何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

Wikitravel:旅人の居酒屋の過去ログ/2009年9月

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索

注意が必要な記事について[編集]

 ノート:東京スカイツリー‎で記載したように、Wikitravel:注意が必要な記事‎で意見が出ない場合どのように判断すればよいのかご意見を伺いたいと思います。意見が出ないということは異論がないととらえ、削除も含めてその記事を編集したい方向を再度記入して一定期間(2~3日)待ち、意見が出ければ実行するという流れでよろしいものでしょうか。

 また、注意が必要な記事とノートページの役割についての提案です。ノートページはその本文の記事のためのメモの役割のほかに本文記事への提案をする場所としての意義があるのではないでしょうか。スタイルマニュアルなどに照らして問題のあるページについては、ノートページを活用した方がよいのではないかと思います。

 最近更新したページでは注意が必要な記事の更新があっても全体の編集に興味がある人しか見ませんが、ノートページならノート:~~ とページ名が出るので、そのページにかかわった人や興味がある人が見るはずで提案が目に触れる機会が増えると思います。現在注意が必要な記事にはほとんど意見が出ておらず、今後このページを充分に活用していくためには、ここに記事が記載された場合はたとえば管理者が何か必ず一言記載するなどの配慮が必要ではないかと思います。

 皆様のご意見を伺います。--Decchi 2009年9月10日 08:22 (JST)

小さな自治体に大観光スポットがある場合[編集]

岩手県雫石町を作りました。しかし雫石といってもスポットは「小岩井農場」だけです。そのため、小岩井農場を知るために雫石町と調べるものでしょうか?

私も編集する上で悩む自治体もあります。福岡県中間市芦屋町なども観光地といえば難しい地域ですし、水巻町を編集したいのですが、ホルモンや有名やきとり店の記事だけになりそうです。

県庁所在地の福島市でも飯坂温泉しか記事がありません。

このように、自治体の規模と施設の有名度が逆転していたり、地域密着の店が殆どの場合、どうすべきでしょう?--たぬき 2009年9月17日 19:39 (JST)

