何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

「ニューヨーク市/マンハッタン区」の版間の差分

提供: ウィキトラベル
ニューヨーク市 : マンハッタン区
移動先: 案内検索
ニューヨーク市/マンハッタン区

Default Banner.jpg

160行目: 160行目:
  
 
{{Miru|近代美術館|alt=The Museum of Modern Art, MoMA|現代美術の集大成と言われ、10万点を超えるコレクションが収蔵されている。併設されているショップには、奇抜なデザインの小物などが売っており、見ていて飽きることはない。MUJIの販売スペースもあり。|shozai=11 W. 53rd St.|tel=(+1 212) 708-9400|web=http://www.moma.org/|jikan=10:30~17:30。|ryokin=$20。|Image:NY_MoMA_01.jpg}}
 
{{Miru|近代美術館|alt=The Museum of Modern Art, MoMA|現代美術の集大成と言われ、10万点を超えるコレクションが収蔵されている。併設されているショップには、奇抜なデザインの小物などが売っており、見ていて飽きることはない。MUJIの販売スペースもあり。|shozai=11 W. 53rd St.|tel=(+1 212) 708-9400|web=http://www.moma.org/|jikan=10:30~17:30。|ryokin=$20。|Image:NY_MoMA_01.jpg}}
 
{{Miru|メトロポリタン美術館|alt=The Metropolitan Museum of Art|世界三大美術館の一つ。200万点ものコレクションを誇る。|shozai=1000 5th Ave.|tel=(+1 212) 535-7710|web=http://www.metmuseum.org/|jikan=9:30~17:30。|ryokin=$15。|Image:The Metropolitan Museum of Art.JPG}}
 
  
 
=== 公園・庭園など ===
 
=== 公園・庭園など ===

2011年8月30日 (火) 03:49時点における版

ロックフェラーセンターから見たマンハッタンの黄昏

マンハッタン区ニューヨーク市にある区の一つで、ニューヨーク市の中心部である。南北に細長いマンハッタン島がそのままひとつの区になっている。

一般に、マンハッタン区を南北に走る大通りをアベニュー、東西に走る通りをストリートと呼び習わしている。アベニューは東から西に向かって1番街 (1st Ave.)、2番街 (2nd Ave.) ・・・のように多くは番号で呼ばれているが、それ以外にも例えば、アメリカ街 (Ave. of the Americas) のように固有の名称が付いている通りもある。観光的に有名なのは5番街、7番街、ブロードウェイなど。マンハッタン区の道路の多くは一方通行になっている。区のほぼ中央には、外周が10kmもある広大な公園「セントラルパーク」がある。


地区

ダウンタウン・マンハッタン

マンハッタン区


ロウアー・マンハッタン
ウォール街(金融街)、ワールド・トレード・センター跡地、自由の女神… ビルが建ち並ぶマンハッタンの経済の中心。アメリカの象徴でもある自由の女神像もここにある。
トライベッカ
もともと工業地帯だった場所で、古い倉庫跡がいくつも残る。倉庫を改装したギャラリーも多い。
ソーホー
高級ブティック店やギャラリーなどが多い、おしゃれな町。
チャイナタウン
漢字の看板が多い、中華街。中華料理店が集まる。旧正月などは祭りも開催される。
ロウアー・イースト・サイド
移民が多く住んでおり、最近再開発も行われている。ブティックなども増え始めている。
グリニッジ・ヴィレッジ
通称はビレッジ。19世紀の文化が今も残り、ジャズが楽しめる。
イースト・ヴィレッジ
ロシア、ウクライナなどの旧ソ連からの移民が多いエリア。

ミッドタウン・マンハッタン

チェルシー
ギャラリーが集まり、至る所にアートを発見できる。
グラマシー
グラマシー・パークを中心に、美しい建築がある地区として有名。
シアター・ディストリクト
ミッドタウンの西側を占める。ブロードウェイのミュージカルなど。
ミッドタウン
エンパイア・ステート・ビルなど超高層ビルが集まる。国連本部もある。

アッパー・マンハッタン

セントラルパーク
市民の憩いの場。動物園や遊園地なども集まり、町の喧噪から逃れられる。散歩にもいい。
アッパー・イースト・サイド
高級住宅地。メトロポリタン美術館やホイットニー美術館、グッゲンハイム美術館などと美術館が多い。
アッパー・ウエスト・サイド
アメリカ自然史博物館がある。移民も多く、コロンビア大学がある。
ハーレムとアッパー・マンハッタン
黒人が多く住み、黒人文化を楽しめる。治安も悪いので注意が必要。


着く

飛行機で

七番街の様子

ジョン・F・ケネディ国際空港 (John F. Kennedy International Airport, JFK) はマンハッタンから南東に約17マイル、街までは最も遠い。日本からのノンストップ便を含め、主に国際線が発着する。国内線は、ここをハブ空港とするJetBlueを除いて、本数が限られている。[1]

