何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

内子町

提供: ウィキトラベル
2008年11月26日 (水) 22:20時点におけるDecchi (トーク | 投稿記録)による版 (遍路道)
移動先: 案内検索
内子町

Default Banner.jpg

内子町(うちこちょう)は、愛媛県の中南部にある町である。2005年に内子町、五十崎町、小田町が合併し、新・内子町となった。内子町役場:内子町平岡甲168番地 TEL (0893) 44-2111(代表)、内子町観光協会 TEL (0893) 44-3790。


着く

飛行機で

松山空港を利用する。連絡バスで松山駅を経由し予讃線で内子駅下車。

列車で

予讃線・内子線の内子駅には、岡山駅・高松駅・松山駅・宇和島駅からの特急列車が停車する。

車で

国道56号、379号が町内を通っている。また、松山自動車道の内子インターチェンジがある。

バスで

松山市・伊予市八幡浜市伊方町三崎から内子・五十崎への路線。松山市・砥部久万高原から突合・小田・中畦までの路線がある。運行は伊予鉄道バス TEL (089) 948-3172


動く

列車で

町内には予讃線に伊予立川駅、内子駅が、内子線に五十崎駅がある。

バスで

伊予鉄道が運行する路線バスのほか、町営バスが内子・五十崎地区と小田地区を結ぶ路線や小田地区相互間など11路線ある。また、金・土・日曜日に限り内子駅・八日市周辺にレトロバスがちゃまるが運行されている。

足で

八日市護国の街並み散策。四国霊場巡礼で遍路道を歩く。

観る

内子座  
1916年に建てられた劇場。1985年に復元され
 所在  内子2102、内子駅より徒歩10分  電話  (0893) 44-2840  WEB  
 開場時間  9:00~16:30  料金  ¥300、小¥150


内子の町並み  
重要伝統的建造物群保存地区に選定され、多くの伝統的民家が残されており、本芳我家、上芳我邸、大村家は国の重要文化財に指定されている。
 所在  内子駅から徒歩20分


五十崎凧博物館  
日本はもとより世界の凧を集めた資料館。
 所在  五十崎甲1437  電話  (0893) 44-5200  WEB  [1]
 開場時間  9:00~17:00  料金  ¥300、小¥150


商いと暮らし博物館(内子町歴史民俗資料館)  
江戸時代後期の商家の建物を利用し当時の商売の動きを解説する施設。
 所在  内子1938  電話  (0893) 44-5220  WEB  [2]
 開場時間  9:00~16:30  料金  ¥200、小¥100


木蝋資料館 上芳我邸  
 所在  内子2696  電話  (0893) 44-2771  WEB  
 開場時間  9:00~16:30  料金  ¥100、小¥50

四国霊場

楽水大師  
番外霊場。弘法大師がこの地で水を飲み、美味しいので楽になったと言ったという言い伝えから作られた大師堂。地元で管理されている。
 所在  大瀬東


高昌寺  
四国曼荼羅霊場第五十番札所。曹洞宗の寺院で本尊は聖観世音菩薩。1441年創建。八日市護国の街外れにあり、境内に寝姿10mの涅槃仏が安置されている。(第五十一番札所は西予市「龍澤寺」)
 所在  内子町城廻117  電話  (0893)44-2409  WEB  [3]
 開場時間    料金  

遍路道

内子から久万へ  
大洲市から内子町に入って少し歩くと左側に黒内坊遍路道が分かれる。緩やかな坂道を20分ほど歩くと運動公園に出て、右のほうへ下りて行くと内子駅に出る。左に進んで六日町市街地を抜けていくと国道56号に出るが、途中左方向には八日市・護国の町並み保存地区があるので見ていってもよい。国道に出たところには道の駅があり、ここから国道379号線が分かれる、国道を少し北に進んで右に入ると水戸森峠を越える遍路道があって国道379号線へ出る。大きく蛇行する小田川に沿って4km行くと大瀬集落が、さらに4km歩くと番外霊場 楽水大師がある。さらに約2kmで突合(つきあわせ)である。

 左に分岐している吉野川に沿って北上する国道379号線を6kmあまり歩くと落合集落に入る。右に分岐する県道42号線に入り、谷間のひっそりした道を3.6kmの本成の三島神社を右に見て緩やかな坂を上っていくと下坂場峠で久万高原町に入り、鴇田峠遍路道を越えると国道33号線に出る。第四十四番札所まであと7.4kmである。

 また、突合から小田川に沿う国道380号を進み、小田の市街地から真弓トンネルを通って久万高原町に入り、父二峰を経て農祖峠を越て国道33号線に入ることもできる。真弓トンネル出口から第四十四番札所まで約11kmである。

遊ぶ

買う

絵蝋燭  
 所在    電話    WEB  
 営業時間    値段  

食べる

飲む

泊まる

安宿

大瀬の館  
旧大瀬村役場庁舎を利用した素泊り専用の宿。1日一組のみ受け入れ。
 所在  大瀬中央4610-1  電話  (0893) 47-0102(大瀬自治センター)  WEB  [4]
 時間    料金  1名利用¥4,000、2名以上は1名¥3,000

中級

御宿 月乃家  
伝統的建造物群保存地区にある宿
 所在  内子2646、内子駅から徒歩15分  電話  (0893)43-1160
 FAX  (0893)43-1160
 WEB  [5]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  ¥8,610~


中芳我邸ゲストハウス  
伝統的建造物群保存地区内の元銀行頭取別邸のある築100年を超える白壁の土蔵をゲストハウスとしている。食事提供なし。
 所在  内子2655、内子駅から徒歩15分  電話  (0893) 44-5706  WEB  [6]
 時間    料金  RC¥4,600~


龍王荘  
五十崎竜王公園内にある公共の温泉宿
 所在  五十崎1524、五十崎バス停から徒歩5分  電話  (0893) 44-4057
 FAX  (0893) 44-4319
 WEB  [7]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  ¥6,400~

高級

旅館 松乃屋  
内子座に近い日本旅館。
 所在  内子1913、内子駅から徒歩10分  電話  (0893) 44-5000
 FAX  (0893) 44-2244
 WEB  [8]
 時間  チェックイン 16:00 チェックアウト 10:00   料金  ¥12,600~

出かける

この記事「内子町」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。