何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

「シリア」を編集中

移動先: 案内検索

警告: ログインしていません。編集を行うと、あなたの IP アドレスが公開されます。ログインまたはアカウントを作成すれば、あなたの編集はその利用者名とともに表示されるほか、その他の利点もあります。

この編集を取り消せます。 下記の差分を確認して、本当に取り消していいか検証してください。よろしければ変更を保存して取り消しを完了してください。
最新版 編集中の文章
71行目: 71行目:
 
空の玄関口は、ダマスカス国際空港。日本との直行便はない。関西国際空港から[[ドバイ]]と[[ドーハ]]へ直行便が運行しており、ダマスカス国際空港へは同日乗り継ぎ可能。その他、[[パリ]]、[[ローマ]]、[[ウィーン]]などの[[ヨーロッパ]]各都市やトルコの[[イスタンブール]]を経由して行くこともできる。
 
空の玄関口は、ダマスカス国際空港。日本との直行便はない。関西国際空港から[[ドバイ]]と[[ドーハ]]へ直行便が運行しており、ダマスカス国際空港へは同日乗り継ぎ可能。その他、[[パリ]]、[[ローマ]]、[[ウィーン]]などの[[ヨーロッパ]]各都市やトルコの[[イスタンブール]]を経由して行くこともできる。
  
到着後の市内への移動は、高額なリムジンタクシー(市内の地点により値段が決まっていて、バーブトゥーマまでであれば一律1,500sp)か、ターミナルの外に出て向かって右手の端に停まっている大型バスの二つしか方法がない。このバスは、一人50sp(荷物一つにつき25sp加算)でダマスカス中心部の「バラムケ」まで行く(終点は郊外の「ガラージュ・スーマリーエ」)。一方で、一般のタクシーが空港から客を拾うことは禁止されている(市内からのタクシーの乗り入れは可能。ダマスカス中心部からであれば空港まで500sp~700sp程度)。
+
到着後の市内への移動は、高額なリムジンタクシー(市内の地点により値段が決まっていて、バーブトゥーマまでであれば一律1500sp)か、ターミナルの外に出て向かって右手の端に停まっている大型バスの二つしか方法がない。このバスは、一人50sp(荷物一つにつき25sp加算)でダマスカス中心部の「バラムケ」まで行く(終点は郊外の「ガラージュ・スーマリーエ」)。一方で、一般のタクシーが空港から客を拾うことは禁止されている(市内からのタクシーの乗り入れは可能。ダマスカス中心部からであれば空港まで500sp~700sp程度)。
  
 
=== 列車で ===
 
=== 列車で ===
  
 
ヨルダンとは鉄道でつながっているが、極端に本数が少なく両国間の移動手段としては現実的ではない。
 
ヨルダンとは鉄道でつながっているが、極端に本数が少なく両国間の移動手段としては現実的ではない。
一方、トルコのイスタンブールや、[[イラン]]の[[テヘラン]]([[タブリーズ]]経由、所要3日)はそれぞれ週1便ずつ運行されている。ダマスカスの鉄道駅は中心部のヒジャーズ駅(2010年現在列車の乗り入れなし)ではなく、郊外のカダム駅になる。ただ、ヒジャーズ駅の窓口で上記国際列車や国内各都市(アレッポ、ラタキア、デリゾール、カミシリなど)へのチケットを買うことは可能。
+
一方、トルコのイスタンブールや、[[イラン]]の[[テヘラン]]([[タブリーズ]]経由、所要3日)はそれぞれ週1便ずつ運行されている。ダマスカスの鉄道駅は中心部のヒジャーズ駅(2010年現在列車の乗り入れなし)ではなく、郊外のカダム駅になる。ただ、ヒジャーズ駅の窓口で上記国際列車や国内各都市(アレッポ、ラタキア、デリゾール、カミシリなど)へのチケットを買うことは可能。
  
 
=== 車で ===
 
=== 車で ===

■投稿する前に以下を確認してください■

  • ウィキトラベルに投稿された文書は、すべて「表示-継承 3.0」ライセンス(詳細はWikitravel:コピーレフトを参照)によって公開されることに同意してください。
  • あなたの文章が他人によって自由に編集、配布されることを望まない場合は、投稿を控えてください。
  • あなたの投稿する文章はあなた自身によって書かれたものであるか、パブリック・ドメインかそれに類する自由なリソースからの複製であることを約束してください。あなたが著作権を保持していない作品を許諾なしに投稿してはいけません!

Wikiを自動編集スパムから保護するために、下のチェックボックスをクリックしてください。

取り消し | 編集の仕方 (新しいウィンドウで開きます)