何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

「メインページ/parts/dotm」の版間の差分

提供: ウィキトラベル
メインページ : parts : dotm
移動先: 案内検索
メインページ/parts/dotm

Default Banner.jpg

(メインページに表示する部分)
(メインページに表示する部分)
 
(同じ利用者による、間の1版が非表示)
23行目: 23行目:
 
<onlyinclude>
 
<onlyinclude>
 
{{:メインページ/parts/dotm/template
 
{{:メインページ/parts/dotm/template
|file=File:City center, Vladivostok, Russia.jpg
+
|file=Image:Wachau01.jpg
 
|vertical= <!--縦画像にするときは半角小文字でvを入力、横画像の時は空欄-->
 
|vertical= <!--縦画像にするときは半角小文字でvを入力、横画像の時は空欄-->
|description=海の駅展望デッキから見た市の中心部の眺め
+
|description=ドナウ川クルーズ船から眺めるデュルンシュタインの街
|text='''※新型コロナウィルスによる感染症拡大のため、現在、「世界の旅」の更新を停止しています。'''
+
|text='''[[ヴァッハウ渓谷]]''' (バッハウ渓谷、ワッハウ渓谷、{{Lang|en|Wachau}}) は[[オーストリア]]北部の[[ニーダーエースターライヒ州]]、ドナウ川流域に続くおよそ30kmの渓谷地帯。
  
'''[[ウラジオストク]]''' ({{lang|ru|Владивосток}}) は[[ロシア]][[沿海地方]]の州都。
+
古代から政治・軍事・文化における重要な交通路だったドナウ川(ダニューブ河)の上流域に広がる渓谷地帯。17世紀末の大トルコ戦争や20世紀初頭の2度の世界大戦期を経て今も残る古城や修道院、名産白ワインの原料となる葡萄畑が続く風景が、2000年に[[世界遺産]]「'''ヴァッハウ渓谷の文化的遺産'''」として登録された。
 
 
かつては軍事的理由から外国人に対して閉鎖されていたが、ロシア連邦がソビエト連邦を継承して以来開放が進み、現在はロシア有数の国際都市となっている。人口は約60万人で極東地域においては[[ハバロフスク]]と並ぶ大都市であるといえる。日本海沿岸に位置しながらも、ヨーロッパらしい雰囲気を色濃く持っていることから、「日本に一番近いヨーロッパ」と言われることがある。
 
 
 
近年電子ビザの導入によって格段に行きやすくなったことに加え、[[成田国際空港]]から飛行機で2時間半程度と距離的にも近いので、[[台湾]]や[[韓国]]などと並び、日本から手軽に行ける海外旅行先として日本人観光客の間でも人気が高まっている。主要な観光地はウラジオストク駅や中央広場とその周辺に集中している。
 
  
 +
渓谷と言ってもヴァッハウ周辺はそれほど深い谷ではない。川の両岸の緩やかな斜面に石積みの段々畑のようなブドウ畑が続き、それらをかつて所有していた古城や修道院が次々と姿を現す眺めを楽しめる。
 
}}
 
}}
 
</onlyinclude>
 
</onlyinclude>

2020年7月1日 (水) 12:09時点における最新版


このサブページはメインページから呼び出されています。

編集方法

「メインページに表示する部分」の節を編集モードにして、以下の変数の値を変更してください。

file=
画像ファイルの名前。(名前のみ、その他の指定は行わないでください。)
例 : Image:xxxxxxxx.jpg または 画像:yyyyyyyy.jpg
description=
画像ファイルの説明。(マウスポインターを画像の上に置いた時に表示されます。)
vertical=
縦横位置画像を決めるフラグ。小文字『v』を入れると縦画像(150px幅)で表示、空欄にすると横画像(200px幅)で表示。
text=
記事の冒頭文及び「分かる」節の内容を200文字を目安に簡潔にまとめて記入してください。
冒頭の地名(記事名)は太字にして、記事本体へのリンクを行ってください。

メインページに表示する部分[編集]

世界の旅
ドナウ川クルーズ船から眺めるデュルンシュタインの街

ヴァッハウ渓谷 (バッハウ渓谷、ワッハウ渓谷、Wachau) はオーストリア北部のニーダーエースターライヒ州、ドナウ川流域に続くおよそ30kmの渓谷地帯。

古代から政治・軍事・文化における重要な交通路だったドナウ川(ダニューブ河)の上流域に広がる渓谷地帯。17世紀末の大トルコ戦争や20世紀初頭の2度の世界大戦期を経て今も残る古城や修道院、名産白ワインの原料となる葡萄畑が続く風景が、2000年に世界遺産ヴァッハウ渓谷の文化的遺産」として登録された。

渓谷と言ってもヴァッハウ周辺はそれほど深い谷ではない。川の両岸の緩やかな斜面に石積みの段々畑のようなブドウ畑が続き、それらをかつて所有していた古城や修道院が次々と姿を現す眺めを楽しめる。

※今までに「今月の旅行先」に選考された旅行ガイドはこちら