何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

「交通系ICカードの活用 (日本)」の版間の差分

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
交通系ICカードの活用 (日本)

Default Banner.jpg

(ICを利用して行ける施設と行けない施設)
(ICを利用して行ける施設と行けない施設)
646行目: 646行目:
  
 
:*ボートレース(競艇場)は、鳴門にICで行くことができない。エリアは(桐生・戸田・江戸川・多摩川・平和島)=(浜名湖・蒲郡・常滑)=+(三国・津「近鉄PiTaPa」・住之江・びわこ・尼崎・児島・まるがめ・宮島)=徳山=(下関・若松・芦屋・福岡・からつ)、(大村)となる。
 
:*ボートレース(競艇場)は、鳴門にICで行くことができない。エリアは(桐生・戸田・江戸川・多摩川・平和島)=(浜名湖・蒲郡・常滑)=+(三国・津「近鉄PiTaPa」・住之江・びわこ・尼崎・児島・まるがめ・宮島)=徳山=(下関・若松・芦屋・福岡・からつ)、(大村)となる。
::*蒲郡はJRのみで名鉄は吉良吉田を含まないと使用できない。津は近鉄のみで伊勢鉄道・JRはエリア外。三国は芦原温泉駅から無料バスが条件。最寄り駅のえちぜん鉄道「あわら湯のまち駅」はICエリア外。まるがめと宮島はICで相互行き来不可。まるがめの運賃払い戻しサービスはICでは不可(往復乗車券購入が必須)。徳山は新幹線のスマートEXで徳山駅に行き無料タクシーが条件、下関は九州から来て下関駅から無料バス(一般のサンデン交通の路線バスは不可)が条件。最寄り駅の「長府駅」はICエリア外。芦屋は折尾駅・遠賀川駅からの無料バス(一般の北九州市営バス及び芦屋町タウンバスは不可)。
+
::*蒲郡はJRのみで名鉄は吉良吉田を含まないと使用できない。津は近鉄のみで伊勢鉄道・JRはエリア外。三国は芦原温泉駅からの無料バスが条件。最寄り駅のえちぜん鉄道「あわら湯のまち駅」はICエリア外。まるがめと宮島はICで相互行き来不可。まるがめの運賃払い戻しサービスはICでは不可(往復乗車券購入が必須)。徳山は新幹線のスマートEXで徳山駅に行き無料タクシーが条件、下関は九州から来て下関駅から無料バス(一般のサンデン交通の路線バスは不可)が条件。最寄り駅の「長府駅」はICエリア外。芦屋は黒崎駅・折尾駅・遠賀川駅からの無料バス・無料タクシー(一般の北九州市営バス及び芦屋町タウンバスは不可)が条件。
 
::*ただし勝舟投票券(舟券)は交通系ICでは購入できない。
 
::*ただし勝舟投票券(舟券)は交通系ICでは購入できない。
  

2018年9月19日 (水) 08:50時点における版

これは「お役立ち情報」の記事です。( → 鉄道旅行のコツ・日本編 へ戻る)
全国相互利用可能な交通系ICカード
 

交通系ICカードの活用 (日本)では、日本における交通機関利用を主にしたICカードの活用法について記述する。


主なICカード

全国で共通利用できるカード

★のカードは交通利用・買い物への利用共に利用できる。(一部事業者を除く) ☆は交通利用でのみ、利用できる。

PiTaPaの場合は、PiTaPaエリア・ICOCAエリア(2018年10月1日から。近畿地方のみ。ただし、きのくに線(宮前駅 - 新宮駅)・紀勢線(紀和駅・和歌山市駅)・播但線(京口駅 - 寺前駅)・姫新線(播磨高岡駅 - 播磨新宮駅)・山陽線(有年駅・上郡駅)・赤穂線(天和駅・備前福河駅)はチャージとなる。)ではポストペイ(後日請求)。その他のエリアではチャージをしてそのチャージ額を利用。

  • Kitaca(北海道)★[1]
    • ただし、タクシーでは買い物利用扱いとなるため、PiTaPaは利用できない。
  • ICAS nimoca(函館市電・函館バス)★[2]
    • ただし、箱館ハイカラ號は買い物利用扱いとなるため、PiTaPaは利用できない。
  • Suica(岩手県・宮城県・山形県・福島県・新潟県・関東・長野県・静岡県)★[3]
    • ただし、南武線支線小田栄駅~川崎新町駅間、両毛線富田駅~あしかがフラワーパーク駅間のみの利用はできない。
    • ただし、タクシー・佐渡汽船では買い物利用扱いとなるため、PiTaPaは利用できない。
    • 仙台エリア(岩手県・宮城県・山形県・福島県(浜通り南部を除く))では、icscaも利用できる。ただし、交通利用でのみ、利用できる。icscaには買い物利用機能がないため、買い物には利用できない。
  • PASMO(関東)★[4]
    • ただし、千葉モノレール・関東鉄道(常総線・竜ヶ崎線)ではPASMO/Suicaでのみ、利用できる。
    • ただし、タクシー・筑波観光鉄道・御岳登山鉄道・高尾登山電鉄・東京湾フェリーでは買い物利用扱いとなるため、PiTaPaは利用できない。
  • TOICA(東海地方)★[5]
  • manaca(マナカ)(同)★[6]
    • 2019年春から神奈川県・滋賀県・愛知環状鉄道でも利用できるようになる予定。
    • ただし、名鉄海上観光船では買い物利用扱いとなるため、PiTaPaは利用できない。
  • ICOCA(近畿地方・北陸地方・鳥取県・島根県東部・岡山県・広島県・山口県東部・香川県)★[7]
    • ただし、国際興業大阪タクシー・両備グループのタクシー(岡山交通・両備タクシー・岡山タクシー・両備グレースタクシー)では買い物利用扱いとなるため、PiTaPaは利用できない。
  • PiTaPa(近畿地方・東海地方・北陸地方・鳥取県東部・岡山県・香川県)☆[8]
    • ただし、阪急タクシー・阪神タクシー・近鉄タクシー・大阪神鉄豊中タクシー・キャビックタクシー・「神戸-関空ベイ・シャトル」・ジャンボフェリーでは買い物利用扱いとなるため、PiTaPaでのみ、利用できる。
    • ただし伊丹市営バス・山陽バスではPiTaPa/ICOCAでのみ、利用できる。
    • 片乗り入れのカードのうち、LuLuCa・emica・らんでんカード・なっち・hanica・Itappy・NicoPa・CI-CA・Harecaの各エリアもPiTaPaエリアに含まれている。ただし、ItappyエリアではPiTaPa/ICOCAでのみ、利用できる。また、Harecaエリアのうち、宇野バスでは利用できない。
  • SUGOCA(九州地方・山口県西部)★[9]
    • ただし、タクシーでは買い物利用扱いとなるため、PiTaPaは利用できない。
  • nimoca(九州地方)★[10]
    • 利用できる事業者は西鉄(鉄道全線)・西鉄バス・筑豊電気鉄道・JR九州バス・昭和自動車(福岡県)、大分バス・大分交通・亀の井バス・日田バス(大分県)、佐賀市営バス・西鉄バス、昭和自動車(佐賀県)、熊本市電(熊本県)、宮崎交通(宮崎県)。
    • 2020年から長崎県(後述の長崎スマートカードから切り替え)でも利用できるようになる予定。
    • ただし、乗継割引は、nimocaでのみ有効。
    • ただし、タクシーでは買い物利用扱いとなるため、PiTaPaは利用できない。
    • 熊本市電では、くまモンのICカードも利用できる。ただし、交通利用でのみ、利用できる。買い物には利用できない。
  • はやかけん(福岡市)★[11]
    • ただし、福岡市営渡船は買い物利用扱いとなるため、PiTaPaは利用できない。

片乗り入れのカード(★☆のカードが使える路線)

札幌市営地下鉄のSAPICAや静鉄のLuLuCaなど、以下で紹介している地方公共交通機関で導入されたICカードは全国では使えない。上記で説明したPASMOやSuicaなど★☆が付いた全国相互利用可能なICカードは利用できる。

PiTaPaの場合は、◎が付いたエリアではPiTaPaエリアでもあるためポストペイ(後日請求)。その他のエリアではチャージをしてそのチャージ額を利用。

  • SAPICA(札幌圏の地下鉄・バス・市電)
    • 交通利用でのみ、利用できる。買い物には利用できない。
  • odeca(JR東日本の気仙沼線・大船渡線BRT)
    • ただし、ミヤコーバス鹿折金山線のうち、大船渡線BRT扱いとなる区間ではICカードに対応していないが、定期券に限りICカード(odeca定期券)となり、有効区間内であれば乗務員に提示することで利用できる(運賃支払い、乗り越し精算、チャージは利用できない)。
  • icsca(仙台市地下鉄・仙台市営バス・宮城交通・ミヤコーバス)
    • 交通利用でのみ、利用できる。買い物利用機能がないため、買い物には利用できない。
    • 仙台Suicaエリア(岩手県・宮城県・山形県・福島県(浜通り南部を除く))でも利用できる(首都圏・新潟Suica/PASMOエリア(福島県(浜通り南部)・新潟県・関東・長野県・静岡県)と前述のodecaエリアでは利用できない)。
    • ただし、高速バス仙台 - 山形線、仙台 - 上山線のうち山交バス担当便ではICカードに対応していないが、宮城交通のicsca定期券に限り、有効区間内であれば乗務員に提示することで利用できる(運賃支払い、乗り越し精算、チャージは利用できない)。
    • ただし、福祉割引用icscaは仙台市地下鉄・仙台市営バス・宮城交通・ミヤコーバスのみで有効(仙台Suicaエリアでは利用できない)。
  • りゅーと(新潟交通グループ)
  • LuLuCa(静鉄グループ)◎
  • emica(三重交通グループ(名阪近鉄バスを除く))◎
  • らんでんカード(京福電車)◎
  • なっち(南海バス・南海ウイングバス金岡・南海ウイングバス南部)◎
  • hanica(阪急バス・阪急田園バス・阪神バス・尼崎交通事業振興)◎
  • Itappy(伊丹市営バス)(ICOCA/PiTaPa)◎
  • NicoPa(神姫バスグループ・山陽バス(明石地区))◎
    • ただし、神姫バスグループのうち西脇・加西・姫路・宍粟・津山発着の高速バスでは全国相互利用可能なICカードでのみ、利用できる(NicoPaは利用できない)。
    • ただし、山陽バスではNicoPa(明石地区のみ)/ICOCA/PiTaPaでのみ、利用できる(ICOCA/PiTaPa以外の全国相互利用可能なICカードは利用できない)。
  • CI-CA(奈良交通・エヌシーバス)◎
    • ただし、大阪空港リムジンバスでは全国相互利用可能なICカードでのみ、利用できる(CI-CAは利用できない)。
  • 岡山県のHarecaカード利用車両◎
    • ただし、宇野バスではHarecaでのみ、利用できる(その他ICは利用できない)。
    • ただし、岡電路面電車と岡電バス・両備バス(いずれも両備グループ)との乗継割引(指定された電停・バス停に限る)は、Harecaでのみ有効。
    • ただし、赤磐市広域路線バスではICカードに対応していないが、宇野バスのHareca定期券に限り、有効区間内(赤磐市 - 美咲町 - 美作市の並行区間)であれば乗務員に提示することで利用できる(運賃支払い、乗り越し精算、チャージは利用できない)。
    • ただし、井笠バスではICカードに対応していないが、両備バスのHareca定期券に限り、有効区間内(倉敷市の両備バス・井笠バス(いずれも両備グループ)共通乗車区間)であれば乗務員に提示することで利用できる(運賃支払い、乗り越し精算、チャージは利用できない)。
  • 広島県島根県西部・岡山県南西部・山口県東部のPASPY事業者
    • 交通利用でのみ、利用できる。買い物には利用できない。
    • ただし、君田交通ではPASPYでのみ、利用できる(その他ICは利用できない)。
    • ただし、利用の都度、自動的に10%割引(10円未満の端数は切り上げ)となる仕組みであるPASPY割引、バスとバス、広電電車とバス、アストラムラインとフィーダーバス(フォーブル)との乗継割引(指定された駅・電停・バス停に限る)は、PASPYでのみ有効。
    • ただし、井笠バスのうち笠岡営業所担当便ではICカードに対応していないが、中国バスのPASPY定期券に限り、有効区間内(広島県福山市の中国バス・井笠バス(いずれも両備グループ)共通乗車区間)であれば乗務員に提示することで利用できる(運賃支払い、乗り越し精算、チャージは利用できない)。
    • 2016年9月30日をもって広島県安芸高田市のコミュニティバス「お太助バス」では利用できなくなった(カードリーダーも撤去された)。
    • 2016年10月31日をもって高速バス「グランドアロー号(広島 - 松江)」「メリーバード号(広島 - 米子)」「広島 - 倉敷線」(いずれも広電バス担当便のみ)では利用できなくなった(カードリーダーも撤去された)。
  • Iruca(ことでんグループ)
    • 交通利用でのみ、利用できる。ことでんバスおよび買い物には利用できない。
  • くまモンのICカード(熊本電鉄(菊電)・九州産交バス・産交バス・熊本バス・熊本都市バス・電鉄バス)
    • 交通利用でのみ、利用できる。買い物には利用できない。
    • nimocaエリアのうち、熊本市電でも利用できる(その他のnimocaエリアは利用できない)。

使用可能地域限定カード

使用可能地域限定ICカードはOKICAや長崎スマートカード、RapiCa、いわさきICカードが有名であり、現時点ではOKICAは沖縄県内の主要交通機関で、長崎スマートカードは長崎県(島原鉄道の鉄道線を除く。松浦鉄道や西肥自動車は佐賀県内も含む)で、RapiCa、いわさきICカードは鹿児島県(三州自動車は宮崎県内も含む)でしか対応していない。沖縄県民もしくは頻繁に沖縄へ観光なおかつ、ゆいレールもしくはバスを主に使う人限定ともいえる。長崎県、鹿児島県で¥3000以上乗車する可能性がある人向きである。また、北陸鉄道グループのICaは、同地域他の鉄道・バス事業者で交通系ICカード10種の利用が可能になっただけに、サービスの孤立が目立つ事態となってしまっている。

