メインメニューを開く

ウィキトラベル β

サウス・イースト (イングランド)

サウス・イースト (South East) は、最も訪問されるイングランドとイギリスの地域のひとつで、イギリスの首都ロンドン周囲にあり、ヨーロッパ大陸に最も近接している場所である。ロンドンと共にサウス・イーストは、イギリスの主要な経済大国を象徴しており、イングランド地域の最も人口密度が高い場所のひとつである。この地域は、様々な風景から歴史的な町や都市まで、旅行者に強い関心を持たれている。


地域・地方編集

市町村編集

イングランドのサウス・イースト地域は、旅行者が興味を持つ主要な町や都市の数が多く、以下は特に興味深い9つの都市である。


  • ブライトン(イースト・サセックス)ー 南海岸の素晴らしい時代感覚に合ったブライトンは、ロンドン郊外の南部で行われる最上の文化的イベントを誇りにしている。
  • カンタベリー(ケント)ー イングランドのプレミア大聖堂 (premier) のある都市である。
  • チチェスター(ウェスト・サセックス)
  • ドーバー(ケント)ー 城と白い崖があるイングランドへの玄関口である。
  • ヘイスティングス(イースト・サセックス)ー 崖と中世の旧市街がある歴史的な海辺のリゾートである。
  • オックスフォード(オックスフォードシャー)ー 大学都市である。
  • ポーツマス(ハンプシャー)ー ウォーターフロント都市、ネルソン提督の戦列艦ヴィクトリー (HMS Victory) 号が展示され、イギリスの最新の象徴スピンエーカー・タワー (Spinnaker Tower) がある。
  • サウサンプトン(ハンプシャー)ー 優れたナイトライフとショッピングで繁盛している学生街である。
  • ウィンザー(バークシャー)ー ウィンザー城とイートンカレッジがある。

ここで留意すべきは、地理的にこの地域内に含まれるロンドンが、それ自体が実質的な地域となっている事である。

その他の旅行先編集

分かる編集

喋る編集

着く編集

列車で編集

ユーロスター[1]によってヨーロッパ本土と結ばれている。

船で編集

サウス・イースト・イングランドには、ドーバーサウサンプトンポーツマスなどの港があり、フランスなどと結ばれている。

動く編集

観る編集

遊ぶ編集

食べる編集

飲む編集

気を付ける編集

出かける編集

この記事「サウス・イースト (イングランド)」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。