まず、自治体の規模と施設の有名度が逆転している場合について書きますが、個々のスポットについては独立した記事を作成しないことが原則です。小岩井農場の場合はWikitravel:記事とは何か?で説明されている例外にも該当しないのではないかと思います。調べ方について気にされているようですが、1つ上の階層である地方の記事(今回のケースでは岩手県)で紹介すれば利用者に親切なのではないでしょうか。もっと重要なスポットであると考えるのであれば、さらにもう1つ上の階層の地方の記事で紹介してはどうでしょうか。このようにすることで印刷した場合でも利用者を町の記事に誘導できると思います。それから、この件に関してはリダイレクトの作成は行なって頂きたくないですね。理由は、リダイレクトはウェブでの利用にしか役立ちませんし、個々のスポットごとにリダイレクトを作成しようとする人が必ず出てくるという気がするからです。そのようにリダイレクトを作って行くと、それらに内部リンクが張られ、それを見た人が個々のスポットの記事を作成しても良いと勘違いしそうですし、そのうち名前が重複してリダイレクトを曖昧さ回避のページにするようにもなるでしょうし。
次に、地域密着の店が殆どの場合ですが、たぬきさん自身が旅行ガイドに取り上げるべきと思い、基本方針、スタイルマニュアル、慣例などに反しないのであれば、その町の記事を作成すれば良いと思いますよ。他の人に何か言われるかも知れないなどの理由で躊躇されるのでしたら、無理にご自分で作成する必要も無いですが。島の場合は記事名をどうするかで少し迷いますが、一般的には市町村の記事を作成することに問題は無いと私は思います。 -- Tatata 2009年9月17日 20:58 (JST)
 提示された疑問は尤もです。そもそも旅行ガイドブックを紐解く場合に公共団体名から調べるでしょうか。ガイドを見るのはわからないから見るのであって、観光地が所属している市町村名など知らない場合が多いでしょう。たいていのガイドブックはある程度広域の観光圏を想定して、その中の観光地を取り上げるように作られています。そのような作り方ができないところがWikitravel の不十分な点でしょう。逆に良い点として市町村で記事が作られることで、著名ではない観光地などを紹介できるというメリットはあります。しかし、知らない市町村を検索する機会が無ければそのメリットは生かされません。観光旅行を計画する場合には、一般的には有名観光地への訪問を考えるもので、ガイドブックなども目的観光地を基準に選択されるものでしょう。Wikitravel は地理的階層に余りにもこだわりすぎて観光ガイドとしての使いやすさが犠牲にされているように感じます。都道府県の範囲を細分化した地域のページが作られていますが、あれはある程度地理鑑がある人にしか利用価値がないもので余り意味があるとは思えません。あのようなページが作れるのなら、地理鑑に疎い方にも利用しやすい旅行ガイドにするために公共団体にとらわれない観光圏を範囲とした目次ページを作ることが絶対に必要だと感じます。
 また、メインページには記事利用者のための利用紹介が必用なはずですが、現状では誰でも編集ができるということしか書かれておらず、記事が地理階層に基づいて作成されていることなど、利用する人のための利用法の解説は記載されていません。つまり、現在のWikitravel は、もともと旅に詳しい人々が趣味的に記事を投稿する場が基本となっており、旅行しようとする人に情報を判りやすく提供しようとする旅行ガイドとしての機能は二の次にされているということです。「今月の旅行先」として二つばかりの土地を紹介するよりガイドとしての利用の仕方を詳しく説明するほうが重要ではないかと思います。このあたりをもっと工夫しなければ、Wikipedea のように趣味的編集者だけでなく辞典機能の利用者にも多く使わているような場にはなりにくいのではないかと思います。