  • えこまいか(富山地方鉄道の鉄道線・市内線・地鉄バス)
    • パスカと相互利用。
  • パスカ(富山ライトレール)
    • えこまいかと相互利用。
  • ICa(北陸鉄道(鉄道線は定期券のみ)・加賀白山バス・北鉄金沢バス)
    • 他のICカードとの相互利用不可。2018年2月現在では、相互利用開始の予定もない。
    • 同地域を運行するIRいしかわ鉄道・JR線ではICOCAが、西日本JRバスではPiTaPaがそれぞれ導入されており、これらは交通系ICカード10種の利用が可能。
  • OKICA(沖縄バス・東陽バス・那覇バス・琉球バス交通・ゆいレール)
    • 2020年に交通系ICカード10種片利用に対応予定。
  • 長崎スマートカード(長崎電気軌道・長崎自動車・長崎県交通局・松浦鉄道・佐世保市交通局・させぼバス・西肥自動車(県内の高速バスも含む)・島原鉄道のバス路線・さいかい交通)
    • 2020年よりnimocaに順次切替予定。島原鉄道・長崎自動車とさいかい交通は独自カードに切り替えだが片利用可の計画。
  • RapiCa(鹿児島市交通局(電車・バス)・鹿児島市船舶局(桜島フェリー)・南国交通・JR九州バス(鹿児島県))
    • いわさきICカードと相互利用可能。ただし、乗継割引・ポイントは、RapiCaでのみ有効。将来的には交通系IC10種への片利用に対応予定。
  • いわさきICカード(鹿児島交通・三州自動車・「種子島・屋久島交通」・垂水フェリー・フェリーはいびすかす・種子屋久高速船)
    • RapiCaと相互利用可能。ただし、乗継割引・ポイントは、いわさきICカードでのみ有効。
  • い~カード(伊予鉄道の市内線・郊外線・いよてつバス)

利用方法

  • カードは、鉄道駅窓口、バス・路面電車車内などで購入する。
    • PiTaPaはクレジットカードなので、書類を出して契約する必要がある。
  • カードには「デポジット」という保証料が¥500あるので、購入時にはそれを差し引いた金額が利用できる。
    • ICカードを¥2,000円で購入した場合、利用可能金額はデポジット料を差し引いた¥1,500になる。
    • PiTaPaの場合は、PiTaPaエリアではポストペイ(後日請求)。その他のエリアではチャージをしてそのチャージ額を利用。なお、2018年10月1日からICOCAエリア(近畿地方のみ。ただし、きのくに線(宮前駅 - 新宮駅)・紀勢線(紀和駅・和歌山市駅)・播但線(京口駅 - 寺前駅)・姫新線(播磨高岡駅 - 播磨新宮駅)・山陽線(有年駅・上郡駅)・赤穂線(天和駅・備前福河駅)はチャージとなる。)もポストペイになる予定。
  • 残額が不足した場合は、駅の券売機・チャージ機・バスの運賃箱でチャージする。基本的に¥1,000単位である。
  • 鉄道の場合、乗車時に駅の自動改札または簡易改札のカードリーダーに当て、下車時は駅の自動改札または簡易改札にタッチすると、利用額が引き落とされる。
    • ただし、JR西日本境線(2019年春導入予定)・和歌山線(五条駅 - 和歌山駅、2020年導入予定)は五条駅・橋本駅・和歌山駅・米子駅・境港駅の場合を除き、バス・路面電車と同一の利用方法になる。
  • 運賃後払い制のバス・路面電車の場合、乗車時にカードリーダーに当て、下車時に運賃箱付近のカードリーダーにタッチすると、利用額が引き落とされる。

運賃計算の特例

  • 環状線(着駅まで複数の経路がある場合)は最短運賃で計算する。しかし複数の鉄道を利用する場合などは中間改札にタッチする例がある。
  • 東日本旅客鉄道・東武鉄道・京浜急行電鉄・小田急電鉄・西武鉄道・東京急行電鉄・京成電鉄などではカード使用の際は運賃は1円単位。現金より若干安くなる場合が多い(高くなる場合もある)。

買い物

  • 買い物にも使用できる。コンビニエンスストア(大手)、鉄道・バス会社の関連施設などで代金の支払いができる。専用のカードリーダーにタッチすると代金分が引き落とされる。代金が不足した場合はチャージまたは現金で支払う。
    • 自動販売機の場合は、現金と併用できない。
    • ただしICで購入できない商品もある(通常商品は問題ない)、税金や通販などの料金収納にはICは利用できない。

利点

  • 料金の支払いがスムーズ
  • 切符を購入する手間が省けることが多い
  • 改札の混雑を避けることができる
  • 入金(チャージ)した金額分だけ利用できる為使いすぎの心配がない
  • (多くの路面電車・路線バス)乗り継ぎ割引運賃を自動適用される例がある(乗り継ぎ時間に制限がある例がある)
  • (nimoca・はやかけん導入の事業者の場合)精神障害者割引が進んでいる。障害者用nimocaは障碍者割引導入の会社ではタッチのみで割引運賃である。はやかけんも地下鉄なら自動改札タッチのみで割引である。
  • 一部の駅には「ICカード専用自動改札機」がある。乗車券の人が利用しないので、時間短縮になるのでなるべく利用したほうがよい。

欠点

利点があれば欠点もある。以下のようなことを頭に入れて利用すること。

支払いの単位が¥1000単位

後数十円必要・・・というときに¥1000チャージは勇気の要るものである。その際は支払いのときに小銭で支払うしかない。SuicaとICOCAは¥500チャージ、PASMOは¥10刻みチャージもある。

有効期限に注意

ICカードの最終利用日から10年間利用しなかった場合、チャージしたお金を含めてカード自体が無効になってしまう。但し、一部は10年経っても利用できるものが存在する。(例:ICい~カード)

途中下車が出来ない

ICカード利用して乗車した場合、原則として途中下車ができない。つまり駅で下車するたびにICカードで切符代が精算されて残額が減っていく。旅行の目的に応じて、磁気切符や乗り放題切符を利用するなど対応を変えた方が使い勝手が良い場合がある。

ただし、東京・大阪・神戸・福岡の地下鉄で改札を出ないと乗り換えられない場合は通算する(改札に時間制限がある)。

入場券としては使えない

入場した駅の改札で出場しようとするとエラーになる(定期券を除く)。券売機を使ってIC支払いか現金で別途購入する必要がある。もし入ってしまった場合は駅員(無人駅ならインターホン)で事情を説明して入場記録を消してもらう。その際にお金を払う必要があるかは駅員の対応によりけりである。改札内に忘れ物をしたなどであればそのまま通してくれるかもしれない。はやかけんは¥200(小児・障害者は¥100)取られてしまう。

並行する新幹線には乗車できない

在来線特急・私鉄特急など特別料金が必要な列車は、一部列車を除きICカードと料金券で乗車できるが、エリアの在来線と並行している新幹線は全線不可。カードを持っていても乗車券と特急券が必要。在来線でも博多南線はエリア外なので注意。

自動改札・バス運賃箱などの故障に対応できない

ごく稀だが、バスのカードリーダーが故障したまま走っている例や、自動改札の停電、故障ということもたまにある。バスの運賃表示器の設定を間違えて高く取られるときもある。自動改札しかない駅改札の場合は面倒である。ただし、祭などで多客時に電源を切ることがあるがそのときは降車時にきちんと反応する。

振り替え輸送はない

出場時に精算されるシステムであるがゆえに、事故等で運転見合わせが発生した場合「他社への振り替え輸送による切符相当額の目的地への運送義務」が生じないことになる。したがって無料の振り替え輸送を受けることはできない。ただし、関西圏などIC乗車券使用証明書を発行することで対応している会社もある。

残額確認が面倒

磁気SFカードのように券面に残額がのこらないため、改札機か券売機等などでしか残額を確認できない。出場時の残額が乗車運賃に満たない場合当然ながらエラーで改札が閉じてしまう。。また、入場時にも所定の金額(初乗り運賃、1円、10円など。エリアによって異なる)に満たないと改札が閉じてしまう場合がある。混雑時にこれをやると大変迷惑がかかるため、改札を通る時に毎回残額を確認し、自動計算されるとはいえある程度は運賃を把握する癖をつけておきたい。
AndroidスマホのNFC機能やPC接続の読み出し機(量販店で入手可能)で残高確認が可能なツールもある。


割引制度は原則的にない

長距離の移動には学生割引・ジパング倶楽部・往復割引等の割引が受けられない。割引運賃を利用する場合は事前に切符を買うことになる。往復割引は明らかにICエリアを超えるのでICを利用しないで事前に切符を買うことになる。連絡乗車券等の割引は自動適用である(地下鉄―私鉄などの短区間など)、一部の事業者は障がい者割引などは係員に申告したり、特殊IC乗車券で対応できる場合がある。

エリア外の定期券は登録不可

旅行先が九州として、JR九州が発行しているSUGOCAを購入したとする。そして関東へと持って帰ったSUGOCAを東京駅~秋葉原駅の定期券として登録申請してもエリアが異なるため、登録することは出来ない。(JR東日本のSuicaエリア内であり、SUGOCAエリアではないからである。)

磁気の定期券では他事業者をまたぐ定期券を販売できていたにも関わらずICカードでは販売できない、ということもあるので注意が必要である。

ただし、阪神電気鉄道・芦屋~大阪難波連絡~近畿日本鉄道・石切のように連絡定期券が1枚で発行される例がある(左の場合は阪神はPiTaPa・近鉄はICOCAとなる)

スーパー等のポイントが付かない場合がある

交通系ICカードの仕組みとして、加盟店は売り上げに応じて運営会社に電子マネー決済手数料を払って成り立っている。薄利多売の方針をもとに経営をしているスーパーマーケットの中では、現金精算ではスーパー独自のポイントカードにポイントを加算してくれるが、交通系ICカードで精算時にはポイントカードにポイントを加算してくれない場合がある。

スーパーのポイントカードでポイントをためることが目的の場合、規約等で事前に確認しておいた方がよい。

(全国規模のカードの場合)割引が不便

SUGOCA・nimoca・はやかけん・ICAS nimocaにはポイント制度があるが、自カードのエリア以外ではつかない。Suica・ICOCAなどはカードの恩典自体がない(ICOCAはポイント制度を作る予定あり)。PiTaPaは同一区間をエリア内で利用する場合に自動的に割引がある場合がある(Osaka Metroなど)

乗り継ぎの割引も、nimocaエリアはnimocaのみ対応で、他のカードでは割引がない。その一方で、大阪の地下鉄(Osaka Metro)~大阪シティバス乗り継ぎは利用できる全カードで割引に対応である(かつては現金でも割引だったが廃止された)。

manaca・nimoca・はやかけんには障害者割引カードがあるが、自社線のみ有効である(nimocaは障害者割引をしている西鉄グループ・JR九州バス・宮崎交通・佐賀市営バス・昭和バス・熊本市電・亀の井バス・大分交通・大分バス・日田バスのみ利用可)。

一部自治体が発行するIC福祉カードは地元交通機関のカードに準ずる使い方だが、他社では使えない。

払い戻し・再発行は発行元でのみ対応可

交通系ICカードが不要になったが、カード内に気軽に使いきれないほどの金額がチャージされたままなので払い戻しをしたい場合、払い戻しをしたい交通系ICカードの発行元の管轄エリア内にある窓口で申し出る必要がある。

例えば、九州から上京してJR東日本のSuicaを旅行中に使用していたとする。

移動や買い物で使うから上京先でたくさんチャージしたはいいものの、全部使えきれなかったから九州に戻ってから払い戻しをしようとした場合を考えてみよう。見た目は似ているICカードだから近くにある九州の駅窓口で精算すればいいか、と気軽に思うかもしれない。だが結果を言うと、九州では払い戻しできない。JR東日本のSuicaの取り扱いエリアまで移動して払い戻し申請をする必要があるが、九州から一番近いSuicaの取り扱い窓口があるのはなんと静岡県の熱海駅…。チャージ最大金額2万円を払い戻しに行く交通費だけで払戻金額が吹っ飛んでしまうという結末になる。なので、払い戻さずに地道に使っていくか、次に上京した際に利用するしかしかない。

無記名のICカード(Suica)をネットオークションしようとして問題になり、ネットオークションに出すのは禁止。チケットショップも受け付けない。所有権が発行元にあり、あくまで「貸与」であり、払い戻しに当たる行為も「返却」だからである。

払い戻しも原則本人しかできない。本人が払い戻しできない場合、委任状(例:要介護状態)や死亡証明書(亡くなられた場合)が必要になる場合がある。

ただし、盗難や紛失した際の「使用差し止め」だけは他の事業者の窓口でも対応できる場合があるので、ダメもとで窓口に行ってみるとよい。

磁気エラーが起こりやすい

磁気に近づけてはいけない。ごくまれだが、冬場の化学繊維の静電気など、濡らしたままにする、ほかのカードとくっつけたままにする場合などでもエラーが起こる例があるので注意。

カードが突然不良になると大変である。数日間はカードなしで生活しなければならない。特に旅行先で他社カード利用だったり、障害者割引カードだったりすると、再発行するまで時間がかかるので注意。

