何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

Wikitravel:旅人の居酒屋の過去ログ/2014年9月

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索


空港や駅などの記事の取扱いについて[編集]

空港や駅などの施設(可能性としては他に港などもありうる)について独立した記事が立ち上がることがありますが、これらの記事について、通常は、もともとある町の記事の中にあったものが成長してきたため独立させるという形をとるため、あくまでも町の記事の子ページ的な扱いで、そのスタイルも(程度の差はあるにせよ)基本的には町の記事に準じた形になっているものが多いかと思います。

ただ、このままのスタイルを貫こうとすると、例えば空港のラウンジについて紹介するとか、あるいは切符の自販機やコインロッカーについて使い方を解説する、などの場合に、必ずしも情報の「はまり具合」がしっくりこないケースもあるかと思います(「暮らす」の項目に無理矢理入れ込むということもあり得ますが、記事の構成としてはやや使いづらいし、やはり違和感が残ります)。

(昨今では「エキナカ」などのように、それ自体を目的にするような動きもありますが)もともと駅や空港というのはそれを目的に行くというよりも、旅の過程でお世話になる施設という性格が強く、それらの記事については、そこにある機能をどれだけうまく利用できるか、という点に主眼をおくべきかと思いますので、記事として独立させた後は旅行先の記事の体系で整理するのではなく、お役立ち情報という体系での取扱いにして、記事もその施設に合わせてもう少しスタイルを変えてみてはと思うのですが、みなさんはどう思いますか?

とりあえず意見をお聞きして、異論がないようであれば、それら空港や駅などのページ冒頭に「お役立ち情報」のタグを貼りつつ、スタイルも含めて整理し直したいと思いますので、ご意見をよろしくお願いします。ちなみに、それら施設関連に関する過去の議論として、ざっと見た限りでは2008年9月の、空港の記事の立ち上げに関する議論があります。--Shoestring (トーク) 2014年8月31日 (日) 18:19 (JST)

議題について、かつて議論の中でルール化されていったWikitravel:特定施設を独立した記事にするをなどを踏まえて考えてみたのですが、駅や空港、遊園地等の特定施設をお役立ち情報旅のテーマと主な目的地の体裁で紹介するには、「記事の構成をどのようにするか」がポイントになると思います。
お役立ち情報にしろ旅のテーマにしろ、通常の都市の記事以上に読者に何かを訴えかけたい(おすすめしたい、教えたい)という要素が働くもので、たとえば、浦安市の一部の地域である東京ディズニーリゾートでアトラクションや周辺ホテルの情報だけでは、お役立ち情報や旅のテーマと主な目的地と述べるには不十分と思えます。(もっとも、通常の記事の形式でも幅広く情報を集めたいとするならば、今のフォーマットの方がざっくばらんに書きやすいというのも利点だと思います。)
これが「俺は東京ディズニーリゾートの常連で、年間パスポート買ってことあるごとに行きまくってるから、裏の裏まで知り尽くしているぜ!」という人が東京ディズニーリゾートの穴場アトラクションとか、東京ディズニーリゾートのグルメマップとかいう記事でブラッシュアップしながらお役立ち情報・旅のテーマというには、その域に達せるのかと思います。(過去の議論からも推測される通り、ある施設のコアユーザーにとってはこちらを書きたいと思うのでしょうが、如何せん「芸術作品の舞台を巡る」の個別タイトル(ゴジラとか)のように、他のウィキトラベラーが記事の編集に追従し難いという欠点もあります)
なので、「東京ディズニーリゾート」や「羽田空港」、「東京駅」という、何を訴えているか名称から判断しがたい記事構成で、お役立ち情報とか旅のテーマというには、違和感があって賛同はできないです。(なお、誤解を招かぬように述べておくと「駅や空港をテーマにお役立ち情報を書くな」という意味ではない)--木更津乃風 (トーク) 2014年9月1日 (月) 20:31 (JST)
今回この議題を取り上げた大まかな趣旨ですが、①もともと空港や駅、港などの施設は、それ自体が目的地というより、目的地に至るための手段として利用する通過点であること。②その意味では、通過点に備えられている機能をいかにうまく利用するかという視点での情報の整理の方が旅行ガイドとして情報をすっきり整理できるのではないかと考えたこと、③そうであるとすれば、体系的にも目的地の体系で整理するより、お役立ち情報といった体系で整理した方がより合理的ではないかということ(空港の一覧などは旅のテーマなりお役立ち情報の括りなので、そちらとも整合性が取れること)。といった感じになります。
その意味では、ディズニーランドのような施設は、それ自体が目的地たりうるので、駅や空港と一緒に括るのは無理があると思います(そんな訳で、これらの施設については正直今回の議題としては想定していませんでした)。
もっとも、それら空港や駅に関する既存の独立記事についても、ものによっては記事テンプレートの趣旨を外れて、足りない項目を大項目で補ったりもしているようなので、とくにお役立ち情報での体系化にどうしてもこだわるわけではありませんが、どのようにしたら既存のそのような独立記事を生かせるかと思って一石を投じてみた次第です。--Shoestring (トーク) 2014年9月1日 (月) 22:57 (JST)
遊園地やレジャー施設を除いて、駅や空港をお役立ち情報として取り扱うことには賛成です。大きな駅や空港は旅行する上での通過点になるのですが、どうしても列車や飛行機への待ち時間が出てきてしまう場所なので、数十分くらい空き時間がある場合の時間のつぶし方(食事施設やお土産屋さんの情報、ラウンジの有無やその使い方)を充実させるようにするといいんじゃないかと思います。
情報の追加のしやすさでは、個人的には「観る」や「遊ぶ」等の項目に分かれていたほうがいいです。ただこれらの既存の項目では対応できない内容については、「分かる」よりも下で「泊まる」よりも上のどこかに何らかの項目を追加してみるとよいかと(ピンとくる項目名が思い浮かばないのですが、例えば「備考」「豆知識」「時間のつぶし方」「お役立ち情報」など)。
記事名については、お役立ち情報だと分かりやすくする目的かつ、空港や駅の記事の乱立を防ぐ目的としてこの機会に変更するのがいいと思います。変更例としては、「○○空港を楽しむ」「○○空港を知り尽くす」「○○空港を使いこなす」…、みたいな感じで現在の記事名+αで対応してみてはどうでしょうか?(東京国際空港や成田国際空港というよりも一般的になじみのある羽田空港や成田空港を使った方がいいかも)
あまり深く考えずに思いついたことを列挙しただけですが、空港や駅の記事は既存のままだと物足りない内容なので、何からのテコ入れが必要だとは思うのですが、抜本的ないい方法はイマイチ思いつきませんでした。まとまりがありませんがとりあえずコメントだけ残しておきます。--NY066 (トーク) 2014年9月3日 (水) 02:07 (JST)
現時点で日本語版WTに立ち上げられている駅や空港の記事へのリンクを追加しておきます。
--NY066 (トーク) 2014年9月3日 (水) 02:16 (JST)

