何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

「エル・カラファテ」の版間の差分

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
(動く)
(観光案内)
(同じ利用者による、間の3版が非表示)
10行目: 10行目:
 
パタゴニアの荒涼とした大平原とそびえる岩山、静かに広がるアルヘンティーノ湖に囲まれた人口およそ8,000人の町。氷河見物やトレッキングなどパタゴニア南部における観光拠点であり、夏季を中心としたシーズンには多くの来訪者で賑わう。
 
パタゴニアの荒涼とした大平原とそびえる岩山、静かに広がるアルヘンティーノ湖に囲まれた人口およそ8,000人の町。氷河見物やトレッキングなどパタゴニア南部における観光拠点であり、夏季を中心としたシーズンには多くの来訪者で賑わう。
  
=== 観光案内 ===
+
=== 観光案内所 ===
 
*{{Item|El Calafate 観光局公式インフォメーション|ウェブサイトでは、ツアー催行業者や宿泊施設、飲食店などへのリンクや有用な情報が掲載されている。|tel=02902-491090|web=https://www.elcalafate.tur.ar/}}
 
*{{Item|El Calafate 観光局公式インフォメーション|ウェブサイトでは、ツアー催行業者や宿泊施設、飲食店などへのリンクや有用な情報が掲載されている。|tel=02902-491090|web=https://www.elcalafate.tur.ar/}}
  
59行目: 59行目:
  
 
== 観る ==
 
== 観る ==
 +
 +
{{Miru|Glaciarium|alt=パタゴニア氷河博物館|南パタゴニア氷原や氷河群について展示されている博物館。館内にあるアイス・バーはテーブルや器まですべて氷河の氷で作られている(別料金)。カラファテ市街から1時間おきに無料シャトルバスが運行されている(乗り場は、リベルタドール通りから南方向へ分岐している5月1日通り(1ro de Mayo street)を1ブロック進んだ場所にある駐車場)。|shozai=市街からペリト・モレノ氷河方面へ西6kmの場所。|tel=+54 (02902) 497912|web=http://glaciarium.com/|jikan=11:00~19:00(無休、クリスマス・元日は12:00~、クリスマスイブ・大晦日は~18:00)。|ryokin=大人 AR$480。|lat=-50.336479|long=-72.339789|}}
 +
 +
{{Miru|ニメス湖|alt=Laguna Nimez|季節を通じて多くの水鳥がやってくる、アルヘンティーノ湖に接した潟。アンデス山脈に生息するチリーフラミンゴも夏季を中心に観察できる。道路沿いにある公園管理事務所から遊歩道が設けられている。|shozai=市街の1kmほど北。|tel=
 +
+54 2966 42-2365|web=https://www.facebook.com/lagunanimez.elcalafate/|jikan=9:00~20:00(冬季は10:00~18:00)。|ryokin=AR$200。|lat=-50.328337|long=-72.268281|}}
 +
 +
{{Miru2|プンタ・ワリチュ|alt=Punta Walichu|アルヘンティーノ湖畔の崖や洞窟に先住民が描いた4千年以上前の壁画が残る。カラファテ市街から催行されるツアーで立ち寄るか、車や自転車で市街から北東に7kmほど走るとチケット売り場に着く。|shozai=|tel=|web=http://puntawalichu.com/|jikan=|ryokin=|lat=-50.294591|long=-72.202283|}}
  
 
== 遊ぶ ==
 
== 遊ぶ ==

2019年8月15日 (木) 09:47時点における版

同国最大のアルヘンティーノ湖に面する町。

エル・カラファテ(El Calafate)はアルゼンチン南部、パタゴニアサンタクルス州にある町である。


分かる

パタゴニアの荒涼とした大平原とそびえる岩山、静かに広がるアルヘンティーノ湖に囲まれた人口およそ8,000人の町。氷河見物やトレッキングなどパタゴニア南部における観光拠点であり、夏季を中心としたシーズンには多くの来訪者で賑わう。

観光案内所

  • El Calafate 観光局公式インフォメーション — ウェブサイトでは、ツアー催行業者や宿泊施設、飲食店などへのリンクや有用な情報が掲載されている。  電話  02902-491090  WEB  [1]