利用するならどれがいいのか

たくさんあるので見た目で選んでも悪くはないが、以下を目安に選択してみるとよい。

1.全国相互利用な最寄りの鉄道会社のICカード
事業者間の差別化のためのポイントサービスや、払い戻しや再発行の手続きを考えると、最寄りの鉄道会社が加盟しているICカードを利用した方がよい。特にwikitravelユーザで旅行する機会が多いユーザなら全国相互利用が可能な最寄りの鉄道会社にしておくと旅行先での切符の支払いや買い物に利用できて便利ではないだろうか。
例えば、首都圏を走る路線バスの1ヶ月間の利用金額に応じて割引チケット(¥100~¥330)が自動配布される仕組みであるバス利用特典サービス(バス特)はSuicaやPASMOでのみ有効であり、その他の事業者のICカードでは運賃は精算できてもバス特による割引チケットは発生しない。
同様にJR九州の自動改札機で引き去った運賃×1%分のポイントが加算されるSUGOCAポイントサービスが有効なICカードはSUGOCAだけであり、nimocaやSuica等の他の事業者のICカードでは運賃を精算できてもSUGOCAポイント加算されない。
西鉄・昭和バス・JR九州バス・熊本市電ではnimoca利用でポイントサービスがある。
manacaも名鉄(manacaエリア外も含む)・名古屋市交通局・あおなみ線・リニモ・豊橋鉄道は一定額以上利用でポイントサービスと指定交通機関内の乗り継ぎ割引がある。他カードでは特典はない。
「Suicaグリーン券売機」で乗車区間を指定して購入し、座席の上部にあるセンサにタッチすることで首都圏を走る普通列車のグリーン車が利用可能となる仕組みであるグリーン車SuicaシステムはSuica、PASMO、Kitaca、TOICAでのみ有効であり、その他の事業者のICカードでは利用できない。
2.Suica(東日本)・ICOCA(西日本)
ICカードの全国相互利用が開始され、便利になった反面、利用条件が複雑になり話がややこしくなってしまった事業者が出てきた。多摩モノレールや千葉都市モノレールなど関東の鉄道事業者は、SuicaやPASMOは利用可能だがその他の全国相互利用加盟のICカードは利用できない、といった現象が発生している。全国で先駆けて導入されたSuicaだけには対応している事業者もあるので、Suicaを1枚持っていたら何かと使えて便利である。ただし西日本ではICOCAのみ対応の場合もあるので、Suica・ICOCA両方あると望ましい。

記名式かどうか

定期券を紐付けするといやおうなく記名式になるが、TOICA・ICOCAのように記名式がない場合がある。紛失した場合はリスクが高い。

クレジットカードとの関係

きっぷを持たずに乗車するということは、現金を直接使わないことである。そうすると、いざというときに現金を持っていないでも列車に乗れるということで、クレジットカードの利便性が活きるための制度を持つカードがあると重要な存在になる。クレジットカードの規則の関係で18歳以上限定。高校生は18歳以上でも不可(PiTaPaは例外あり)収入や過去の経歴で不許可になることもある。

1.PiTaPa
これ自体がクレジットカードの扱い。PiTaPaエリアでは限度額までカードのみで利用できる。利用した運賃は決まった日に指定した金融機関の口座から引き落とし。しかし他のエリアの利用では現地の会社で現金でチャージし利用する。銀行口座から直接チャージする「オートチャージ」もある。
2.SMART ICOCA
ICOCAの一種。西日本旅客鉄道のカード。駅では買えず、カードセンターにネットか郵便で契約する。西日本エリアではクイックチャージ機に投入して操作するとクレジット側からチャージすることで決まった額のチャージとなる。後日クレジット会社から請求が来る。一般のチャージ機はクイックチャージしかできないので、現金でチャージしたいときは他のエリア、券売機、コンビニでチャージする必要がある。
3.オートチャージ(Suica、PASMO、SUGOCAなど)
残額が¥1000以下になると指定のクレジットカードから一定額が自動的に引き出され、チャージ額になるもの。銀行や流通系カードと一体のものが多い。しかしこれはオプションであり、設定するかどうかは任意。

いずれにせよ、使いすぎた場合は思わぬ出費になり、払えないとブラックリストに入る危険性があるので慎重に。特に紛失した場合は危険性が高い。

気を付ける

情報過多のため、掲載内容を整理する提案が出ています。
ノートページで掲載内容の方向性の結論が出るまで、この項目に情報は追加しないようにお願いします。
今後、この項目の大幅なレイアウトの変更や掲載情報のが削除される場合もあります。ご了承ください。

鉄道の場合、各ICカードの各エリア内を利用する場合のみ有効で、エリアをまたいでの利用はできない。

なお、2018年9月15日にICOCAエリアは一体化するが、以下の場合を除き、200Km制限が設定される。ただし、東金沢駅以東と牛ノ谷駅以西をまたいでの利用は従来どおりできない。

  1. 大阪近郊区間内の駅相互間(ICOCAエリア外の駅(新堂~笠置間、大和二見~橋本~田井ノ瀬間、丹波大山~谷川~比延間)を除く)。
  2. 大阪・米原~金沢間の特急「しらさぎ」「サンダーバード」「ダイナスター」「おはようエクスプレス」「おやすみエクスプレス」停車駅相互間(大阪・米原~近江塩津(特急通過駅)間は大阪近郊区間)。
  3. 京都~新宮間の特急「くろしお」停車駅相互間(京都~和歌山間は大阪近郊区間)。
  4. 大阪~寺前間の特急「はまかぜ」停車駅相互間(大阪~姫路間は大阪近郊区間)。
  5. 京都~上郡間の特急「スーパーはくと」停車駅相互間(京都~相生(特急通過駅)間は大阪近郊区間)。
  6. 岡山~上郡間の特急「スーパーいなば」停車駅相互間。
  7. 岡山~倉敷~伯耆大山~米子~出雲市間の特急「やくも」「スーパーまつかぜ」「スーパーおき」停車駅相互間。
  8. 岡山・高松~多度津間の特急「しおかぜ」「南風」「うずしお」「いしづち」「ミッドナイトEXP高松」「モーニングEXP高松」「しまんと」停車駅相互間。
  9. 1.と2.の相互間。
  10. 1.と3.の相互間。
  11. 1.と4.の相互間。
  12. 1.と5.の相互間。
  13. 7.と8.の相互間

その場合は下車駅で現金精算をした後、利用したICカードの担当エリア内の駅で改札入場情報を消去してもらう必要がある(ICOCAエリアの場合はICカードの残額で精算可能)。