 初期の段階で記事数が少なかった頃は、とにかく編集者を増加させることが必要でメインページの記載も編集を増やすことに主眼を置いたのではないかと思います。しかし、記事数がある程度まで達した現在、読む側を誘引することを考える時期に来ていると思います。記事数3,000程度ではまだ早いのでしょうか。編集する側としても読んでくれる人が増えればもっと記述しようという気持ちにもなりやすいでしょう。--Decchi 2009年9月18日 07:07 (JST)
あえていえるとしたら、市販のガイドブックは広域の地名で分類する例が多いと思います。たとえば下関市なら「下関」という部分は下関駅~唐戸、「長府」では長府城下町、という感じです。おまけに北九州市/門司区を続きとして書いてあります。また、実際は分類しづらいですが、郊外のベッドタウンなどは大都市の続きという感じで書いてあると思います。
県の分類は多少無理があるといえる部分もあると思います。福岡県なら基本的に4つ(北九州・福岡・筑豊・筑後)で収まると思います。現在では筑豊を3分割してあるのに宗像や糸島が独立していないとか、多少無理があるような気もします。それに、奈良県では吉野町が「吉野」に入っていないのは多少問題化なぁと思います。
最近の市町村合併で、広域的な合併のため市町村とその付近が一体化しているので矛盾といえる分類になる例は少ないですが、多少悩む地域もあります。前原市志摩町二丈町が2010年1月1日に「糸島市」として合併します。もちろん統合と改名が必要なのですが、実際どの時点で記事を作るかは難しいと思います。
基本的にここに投稿する人は地元民か特定の有名観光地に行った人が殆どといえるので、登校の面では混乱は少ないと思いますが、読む側としてそれでよいのか、(私自身もですが)考えるべきでしょう。--たぬき 2009年9月19日 12:52 (JST)

管理者について[編集]

利用者‐会話:Shoestring#管理者についてから転記。

突然ですが現在の Wikitravel の管理者が少ないのではないかと感じております。登録利用者933人に対し管理者5人で0.5%となっていますが、できれば登録利用者の1%程度の管理者がいた方がよいように思います。しかし、現状では逆に Shoestring 氏とTatata 氏の2名だけしか実質的な活動をされていないのではないでしょうか。Evan 氏は別にするとして、投稿記録からしか活動状況はわかりませんがEpisteme 氏は今年1月以来投稿されておりませんし、Jpatokal 氏も最新投稿が7月で、この一年で30回程度しか投稿されていません。Shoestring 氏 Tatata 氏の2名だけでは管理しきれないのではないかと危惧しております。たとえば活発に活動されている たぬき 氏は最初の投稿から3年以上経つ経験者ですが、このような方に管理者となるよう問いかけてみてはいかがでしょう。Wikitravel:管理者の選考では Evan 氏のために英語で推薦文を書くようにとあるので英語が不自由なものからは推薦できません。ほかにも管理者から見て活発に活動されている方に積極的に問いかけをされることを望んでいます。どうかご検討下さい。--Decchi 2009年9月19日 07:46 (JST)

