何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

ジュネーブ

提供: ウィキトラベル
2012年1月4日 (水) 02:33時点におけるWorld ryoko (トーク | 投稿記録)による版
移動先: 案内検索
ジュネーブ

Default Banner.jpg

ジュネーブのパノラマ

ジュネーブ (Genève) はスイス西部の都市である。人口はチューリッヒに次ぎ、国内で2番目に多く、第二次世界大戦前には国際連盟の本部が置かれるなど、世界有数の国際都市である。現在は、国際連合の本部はニューヨークに移ったが、UNCTAD、WHOなど多くの国際連合の機関や、赤十字などが事務局や本部を置いている。


分かる

着く

飛行機で

ジュネーブ・コアントラン国際空港(Geneva Cointrin International Airport)には、ヨーロッパだけでなく、アメリカなどからも航空便が就航している。北米では、主にカナダ、ワシントンD.C.(ダレス国際空港)、ニューヨーク(ニューアーク国際空港、ケネディ国際空港)などから便がある。日本からの直行便はないので、ヨーロッパ主要都市での乗り換えが必要となる。

この空港をハブ空港とする、イージージェット・スイスは、アムステルダム、エディンバラ、パリ、バルセロナ、ベルリン、マドリッド、マンチェスター、ロンドンなどとジュネーブを結んでいる。

到着ロビーには、UBSのATMと、両替機がある。また、出発ラウンジには、アメリカン・エキスプレスのオフィスがある。他に、カフェや免税店なども揃っている。8:00〜23:00オープン。

空港から市内へは、タクシーで30CHFかかる。路線バス(10番線)は、6:00〜23:00に約15分間隔で運行している。また、SBBも空港に乗り入れている。切符は駅で購入でき、市内のいくつかの場所でも手に入る。チケットは、ジュネーブ周辺で80分間有効。

列車で

車で

バスで

TPG(ジュネーブ・パブリック・トランスポート)は、サン=ジュリアン、アルシャン、トワリー、フィルネー・ボルテールなどフランスの近隣都市への路線を運行している。時刻はウェブサイト[1]参照。

バスターミナル 電話  (0)22 732 02 30

船で

ジェネラル・ド・ナビゲーション(Générale de Navigation)社[2]により、1904年から1927年の間に建造された外輪船、レマン湖での定期便が運行されている。

動く

列車で

バスで

足で

観る

遊ぶ

買う

食べる

安食堂

中級

高級

飲む

泊まる

安宿

シティホステル ジュネーブ (City Hostel Geneva)  
駅から徒歩圏内の安宿。個室もドミトリーもある。
 所在  2, rue Ferrier, Hotel pour Jeunes - Backpacker 1202 Genève  電話  41 (0)22-901 15 00  WEB  [3]
 時間    料金  

中級

高級

暮らす

在外公館

在ジュネーブ出張駐在官事務所 (Consulat Du Japon A Geneve)  
旧在ジュネーブ総領事館を引き継ぎ、ジュネーブ州、ヴォー州、ヴァレー州、ティチーノ州を統括する出張駐在官事務所である。医療・法律等(日本語ができる人の情報も含む)、治安、税関についての情報提供を行なっている。
 所在  82 rue de Lausanne 1202, Genève.  電話  (+41-22) 716-9900
 FAX  (+41-22) 716-9901
 WEB  [4]
 時間  月~金 9:00~12:00、14:00~17:00。主なスイス・日本の祝日と年始年末定休。  料金  各種証明書、旅券等有料。支払いはスイスフランである。

出かける



この記事「ジュネーブ」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。