PiTaPa導入事業者を利用する際、チャージができない事業者がある。事前にJR・近鉄・京阪やコンビニで多めにチャージしておくしかない。

利用できない例

その1
  • 東京駅をSuicaで入場し御殿場駅で下車する場合。
    熱海駅をSuicaで入場し函南駅で下車する場合、共に静岡県内・隣の駅で大丈夫。
    松本駅をSuicaで入場し名古屋駅で下車する場合、共に「しなの」運行区間で大丈夫。
    な感じがするかもしれないがダメな例である。東京駅・熱海駅・松本駅はJR東日本のSuicaエリア、御殿場駅・函南駅・名古屋駅はJR東海のTOICAエリアとなっているため、2つ(複数)のエリア間をまたいで乗車することとなり、ICカードは利用できない。こういう場合は乗車券を購入した上で利用することとなる。鈍行列車でもダメ。新幹線はスマートEXエリアで跨ぐことはできる。
  • 小田急新宿駅をPASMOで入場し「ふじさん」に乗って駿河小山駅・御殿場駅で下車する場合。
    東武日光駅をPASMOで入場して、東武-野岩鉄道-会津鉄道経由の「AIZUマウントエクスプレス」を含む列車で会津若松まで行って下車する場合。
    浅草駅でPASMOで入場して、「リバティ会津」を含む列車に乗車して、会津田島まで行って下車する場合
    共に列車運行区間内・IC読み取り機があるので大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。新宿駅は小田急のPASMOエリア、御殿場駅はJR東海のTOICAエリア、駿河小山駅はIC未対応駅、東武日光駅・浅草駅は東武のPASMOエリア、野岩鉄道・会津鉄道全駅ICエリア外、会津若松駅はSuicaの仙台エリアとなっているため、2つ以上のエリア間をまたいで乗車することとなり、ICカードは利用できない。こういう場合は乗車券を購入した上で利用することとなる。小田急線内・東武線内で最大9円安いIC利用をしたい場合は新松田駅・新藤原駅で一度下車する必要がある。また東急-メトロ-東武と跨いで乗ると27円高くなる区間もある。
  • 新潟駅をSuicaで入場し富山駅で下車する場合。新潟駅はJR東日本のSuicaエリア、富山駅はあいの風とやま鉄道のICOCAエリアとなっているため、2つのエリア間をまたいで乗車することとなり、ICカードは利用できない。こういう場合は新潟駅で富山駅までの乗車券(¥4,350)を購入した上で利用することとなる。新幹線はもちろん鈍行列車でもダメ。
  • 岩国駅をICOCAで入場し下関駅で下車する場合、共に山口県内で大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。岩国駅はJR西日本のICOCAエリア、下関駅(JR西日本の管理駅)はJR九州のSUGOCAエリアとなっているため、2つのエリア間をまたいで乗車することとなり、ICカードは利用できない。こういう場合は岩国駅で下関駅までの乗車券(¥3,020)を購入した上で利用することとなる。鈍行列車でもダメ。当該区間の山陽新幹線はスマートEXエリア。
その2
  • 東京駅をSuicaで入場し在来線経由で仙台駅まで行って下車する場合。
    新津駅をSuicaで入場し「SLばんえつ物語」を含めた列車にを乗車して、会津若松駅まで行って下車する場合。(SL運行区間内)
    いわき駅をSuicaで入場し磐越東線経由で郡山駅まで(福島県内)行って下車する場合。
    東京駅と仙台駅・新津駅・会津若松駅・郡山駅・いわき駅は共にSuicaのエリア内で一見すると大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。東京駅・いわき駅はSuicaの首都圏エリア、郡山駅・仙台駅・会津若松駅はSuicaの仙台エリア、新津駅はSuicaの新潟エリアになっているため、2つのエリア間をまたいで乗車することとなり、ICカードは利用できない。乗車券を購入した上で利用することとなる。
  • 大阪駅をICOCAで入場し在来線経由「雷鳥・サンダーバード」含む列車、で富山駅まで行って下車する場合。
    岡山駅をICOCAで入場し在来線経由で姫路駅まで行って下車する場合。
    大阪駅と富山駅・姫路駅・岡山は共にICOCAのエリア内で一見すると大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。大阪駅・姫路駅はICOCAの近畿圏エリア、富山駅はICOCAの富山エリアに、岡山駅はICOCAの岡山・広島・香川エリア(岡山・福山地区)になっているため、2つのエリア間をまたいで乗車することとなり、ICカードは利用できない。乗車券を購入した上で利用することとなる。2018年9月15日にICOCAエリアは一体化するが、200Km制限が設定される。岡山~大阪・姫路は可能であるが、岡山~京都・米原は距離オーバーで不可能。
  • 博多駅をSUGOCAで入場し「かもめ」を含む列車で、長崎駅まで行って下車する場合。
    八代駅をSUGOCAで入場し「九州横断特急・(いさぶろう・しんぺい)・SL人吉」を含む列車で、隼人駅まで行って下車する場合。
    大分駅をSUGOCAで入場し「にちりん」を含む列車で、宮崎駅まで行って下車する場合
    宮崎駅をSUGOCAで入場し「きりしま」を含む列車で、鹿児島中央駅まで行って下車する場合。
    博多駅・長崎駅・八代駅・大分駅・隼人駅・宮崎駅・鹿児島中央駅は共にSUGOCAのエリア内で一見すると大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。博多駅・八代駅・大分駅はSUGOCAの福岡・佐賀・熊本・大分エリア、長崎駅はSUGOCAの長崎エリア、宮崎駅はSUGOCAの宮崎エリア、鹿児島中央駅・隼人駅はSUGOCAの鹿児島エリアになっているため、2つのエリア間をまたいで乗車することとなり、ICカードは利用できない。乗車券又は2枚キップ/4枚キップ(区間があれば)を購入した上で利用することとなる。
その3
  • 東京駅をSuicaで入場し、鹿島サッカースタジアム駅まで行って下車する場合、共に東京近郊区間・首都圏Suica内で大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。東京駅は対応駅であるが、鹿島サッカースタジアム駅はICエリア外の未対応駅で、ICカードは利用できない。乗車券(¥1,940)を購入した上で利用することとなる。首都圏のJR(JR東日本の南半分)は「鹿島線・久留里線・烏山線・大糸線」が全線Suica未対応。
  • 東京駅をSuicaで入場し、「踊り子」に乗車して、三島駅-修善寺駅間の停車駅まで行って下車する場合、共に「踊り子」運行区間内。
    新宿駅をSuicaで入場し、「あずさ」を含む列車に乗車して、大糸線内の停車駅まで行って下車する場合、共にJR東日本内・「あずさ」運行区間内。
    上野駅をSuicaで入場し、「草津」を含む列車に乗車して、川原湯温泉駅まで行って下車する場合、共に首都圏Suicaエリア内・「草津」運行区間内。
    大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。東京駅・上野駅・新宿駅はJR東日本Suica対応駅であるが、修善寺踊り子の熱海以西(三島駅は首都圏Suicaでは出場できない駅・伊豆箱根鉄道駿豆線は全駅)はIC使用不能の区間・大糸線各駅(豊科駅・信濃大町駅・白馬駅・南小谷駅等)はICエリア外の未対応駅・吾妻線は中之条駅・長野原草津口駅・万座・鹿沢口駅のみ利用可能で、川原湯温泉駅はICエリア内であるが未対応駅で、ICカードは利用できない。乗車券を購入した上で利用することとなる。
  • 水上駅・長岡駅をSuicaで入場し、越後湯沢駅・浦佐駅まで行って下車する場合
    那須塩原駅・郡山駅をSuicaで入場し、新白河駅まで行って下車する場合
    いわき駅をSuicaで入場し、竜田駅まで(福島県内・運行可能区間内)行って下車する場合
    共にJR東日本内で大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。水上駅・長岡駅・郡山駅・那須塩原駅・いわき駅は対応駅であるが、上越線水上駅 - 小千谷駅(越後湯沢駅・浦佐駅)は新潟・首都圏の境界上で、東北本線黒磯駅 - 矢吹駅(新白河駅)と常磐線いわき駅 - 原ノ町駅(竜田駅・原発事故で不通)は仙台・首都圏の境界上のICエリア外の未対応駅で、ICカードは利用できない。乗車券を購入した上で利用することとなる。
  • 新潟駅をSuicaで入場し、寺泊駅(新潟Suica内)、津川駅・越後寒川駅まで行って下車する場合
    直江津駅をSuicaで入場し、上越妙高駅(上越市内)・糸魚川駅まで行って下車する場合
    長岡駅をSuicaで入場し、十日町駅・大白川駅まで行って下車する場合
    いずれも新潟県内で大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。新潟駅・直江津駅・長岡駅は対応駅であるが、寺泊駅はエリア内であるが吉田 - 柏崎駅の間ICの未対応駅で、県内は只見線・飯山線・米坂線・大糸線・えちごトキめき鉄道・北越急行全線全駅、小千谷以南・村上以北・五泉以東はICエリア外の駅で、ICカードは利用できない。乗車券を購入した上で利用することとなる。
  • 仙台駅をSuicaで入場し仙山線の陸前白沢駅・熊ヶ根駅・奥新川駅まで行って下車する場合、共に仙台Suica・仙台市内で大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。仙台駅は対応駅であるが、仙台市内の陸前白沢駅・熊ヶ根駅・奥新川駅はICエリア内の未対応駅で、ICカードは利用できない。乗車券を購入した上で利用することとなる。
  • 松本駅をSuicaで入場し、「しなの」を含む列車で、長野駅・北小谷駅まで行って下車する場合。
    野辺山駅をSuicaで入場し、佐久平駅まで行って下車する場合。
    塩尻駅をSuicaで入場し、「しなの」を含む列車で、木曽福島駅・飯田駅まで行って下車する場合。
    共に長野県内で大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。
    県内の対応駅は、富士見駅~松本までの各駅と野辺山駅である。
    県内は篠ノ井線松本以北(長野駅など)・中央本線辰野支線(川岸、辰野、信濃川島、小野)・小海線野辺山駅以外(佐久平駅・小諸駅等)、大糸線(松本-南小谷)、飯山線(豊野-飯山-森宮野原)は、JR東日本内であるがICエリア外。
    中央本線(塩尻-田立)と飯田線(中井侍-辰野)はJR東海で、
    大糸線(南小谷-糸魚川)はJR西日本(在来線は唯一の東と西の境界)で、
    しなの鉄道・アルピコ交通・長野電鉄・上田電鉄・関西電力(季節営業)はすべて未対応で、
    ICカードは利用できない。乗車券を購入した上で利用することとなる。
  • 国府津駅をSuicaで入場し、松田駅(共に神奈川県内)まで行って下車する場合。
    甲府駅をSuicaで入場し、「ふじかわ」を含む列車で、身延駅(共に山梨県内)まで行って下車する場合。
    共に県内で大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。国府津駅・甲府駅はJR東日本Suica対応駅であるが、神奈川県は御殿場線(谷峨-国府津)・山梨県は身延線(十島-甲府)はJR東海で
    JR東海だけがICカードは利用できない。乗車券を購入した上で利用することとなる。なお、2019年春に御殿場駅 - 下曽我駅でIC利用可能(TOICA対応駅)になる予定(ただし、下曽我駅 - 国府津駅の1駅間はTOICA・首都圏Suicaの境界上のICエリア外となる)。
  • 京成成田駅をPASMOで入場し、芝山千代田駅まで行って下車する場合、共に京成グループ内・千葉県内で。
    飯能駅をPASMOで入場し、西武―秩父鉄道直通列車で、三峰口駅まで行って下車する場合、共に埼玉県内で。
    大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。京成成田駅・西武飯能駅はPASMO対応駅であるが、芝山千代田駅・秩父鉄道の全駅はICエリア外の未対応駅で、ICカードは利用できない。乗車券を購入した上で利用することとなる。1円単位の運賃を使用したい場合は東成田駅・西武秩父で一度下車する必要がある。特に京急-都営-京成・東急-メトロ-西武と跨ぐと最大27円も高くなる区間もある。埼玉県は秩父鉄道だけ、千葉県は芝山鉄道・山万・小湊鉄道・いすみ鉄道・銚子電鉄・流鉄がIC未対応。
    • PASMOから未対応区間直通は以上の4通りある。
  • 豊橋駅をTOICAで入場し、「伊那路」を含む列車で、新城駅まで行って下車する場合、共にJR東海内・愛知県内で。
    岐阜駅をTOICAで入場し、「ひだ」を含む列車で、高山駅まで行って下車する場合。・大垣駅をTOICAで入場し、美濃赤坂駅まで行って下車する場合。共にJR東海内・岐阜県内で。
    大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。豊橋駅・岐阜駅は対応駅であるが、愛知県は飯田線豊川駅以北(三河一宮-新城-東栄)、岐阜県は高山本線美濃太田駅以北(飛騨地区・古井-下呂-高山-飛騨古川-杉原)、東海道本線美濃赤坂駅・荒尾駅、中央本線中津川以東(落合川駅・坂下駅)はICエリア外の未対応駅で、ICカードは利用できない。乗車券購入した上で利用することとなる。
  • 大垣駅をTOICAで入場し、モレラ岐阜駅まで行って下車する場合。共に岐阜県内で大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。大垣駅はJR東海の対応駅であるが、樽見鉄道の全駅はICエリア外の未対応駅で、ICカードは利用できない。乗車券(¥450)を購入した上で利用することとなる。
  • 近鉄四日市駅をPiTaPaで入場し、北勢中央公園口駅まで行って下車する場合、共に近鉄グループ・三重県内・四日市市内で大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。近鉄四日市駅は近鉄のPiTaPa/ICOCA対応駅であるが、三岐鉄道全駅全て未対応駅で、ICカードは利用できない。乗車券(¥560)を購入した上で利用することとなる。
    • PiTaPaからエリア外へは、直通電車はないが、近鉄-三岐鉄道(近鉄富田)と近鉄-JR東海(津・松阪・伊勢市・鳥羽)だけで中間改札がない、ICを使用したい場合は乗換駅で一度下車してカードの処理をしてから乗換える。
  • 四日市駅をTOICAで入場し、上野市駅まで行って下車する場合、共に三重県内で大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。四日市駅はJR東海のTOICA対応駅であるが、上野市駅は伊賀鉄道のICエリア外の未対応駅で、ICカードは利用できない。乗車券(¥1,230)を購入した上で利用することとなる。関西本線四日市駅以西と伊賀鉄道はICエリア外で全て未対応駅である。なお、2019年春に四日市駅 - 亀山駅でIC利用可能(TOICA対応駅)になる予定。
  • 富山駅をICOCAで入場し、「ひだ」を含む列車で、猪谷駅まで行って下車する場合。共に富山県内・富山市内で大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。富山駅はあいの風とやま鉄道のICOCA対応駅であるが、高山本線は富山駅以南(猪谷駅)はJR西日本のICエリア外の未対応駅で、ICカードは利用できない。乗車券(¥670)を購入した上で利用することとなる。
  • 高岡駅をICOCAで入場し、伏木駅まで行って下車する場合、共に富山県内・高岡市内で大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。高岡駅はあいの風とやま鉄道のICOCA対応駅であるが、伏木駅はJR西日本のICエリア外の未対応駅で、ICカードは利用できない。乗車券(¥210)を購入した上で利用することとなる。氷見線はICエリア外で全て未対応駅である。