(以上、転記終わり)

メッセージありがとうございます。せっかくなので居酒屋の方に移してコメントします。
管理者が少ない、というご指摘はごもっともです。日本語版では私も含め管理者の全てがいわば「パートタイマー」であり、専従の管理者という人がいない中でフリークエントに活動している管理者が現在のところ2人だけ、というのはあまりにも少ないと私も常々思っていました。個人的には、現在の日本語版の規模からすれば、日本語を母語とする管理者が6~8名程度(ドイツ語版、イタリア語版、フランス語版などと同じ程度)いてもいいのではないかと思います。
ただ、ご案内の通り、いざ実際に誰を推薦するかという段になると、人選がなかなか難しいというのがこれまでの状況でした。私自身で管理者になれないか打診する際のモノサシとして、概ね、
  1. 登録から一定の期間を経ている。
  2. 継続的に活動しており、一定の投稿実績がある。
  3. 投稿回数が多いに越したことはないが、仮に毎回の投稿数は少なくても、比較的こまめに投稿してくれる(一定期間集中的に投稿して、半年とか1年音沙汰がなくなる人より、このような小まめにサイトを訪れてくれる人の方が管理者向きだと思います。もちろん投稿数だけからサイト訪問数を計れるわけではありませんが)。
  4. ウィキトラベルの一般的なルールを理解して活動しており、そこにぶれが生じない。
  5. 考え方がニュートラルで、偏向したような言動や、他の人を攻撃するような態度をとらない。
  6. これまでも削除依頼やリバート、記事名変更、リダイレクト作成、投稿ブロックの依頼など管理作業的な活動の実績がある。
などといったようなものを持っていますが、これらの条件を満たす人というのが実際のところなかなか現れません。また、仮に条件を満たして、「この人なら」という人が現れても活動を休止してしまったりといったことがこれまで結構あり、結果的にここまで来てしまったというのが実態です。
ただ、ここまで記事数や登録者が増えてくると、我々だけでの管理作業だけでは目がとどかなくなってしまうおそれもあり(事実そういう状況が時々生じていますね)、そろそろ管理者を増やすことを真剣に考えてみたいと思います(最近のウィキトラベラー諸子の活動実績も少し変わってきているようですし)。私事ですが、明日からまた1週間ほど不在にしますので、戻ったら、目ぼしい人何人かに(私からも)声をかけてみようと思います。
なお、英文で推薦を書く、というルールにはあまりこだわる必要はないと思います。現在では、Evan氏自身がサイト上での管理行為には関わっていないようだし、管理者への権限変更は、現在では私もできることになっていますから。選考に関わる人のほとんど全てが日本語を解する以上、あえて英文にしなくてもいいと思います。--Shoestring 2009年9月20日 00:18 (JST)
たぬきです。私の名前が挙がっているので読んで考えました。たしかにお二人は大変な状況と思います。私については上記の1~5には当てはまっています。6は権限のある人でないと信用が出来なくなると思って慎重なだけです。それと私はハード面がほとんどわからない状況であること、英語が殆ど理解できないこと、海外に言った経験が1回しかないこと、記事作成などで暴走しかけたこともあるので、自分で大丈夫かなぁと悩んでいます。本当ならサポートという形で修行をした後なら出来ないこともないかなぁと思っています。--たぬき 2009年9月20日 10:21 (JST)
英語に関しては気になさる必要は無いと思います。また、各言語版の管理者はsharedでも権限を取得できるのですが、無理にsharedの管理者まで引き受ける必要も無いと思います。
ところで管理者に推薦されたようですね。もし、管理者権限を取得して何に取り組みたいかとか、どのように活動して行きたいかなど、考えていらっしゃることがあれば教えて頂けないでしょうか? 投票の参考にさせて頂きたいと思います。 -- Tatata 2009年9月22日 20:00 (JST)
いくつか述べさせてもらいます。まず管理者の推薦基準ですが、私にはShoestringさんが上に書かれたように簡潔にまとめることはできませんけど、今思い返してみると私が誰かを推薦しようかなと思った時に検討した点と同じでした。なので、全面的に同意できるものであり、とても参考になります。
それぞれについての私の意見ですが、1から3の中で重視するのは3のサイトを訪れる頻度です。さすがに1日1回以上というのは自分でも無理なので、それを他の人に求めることはしませんが、できれば週に何回かはパトロールを行える人だと助かります。そして期間が長い、短いとか、回数が多い、少ないとかいうのはほとんど気にしていません。それよりも内容や傾向から4と5について検討します。但し、アカウントを登録して間もない人はウィキトラベルのことをまだ良く理解していないことが普通ですし、暫くは活動内容を見ないとその人を評価することができません。もし仮に候補者が他のMediawikiプロジェクトで管理者の経験がある人であったとしても、やはりウィキトラベルのことを理解しておいてもらう必要があるので、余程の緊急事態でも無い限り暫く活動内容を見ると思います。4についてはルールを全て知っている必要はもちろん無いのですが、人に尋ねることを含めて自分から知ろうとする姿勢が見られる、人を真似ることを含めて従う姿勢がある、ルールが無い又は問題がある場合に適切なやり方で自分から解決に取り組む努力をしているなどの点が有ると良いですね。5についてはこれまでのコミュニティとの接し方がどのようであったのかを判断させてもらうのですが、これらの他に普段の様子や傾向から、方針などの文書や議論の相手の言葉をよく読まずに早合点して的外れなことを言っていないか、脊髄反射的な受け答えをしていないか、議論の展開に合わせて柔軟に軌道修正できるかなどといった点から、候補者の冷静さや素直さを感じられると良いですね。6については評価のポイントとして重視しますが、それはウィキトラベルへ貢献或いは管理者へのサポートに対する感謝とかではなく、プロジェクトに対する理解度を判断する材料になると思うからです。