博多駅という記事を考えた者からの意見です。

空港や、東京駅などは通過地点としてお役立ち情報に含めるべきでしょうが、駅によっては町の一部というところがあるのです。鉄道駅の敷地にショッピングセンターがある感じでしょうか。

駅ごとに「通過地点的」or「都市の拠点的」か例を挙げたいと思います(もちろん、どの駅もどちらかひとつにはなりませんが)

「通過地点的] ― 東京駅新宿駅新大阪駅

「都市の拠点的] - 名古屋駅大阪駅博多駅

微妙 - 札幌駅上野駅京都駅

--たぬき (トーク) 2014年9月6日 (土) 13:25 (JST)

しばらくこの話題についても寝かせてしまいました。空港などの施設の取り上げ方についても、いろいろなご意見があることはわかりましたので、これまでの体系を無理変えるようなことはさしあたり控えたいと思います。
個人的には、実験的に「○○空港活用法」みたいな記事を何本かお役立ち情報の体系下で立ち上げて、町の記事の中に溶け込んでいる関連情報を一旦スピンアウトさせて集約し、それをあらためて町の記事にぶら下げる(町の記事のなかでは「詳細については「○○空港活用法」の記事を参照」)、という形で特定の空港等の施設を取り上げてみたいと思います。このスタイルであれば、今の体系をいじくることなく、あくまでも関連トピック扱いで、お役立ち情報の体系下でも空港などの施設の情報をより機能的に集約し取り扱えるのではないかと思います(従来とそれほど変わらないやり方でしょうし)。
いずれにせよ、記事の体系整理については、もう少し長い目で見て方向性を検討した方がよさそうですね。--Shoestring (トーク) 2014年11月3日 (月) 19:57 (JST)

青春18きっぷの記事に関する情報加筆(修正)のお願い[編集]

今日のyahoo乗りものニュース[1]で、青春18きっぷを利用して(故意に、あるいは過失で)他社線を不正乗車してしまうケースが注意喚起の意味も込めて報じられていました。旅行ガイド的にも、不要なトラブルを避けるという意味で有用な情報だと思ったので、内容を編集の上トラベルニュースに転載しておきましたが、記事で紹介されていたような、他社線の全区間をノーラッチで通過するようなケースを「青春18きっぷを使いこなす」のどこで読んだらいいのか、いまひとつわかりませんでした。記事にはざっと目を通しただけなので、単に見落としているだけなのかもしれませんが、もし記述が不十分なのであれば、(よくこの記事の編集に参加されている)どなたか、情報の座り具合も含めて考慮の上、青春18きっぷの記事へ当該情報の加筆をお願いできないでしょうか?よろしくお願いします。--Shoestring (トーク) 2014年9月7日 (日) 18:59 (JST)

一応、JR~私鉄~JRとルートができる場合で、私鉄が青春18の乗客から運賃をとれない可能性のある区間が3つあるのは分かりました。もちろん私鉄の運賃を払わないのは不正乗車です。しかし、関東などでJR~私鉄の接続駅に中間改札がないので私鉄運賃を取りこぼす場合がもっとありそうですが、具体的に接続駅各駅の構造が分からないのです。三重県なら近鉄の桑名・津・松阪での乗り継ぎでできる可能性はあります。また、列車内で私鉄運賃をきちんと徴収しているかどうかも分かりません。--たぬき (トーク) 2014年9月7日 (日) 20:48 (JST)
項目さえ立てておけば、後で記事を読んで情報が足りないと感じた人が加筆修正してくれると思います(その項目自体がないと、気づかずに盲点になってしまう可能性があったので)。いずれにしろ、早速のご対応ありがとうございました。--Shoestring (トーク) 2014年9月7日 (日) 21:23 (JST)