  • 高岡駅をICOCAで入場し、戸出駅まで行って下車する場合、共に富山県内・高岡市内で大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。高岡駅はあいの風とやま鉄道のICOCA対応駅であるが、戸出駅はJR西日本のICエリア外の未対応駅で、ICカードは利用できない。乗車券(¥210)を購入した上で利用することとなる。城端線は新高岡駅以南はICエリア外で全て未対応駅である。
  • 米原駅をICOCAで入場し、
    近江長岡駅まで行って下車する場合、共に滋賀県内・米原市内。
    「しらさぎ」を含む列車で、敦賀駅まで行って下車する場合、共にJR西日本内。
    で大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。米原駅はJR西日本のICOCA対応駅であるが、敦賀駅は北陸本線は近江塩津駅以北のICエリア外の未対応駅、醒ヶ井駅・近江長岡駅・柏原駅はTOICA・近畿圏ICOCAの境界上のICエリア外の未対応駅で、ICカードは利用できない。乗車券購入した上で利用することとなる。なお、2019年春に醒ヶ井駅 - 関ヶ原駅でIC利用可能(TOICA対応駅)になる予定(ただし、米原駅 - 醒ヶ井駅の1駅間はTOICA・ICOCAの境界上のICエリア外となる)。
  • 京都駅をICOCAで入場し、「きのさき・たんば・はしだて」を含む列車に乗車して、福知山駅まで行って下車する場合、共にJR西日本内・京都府内
    和歌山駅をICOCAで入場し、「くろしお・オーシャンアロー」を含む列車で、新宮駅まで行って下車する場合、共にJR西日本内・和歌山県内
    で大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。京都駅・和歌山駅はICOCA対応駅であるが、京都府は、山陰本線園部以西(京都府北部・京丹後地区・福知山駅など)と関西本線加茂以東とJR東海(新宮駅等)はICエリア外の未対応駅、和歌山県の紀勢本線海南駅以南は「くろしお」停車駅を除きICエリア内の未対応駅で、ICカードは利用できない。乗車券を購入した上で利用することとなる。
  • 姫路駅をICOCAで入場し、上郡駅まで行って下車する場合、共にJR西日本内・兵庫県内で
    岡山駅をICOCAで入場し、備前片上駅まで行って下車する場合、共にJR西日本内・岡山県内で
    大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。姫路駅・岡山駅ICOCA/PiTaPa対応駅であるが、山陽本線は相生駅 - 和気駅(上郡駅)・赤穂線は播州赤穂駅 - 長船駅(備前片上駅)は近畿圏・岡山の境界上ICエリア外の未対応駅で、ICカードは利用できない。乗車券を購入した上で利用することとなる。2018年9月15日に撤廃されるが、200Km制限がある。
  • 岡山駅をICOCAで入場し、宇野駅まで行って下車する場合、共にJR西日本内・岡山県内で大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。岡山駅は岡山ICOCA対応駅であるが、宇野駅はICエリア外の未対応駅で、ICカードは利用できない。乗車券(¥580)を購入した上で利用することとなる。宇野線は茶屋町駅以南はICエリア外で全て未対応駅である。
  • 岡山駅をICOCAで入場し、津山駅まで行って下車する場合、共にJR西日本内・岡山県内で大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。岡山駅は岡山ICOCA対応駅であるが、津山駅はICエリア外の未対応駅で、ICカードは利用できない。乗車券(¥1,140)を購入した上で利用することとなる。津山線は法界院駅以北はICエリア外で全て未対応駅である。
  • 岡山駅をICOCAで入場し、新郷駅まで行って下車する場合、共にJR西日本内・岡山県内で大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。岡山駅は岡山ICOCA対応駅であるが、新郷駅はICエリア内の未対応駅で、ICカードは利用できない。乗車券(¥1,660)を購入した上で利用することとなる。伯備線は備中高梁駅以北伯耆大山駅以南は「やくも」停車駅を除きICエリア内の未対応駅である。
  • 福山駅をICOCAで入場し、府中駅まで行って下車する場合、共にJR西日本内・広島県内で大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。福山駅は岡山ICOCA対応駅であるが、府中駅は福塩線は神辺駅以北のICエリア外の未対応駅で、ICカードは利用できない。乗車券(¥500)を購入した上で利用することとなる。
  • 広島駅をICOCAで入場し、三次駅(広島県内)・井原市駅(広島市内)まで行って下車する場合、共にJR西日本内で大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。広島駅は広島ICOCA対応駅であるが、芸備線は狩留家駅以北(広島市内には井原市駅・志和口駅・上三田駅・中三田駅・白木山駅)(三次駅等)はICエリア外の未対応駅で、ICカードは利用できない。乗車券を購入した上で利用することとなる。
  • 岩国駅をICOCAで入場し、清流新岩国駅まで行って下車する場合、共に山口県内・岩国市内で大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。岩国駅はJR西日本の広島ICOCA対応駅であるが、岩徳線・錦川清流線全線(清流新岩国駅等)はICエリア外の未対応駅で、ICカードは利用できない。岩国駅からの場合は乗車券(¥420)を購入、清流新岩国駅からの場合は券売機が設置されていないため、そのまま入場して乗車時に整理券を取り、降車時に車内で運賃(¥420)を精算した上で利用することとなる。
  • 高松駅をICOCAで入場し、
    「うずしお」を含む列車で、三本松駅まで行って下車する場合。
    「いしづち」「モーニングEXP高松」「ミッドナイトEXP高松」を含む列車で、観音寺駅まで行って下車する場合。
    「しまんと」を含む列車で、琴平駅まで行って下車する場合。
    共にJR四国内・香川県内で大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。高松駅は香川ICOCA対応駅であるが、高徳線(三本松駅)・予讃線は多度津駅以西(観音寺駅)・土讃線(琴平駅)はICエリア外の未対応駅で、ICカードは利用できない。
  • 下関駅をSUGOCAで入場し、新下関駅まで行って下車する場合、共に山口県内・下関市内で大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。下関駅(JR西日本の管理駅)は北九州SUGOCA対応駅であるが、山陽本線の南岩国駅 - 下関駅(新下関駅)は広島ICOCA・北九州SUGOCAの境界上のICエリア外の未対応駅で、ICカードは利用できない。乗車券(¥200)を購入した上で利用することとなる。
  • 小倉駅をSUGOCAで入場し、志井公園駅まで行って下車する場合、共に福岡県内・北九州市内
    博多駅・大分駅をSUGOCAで入場し、「ゆふいんの森・ゆふ」を含めた列車にを乗車して、由布院駅・日田駅まで行って下車する場合。共に北九州SUGOCA内
    熊本駅をSUGOCAで入場し、「九州横断特急・あそぼーい」を含めた列車に乗車して、立野駅・阿蘇駅まで行って下車する場合。・「A列車で行こう」を含めた列車に乗車して、三角駅まで行って下車する場合。共に熊本県内
    鳥栖駅をSUGOCAで入場して、「かもめ・みどり・ハウステンボス」を含む列車で、肥前山口駅・肥前鹿島駅・有田駅まで行って下車する場合、共に佐賀県内
    大分駅をSUGOCAで入場して、「にちりん・ソニック」を含む列車で、佐伯駅・臼杵駅まで行って下車する場合、共に大分県内
    長崎駅をSUGOCAで入場し、佐世保駅まで行って下車する場合、共に長崎県内。
    鹿児島中央駅をSUGOCAで入場し、竜ヶ水駅まで行って下車する場合・「はやとの風」を含む列車で、吉松駅まで行って下車する場合・「指宿のたまて箱」を含む列車で、指宿駅まで行って下車する場合、共に鹿児島県内。
    宮崎駅をSUGOCAで入場し、「にちりん・ひゅうが」を含む列車で、延岡駅まで行って下車する場合・「きりしま」を含む列車で、都城駅まで行って下車する場合・「海幸山幸」を含む列車で、日南駅まで行って下車する場合、共に宮崎県内
    で大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。小倉駅・博多駅・熊本駅・鹿児島中央駅・長崎駅・宮崎駅・鳥栖駅は対応駅であるが、三角駅・有田駅・指宿駅・佐世保駅・日南駅はICエリア外の未対応駅で、北九州の運賃経路に含める久大線(日田駅・由布院駅)・豊肥線(立野駅・阿蘇駅)・日田彦山線(北九州市内駅は石田駅-呼野駅の5駅)はICエリア空白地帯の未対応駅で、鹿児島エリアは竜ヶ水駅だけ未対応、肥薩線(吉松駅・人吉駅)は全線北九州・鹿児島の境界上のICエリア外・日豊線は幸崎駅-佐土原駅(佐伯駅・臼杵駅・延岡駅・日向市駅・高鍋駅)は北九州・宮崎の境界上のICエリア外、田野駅-国分駅(都城駅)は鹿児島・宮崎の境界上のICエリア外、長崎本線は佐賀駅 - 諫早駅(肥前山口駅・肥前鹿島駅)は北九州・長崎の境界上のICエリア外で全て未対応駅であるため、ICカードは利用できない。乗車券又は2枚・4枚キップ(都市間移動に有効)を購入した上で利用することとなる。
    • nimocaはエリア外・他カードエリアになるケースはない。はやかけんとSUGOCAは姪浜駅だけまたがって行くことできる。はやかけんエリアからICエリア外は、天神-伊万里等のようなケースだけある。
その4
  • 広島駅をICOCAで入場し在来線経由で高松駅まで行って下車する場合。広島駅と高松駅は共にICOCAの岡山・広島・山陰・香川エリア内で一見すると大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。広島駅はICOCAの広島地区、高松駅はICOCAの香川地区になっているため、3つの地区間をまたいで乗車することとなり、ICカードは利用できない。乗車券(¥4,190)を購入した上で利用することとなる。2018年9月15日にエリアが一体化するが、広島~高松は距離オーバーで利用不可。
その5
  • 甲府駅をSuicaで入場し、JR東海身延線を経由(「ふじかわ」含む)して熱海駅で下車する場合。両方とも首都圏Suicaエリアであるが、JR東海は運賃経路に含めないため、ICカードでは遠回りのJR東日本線Suicaエリア内(東海道線・茅ヶ崎・相模線・橋本・横浜線・八王子・中央本線経由、¥3,024)だけで計算される。このため、身延線利用の場合は運賃の安い経路の乗車券(¥2,270)を購入した上で利用することとなる。
  • 水戸駅をSuicaで入場し、鹿島臨海鉄道線を経由して香取駅で下車する場合。両方とも首都圏Suicaエリアであるが、鹿島線・鹿島臨海鉄道は運賃経路に含めないため、ICカードでは遠回りのJR東日本線内(成田線・我孫子・常磐線経由、¥2,592)だけで計算される。このため、鹿島臨海鉄道・鹿島線利用の場合は運賃の安い経路の乗車券(¥1,700)を購入した上で利用することとなる。
  • 三鷹駅をSuicaで入場し、地下鉄東西線経由の直通電車を利用して津田沼駅で下車する場合。
    松戸駅をSuicaで入場し、地下鉄千代田線・大手町駅(改札内)・東西線利用して三鷹駅で下車する場合。
    両方とも首都圏SuicaエリアのためICカードではJR東日本線内(中央総武緩行線経由や常磐線・秋葉原・中央線)だけで計算される。このため、JR-東京メトロ-JR利用の場合は運賃の安い経路の乗車券を購入した上で利用するか西船橋駅・西日暮里駅の改札を経由することとなる。(JR優先で運賃計算される。)
  • 菊名駅をSuicaで入場し、横浜線・京浜東北線・東海道線を経由して熱海駅で下車する場合。両方とも首都圏Suicaエリアであるが、最短経路の東海道新幹線はJR東海のICエリア外で運賃経路に含めないため、ICカードでは遠回りのJR東日本線内(横浜線・京浜東北線・東海道線経由、¥1,490)だけで計算される。このため、菊名・新横浜-小田原以西利用の場合は運賃の安い経路の乗車券(新横浜・東海道新幹線経由、¥1,320)を購入した上で利用することとなる。
  • 国府津駅をSuicaで入場し、JR東海御殿場線・松田駅(改札内で「あさぎり」に乗り換え)・小田急線利用して町田駅で下車する場合。両方とも首都圏Suica/PASMOエリアであるが、ICカードでは精算不能(小田急と国府津駅は連絡運輸を結んでいない)になる。このため、JR東海は乗車券で乗り、松田駅で一度改札を出て、小田急でICを使用する。
  • 小千谷駅をSuicaで入場し、飯山線・十日町駅・北越急行ほくほく線を経由して直江津駅で下車する場合。両方とも新潟Suicaエリア・新潟県内であるが、飯山線・ほくほく線は運賃経路に含めないため、ICカードでは遠回りのJR東日本線内(上越線・宮内・信越本線経由、¥1,490)だけで計算される。このため、飯山線・ほくほく線利用の場合は運賃の安い経路の乗車券(¥1,470)を購入した上で利用することとなる。
  • 岡崎駅をTOICAで入場し、愛知環状鉄道線を経由して高蔵寺駅で下車する場合。両方ともTOICAエリア・愛知県内であるが、愛知環状鉄道は運賃経路に含めないため、ICカードでは遠回りのJR東海線内(東海道線・金山・中央本線経由、¥970)だけで計算される。このため、愛知環状鉄道線利用の場合は運賃の安い経路の乗車券(¥870)を購入した上で利用することとなる。なお、2019年春に愛知環状鉄道線でIC利用可能(TOICA対応駅)になる予定。
  • 函南駅をTOICAで入場して、JR東日本東海道本線を経由して下曽我駅で下車する場合。
    亀山駅でTOICAで入場して、JR西日本草津線経由で醒ヶ井駅下車する場合。
    共にTOICA対応駅であるが、ICカードでは遠周りのJR東海TOICAエリアだけで計算される、運賃の安い経路の乗車券を購入した上で利用することとなる。
  • 岩見沢駅をKitacaで入場し、室蘭本線を経由して苫小牧駅で下車する場合。両方ともKitacaエリアであるが、室蘭本線は運賃経路に含めないため、ICカードでは遠回りの函館本線・苗穂・千歳線経由(¥2,160)で計算される。このため、室蘭本線利用の場合は運賃の安い経路の乗車券(¥1,450)を購入した上で利用することとなる。
  • 篠山口駅をICOCAで入場し福知山線・福知山・山陰本線経由で園部駅まで行って下車する場合。篠山口駅と園部駅は共にICOCAの西日本広域エリア内であるが、福知山線・山陰本線は運賃経路に含めないため、ICカードでは遠回りのJR宝塚線・大阪・JR京都線・京都・嵯峨野線経由(¥2,590)で計算される。このため、播但線・山陰本線利用の場合は運賃の安い経路の乗車券(¥1,940)を購入した上で利用することとなる。
  • 新宮駅をICOCAで入場しJR東海紀勢本線経由で米原駅まで行って下車する場合。新宮駅と米原駅は共にICOCA西日本広域のエリア内であるが、JR東海(津・亀山・柘植・草津)又は名古屋経由「南紀」含む。が近いがJR東海・伊勢鉄道は運賃経路に含めないため、ICカードでは遠回りのJR西日本経由では200Kmオーバーであるが、新宮駅は特急停車駅、米原駅は大阪近郊区間内のため、特例で精算可能となり、和歌山・大阪・京都経由「くろしお」乗車前提で計算される。このため、JR東海経由で利用の場合は経路通りの乗車券を購入した上で利用することとなる。
  • 姫路駅をICOCAで入場し播但線・和田山・山陰本線経由で園部駅まで行って下車する場合。姫路駅と園部駅は共にICOCA西日本広域内であるが、播但線・山陰本線は運賃経路に含めないため、ICカードでは遠回りのJR神戸線・大阪・JR京都線・京都・嵯峨野線経由(¥3,020)で計算される。このため、播但線・山陰本線利用の場合は運賃の安い経路の乗車券(¥2,590)を購入した上で利用することとなる。
  • 広島駅をICOCAで入場し芸備線・木次線経由で宍道駅まで行って下車する場合。広島と宍道は共に西日本広域ICOCAエリアであるが、木次線は200Km以内であるが運賃経路に含めず、伯備線経由は200Kmオーバーで精算不能になる。共に運賃経路通りの乗車券を購入した上で利用することとなる。


