何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

サウジアラビア

提供: ウィキトラベル
2010年6月22日 (火) 00:36時点における72.92.209.227 (トーク)による版 (連絡する)
移動先: 案内検索
サウジアラビア

Default Banner.jpg

危険情報: この地域のうち一部地域への渡航、滞在にあたっては、日本の外務省から渡航の是非を検討するよう、危険情報が出されています。
詳しい情報は外務省海外安全ホームページで公開されています。
この情報は2009/01/10現在有効ですが、その後も継続、または随時拡大・強化されることがありますので、最新の情報を確認してください。


noframe
国旗
サウジアラビアの国旗
基礎データ
首都 リヤド
通貨 サウディ・リヤル
面積 1,960,582km²
人口 25,795,938人
言語 アラビア語
国際電話番号 +966
ドメイン .sa
時間帯 UTC +3


サウジアラビア (Saudi Arabia) はアラビア半島にある国である。国の西岸が紅海に面しており、北部でヨルダンイラク及びクウェート、東部でカタール及びアラブ首長国連邦、南部でオマーン及びイエメンとそれぞれ国境を接している。世界最大の原油生産国。


地方

サウジアラビアの地図

都市

  • リヤド — 首都。サウジアラビア最大の都市。
  • ジッダ — サウジアラビア第2の都市、メッカの玄関口。
  • メッカ — イスラム教最大の聖地。

その他の旅行先


分かる

歴史

国民

国教(イスラム教ワッハーブ派)が定められており、国民は他の宗教を信仰することが許されていないが、一部地域に他の宗派(シーア派)の住民がいる。

気候

祝日

9月23日の建国記念日だけが、毎年同じ日にある祝日である。 あとは、ラマダン(断食)明け休暇とハッジ(巡礼)休暇がそれぞれ1週間程度あるが、太陰歴のイスラムの暦によって決まり、毎年10日程度ずつずれるので何月何日とは決まっていない。

(注)イスラム歴の祝日については、祭やイベントの各月のページを参照。

時差

時差早見表 (UTC +3)
日本の時刻 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
現地の時刻 18 19 20 21 22 23 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17

※ 表の灰色の部分は日本時間から見て前日の日付。

着く

ビザ

サウジアラビアは一般的に観光ビザを発行しないため、一般旅行者にとって入国が世界一困難な国(北朝鮮よりも)。イスラム教徒(巡礼ビザが取得可能)、石油関係のビジネスマン(商用ビザが取得可能)、あるいは外交官(外交ビザが取得可能)でない限り、そもそも入国することさえできない。

とはいえ、最近はサウジアラビア航空主催などの団体旅行などに参加することで、入国できる場合もあるようだ。サウジアラビア大使館やサウジアラビア航空のサイトで、最新情報をチェックするようにしよう。

飛行機で

列車で

車で

バーレーンとサウジアラビアをつなぐキング・ファハド・コーズウェイ (King Fahd Causeway) を通ってバーレーンから入国可能。

バスで

船で

動く

喋る

公用語はアラビア語。 外国人労働者が多く集まる都市では英語が通じる店もある。

買う

通貨はサウディ・リヤル

物価

食べる

マクドナルド バリューセットは11リヤルより。

飲む

炭酸飲料は350ml缶で1リヤル、1,500mlPETボトルで4リヤル。

泊まる

学ぶ

働く

気を付ける

  • 祈りの時間帯はすべての社会活動が停止する。会社も、レストランも、店も ともかくその時間は閉まるので要注意。
  • 祈りの時間は、日によって変化するが、昼前後、午後、夕方、夜のお祈りの時間(サラータイムという)をチェックしておくこと。さもないと、レストランの前で30分余りも待つとか、買い物ができないというようなことになる。

健康を保つ

マナーを守る

  • イスラム教の戒律が厳しい国であり、例えば「女性は肌を一切見せていけない」ということについてはアバヤと呼ばれる足首丈の黒い上着と頭部を覆うスカーフを着用しなければならない。男性も半ズボン姿では公の場所には入れないこともあるので注意。
  • この他、女性による車の運転や、飲酒、外国からのポルノ関連物品の持込など、戒律に基づいた制限事項がある。

連絡する

この記事「サウジアラビア」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。