  • AirTrainと地下鉄 : AirTrainからJamaica Station乗り換え、地下鉄E,J,Zへ。またはHoward Beach Station乗り換え、地下鉄Aへ。いずれも市内まで約45分。AirTrain $5 + 地下鉄$2。
  • 空港バス : グランドセントラル駅発着、30分毎運行、約75分、$15。
  • 乗り合いバン : $17~19
  • タクシー : マンハッタンまで45ドルの固定料金(2007年現在)と橋の通行料、最短25分。バンを除いては4人乗りだが、トランクの容量は限られている。
  • ヘリコプター (US Helicopter) : ターミナル3 (Delta) の11番ゲートからMidtown (499 E.34th St) 又はDowntown (6 East River Piers) にあるヘリポートまで約10分、$180。8人乗り。手荷物制限に注意。

ラガーディア国際空港 (La Guardia International Airport, LGA) はマンハッタンから東北東に9マイル、街までは最も近い。アクセスは車やバスに頼る必要があるため時間が読みにくい。国内線路線は豊富。[2]

  • 市バスと地下鉄 : M60で$2。
  • 空港リムジンバス : グランドセントラル駅発着、30分毎運行、約40分、$12。
  • 乗り合いバン : ミッドタウンのホテルまで約50分、$15。
  • タクシー : ミッドタウンまで約20分、25ドル。

ニューアーク空港 (Newark International Airport, EWR)] はマンハッタンから西北西に約15マイル。コンチネンタル航空のハブとして国内線・国際線共に多数が発着する。街までは鉄道を乗り継いで行けるため、時間が読みやすい。[3]

  • 公共交通機関 : AirTrain ($5) からNewark Airport駅乗り換え、NJ TransitでPenn Stationへ。約30分。
  • 空港リムジンバス : グランドセントラル駅発着、20~30分毎運行、約40分、$13。
  • タクシー : ミッドタウンまで約55ドルと橋・トンネル通行料、約40分。
  • ヘリコプター (US Helicopter): ターミナルC (Continental) の71番ゲートからMidtown (499 E.34th St) 又はDowntown (6 East River Piers) にあるヘリポートまで約10分、$180。8人乗り。手荷物制限に注意。

ホワイトプレーンズ国際空港 (White Plains (Westchester County) Airport, HPN)]はマンハッタンから北北東に35マイル。バスなど公共交通機関でのアクセスがきわめて不便なため車利用が前提だが、駐車場は安い。国内路線は他空港発着よりも安く設定されることが多い。[4]

列車で

アセラ・エクスプレス

ワシントンボストンからはアセラ・エクスプレスが運行されている。

車で

バスで

船で

スタテン島からマンハッタンまで無料フェリーが出ている。


動く

ミッドタウンより北側の街並みは平坦で碁盤目状に広がるため、徒歩や自転車でも移動もさほど困難ではない。地下鉄とバスが発達しており、上手に使いこなすことで行動範囲が広がる。

公共交通機関

地下鉄とバスを組み合わせて、$2でかなりの距離を移動できる。また、1日、7日、30日の乗り放題のメトロカードも販売されている。料金・路線図・スケジュールは交通局のサイトで確認できる。地下鉄内の治安もかなり改善されたと言えるが、早朝・深夜など人の少ない時間帯は車掌室に近い乗り場(ホームに表示あり)を利用するのが良い。

MTA(交通局)がバスを運行しているが、時間通りに来る事はまずなく、車内も汚くまた時間もかかる。タクシーに乗れるお金があるならそちらのほうが良い。庶民の乗り物といった感じである。

車で

碁盤目状の市街地で迷うことは少ないが、一筋ごと互い違いの一方通行に慣れるまでは遠回りをしてしまうかも。ホテルをはじめ駐車場は高くつき、レストランなどではバレーパーキングを使用することも多い。中心部の移動はタクシーで、マンハッタンの外へ出かけるときにはレンタカーを活用するのが良い。

観る

歴史的建造物・展望台など

クライスラービル (Chrysler Building)  
エンパイアステートビルが完成するまでは世界で最も高いビルだった。1930年完成。
 所在    電話    WEB  
 開場時間    料金  


ロックフェラーセンター (Rockefeller Center)  
冬季のアイススケート・リンクと大きなクリスマス・ツリーが有名。最上階は、マンハッタンを360度見渡せる展望台 Top of the Rock。
 所在    電話    WEB  [5]
 開場時間  Top of the Rockは8:00~24:00(最終エレベーターは23:00)。  料金  Top of the Rock $20、専用サイトでチケットを購入すると$2割引。
ロックフェラーセンター

博物館・美術館など

近代美術館 (The Museum of Modern Art, MoMA)  
現代美術の集大成と言われ、10万点を超えるコレクションが収蔵されている。併設されているショップには、奇抜なデザインの小物などが売っており、見ていて飽きることはない。MUJIの販売スペースもあり。
 所在  11 W. 53rd St.  電話  (+1 212) 708-9400  WEB  [6]
 開場時間  10:30~17:30。  料金  $20。
近代美術館