  • 佐賀駅をSUGOCAで入場し唐津線経由で唐津駅まで行って下車する場合。佐賀駅と唐津駅は共にSUGOCAの福岡・佐賀・大分・熊本エリア内、佐賀県内であるが、唐津線は運賃経路に含めないため、ICカードでは遠回りのJR九州線・福岡市地下鉄線内(長崎本線・鳥栖・鹿児島本線・博多・地下鉄空港線・筑肥線経由、¥2,120)であっても、博多駅(JR九州・JR西日本と福岡市地下鉄で別の駅になっている)の改札を経由していないためエラーとなる。このため、唐津線利用の場合は運賃の安い経路の乗車券(¥1,110)を購入した上で利用することとなる。
その6
  • 総社駅をICOCAで入場し、井原鉄道線を経由して清音駅で下車する場合。両方とも岡山・広島・山陰・香川ICOCAエリア・岡山県内・総社市内であるが、井原鉄道線は運賃経路に含めないため、ICカードは利用できない(両方ともJR西日本・井原鉄道で別の駅になっている。JR西日本は対応駅、井原鉄道はICエリア外の未対応駅で、井原鉄道線は全て降車時の車内精算となっており、運賃精算に支障をきたす。)。両方とも井原鉄道線の券売機が設置されていないため、そのまま入場して乗車時に整理券を取り、降車時に車内で運賃(¥190)を精算した上で利用することとなる(清音駅の窓口が営業している場合は窓口で乗車券(¥190)を購入する。)。
  • なお、伯備線を経由する場合はICカードが利用できる。
その7
  • 我孫子駅をICOCAで入場しJR常磐線・関鉄常総線経由で寺原駅まで行って下車する場合。両方とも首都圏Suica/PASMOエリア内で大丈夫な感じがするかもしれないがダメな例である。我孫子駅は10種相互利用対応駅であるが、寺原駅は10種相互利用未対応駅で、PASMO/Suica以外のICカードは利用できない。乗車券(¥320)を購入した上で利用することとなる。関鉄(常総線・竜ヶ崎線)は10種相互利用未対応(PASMO/Suicaのみ対応)。PASMO/Suica以外のICを使用したい場合は取手駅で一度下車する必要がある。
その8
  • 新宿駅(Suica)から東武日光(PASMO)へのJR-東武直通特急「日光・きぬがわ」ではIC乗車券の利用が認められていないので、これらの列車を利用する場合は乗車券(¥1,940)を購入した上で利用することとなる(ICを使用すると改札内乗り換え可能な北千住駅「東武とJRが地下鉄の通路がある。」経由となり運賃精算に支障をきたす。)。
  • 東武鉄道夜行列車や「四季島」・「トワイライトエクスプレス瑞風」・「ななつ星」・「なごみ」・「52席の至福」等の特別列車は専用のツアーに参加する形式なのでICが利用できない、IC区間だけの利用もできない。
  • 新幹線は該当区間があるIC定期券(Suica、TOICAエリアのみ)又は新幹線IC定期券(Suicaエリアのみ)のみ乗車できる(富士を含む場合は新富士が、岐阜を含む場合は岐阜羽島が利用できる)。
  • ただし、東海道新幹線(東京 - 熱海)・東北新幹線(古川 - 一ノ関)・山形新幹線(福島 - 山形 - 新庄)は利用できない。
  • なお、ICOCA、SUGOCAエリアでは新幹線に乗車できない。
  • JR各社在来線特急列車や私鉄の特急はICと併用できる。
  • ただし、ICエリア外に直通する列車があるので注意が必要、首都圏では「あさぎり」の御殿場線内、「あずさ」の大糸線内、「踊り子」のJR東海・駿豆線内、上野東京ラインの熱海-沼津、「リバティ会津」の新藤原以北など。
  • ただし車内ではICで精算できないうえ座席指定も受けられない(空席利用になる)、さらに首都圏の普通・快速のグリーン車・「ひたち・ときわ・スワロー系等」や小田急・東京メトロ(ロマンスカー)、西武・メトロ・東急(S-TRAIN、レッドアロー号)、京王(京王ライナー)東武(スペーシア、リバティ、りょうもう、しもつけ、TJライナー)、京成(スカイライナー系)、京急(ウイング号)および近鉄・南海特急は車内料金を加えた割高の料金が現金で請求される。
  • なおnimoca、はやかけんエリアは有料特急はない。
  • 東海道・山陽新幹線は2017年9月30日に「スマートEX」として開始された。ただしSFではなく、ネット予約のクレジットカード決済になる。また、特定都区市内駅制度は適用されない。
  • 東北・上越・北陸新幹線(首都圏エリアのみ)は「タッチでGo!新幹線」乗車可。こちらはSFになる。ただし、新幹線と在来線の運賃は通算されない。
その9
  • 青森県・秋田県・徳島県・高知県・愛媛県・沖縄県では、JRを含めどの会社も10種相互利用ICが導入されておらず、鉄道では使用できない。エリア内から記載された県にICで行き来ができない。
  • 大阪府は全駅IC利用可能。
  • 愛媛県では、鉄道では10種相互利用ICが導入されていないが、瀬戸内海汽船・石崎汽船(広島港 - 呉港 - 松山観光港)でPASPY(10種相互利用IC片利用可能)が導入されている。
  • ちなみに物販(電子マネー)はIC決済機があれば理論上日本国内どこでもどこの家庭でも支払いが可能。