次に管理者の数ですが、確かに現在は少ないですね。実は私にも管理者に推薦しようかなと数ヶ月前から思っている人が何人かいるのですが、最近の活動間隔が長くなってしまっていたり記事以外での活動が無かったりで、結局推薦できずにいます。そして最近では他に推薦できそうな人が現れないかなと思って居酒屋の掃除を思い止まったり、spamやおかしな書き込みがあっても直ぐに対処せずに様子を見たりすることもありましたが、この話題が出て来たこともありますし、暫くはそういうことをするのは止めておこうと思います。実際のところ、本当に管理者権限が必要な緊急事態は年に何回か程度じゃないかとも思えるので、それ程逼迫した状況ではないと思いますし、管理者が増える迄の間は他言語版の管理者からバックアップを得られるようにしておくということも考えられます。いずれにせよ、管理者権限はBarnstarではないので、推薦しようとする人が本当に管理者に向いているかどうかをよく考え、本人の意向も確認した上で慎重に行っていきたいと思います。
ひょっとしたら勘違いをされている人もいるかも知れないので書いておきますが、一般の利用者と管理者を比較した場合に管理者だけができることは少なく、できることにそれ程違いはありません。強いて挙げるとすれば管理者の選考やスクリプト登録依頼などで管理者の賛成が必要とされていたり、裁量で管理者権限を使ったりもすることもできますが、ウィキトラベル全体での活動から見れば些細なことです。また、コミュニティをリードしている人が管理者になる場合もありますし、そうではなかったとしても日常的な管理者の作業の様子からコミュニティ・リーダーのように見えてしまうこともあるかも知れません。しかしウィキトラベルでは管理者だからといってコミュニティ・リーダーとして皆から認められる訳ではありませんし、揉め事が起こったときに仲裁に入るかも知れませんが、管理者だから偉いとかいうこともないので管理者裁定みたいなものも無かったと思います。普通に自分の考えを説明して話し合うだけです。英語版では管理者を説明するのにplumber(配管工)とかjanitor(門番)という言葉が使われており、管理者権限を使って行う作業はjanitorial workと言うみたいですが、実際のところ言葉は悪いかも知れませんが雑用係みたいなものです。結局のところ何を言いたいのかというと、要は管理者が行っていることの多くは管理者権限が無くてもできるということです。つまり管理者ではなくても多くの管理作業ができるということです。なので、自分は管理者じゃないから管理的なことを言ったりやったりしてはいけないんじゃないかと思わないで頂きたいのです。 -- Tatata 2009年9月22日 20:00 (JST)
私がwikitravelをチェックできる頻度は最低週3回以上です。パトロールについてはそれなりに大丈夫な頻度と考えます。4・5については、明らかな荒らしがへそを曲げたことや特定の主義に染まった人が殆どいない(パレスチナ北朝鮮が荒れたことは殆どないといえましょう)こともありますし、私自身も主義を押し付けることは全くないつもりです。明らかな2ちゃんねらーや特定の主義を押し付ける集団が大挙して押し寄せたことも殆どないでしょう。ちょっと前に「社団法人~」というアカウントの人がいましたが、これが組織名で行動しているのか、組織の一員と行動しているのか、単に組織のパロディーなのかは追及していませんね。
仮に今wikitravelに求めるとしたら、分かりやすさ-たとえば管理者がどのような立場かを明記したところにたどり着くまで時間がかかったとか、新規項目が出来てもテンプレートが昔のままで手直しの手順を必要とするとかでしょう。方針を殆ど理解しない人はごく初期者-テンプレートや階層や「どこに入れるか」を殆ど知らないままこの世界に入った人-だけでしょう。WTそのものはWPと違って管理者(とその取り巻き)が権力的でないことです。WPでは一部管理者の権力的行動が外部サイトで非難されて久しいです。WTでは管理者も常連も権力を求めないという暗黙の了解が存在すると考えますし、仮に私が要職についても権力的な行動はしないと宣言します。
いま重要といえるのは明らかな荒らしへの毅然とした対応(誠意を持てば落ち着くという「実質的性善説」的なところがある)、明らかな勘違いに対して権力的でなく冷静にルールを教えるか黙って文章のスタイルを変える、分かりづらいところや曖昧なところもあるスタイルマニュアルや暗黙のルールについて文章をきちんと整備することでしょうか。
私はWT内で議論が起こっても、今までへそを曲げるような行動をした覚えはないです。実際、運用面で不都合が生じた「鶴橋駅周辺」にしても、喧嘩のようにはならなかったと思います。もちろん脊髄反射のような行動は常に慎んでいたつもりですし、どのような相手でも常に誠意と敬意を持っていたつもりです。そのためいわゆる対立を起こすこともありませんでしたし、WTそのものが対立を生み出しにくい世界であるとは思っています。

