メインメニューを開く

ウィキトラベル β

ペナン・ヒルから眺めたジョージタウンの街並み

ペナン州(英語Penang、マレー語Pinang)は、マレー半島西岸に浮かぶペナン島を中心とするマレーシアの州。ペナン州


地域編集

 
ペナン州の位置

市町村編集

その他の旅行先編集


分かる編集

ペナン州はペナン島(Pulau Pinang)とマレー半島にあるスブラン・プライ(Seberang Perai)で構成され、前者の中心都市がジョージタウン、後者の中心都市がバターワースである。ペナンは16世紀にポルトガル船が来航してから、ヨーロッパ列強による植民地貿易の拠点となり、ジョージタウンは英国の東インド会社の基地として栄えた。住民は華僑が6割弱を占め、マレー系が約3割、他にインド系やヨーロッパ系も居る。ペナン州はビーチリゾートとしてその名を知られているが、マレーシア有数の商工業地域のひとつでもある。

着く編集

飛行機で編集

バヤンルパス(Bayan Lepas)空港がペナン島の 南東部にあり、クアラルンプールジョホールバル等の国内数都市や、シンガポールバンコク台北香港メダンなどの東南アジアの都市から直行便がある。

列車で編集

クアラルンプールからハジャイに向かうKTMBの夜行列車が毎日1往復運行されており、バターワースに停車する。所要時間は6時間、運賃はRM17から。バンコクからも同じく夜行列車がある。

なお、ペナン島自体には鉄道が敷設されておらず、最寄りの駅は対岸にあるバターワースになる。バターワースからはフェリーかもしくはバス(半島と島を結ぶ橋が架かっている)を利用してジョージタウンに向かうことができる。

動く編集

観る編集

遊ぶ編集

食べる編集

飲む編集

気を付ける編集

出かける編集

この記事「ペナン州」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。