利用できる例

SuicaとPASMO(関東)
  • 関東エリア(福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・長野県・静岡県)のSuicaはJR、PASMOは私鉄・地下鉄の発行だが、連絡通路を通る場合は1つのエリアとして考えるため、東京のJRと地下鉄、私鉄などで改札内でルートが完結する場合は最短経路で計算する。ただし、5社線以上の場合は自動改札を通過できないため、窓口で精算となる。
  • 浜川崎駅で南武線と鶴見線(道路を挟んで別の駅になっている)を乗り換える場合は、自動改札にタッチしてはいけない。タッチすると、浜川崎駅までの利用額が引き落とされるため、浜川崎駅で打ち切って計算することになるからである。
  • 中目黒駅と池袋駅は東急東横線 - メトロ副都心線直通列車利用の場合は最安経路が東京メトロ線内利用で計算される。
  • 改札外乗換の場合、乗換駅までの運賃が一旦引き落とされる(30分以内に再入場が必要、迷路や通路の長い駅もある。運賃超過の場合は返金なし。)
  • 利用できる例:いわき - 松本(理論上の最長区間)
SUGOCAとnimocaとはやかけん(九州地方北部)
  • 九州北部エリア(山口県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県)のSUGOCAはJR、nimocaは私鉄、はやかけんは地下鉄の発行だが、連絡通路を通る場合は1つのエリアとして考えるため、九州地方のJRと地下鉄、私鉄などで改札内でルートが完結する場合は最短経路で計算する。
  • 日田彦山線・後藤寺線・原田線・久大本線(善導寺駅 - 夜明駅 - 日田駅 - 向之原駅「ゆふ・ゆふいんの森含む」)・豊肥本線(肥後大津駅 - 立野駅 - 中判田駅「あそぼーい・九州横断特急含む」)はICカードのエリア外だが、運賃経路に含むことができる。ただし、途中下車はできない。
  • ただし、唐津線(佐賀駅 - 久保田駅 - 唐津駅)を経由することはできない。
  • 折尾駅の本駅と鷹見口の間で鹿児島本線・若松線と福北ゆたか線を乗り換える場合は、自動改札にタッチしてはいけない。タッチすると、折尾駅までの利用額が引き落とされるため、折尾駅で打ち切って計算することになるからである。
manaca・TOICAエリア(東海地区)とPiTaPa・ICOCAエリア(近畿地区)
  • 東海エリア(愛知県・岐阜県・三重県・静岡県)と近畿エリア(奈良県・大阪府・京都府・滋賀県・和歌山県・兵庫県)・あいの風とやま鉄道は、JR線経由(岐阜県 - 滋賀県「東海道本線(ひだ・しらさぎを含む)」・三重県 - 滋賀県「草津線」・三重県 - 京都府「関西本線」・三重県 - 和歌山県「紀勢本線(南紀を含む)」・岐阜県 - 富山県「高山本線(ひだを含む)」)ではエリアが異なってさらにエリア外(県境付近)もあるのでICが使用できない。ICは近鉄線(PiTaPaエリア)(三重県 - 奈良県「近鉄大阪線(しまかぜ・アーバンライナー・伊勢志摩ライナー等の特急電車を含む)」)経由で行けば跨って使用できる。又東海道新幹線(スマートEXエリア)は岐阜県-滋賀県を跨ぐことができる。
  • 関西本線(柘植駅 - 加茂駅)・和歌山線(五条駅 - 和歌山駅)・福知山線 - 加古川線(篠山口駅 - 谷川駅 - 西脇市駅)はICカードのエリア外だが、大阪近郊区間内なので運賃経路に含むことができる。ただし、途中下車はできない。また、加古川駅でJR神戸線と加古川線を乗り換える場合、和歌山駅で阪和線・きのくに線と和歌山線・紀勢本線(和歌山市駅方面)を乗り換える場合は、必ず中間改札を通ることになるが、この場合は乗り換え口の係員に申し出て、有人改札を通過する必要がある。
  • ただし、山陰本線(園部駅 - 福知山駅 - 和田山駅)・福知山線(谷川駅 - 福知山駅)・播但線を経由することはできない(大阪近郊区間外)。
  • ただし、橋本駅(和歌山線 - 南海高野線、改札外)での乗り換えはできない。吉野口駅(JR - 近鉄)はホーム上の乗り換え改札をタッチする。
  • 利用できる例:函南 - (TOICA) - 名古屋 -(近鉄・ICOCA) - 鶴橋 - (ICOCA) - 岡山・新宮(理論上の最長区間)、柘植 - 加茂、五条 - 和歌山(JR西日本内・ICエリア外であるが大阪近郊区間内の為可、ただし途中下車不可)、津 - 名張(三重県内・近鉄PiTaPa)。
  • 利用できない例:岐阜 - 米原(エリア跨ぎおよび異社間になるため不可)、函南 - 熱海(静岡県内であるが、エリア跨ぎになるため不可)、関ケ原 - 醒ヶ井(JR東海内であるがICエリア外で不可)、尾鷲 - 串本(紀伊半島南部、ICエリア外及び異社間の為不可)、大垣 - 美濃赤坂・岐阜 - 高山(岐阜県内・JR東海内であるが、ICエリア外で不可)、岐阜 - モレラ岐阜(岐阜県内であるが、ICエリア外及び異社間の為不可)、伊賀上野 - 四日市・伊賀上野 - 名張・伊賀上野 - 津・近鉄四日市 - 西藤原(三重県内であるが、ICエリア外及び異社間の為不可)、富山 - 猪谷(富山県内・富山市内・JR西日本内であるがICエリア外で不可)、富山 - 高山(飛騨地区、ICエリア外・異社間で不可)。
manacaエリア(吉良吉田駅・新可児駅を含む)と名鉄蒲郡線(三河鳥羽駅 - 蒲郡駅)・名鉄広見線(明智駅 - 御嵩駅)
  • 名鉄蒲郡線(三河鳥羽駅 - 蒲郡駅)・名鉄広見線(明智駅 - 御嵩駅)はICカードのエリア外だが、manacaエリア内(吉良吉田駅・新可児駅を含む)と名鉄蒲郡線(三河鳥羽駅 - 蒲郡駅)・名鉄広見線(明智駅 - 御嵩駅)の間を利用する場合は、吉良吉田駅・新可児駅の乗り換え口の係員に申し出ることにより、ICカードの残額で精算・チャージができる。manacaに限りマイレージや乗り継ぎ割引も使用できる。manacaからエリア外及び他カードエリアは改札で仕切られている、改札でカードエリアを切換える。
大阪市交通局(大阪市高速電気軌道)の梅田・東梅田・西梅田相互間
  • 梅田・東梅田・西梅田までの運賃を一旦引かれ、乗車地→降車地の運賃ではなく、梅田・東梅田・西梅田を経由する距離で計算する。乗り継ぎは30分以内。
ICOCAの近畿圏エリア(加古川駅・姫路駅を含む)と加古川線(新西脇駅 - 谷川駅)・播但線(竹田駅)
  • 加古川線(新西脇駅 - 谷川駅)・播但線(竹田駅)はICカードのエリア外だが、ICOCAの近畿圏エリア内(加古川駅・姫路駅を含む)と加古川線(新西脇駅 - 谷川駅)・播但線(竹田駅)の間を利用する場合は、播但線(竹田駅)発着の場合は姫路駅の乗り換え口に置かれている精算機にて、加古川線(新西脇駅 - 谷川駅)発着の場合は加古川駅の乗り換え口の係員に申し出ることにより、ICカードの残額で精算・チャージができる。
  • 加古川線経由で大阪近郊区間の大回り乗車をする場合は、加古川駅の乗り換え口の係員に申し出ることにより、有人中間改札を通過できる。
特定都区市内駅とICカード
  • JRを201Km以上利用では、特定市内(仙台市内・「東京都区内・山手線内(東京駅から101-200Km)」・横浜市内・名古屋市内・京都市内・大阪市内・神戸市内・広島市内・北九州市内・福岡市内)と郊外の各駅でICで精算できる。[12]
  • 札幌市内も制度があるが新幹線未開通で使用できない。
  • 仙台市内駅のうち、仙山線陸前白沢駅・熊ケ根駅・奥新川駅はICエリア内の未対応駅なので使用できない。
  • 広島市内駅のうち、芸備線井原市駅・志和口駅・上三田駅・中三田駅・白木山駅はICエリア外なので使用できない。
  • 北九州市内駅のうち、日田彦山線石田駅・志井公園駅・志井駅・石原町駅・呼野駅はICエリア外なので使用できない。
  • 市内駅の磁気券が通せない駅はICで入場を入れておかないと、新幹線乗換駅の改札が通過できない(磁気券に入場情報がないためICを使って入場駅の確認が必要。)
  • 特定都区市内駅発着の乗車券は、その特定都区市内駅では途中出場ができないが、以下の場合は、特例で途中出場ができる。
  • 大阪市内発着の乗車券で大阪駅(JR京都線・JR神戸線・JR宝塚線)と北新地駅(JR東西線)を徒歩で乗り換える場合。
  • 神戸市内発着の乗車券で新神戸駅(山陽新幹線)と三ノ宮駅(JR神戸線)を神戸市営地下鉄西神・山手線経由で乗り換える場合。ただし、地下鉄新神戸駅-三宮駅間の運賃(¥210)が別途必要となる。
  • この場合、必ず先に乗車券を改札に入れ、次にICをタッチする。ICを2枚以上併用してはいけない。[13]
  • 石巻駅をSuicaで入場して、仙台駅の新幹線改札で仙台市内発の乗車券を改札に入れると、ICは仙石線中野栄駅までの運賃(¥669)を精算する。石巻駅(女川方面)は中野栄駅の方が近いため。
  • 塩釜駅をSuicaで入場して、仙台駅の新幹線改札で仙台市内発の乗車券を改札に入れると、ICは岩切駅までの運賃(¥185)を精算する。
  • 仙台空港駅をSuicaで入場して、仙台駅の新幹線改札で仙台市内発の乗車券を改札に入れると、ICは南仙台駅までの運賃(¥555)を精算する。
  • 山形駅をSuicaで入場して、仙台駅の新幹線改札で仙台市内発の乗車券を改札に入れると、ICは奥新川駅(IC未対応駅)までの運賃(¥494)を精算する。この場合の運賃は、特例により、切符運賃(¥500)ではなくIC運賃(¥494)を適用する。
  • 東京駅丸の内口(西口)でSuicaで入場して、新幹線改札で東京都区内発の新幹線乗車券で改札すると、ICは入場取消をする。JR東海(エクスプレス予約など)は在来線改札内にあるため。
  • 大宮駅をSuicaで入場して、東京駅の新幹線改札で東京都区内発の乗車券を改札に入れると、ICは埼京線浮間舟渡駅までの運賃(¥216)を精算する。山手線内発の乗車券を改札に入れると、ICは田端駅までの運賃(¥388)を精算する。大宮駅(川越・高崎・宇都宮方面)は浮間舟渡駅・田端駅の方が近いため。
  • 千葉駅をSuicaで入場して、東京駅の新幹線改札で東京都区内発の乗車券を改札に入れると、ICは中央・総武線各停小岩駅までの運賃(¥464)を精算する。山手線内発の乗車券を改札に入れると、ICは秋葉原駅までの運賃(¥637)を精算する。
  • 舞浜駅をSuicaで入場して、東京駅の新幹線改札で東京都区内発の乗車券を改札に入れると、ICは葛西臨海公園駅までの運賃(¥133)を精算する。山手線内発の乗車券を改札に入れると、ICは東京駅(効果なし)までの運賃(¥216)を精算する。京葉線各駅・新日本橋・馬喰町駅からは山手線内では効果なし。
  • 蘇我駅をSuicaで入場して、東京駅の新幹線改札で東京都区内発の乗車券を改札に入れると、ICは小岩駅までの運賃(¥583)を精算する。山手線内発の乗車券を改札に入れると、ICは秋葉原駅までの運賃(¥756)を精算する。蘇我駅(外房線・内房線方面「わかしお・さざなみ含む」)は小岩駅・秋葉原駅の方が近いため。
  • 成田駅をSuicaで入場して、東京駅の新幹線改札で東京都区内発の乗車券を改札に入れると、ICは常磐線各停金町駅までの運賃(¥918)を精算する。山手線内発の乗車券を改札に入れると、ICは日暮里駅までの運賃(¥918)を精算する。成田駅(成田空港「成田エクスプレス」含む・佐原方面)は金町駅・日暮里駅の方が近いため。
  • 松戸駅をSuicaで入場して、東京駅の新幹線改札で東京都区内発の乗車券を改札に入れると、ICは常磐線各停金町駅までの運賃(¥154)を精算する。山手線内発の乗車券を改札に入れると、ICは日暮里駅までの運賃(¥302)を精算する。。
  • 北綾瀬駅(東京メトロ)をPASMOで入場して、東京駅の新幹線改札で東京都区内発の乗車券を改札に入れると、ICは綾瀬駅までの運賃(¥165)を精算する。山手線内発の乗車券を改札に入れると、ICは日暮里駅までの運賃(¥319)を精算する。
  • 草加駅(東武)をPASMOで入場して、東京駅の新幹線改札で東京都区内発の乗車券を改札に入れると、ICは北千住駅までの運賃(¥247)を精算する。山手線内発の乗車券を改札に入れると、ICは日暮里駅までの運賃(¥401)を精算する。
  • 八王子駅をSuicaで入場して、東京駅の新幹線改札で東京都区内発の乗車券を改札に入れると、ICは西荻窪駅までの運賃(¥464)を精算する。山手線内発の乗車券を改札に入れると、ICは新宿駅までの運賃(¥474)を精算する。
  • 川崎駅をSuicaで入場して、東京駅の新幹線改札で東京都区内発の乗車券を改札に入れると、ICは京浜東北線蒲田駅までの運賃(¥154)を精算する。山手線内発の乗車券を改札に入れると、ICは品川駅までの運賃(¥216)を精算する。
  • 中野駅をSuicaで入場して、東京駅の新幹線改札で東京都区内発の乗車券を改札に入れると、ICは入場取消をする。山手線内発の乗車券を改札に入れると、ICは新宿駅までの運賃(¥154)を精算する。
  • 両国駅をSuicaで入場して、東京駅の新幹線改札で東京都区内発の乗車券を改札に入れると、ICは入場取消をする。山手線内発の乗車券を改札に入れると、ICは秋葉原駅までの運賃(¥133)を精算する。
  • 赤羽駅をSuicaで入場して、東京駅の新幹線改札で東京都区内発の乗車券を改札に入れると、ICは入場取消をする。山手線内発の乗車券を改札に入れると、ICは田端駅までの運賃(¥165)を精算する。
  • 北千住駅をSuicaで入場して、東京駅の新幹線改札で東京都区内発の乗車券を改札に入れると、ICは入場取消をする。山手線内発の乗車券を改札に入れると、ICは日暮里駅までの運賃(¥154)を精算する。
  • 水道橋駅をSuicaで入場して、東京駅の新幹線改札で東京都区内・山手線内発の乗車券を改札に入れると、共にICは入場取消をする。山手線の内側の駅はすべて同様。
  • 国際展示場駅(JRではなくりんかい線)をSuicaで入場して、東京駅の新幹線改札で東京都区内・山手線内発の乗車券を改札に入れると、共にICは大崎駅までの運賃(¥329)を精算する。
  • 川崎駅をSuicaで入場して、新横浜駅で横浜市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは入場取消をする。
  • 海芝浦駅(駅から外に出られない)をSuicaで入場して、新横浜駅で横浜市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは入場取消をする。鶴見線は全線横浜市内駅。
  • 町田駅をSuicaで入場して、新横浜駅で横浜市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは長津田駅までの運賃(¥154)を精算する。
  • 大船駅をSuicaで入場して、新横浜駅で横浜市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは根岸線本郷台駅までの運賃(¥154)を精算する。大船駅(横須賀・藤沢方面)は本郷台駅の方が近いため。
  • 三河安城駅をTOICAで入場して、名古屋駅で名古屋市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは南大高駅までの運賃(¥320)を精算する。
  • 春日井駅をTOICAで入場して、名古屋駅で名古屋市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは新守山駅までの運賃(¥190)を精算する。
  • 清洲駅をTOICAで入場して、名古屋駅で名古屋市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは名古屋駅(効果なし)までの運賃(¥200)を精算する。一宮・岐阜方面からは特定都区市内の効果なし。
  • 桑名駅をTOICAで入場して、名古屋駅で名古屋市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは春田駅までの運賃(¥320)を精算する。
  • 津駅をTOICAで入場して、伊勢鉄道線・関西線を経由して、名古屋駅で名古屋市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは精算不能で改札通過不可になる。津駅はJR東海・伊勢鉄道・近鉄が同一の駅で、JR東海・伊勢鉄道はICエリア外になっているため。
  • この場合は、窓口で入場取消をして、名古屋駅までの運賃(¥1,270)を精算する必要がある。
  • 大津駅をICOCAで入場して、京都駅で京都市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは山科駅までの運賃(¥190)を精算する。
  • 宇治駅をICOCAで入場して、京都駅で京都市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは桃山駅までの運賃(¥200)を精算する。
  • 亀岡駅をICOCAで入場して、京都駅で京都市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは保津峡駅までの運賃(¥190)を精算する。
  • 高槻駅をICOCAで入場して、京都駅で京都市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは桂川駅までの運賃(¥300)を精算する。
  • 高槻駅をICOCAで入場して、新大阪駅で大阪市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは東淀川駅までの運賃(¥260)を精算する。
  • 松井山手駅をICOCAで入場して、新大阪駅で大阪市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは放出駅までの運賃(¥410)を精算する。
  • 堺市駅をICOCAで入場して、新大阪駅で大阪市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは杉本町駅までの運賃(¥120)を精算する。
  • 尼崎駅をICOCAで入場して、新大阪駅で大阪市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICはJR東西線加島駅までの運賃(¥120)を精算する。尼崎駅(三ノ宮・宝塚方面)は加島駅の方が近いため。
  • 新加美駅(大阪市にあるが、大阪市内駅ではない)をICOCAで入場して、新大阪駅で大阪市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは大和路線加美駅までの運賃(¥160)を精算する。新加美駅(おおさか東線)は加美駅の方が近いため。
  • ユニバーサルシティ駅をICOCAで入場して、新大阪駅で大阪市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは入場取消をする。
  • 芦屋駅をICOCAで入場して、三ノ宮駅で神戸市内発の乗車券を改札に入れると、ICは甲南山手駅までの運賃(¥120)を精算する。
  • 道場駅(神戸市にあるが、神戸市内駅ではない)をICOCAで入場して、三ノ宮駅で神戸市内発の乗車券を改札に入れると、ICは甲南山手駅までの運賃(¥760)を精算する。
  • 明石駅をICOCAで入場して、三ノ宮駅で神戸市内発の乗車券を改札に入れると、ICは舞子駅までの運賃(¥160)を精算する。
  • この場合は、特例により途中出場ができる。その後、地下鉄三宮駅をICOCAで入場して、地下鉄新神戸駅で出場するとICは新神戸駅までの運賃(¥210)を精算し、新幹線新神戸駅で神戸市内発の乗車券を改札に入れる。
  • 西条駅をICOCAで入場して、広島駅で広島市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは瀬野駅までの運賃(¥320)を精算する。
  • 可部駅をICOCAで入場して、広島駅で広島市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは入場取消をする。可部線は全線広島市内駅。
  • 呉駅をICOCAで入場して、広島駅で広島市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは矢野駅までの運賃(¥320)を精算する。
  • 宮島口駅をICOCAで入場して、広島駅で広島市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは五日市駅までの運賃(¥200)を精算する。
  • 下関駅をSUGOCAで入場して、小倉駅で北九州市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは門司駅までの運賃(¥230)を精算する。
  • スペースワールド駅をSUGOCAで入場して、小倉駅で北九州市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは入場取消をする。
  • 若松駅をSUGOCAで入場して、小倉駅で北九州市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは入場取消をする。
  • 行橋駅をSUGOCAで入場して、小倉駅で北九州市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは朽網駅までの運賃(¥230)を精算する。
  • 赤間駅をSUGOCAで入場して、小倉駅で北九州市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは折尾駅までの運賃(¥370)を精算する。
  • 赤間駅をSUGOCAで入場して、博多駅で福岡市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは福工大前駅までの運賃(¥370)を精算する。
  • 西戸崎をSUGOCAで入場して、博多駅で福岡市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは入場取消をする。
  • 長者原駅をSUGOCAで入場して、博多駅で福岡市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは土井駅までの運賃(¥180)を精算する。長者原駅(篠栗「かいおう」含む・宇美方面)は土井駅の方が近いため。
  • 二日市駅をSUGOCAで入場して、博多駅で福岡市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは南福岡駅までの運賃(¥230)を精算する。
  • 姪浜駅(福岡市にあるが福岡市内駅ではない)をSUGOCAで入場して、博多駅で福岡市内発の乗車券を新幹線乗換改札に入れると、ICは精算不能で改札通過不可になる。博多駅はJR九州・JR西日本と福岡市地下鉄が別の駅になっているため、乗換にはいったん改札を出る必要がある。
  • 下車の場合は乗換改札で乗車券を通して、下車駅まで持って下車駅で精算機や係員で精算する。場所によってはICチャージ額からの精算ができない駅もある。Suica/PASMOエリアでは、精算機にてIC運賃(ICで出場)と切符運賃(精算券で出場)を選択できる。精算機が設置されていない駅の場合は、乗車券とICを持って係員に申告する。[14]
  • 神戸市内着の乗車券の場合は、三ノ宮駅での再入場時に乗車券だけを改札を通す。ICをタッチしてはいけない。
  • 例:東京都区内の切符で舞浜の場合、往路の場合切符を持ったまま駅で精算(IC¥133、精算券¥140)して出場。復路の場合ICを使って(¥133)精算する。
  • EX-IC、モバイルSuica特急券、スマートEX、タッチでGo!新幹線は市内駅制度が使用できない。ぷらっとこだまは指定改札(新幹線-改札外)しか通過できないので市内駅制度は使用できない。