公園・庭園など

セントラル・パーク (Central Park)  
町の中央にある公園。詳細はセントラルパークの記事を参照。
 WEB  [7]
セントラル・パーク


バッテリー・パーク (Battery Park)  
マンハッタンの南端、スタッテン島や自由の女神へ向かうフェリー乗り場とウォール街との間にある。遠くに自由の女神をのぞむ。911で崩壊したWTCの地上広場にあったシンボルのモニュメント「The Sphere」が、ここに移設されている。
バッテリー・パーク


ユニオン・スクエア (Union Square)  


タイムズ・スクエア (Times Square)  
商業広告と商業ビルが360度をとり囲む、ニューヨークを代表する景観のひとつ。大きな展望スペースが設けられている。広場東側にあるビルの1階にツーリスト・インフォメーションがあり、ネット閲覧可能なPCも利用できる。
 所在  BroadwayとWest 42nd Streetが交差するあたり。
タイムズ・スクエア

特色のある地区

ソーホー (SoHo)  
ファッションや芸術関係の人びとが暮らす地区。関連の企業や店舗も多く集まる。
 所在  South of Houston street
ソーホー


ブロードウェイ (Broadway)  
ミュージカルの本場として有名。
 所在  タイムズスクエアから北へ5分ほど歩くと、いくつかの劇場が集まるエリア。
ブロードウェイ


チャイナタウン  
 所在  中華街。詳細は「チャイナタウンの記事参照。


コリアンタウン  

遊ぶ

リンカーン・センター  
劇場やコンサートホールがあり、クラシック・オペラ・バレーなどを楽しめる。
 所在    電話    WEB  [8]
 営業時間    料金  

買う

5番街  
世界中の一流ブランド店が並ぶショッピングストリート。また高級デパートも林立する。
5番街

食べる

安食堂

Fluffy's Cafe & Bakery  
マンハッタン界隈ならどこにでもありそうな、典型的なタイプのカフェのひとつ。コーヒーをはじめとする各種飲料、ドーナッツやマフィン、パン類、ベーコンエッグなどの朝食メニュー、軽食類などを扱っている。全てテイクアウト可。ホテルの朝食は総じて高いので、このようなカフェで同じようなメニューをテイクアウトにしてもらい、部屋に持ち帰って食べた方がはるかに安く上がる。
 所在  855 Seventh Avenue between 54th & 55th Street  電話  (+1 212) 247-0234  WEB  
 営業時間  営業早朝から深夜まで。  予算  朝食メニューで$7程度。
Fluffy's Cafe & Bakery


日本食レストラン サッポロ  
パンばかりの生活に飽きたときには、このような日本食レストランはとても重宝。ラーメンや焼き魚定食、丼物など、各種日本食メニューをそこそこの値段で楽しめる。
 所在  49th St. Between 6th & 7th Avenue.  電話  (+1 212) 869-8972  WEB  
 営業時間    予算  ラーメンが$7前後。

中級

おめん (Omen)  
京都銀閣寺に本店のあるうどんの店。NYでは天麩羅など他の和食もコースで提供。和風の内装は落ち着いた雰囲気。
 所在  113 Thompson St.  電話  (+1 212) 925-8923  WEB  [9]
 営業時間  18:00~25:00、不定休。  予算  $50~70。

高級

飲む

泊まる

マンハッタン区のホテルは総じて値段が高く、特に年末年始や会議などのイベント開催時はさらにつり上がる。

安宿

Big Apple Hostel  
町の中心部、タイムズスクエアに近くて便利。
 所在  119 West 45th St.  電話  (+1 212) 302-2603  WEB  [10]
 時間    料金  相部屋$40~、個室$100~。


YMCA Hotel  
リンカーン・センターやセントラルパークに便利。
 所在  5 West 63rd St.  電話  (+1 212) 875-4100  WEB  [11]
 時間    料金  個室・相部屋とも$100。

中級

高級

インターコンチネンタル・バークレー・ニューヨーク  
世界のVIPが宿泊する超豪華ホテル。
 所在  111 E. 48th St.  電話    WEB  [12]
 時間    料金  $500~。
インターコンチネンタル・バークレー・ニューヨーク


ニューヨーク・パレス・ホテル  
かつては財閥の私邸だったところを改築したホテル。
 所在    電話    WEB  [13]
 時間    料金  $950~。
ニューヨーク・パレス・ホテル


セント・レジス  
1904年創業で、ニューヨークホテル御三家に数えられる由緒正しきホテル。
 所在  2 E. 55th St.  電話    WEB  [14]
 時間    料金  $700~。
セント・レジス


ウォルドルフ・アストリア  
ニューヨークホテル御三家で、各国の首脳級の人達が宿泊することで有名なホテル。
 所在  301 Park Ave.  電話    WEB  [15]
 時間    料金  $230~。
ウォルドルフ・アストリア


ホテル・プラザ・アテネ・ニューヨーク  
ニューヨークホテル御三家で、フランスの気品溢れるホテル。
 所在  37 E. 64th St.  電話    WEB  [16]
 時間    料金  $520~。


ヒルトン・ニューヨーク  
マンハッタンの中心に位置する大型ホテル。
 所在  1335 Avenue of the Americas。  電話  +1 212-586-7000  WEB  [17]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 12:00   料金  

連絡する