私が管理者候補になることを受け入れたのも、管理者に権力的な部分が殆どないことを認識しているからです。他のユーザーさんでも、「木更津乃風」さん、「ホテル」さん、「Decchi」さん、「Volfgang」さんなど(特定の人だけ挙げました。他の方にはすみません。)自分の得意分野とスタンスがはっきりしていて、混乱や迷惑行為を起こさないことや、疑問にぶつかっていくスタンスの強い方がたくさんいらっしゃいます。最終的には「みんなでひとつの理想形を求める」ことはどなたも感じていると思います。もちろん管理者さんも私も同じでしょう。迷惑行為に毅然と立ち向かうことへエネルギーを注ぐのがWTが求める管理者と考えています。--たぬき 2009年9月23日 15:54 (JST)

せっかくの所信表明に水を差す(笑)やもしれませんが、ちょうどいい機会なので一言。お願い事として、記事を良くする事だけに邁進せず一歩引いて見回して、他の人の投稿についても褒めてあげるようにしてくださいね。「Wikitravel:今月の旅行先の選考」に推薦・賛同・意見提示するのもそうですけど、意外と活動としてさびしいなと思うのが「メインページ/parts/guides」。(差し当たり、最近更新したページを見て)「この記事の活動頻度、すごいな…」と感じたらメインページにて紹介するというもの(でいいんですよね?)ですが、こちらの更新頻度はさほど多くは無いように思えます。WTに参加する最初の理由って「おらが町の記事がさびしい」とか「自分のお気に入りのスポットの扱いがショボイ」というものではないでしょうか?で、根詰めて執筆活動に入るかと思いますが、その結果、メインページの中で紹介されると嬉しくなるのではないかと思います。別に管理者だからやらなきゃならないという事ではないですが、一つ念頭に置いていただければと思います。--木更津乃風 2009年9月24日 19:18 (JST)
もちろん、↑のような部分にも目を通すようにするのは大切ですね。ただ、こういう部分は意外と見落とす人が多い可能性があるので、うまく目立たせる必要はあると思います。もちろん責任者(≠管理者)だけでなく皆様方がうまく誘導することでシステムの充実になると思います。執筆者中心でなく読者のことも考えるべきとの指摘もありました。どうしても自分中心になりがちなので、皆様方も情報のほか疑問や意見もどんどん公にするようしたいですね。ご指摘ありがとうございました。--たぬき 2009年9月24日 19:36 (JST)

極めて感覚的な物言いではなはだ恐縮ですが、個人的にはWTというのは、つまるところ、東南アジアとかによくありがちな、全ての人間がユルい関係でつながった食堂兼休憩所兼宿屋みたいなものかなぁ、と考えています。中に入らずに休憩所をチラチラとのぞいているだけの人もいれば、とりあえずお茶や食事だけをしてみる人、ちょっと気に入ったので泊まってみる人、居心地がいいので長逗留をするひと、そのうち何となく宿屋の手伝いをしてみる人などいろいろな人がいて、それらの人々と宿屋との関わりも、またそれらの人同士の関わりもとてもユルいものです。

一時期結構熱心にお手伝いをしてくれた人や宿の運営にいろいろコメントしてくれた人がある日何となくいなくなってもそれほど気にもかけませんし、また、その人がある日ひょっこり戻ってきても、それがごくごく当たり前のことなので特に騒ぐようなこともしません(何せみなさん一人ひとりがいろいろな意味で「旅人」ですから。「あ、お帰りなさい」くらいの声かけはするかもしれませんが)。

そんな場所で、それぞれが持ち寄った情報やノウハウを交換するのを活動の基本にしているのがWTというわけですから、およそ権力などというものとは無関係です。もちろん、そのような場を荒しに来た連中に対しては、白血球みたいに(笑)毅然とした態度で臨みますが。

管理者といっても、結局は居心地がいいので何となく住み着いて、宿の手伝いを始めたヘルパーみたいなものでしょう。「管理者権限」なるものを与えられはしますが、これとて所詮は掃除道具のようなもので、それを持ったからといって手際よく掃除ができるようになりこそすれ、他のウィキトラベラーに対する優位性みたいなものは生じないと考えています。--Shoestring 2009年9月28日 23:12 (JST)

外部リンクのルール変更について[編集]

Wikitravel:外部リンクを少し手直ししようと思います。詳細についてはWikitravel‐ノート:外部リンク#どこへリンクを張るかをご覧下さい。賛否やその他の御意見はリンク先のノートページの方へお願いします。1週間程お待ちして反対意見が無ければ変更しようと思いますので、宜しくお願いします。 -- Tatata 2009年9月21日 15:55 (JST)

変更作業が終了しました。今回の変更により、外部リンクを張るべきではない2次情報の例に「画像や動画の投稿サイト(Flickr、Webshots、YouTubeなど)」と「他の旅行ガイド(音声ガイド、オーディオツアー、バーチャルツアー、ウェブカメラなども含む)」が追加されました。 -- Tatata 2009年10月11日 19:18 (JST)

リダイレクトの基準について[編集]

 昨日東莱温泉‎国際通り黒川温泉金沢区蔵王長久手がリダイレクトにされましたが、 これらをリダイレクトページとすることには以下のような問題があります。

 たとえば、「国際通り」のようなひとつの見所に過ぎないものをリダイレクトにすることは、無数の見所について市町村ページへのリダイレクトが作られてしまうことにつながります。また「長久手」のように市町村をはずした呼び方が広く使われる土地も他に多くあり、それらをすべて市町村のページへリダイレクトにしなくてはならなくなります。「金沢区」のような行政区については共通したページ名の基準があります。中央区・北区などは複数ありリダイレクトページが作れないことから特定の区のみリダイレクトページを作るべきではないと思います。