ICを利用して行ける施設と行けない施設

事前にICで行くことができるか(特に歌手のライブやアニメの聖地巡礼、温泉・銭湯巡り、高校・大学受験、就活、大型ショッピング・アウトレットモール、工場見学、パチンコ・パチスロの地方遠征など)は、目的地・イベント運営者・鉄道会社のホームページ等できちんと確認する必要がある。

ICを利用したが、もしエリアが異なったり・エリア外・社局オーバー・距離オーバーの場合、現金で精算して、取消証明書を受けとり、証明書を持って入場エリアの係員のいる駅に戻って取消もしないといけない。
特にイベント・受験などで大勢の人が行く可能性のある場所は、利用可能エリア・残額に注意が必要で、多くの方がIC処理による精算で長時間待たされる可能性もあるうえに・他の利用客に大変迷惑がかかり、遅刻をしたり、列車の運行に支障をきたす事例もある。

この場合IC利用する場合は市内の移動を前提とする(例:「新幹線駅・空港・宿泊地」から目的地)。また、最寄りの鉄道駅までしか使えない場合もある。(シャトルバス等はIC未対応や無料「ICの必要がない」の場合もある。)

スポーツ観戦
  • プロ野球12球団の本拠地球場「(日ハム)、(楽天)、(巨人・ヤクルト・DeNa・西武・ロッテ)=(中日)=+(阪神・オリックス)=(広島)=(ソフトバンク)」は全会場最寄り駅にICで行ける。()内がICのSFエリア内、=がスマートEXエリア。+はエリア接続(例・Pitapaとmanaca)、地方開催の場合は行けない会場もある。
  • 大相撲本場所「(東京=1.5.9月)=(名古屋=7月)=+(大阪=3月)=(九州=11月)」は全会場最寄り駅にICで行ける。
  • Jリーグ(サッカー)は、ICで行けないスタジアムもある。2017年J1では鹿島、J2では山形・群馬・松本・金沢・山口・讃岐・徳島・愛媛、J3では盛岡・秋田・福島・長野・富山・鳥取・鹿児島・琉球がICで本拠地スタジアムに行くことができない。例えば、首都圏にあるJ1の鹿島「鹿島スタジアム」は鉄道はIC不可でバスは可能。J3の栃木は宇都宮駅から無料バス(一般のJRバス・東野バスの路線バスは不可)が条件。また、J3の福島は最寄の福島駅まではICカード可だが福島交通バスは不可、J2の松本は最寄り駅の松本駅まではICカード可だがアルピコ交通バスは不可、J3の富山は最寄り駅の富山駅まではICカード可だが富山地鉄バスは不可、J1の磐田は最寄り駅の磐田駅まではICカード可だが遠鉄バスは不可、J2の岐阜は岐阜駅・名鉄岐阜駅までは可だが岐阜バスは不可、J2の讃岐は最寄り駅の丸亀駅まではICカード可だが競技場までのバスは不可、J2の長崎は最寄り駅の諫早まではICカード可だが競技場までのバスは不可、J3の鹿児島は最寄り駅の鹿児島中央駅まではICカード可だが競技場までのバスは不可。第3地や地方開催の場合はICで行けない会場もある。
  • 高校生の「甲子園」(野球)や「花園」(ラクビー)も西日本広域ICOCA/PiTaPaエリア、「全国高校サッカー」や「春高バレー」は全会場が首都圏Suica/PASMOエリア、「金鷲旗・玉竜旗」(柔道・剣道)はnimocaエリアなので行くことができる。
  • F1日本グランプリー・8耐等の自動車レースが開催される「鈴鹿サーキット」は近鉄の最寄り駅の「白子」か「平田町」はICで行くことができるが、伊勢鉄道の「鈴鹿サーキット稲生」はICで行くことができない、JR・伊勢鉄道利用の場合はICを利用しないで乗車券を購入するか・あるいは四日市で寄り道する必要がある、特に鈴鹿サーキット稲生駅は駅の規模が小さくIC利用客が多くいると精算客でホームに溢れ列車の運行に支障をきたしてしまう。
  • 大学生の「箱根駅伝」(予選会・本戦共)は全区間首都圏Suica/PASMOエリアで行くことができる。「全日本大学駅伝」(伊勢)はJR(TOICA)は四日市までで、近鉄(PiTaPa)は全区間行ける。「出雲全日本大学選抜駅伝競走」はJRの最寄り駅の「出雲市」か「直江」はICで行くことができるが、一畑電車はICで行くことができない。
  • 広域競技の「北海道マラソン」は全域札幌Kitaca/SAPICAエリア(後者は交通系IC10種片利用可能)、「クイーンズ駅伝」と「全日本大学女子駅伝」は全域仙台Suica/icscaエリア(後者は交通系IC10種片利用可能)、「東京マラソン」と「さいたま国際マラソン」と「横浜マラソン」は全域首都圏Suica/PASMOエリア、「名古屋ウィメンズマラソン」は全域TOICA/manacaエリア、「福岡国際マラソン」と「プリンセス駅伝」は全域nimoca/SUGOCA/はやかけんエリア、「別大毎日マラソン」は全域nimoca/SUGOCAエリア。
公営競技
  • JRAの全競馬場「(札幌)、(函館)、(福島)、(新潟)、(中山・東京)=(中京)=+(京都・阪神)=(小倉)」はICカードで行ける。
  • ただし勝馬投票券(馬券)は交通系ICでは購入できない。
  • 地方の競馬場は現在、門別、帯広、盛岡、水沢、高知に行けない。エリアは(浦和・船橋・大井・川崎)=(笠松・名古屋)=+(金沢・園田・姫路)、(佐賀)になる。
  • ただし勝馬投票券(馬券)は交通系ICでは購入できない。
  • 競輪場は、青森、防府、小松島、松山、高知、武雄、佐世保にICで行くことができない。エリアは(函館)、(弥彦)、(いわき平・取手・前橋・大宮・西武園・京王閣・千葉・松戸・立川・川崎・平塚・小田原・伊東温泉)=(静岡・岐阜・大垣・豊橋・名古屋・四日市「TOICA」)=+(富山・福井・四日市「PiTaPa」・松阪・京都向日町・岸和田・奈良・和歌山・玉野・広島・高松)=(小倉・久留米・別府・熊本)となる。
  • 取手はJRは全て使えるが関鉄はPASMO/Suicaのみ。宇都宮は宇都宮駅・東武宇都宮駅から無料バス(一般の関東バスの路線バスは不可)が条件。千葉はJR・京成は全て使えるが千葉都市モノレールはPASMO/Suicaのみ。岐阜は名鉄岐阜駅・JR岐阜駅から無料バス(一般の岐阜バスの路線バスは不可)が条件。大垣はJRのみで養老鉄道・樽見鉄道はエリア外。富山は富山ライトレールで専用ICカード(passca(10種相互利用ICは不可)、競輪開催日に最寄り駅の競輪場前駅で乗降する場合に限り運賃無料、ただしデポジット¥500が必要)の使用が条件。富山と福井はICで相互行き来不可。松阪は近鉄のみでJRはエリア外。玉野は鉄道IC不可。高松と広島はICで相互行き来不可。
  • ただし勝者投票券(車券)は交通系ICでは購入できない。
  • ボートレース(競艇場)は、鳴門にICで行くことができない。エリアは(桐生・戸田・江戸川・多摩川・平和島)=(浜名湖・蒲郡・常滑)=+(三国・津「近鉄PiTaPa」・住之江・びわこ・尼崎・児島・まるがめ・宮島)=徳山=(下関・若松・芦屋・福岡・からつ)、(大村)となる。
  • 蒲郡はJRのみで名鉄は吉良吉田を含まないと使用できない。津は近鉄のみで伊勢鉄道・JRはエリア外。三国は芦原温泉駅からの無料バスが条件。最寄り駅のえちぜん鉄道「あわら湯のまち駅」はICエリア外。まるがめと宮島はICで相互行き来不可。まるがめの運賃払い戻しサービスはICでは不可(往復乗車券購入が必須)。徳山は新幹線のスマートEXで徳山駅に行き無料タクシーが条件、下関は九州から来て下関駅から無料バス(一般のサンデン交通の路線バスは不可)が条件。最寄り駅の「長府駅」はICエリア外。芦屋は黒崎駅・折尾駅・遠賀川駅からの無料バス・無料タクシー(一般の北九州市営バス及び芦屋町タウンバスは不可)が条件。
  • ただし勝舟投票券(舟券)は交通系ICでは購入できない。
  • オートレース場は、山陽にICで行くことができない。エリアは(伊勢崎・川口)=(浜松)=(飯塚)となる。
  • 伊勢崎は伊勢崎駅から無料バス・無料コミュニティバスが条件。浜松は浜松駅から無料バス(一般の遠鉄バスの路線バスは不可)が条件。
  • ただし勝車投票券(車券)は交通系ICでは購入できない。


テーマパーク・観光地
  • 「東京ディズニーリゾート」や「サンリオピューロランド」、「レゴランドジャパン」、「ユニバーサルスタジオジャパン」はICエリア内であればで行くことができるが、「ハウステンボス」はICエリア外のため行くことができない。
  • 日本三大風景は、「松島」は仙台Suicaエリアで10種のカードで行ける。「宮島」は広島ICOCAエリアで10種のカードで行ける。「天橋立」はICエリア外なのでICで行くことができない。
  • 三重県の伊勢志摩は近鉄(しまかぜ含む)でしかICで行けない。JRだと三重県北部の四日市まででICエリアから大きく離れてしまう。
  • 天満宮は太宰府・大阪・北野・湯島はICでいける。防府は不可。
  • 首都圏でもICで行けないところもある。主に「長瀞」「富岡製糸所」「鹿島スタジアム」「ツインリンクもてぎ」「養老渓谷」等は地方私鉄がIC未対応なので注意が必要。
県庁所在地、政令指定都市、東京23区
  • 青森市(IC未導入・新青森駅はモバイルSuica特急券のみ)・秋田市(IC未導入・秋田駅はモバイルSuica特急券のみ)・盛岡市(仙台Suicaが平泉まで、盛岡駅はモバイルSuica特急券のみ)・福井市(IC未導入)・長野市(首都圏Suicaが松本まで、長野駅は新幹線IC定期・モバイルSuica特急券のみ)・鳥取市(ICOCAが上郡(兵庫県)、米子、伯耆大山まで)・徳島市(IC未導入)・松山市(Suica未導入)・高知市(Suica未導入)・山口市(広島ICOCAが岩国、南岩国まで、北部九州SUGOCAが下関まで、新山口駅はEX-IC・スマートEXのみ)・宮崎市(ICは市内及び宮崎交通バスのみ)・那覇市(Suica未導入)
  • エリアは(札幌市)、(仙台市「陸前白沢駅、熊ケ根駅、奥新川駅を除く」、福島市「笹木野駅、庭坂駅を除く」、山形市「山形駅、山寺駅のみ」)、(新潟市)、(前橋市、宇都宮市、水戸市、さいたま市、東京23区、千葉市、川崎市、横浜市、相模原市「藤野駅、相模湖駅を含む」、甲府市「JR東海身延線、金手駅~甲斐住吉駅を除く」)=(静岡市、浜松市「飯田線出馬~小和田駅を除く」、名古屋市「JR東海TOICA,manaca」、岐阜市)=+(富山市、金沢市、福井市、名古屋市「近鉄PiTaPa」、津市「PiTaPa」、大津市、京都市、大阪市「新加美駅含む」、堺市、奈良市、和歌山市「紀伊小倉駅~田井ノ瀬駅を除く」、神戸市「道場駅含む」、岡山市「福渡駅~備前原駅、彦崎駅~迫川駅を除く」、高松市「昭和町駅~讃岐牟礼駅を除く」、広島市「井原市駅~白木山駅を除く」、松江市「南宍道駅を除く」)=(福岡市「筑肥線姪浜~周船寺駅含む」、北九州市「石田駅~呼野駅を除く」、佐賀市「鍋島駅~久保田駅を除く」、大分市「竹中駅を除く」、熊本市)、(長崎市)、(宮崎市「南方駅~小内海駅を除く」)、(鹿児島市「竜ケ水駅、前之浜駅、生見駅を除く」)
  • ただし津市は近鉄のみ、富山市はあいの風とやま鉄道のみ、金沢市はJR・IRいしかわ鉄道のみ、和歌山市はJR・南海のみ、水戸市・福井市・松江市はJRのみ。ただし富山市・福井市相互は不可。ただし広島市・高松市・松江市相互は距離オーバーで不可。大阪市・堺市・神戸市・岡山市相互はICOCA一体後。金沢市、福井市と大津市、京都市、大阪市、堺市、奈良市、和歌山市、神戸市もICOCA一体後。熊本市は新幹線IC不可。
国際展示場・ホール
  • 首都圏は「東京ビックサイト」「幕張メッセ」「さいたまスーパーアリーナ」「横浜アリーナ」は首都圏カードエリア。
空港
  • 北海道は新千歳空港はKitacaエリア、丘珠空港はSAPICAエリア(10種相互利用IC片乗り入れ可)、函館空港はICASnimocaエリア。これら以外の道内の空港は不可。
  • 東北は仙台だけ(仙台Suica)行ける。
  • 首都圏は羽田・成田・茨城とも首都圏Suica/PASMOエリアなので行くことができる。
  • 北陸・信越は新潟だけ(りゅーと(10種相互利用IC片乗り入れ可))行ける。
  • 中部圏は中部国際・県営名古屋ともmanacaエリア。富士山静岡はLuLuCaエリア(10種相互利用IC片乗り入れ可)。
  • 近畿圏は伊丹・関空・神戸とも近畿圏ICOCA/PiTaPaエリア。
  • 中国地方は岡山桃太郎はHareca(10種相互利用IC片乗り入れ可)、広島・岩国錦帯橋・萩石見はPASPYエリア(10種相互利用IC片乗り入れに対応)。これら以外の中国地方の空港は不可(境線「米子空港駅」は2019年春よりICOCA導入予定)。
  • 九州北部は福岡ははやかけん、北九州・大分・佐賀はnimocaエリア。阿蘇くまもとはくまモンICエリア(10種相互利用IC片乗り入れ利用可)。長崎はスマートカードのみ(2020年のnimoca切り替えにより10種相互利用に対応予定)。
  • 宮崎は空港と宮崎市内と宮崎交通バスでしかICは使えない。
新幹線駅
  • 東海道新幹線は新富士(鉄道なし)を除き全駅ICエリア。ただし熱海はJR東日本、米原はJR西日本、三島・掛川・浜松はJRのみ。「東京・品川」・新横浜・名古屋・京都・新大阪は特定都区市内対応駅。
  • 山陽新幹線は新岩国・徳山・新山口・厚狭・新下関がICエリア外。新尾道・東広島は鉄道なし。博多はJR九州・福岡市地下鉄のみ。新大阪・新神戸・広島・小倉・博多は特定都区市内対応駅。
  • 九州新幹線は新水俣・出水がICエリア外。新大牟田・新玉名は鉄道なし。博多はJR九州・福岡市地下鉄のみ。川内はJRのみ。博多は特定都区市内対応駅。
  • 東北新幹線は新白河・水沢江刺以北全駅(水沢江刺・北上・新花巻・盛岡・いわて沼宮内・二戸・八戸・七戸十和田・新青森)および、秋田新幹線・北海道新幹線全駅がICエリア外。白石蔵王・くりこま高原は鉄道なし。福島はJRのみ。「東京・上野」・仙台は特定都区市内対応駅。
  • 山形新幹線は福島・山形のみ。福島はJRのみ。
  • 上越新幹線は越後湯沢・浦佐がICエリア外。本庄早稲田・上毛高原・ガーラー湯沢は鉄道なし。熊谷・高崎はJRのみ。
  • 北陸新幹線は富山・新高岡・金沢のみ。富山はあいの風とやま鉄道のみ。金沢はJRのみ。安中榛名は鉄道なし。それ以外の駅・鉄道はICエリア外。

カードの払い戻し、不良はカードを発行した鉄道・バス会社に持っていく必要がある。他社ではできない。

残額を使い切るには?

残額を使い切るには、いくつかの方法があるが、この中では1または2が最も簡単かつ確実に残額を0円にできる。但しPiTaPaのチャージ分はこの方法が使えるとは限らないので注意。

  1. 必要運賃に満たさない金額のまま改札を通る。そして降車後、有人改札窓口でICカードを渡し「精算してください」と言い、不足分を現金で払う。
    • 入金機(チャージ機)を利用してもよいが、1000円か500円(Suica, ICOCAなど)からしかチャージできないため残額が増えてしまうというデメリットがある。
    • 関東圏の外でJR以外で頼むと10円単位でしかできないと断られることがある。その場合は端数はあきらめるか、ほかの方法を用いるしかない。
    • 当然ながら、無人駅ではできない。首都圏などの一部の駅にはICカードに対応した精算機があるため、これを利用する手もある。しかし非対応でチャージ機のみが設置されている駅も依然として多い。
    • ただし所定の金額(エリアによって異なる)に満たない場合エラーで改札が通れなくなることがあるので注意。どうしても残額を0にしたければ以下の他の手段を用いることになる。
  2. 必要運賃に満たないままバスの運賃箱にタッチし、不足分を現金で投入する。
    • 鉄道と異なりたとえ残額が少なくてもエラーで乗車拒否されることはない。
    • 小額硬貨も受け付けてくれるがおつりは出ないので両替が必要(ただし10円以下の両替はできない)
    • 10円未満を処理できないバス会社もある。(西鉄など)
  3. カードを返却して払い戻ししてもらう。
    • 多くの場合手数料が必要かつカードを手放すことになってしまうが、デポジットは戻ってくる。手数料未満の残額の場合は払い戻しがない。
  4. 券売機で硬貨を投入してからICカードを入れて合算させて切符を購入する。ただし、この方法が出来ない鉄道会社が多いようである。また、小額硬貨はまず受け付けてもらえない。有人窓口で事情を話して切符を買う手もある。
  5. ICカード支払いに対応しているコンビニなどで少額の買い物をして帳尻を合わせる。1円単位の処理は現金の追加でできる。