何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

「メインページ/parts/otbp」の版間の差分

提供: ウィキトラベル
メインページ : parts : otbp
移動先: 案内検索
メインページ/parts/otbp

Default Banner.jpg

(メインページに表示する部分)
(メインページに表示する部分)
 
27行目: 27行目:
 
<onlyinclude>{{:メインページ/parts/otbp/template
 
<onlyinclude>{{:メインページ/parts/otbp/template
 
|type=a
 
|type=a
|file=Image:KoshienStadium02.jpg
+
|file=Image:Dogo Onsen Honkan.jpg
 
|vertical= <!--縦画像にするときは半角小文字でvを入力、横画像の時は空欄にする-->
 
|vertical= <!--縦画像にするときは半角小文字でvを入力、横画像の時は空欄にする-->
|description=阪神甲子園球場
+
|description=道後温泉本館
|text='''[[西宮市]]'''(にしのみやし)は[[兵庫県]]の南東部にある市。
+
|text='''[[道後温泉郷]]'''(どうごおんせんきょう)は、[[愛媛県]][[松山市]]とその周辺(道後平野)にある温泉の総称。
  
古くより港町、および山陽方面への街道の宿場町として栄えた。江戸時代には宮水(みやみず)と呼ばれる名水が発見されたことにより、今日まで続く「[[灘五郷の酒蔵めぐり|灘の酒]]」の産地ともなっている。阪神・JR・阪急と3本の鉄道が通っており、私鉄の沿線開発によって街は大きく拓けることになった。阪急は山側の高級住宅街、阪神は浜側の住宅街や甲子園球場の開発を行っている。2008年に中核市に移行された。
+
道後平野一体に広がる泉脈に由来する温泉を指し、松山市とその隣の東温市、砥部町一体にかけて温泉が点在している。湯質はアルカリ性単純泉。[[兵庫県]]の有馬温泉、[[和歌山県]]の白浜温泉とともに日本三古湯のひとつに数えられており、古くは『伊予国風土記』『日本書紀』などにもその名前が登場し、また聖徳太子が湯治に訪れた記録も残っている。道後温泉本館を中心とした道後温泉街が特に有名だが、それ以外にも東道後温泉や奥道後温泉なども広く知られている。
 
 
阪神ファンにとっての”聖地”にもなっている甲子園球場や、1月の「福男選び」で全国に知られるようになった西宮戎神社もある。
 
 
}}
 
}}
 
</onlyinclude>
 
</onlyinclude>

2020年1月15日 (水) 12:12時点における最新版


このサブページはメインページから呼び出されています。

編集方法

「メインページに表示する部分」の節を編集モードにして、以下の変数の値を変更してください。

type=
表示する形式。常にaを設定してください。
a : 今月の旅行先(日本編)の場合
file=
画像ファイルの名前。(名前のみ、その他の指定は行わないでください。)
例 : Image:xxxxxxxx.jpg または 画像:yyyyyyyy.jpg
description=
画像ファイルの説明。(マウスポインターを画像の上に置いた時に表示されます。)
vertical=
縦横位置画像を決めるフラグ。小文字『v』を入れると縦画像(150px幅)で表示、空欄にすると横画像(200px幅)で表示。
text=
記事の冒頭文及び「分かる」節の内容を200文字を目安に簡潔にまとめて記入してください。
冒頭の地名(記事名)は太字にして、記事本体へのリンクを行ってください。

メインページに表示する部分[編集]

日本の旅
道後温泉本館

道後温泉郷(どうごおんせんきょう)は、愛媛県松山市とその周辺(道後平野)にある温泉の総称。

道後平野一体に広がる泉脈に由来する温泉を指し、松山市とその隣の東温市、砥部町一体にかけて温泉が点在している。湯質はアルカリ性単純泉。兵庫県の有馬温泉、和歌山県の白浜温泉とともに日本三古湯のひとつに数えられており、古くは『伊予国風土記』『日本書紀』などにもその名前が登場し、また聖徳太子が湯治に訪れた記録も残っている。道後温泉本館を中心とした道後温泉街が特に有名だが、それ以外にも東道後温泉や奥道後温泉なども広く知られている。

※次回以降の「今月の旅行先」候補地の推薦受付はこちら