 次に「東莱温泉」・「蔵王」についてはリダイレクトされたページにこれらの観光地の記載がありません。リダイレクトにするからには、送られた先に記事があることが前提ではないでしょうか。送られたページに充分な記事があることを確認するか、自ら記事を書いてからリダイレクトにするべきだと思います。さらに蔵王には宮城蔵王もありますので山形市だけに誘導することはいかがなものでしょうか。

 「黒川温泉」については独立した記事を作成することについて執筆依頼が出ています。リダイレクトにしてしまうと独立して発展する可能性がなくなってしまう恐れがあります。

 リダイレクトページを作る場合には一定の基準が必用ではないかと思うのですが、皆様のご意見をお聞かせ下さい。--Decchi 2009年9月23日 07:16 (JST)

あまりきちんとした意見は言えませんが、金沢区は横浜市/金沢区になっています。これは横浜市の地域として当然といえます。政令指定都市はこのように表記するのが慣例となっているといえます。「蔵王」のように県をはさんで意味の異なる観光地は独立した記事にすべきです。尾瀬が記事に出来なくなってしまいます。「黒川温泉」は九州ではかなり有名な温泉地で、観光客も多いので独立が妥当と考えています。南小国町という地名より有名ではないでしょうか?--たぬき 2009年9月23日 18:15 (JST)
ちょっと別の問題ですが通称「国際通り」という道路は那覇市だけではないと思います。それと「国際通り」がなぜ赤リンクだったのかは不思議ですが、那覇市の記事では収まらないくらい大きな記事が出来ると思われたのでしょうか?私も沖縄にいったときに国際通りを歩きましたが、沖縄随一の繁華街であること、観光客が必ずといっていいほど通ることは分かりますが、このままでいくと繁華街というだけで「○○通り」という記事が山ほどできてしまいます。--たぬき 2009年9月23日 21:06 (JST)

コミュニティ・ポータルでのお知らせを始めました[編集]

コミュニティ・ポータル(Wikitravel:プロジェクト)をどれくらいの人達が見ているか分かりませんが(と言うよりほとんどの方が見ていないような気もしますが)、せっかく有る物なので、このページを編集者の皆さんへのお知らせ(告知)にも使用してみようと思います。

お知らせが表示されるのは、「現在進行中の作業」の枠内に有る背景が白地のボックスです。編集する場合は、ボックスの右上外側にある +/- のリンクをクリックしてサブページを呼び出して下さい。

このサブページは各ページ右上に表示されるサイト全体への告知と異なり、現時点ではどなたでも編集できるようになっています。また、頻繁に更新してもサイト全体への告知のような大きなシステム負荷は有りません。サブページ及びサブページ内のコメントに書かれた注意書きに気を付けて使ってみて下さい。もし編集してもコミュニティ・ポータルが更新されないなどの問題が有りましたら、お知らせ下さい。 -- Tatata 2009年9月24日 01:43 (JST)

「宿泊場所の種類と活用」にて[編集]

宿泊場所の種類と活用の記事にて、1.編集の方法について2.宿泊を想定しない旅行(野宿等)の取り扱いについて、意見を募っています。ノート:宿泊場所の種類と活用を参照の上、皆様の見解をお願いします。--木更津乃風 2009年9月30日 20:28 (JST)

  • 「ノート」と「居酒屋」の両方に問題提起がされているのでどちらで意見を述べるかに迷います。これまでにノートの方で議論が進んでいるので、そちらに意見を集約していただいたほうがよろしいのではないでしょうか。--Decchi 2009年10月1日 07:26 (JST)
    • 文章足らずでした。こちらはアナウンスのつもりです。議論は該当ノートページにて進めていますので、ノートの方にご意見をお願いします。--木更津乃風 2009年10月3日 01:55 (JST)

旅人の居酒屋の過去ログに戻る