着く

飛行機で

アルヘンティーノ湖に面した空港

市街中心部から東へ10kmほどの場所にエル・カラファテ空港がある。

エル・カラファテ空港

アルゼンチン航空の定期便がブエノスアイレスから就航しているほか、冬季以外のシーズンにはLATAM Argentina航空とLADAの2社も含めて国内各地から旅客便が運航される。

アルゼンチン航空

LATAM航空

LADA

空港から市街へは、タクシーのほかVES Patagonia社のシャトルバスも利用できる。バスは市街ではホテルを巡り、市街から空港へ向かう場合も事前予約すればホテルまで迎えにきてくれる。

VES Patagonia

列車で

当地まで利用できる鉄道路線はない。

車で

アルゼンチン国内をアンデス山脈に沿って南北に縦貫する国道40号(Ruta 40, RN40)から、西へ分岐する道路を経て20kmほどでカラファテ市街に至る。他都市からカラファテへ向かう際には、必ずこの国道40号を経由することになる(チリ方面を含む)。

バスで

パタゴニア南部の交通の要衝といえるリオ・ガジェゴスから数社が長距離バスを運行している。所要時間はおよそ4時間。そのほか、バリローチェエル・チャルテン、チリのプエルト・ナタレスといったパタゴニア各地からも長距離バスの定期便がある。

バスターミナルは、2017年に新しい場所に移転している。以前は市街中心部のJulio A. Roca通りに面した場所にあったが、新ターミナルは市街から東へ徒歩20分ほどの510通り沿いにあり、大きく離れているので要注意。

船で

アルゼンチン最大の面積をもつアルヘンティーノ湖に面しているが、他都市からの定期船は就航していない。

動く

各種施設や店舗が集まる市街は、リベルタドール通り(Av. Del Libertador)を中心に徒歩で移動できる範囲。宿泊施設は市街から少し離れた場所にも多く立地しているが、市街までの専用シャトルバス・サービスを提供しているホテルもある。


観る

Glaciarium (パタゴニア氷河博物館) 地図  
南パタゴニア氷原や氷河群について展示されている博物館。館内にあるアイス・バーはテーブルや器まですべて氷河の氷で作られている(別料金)。カラファテ市街から1時間おきに無料シャトルバスが運行されている(乗り場は、リベルタドール通りから南方向へ分岐している5月1日通り(1ro de Mayo street)を1ブロック進んだ場所にある駐車場)。
 所在  市街からペリト・モレノ氷河方面へ西6kmの場所。  電話  +54 (02902) 497912  WEB  [2]
 開場時間  11:00~19:00(無休、クリスマス・元日は12:00~、クリスマスイブ・大晦日は~18:00)。  料金  大人 AR$480。


ニメス湖 (Laguna Nimez) 地図  
季節を通じて多くの水鳥がやってくる、アルヘンティーノ湖に接した潟。アンデス山脈に生息するチリーフラミンゴも夏季を中心に観察できる。道路沿いにある公園管理事務所から遊歩道が設けられている。
 所在  市街の1kmほど北。  電話  +54 2966 42-2365  WEB  [3]
 開場時間  9:00~20:00(冬季は10:00~18:00)。  料金  AR$200。


プンタ・ワリチュ (Punta Walichu) 地図  
アルヘンティーノ湖畔の崖や洞窟に先住民が描いた4千年以上前の壁画が残る。カラファテ市街から催行されるツアーで立ち寄るか、車や自転車で市街から北東に7kmほど走るとチケット売り場に着く。
 WEB  [4]

遊ぶ

買う

カラファテ  
当地の名前の由来である、パタゴニアに生育するベリー。高さが1m強に育つトゲのある潅木で、夏に黄色い花が咲く。実の色はブルーブラックで、それを加工したジャムやソープなどが土産物店やスーパーマーケットなどで販売されている。この実を食べた者は再びここを訪れる、と言い伝えられているという。

食べる

安食堂

中級

高級

飲む

泊まる

安宿

中級

高級

出かける

この記事「エル・カラファテ」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。