何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

「リビア」の版間の差分

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
リビア

Default Banner.jpg

(パスポート)
1行目: 1行目:
{{危険情報4|WEB=http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=125 |HIZUKE=2011/08/22}}
+
{{危険情報4a|WEB=http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=125 |HIZUKE=2012年4月11日}}
  
 
{{Quickbar|
 
{{Quickbar|

2012年4月11日 (水) 09:10時点における版

危険情報: この地域のうち一部地域には、日本の外務省から退避を勧告する、危険情報が出されています。
詳しい情報は外務省海外安全ホームページで公開されています。
この情報は2012年4月11日現在有効ですが、その後も継続・随時拡大されることがありますので、最新の情報を確認してください。



レプティス・マグナの遺跡
国旗
リビアの国旗
基礎データ
首都 トリポリ
政体 現状では未完成に近い。
通貨 リビア・ディナール
面積 1,759,540km²
水面積率: ○○%
人口 5,631,585人
言語 アラビア語
宗教 イスラム教(スンニ派)(外務省サイトより引用)
電気 127・230V 50Hz A・B3・C型プラグ
国際電話番号 +218
ドメイン .LY
時間帯 UTC +2


リビア (Libya) は北アフリカにある国。

地方

リビアの地図

都市

その他の旅行先


分かる

リビアの正式名称

リビアの正式名は、正式名称は、الجماهيرية العربية الليبية الشعبية الإشتراكية العظمى(アル=ジャマーヒーリーヤ・アル=アラビーヤ・アッ=リービーヤ・アッ=シャアビーヤ・アル=イシュティラーキーヤ・アル=ウズマー)。通称はليبيا(Lībiyā リービヤー)。公式英語表記は、Socialist People's Libyan Arab Great Jamahiriya。世界的通称は、Libya。日本語表記は、大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国か社会主義人民リビア・アラブ国と訳すこともある。ただし、先者は2004年まで使用された。(名称に関するデータは、いずれもウィキペディアからの引用)。


歴史

国民

気候

参考:トリポリの平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)12.013.015.218.722.926.527.828.126.622.717.313.320.3
降水量 (mm)59.432.337.317.76.20.30.00.26.438.755.950.8305.2
データ出典

祝日

時差

時差早見表 (UTC +2)
日本の時刻 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
現地の時刻 17 18 19 20 21 22 23 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

※ 表の灰色の部分は日本時間から見て前日の日付。

着く

パスポート

リビア当局では、パスポートの記載事項にアラビア語併記が無い場合は(既に査証を受けていても)入国拒否やリビア行き航空機での搭乗拒否などの措置を行っている。日本で査証を取得するためにパスポートにアラビア語を併記する手続は外務省領事局旅券課受付窓口で行っている(外務省:リビアへの渡航を予定されている方へ)。

なお、外務省はアラビア語の併記を承認するだけであり、一人で手続きする場合はアラビア語を自分で記入しなければならない。したがって、アラビア語が書けない人は専門業者に頼んだほうがよい。

飛行機で

英国航空、アリタリア、ルフトハンザ、スイスエアー、エミレーツチュニジアエア等が各国首都からトリポリへ毎日就航している。ベンガジにも国際線が就航。 国内線:トリポリ国際空港から発着するようになった。トリポリベンガジ間が第一の幹線で1日多数ジェット機就航しているが時間は変更が多い。

列車で

車で

タクシーはメーターがないが値段は安定していて市内であれば5ディナール以下。乗る前に確認交渉した方が良い。 スブラタやレプシスマグナなど遺跡のある郊外へはタクシーチャーターとなり値段は事前交渉となる。道路は整備されているが整備の悪いタクシーに注意。朝晩の海岸通り、特に西部への道は渋滞する。  主要ホテルは空港送迎を有償で行っている。トリポリ市内から空港へは30分くらい。ベンガジも同様。

バスで

船で

チュニスからトリポリへの定期フェリーが就航している。

動く

喋る

公用語はアラビア語。 トリポリやベンガジの商業施設では若い人を中心に英語が通じる。

買う

リビアの通貨単位はリビア・ディナール (Libyan Dinar) (LYD)。日付現在の為替レートは以下のとおり。

¥ 日本円¥1.00 = LYDLYD1.00 = ¥
$ 米ドル$1.00 = LYDLYD1.00 = $
€ ユーロ€1.00 = LYDLYD1.00 = €

※上記通貨に関して直近のレートを調べたい場合には、Bloomberg.co.jpなどを参照。


2007年12月現在のレートは、1LYD=90JPY前後。(XE.com, OANDA.com)

銀行やホテルでユーロや米ドルからリビアディナールへの両替やこれら外貨への両替ができる。

物価

ホテルは西欧並みかそれ以上に高い、レストランは西欧並みか半分くらい。

食べる

地中海系の料理がメイン、アラブ料理とイタリア料理の中間で、香辛料、味付け、デザートも洗練されている。トリポリでは韓国料理や中華料理があり、海沿いではシーフードも。ベンガジにはギリシア風レストランが数軒。サブアではアラブ料理となるが香辛料が弱めで日本人の口に合いやすい。 デーツやナッツ類は最上質なものが手に入りお土産にも良い。

飲む

イスラム教国のため酒は飲められない (ただし闇でチュニジア産のビールや、アルジェ産のワイン、ロシア産のウォッカ等が手に入るという噂がある) 。見つかると厳罰(拘留される)で、空港での持ち込みも厳禁。 ノンアルコールのビールやワインがある。

泊まる

トリポリCorinthia hotelと呼ばれるマルタ資本の近代的ホテルがある。その他のホテルは旧態依然としたホテルである。 近年ホテルチェーンのRadissonがホテルをオープンし、この2つはインターネットLANも使える近代ホテルである。それ以外でもGrand Hotelといったツーリストクラスのホテルが複数ある。

ベンガジには、やや古いがTibestyホテルなどツーリストには十分なホテルが複数ある。

サブアにはややふるいが食事も含めてツーリストには十分なホテルがある。

学ぶ

働く

気を付ける

南部国境地帯の一部地域は一般外国人の入域が認められていない。その上、エジプトとの国境付近にあるトブルクなど第二次世界大戦の戦場には、かつての地雷がまだ埋まっているため、同地に向かう際は注意してほしい。

健康を保つ

マナーを守る

連絡する

外部リンク


この記事「リビア」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。