt=さいかん||shozai=羽黒山頂|tel=(0235) 62-2355|fax=|web=http://www.dewasanzan.jp/publics/index/64/|email=-|ryokin=一泊二食/¥7,000より。}}
+
{{Tomaru|羽黒山参籠所 斎館|alt=さいかん||shozai=羽黒山頂|tel=(0235) 62-2355|fax=|web=http://www.dewasanzan.jp/publics/index/64/|email=-|ryokin=一泊二食/¥7,000より。}}
  
 
{{Tomaru|宿坊 神林勝金|羽黒山石段登り口に一番近くにあり、国宝五重塔へ徒歩5分で行くことができる。|shozai= 鶴岡市羽黒町手向3。|tel=(0235) 62-2273|fax=|web=http://www3.ocn.ne.jp/~katukane/|email=-|ryokin=一泊二食/¥7,500より。}}
 
{{Tomaru|宿坊 神林勝金|羽黒山石段登り口に一番近くにあり、国宝五重塔へ徒歩5分で行くことができる。|shozai= 鶴岡市羽黒町手向3。|tel=(0235) 62-2273|fax=|web=http://www3.ocn.ne.jp/~katukane/|email=-|ryokin=一泊二食/¥7,500より。}}
  
 
{{Tomaru|休暇村 羽黒|羽黒山の中腹に位置する。|shozai=鶴岡市羽黒町手向字羽黒山8。|tel=(0235) 62-4270|fax=|web=http://www.qkamura.or.jp/haguro/|email=|ci=|co=|ryokin=|}}
 
{{Tomaru|休暇村 羽黒|羽黒山の中腹に位置する。|shozai=鶴岡市羽黒町手向字羽黒山8。|tel=(0235) 62-4270|fax=|web=http://www.qkamura.or.jp/haguro/|email=|ci=|co=|ryokin=|}}
 +
 +
{{Tomaru|湯殿山参籠所|湯殿山本宮麓仙人沢の大鳥居の近く。冬期休業。|shozai=鶴岡市田麦俣字六十里山仙人沢7。|tel=(0235) 54-6131|fax=|web=http://www.shoko-travel.jp/yudonosan_sanrousyo/|email=|ci=|co=|ryokin=|}}
  
 
===キャンプ===
 
===キャンプ===

2020年1月14日 (火) 10:13時点における最新版

出羽三山 (でわさんざん) は山形県庄内地方にひろがる羽黒山(はぐろさん)、月山(がっさん)、湯殿山(ゆどのさん)の総称。


分かる[編集]

歴史[編集]

出羽三山は修験道を中心とした山岳信仰の場として知られている。開山は推古元年(593年)で、崇峻天皇の皇子である蜂子皇子が三本足の雷鳥に導かれて羽黒山に登り山頂に祠を建て、さらに月山・湯殿山も開いたのが始まりとされている。

風景[編集]

動植物[編集]

気候[編集]

着く[編集]

料金/許可[編集]

動く[編集]

観る[編集]

羽黒山[編集]

芭蕉の句碑

標高414mの羽黒山は出羽三山の中では一番低い山ではあるが、山頂に三山の三神合同祭殿があり、国宝の五重搭や、杉並木が美しい表参道、宿坊街や博物館などの見所も多い。山頂へは石段の表参道を歩いて上るほかに、車でも「羽黒山有料道路」(小型車¥400)で簡単に上がることもできる。他にも羽黒山は芭蕉「奥の細道」のゆかりの地でもあり、南谷(表参道途中をそれて徒歩15分)に芭蕉句の石碑が建っている。


国宝・五重塔  
東北地方では最古の搭で、平安時代に平将門が創立したと伝えられている。高さ29.9m。谷間の杉林にひっそり建っている姿が美しい。表参道入り口から谷に下り、川を越えて進んだ所にある。


表参道の杉並木  
全長1.7km、2,446段もの石段が続く表参道。その両側には樹齢300~500年の杉並木が続いている。400本以上あり、これも国の天然記念物に指定されている。山頂まで上るには約50分かかる。


三神合同祭殿  
山頂に建つ出羽三山の三神を祭る祭殿。重要文化財。

月山[編集]

標高1,984m。

  • 月山朝日観光協会 電話  (0237) 74-4119  WEB  [1]


湯殿山[編集]

標高1,504m。

遊ぶ[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

二の坂茶屋  
羽黒山の石段参道にある茶屋。4月下旬~11月上旬の営業。
 所在  鶴岡市羽黒町手向73-1。  電話  (0235) 62-4287  WEB  [2]
 営業時間  8:30~17:00  予算  


大梵字 (だいぼんじ)  
道の駅「月山」月山あさひ博物村内にある蕎麦処。
 所在  鶴岡市越中山字名平4-2。  電話  (0235) 53-3413  WEB  [3]
 営業時間  11:00~17:00、定休日 4月~11月は無休、12月~3月は第4月曜  予算  

飲む[編集]

泊まる[編集]

宿泊所[編集]

羽黒山参籠所 斎館 (さいかん)  
 所在  羽黒山頂  電話  (0235) 62-2355  WEB  [4]
 e-mail  [5]
 時間    料金  一泊二食/¥7,000より。


宿坊 神林勝金  
羽黒山石段登り口に一番近くにあり、国宝五重塔へ徒歩5分で行くことができる。
 所在  鶴岡市羽黒町手向3。  電話  (0235) 62-2273  WEB  [6]
 e-mail  [7]
 時間    料金  一泊二食/¥7,500より。


休暇村 羽黒  
羽黒山の中腹に位置する。
 所在  鶴岡市羽黒町手向字羽黒山8。  電話  (0235) 62-4270  WEB  [8]
 時間    料金  


湯殿山参籠所  
湯殿山本宮麓仙人沢の大鳥居の近く。冬期休業。
 所在  鶴岡市田麦俣字六十里山仙人沢7。  電話  (0235) 54-6131  WEB  [9]
 時間    料金  

キャンプ[編集]

野宿[編集]

気を付ける[編集]

出かける[編集]

外部リンク[編集]


この記事「出羽三山」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。