何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

メインページ/parts/otbp

提供: ウィキトラベル
メインページ : parts : otbp
2019年5月26日 (日) 07:39時点におけるたぬき (トーク | 投稿記録)による版 (メインページに表示する部分)
移動先: 案内検索
メインページ/parts/otbp

Default Banner.jpg


このサブページはメインページから呼び出されています。

編集方法

「メインページに表示する部分」の節を編集モードにして、以下の変数の値を変更してください。

type=
表示する形式。常にaを設定してください。
a : 今月の旅行先(日本編)の場合
file=
画像ファイルの名前。(名前のみ、その他の指定は行わないでください。)
例 : Image:xxxxxxxx.jpg または 画像:yyyyyyyy.jpg
description=
画像ファイルの説明。(マウスポインターを画像の上に置いた時に表示されます。)
vertical=
縦横位置画像を決めるフラグ。小文字『v』を入れると縦画像(150px幅)で表示、空欄にすると横画像(200px幅)で表示。
text=
記事の冒頭文及び「分かる」節の内容を200文字を目安に簡潔にまとめて記入してください。
冒頭の地名(記事名)は太字にして、記事本体へのリンクを行ってください。

メインページに表示する部分

日本の旅
2019に改装されたJR門司港駅

門司区(もじく)は福岡県北九州市の区。。

門司区(もじく)は北九州市にある区である。区内の観光名所に「門司港レトロ」がある。 九州最北端の地である。 関門海峡を挟んだ下関市と門司は昔から交通の要衝として重要であった。 近代は北九州工業地帯における工業港、東アジアはじめ各地の貿易を行う貿易港として、下関市と一体化して開発された。 関門トンネル・関門橋など下関とのつながりが大きい。 鉄道のターミナルが門司駅へ、さらには小倉駅へ移動したためさびれていたが、門司の遺跡となるビルが市によって「門司港レトロ」として開発。 2019年には門司港駅がリニューアルされた。 古くからの歴史を持つ独特の町である。

※次回以降の「今月の旅行先」候補地の推薦受付はこちら