何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

Wikitravel:旅人の居酒屋の過去ログ/2007年6月

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索

ウェルカムメッセージの送付[編集]

新規アカウント作成があった場合、原則として新規アカウントの取得者全てにウェルカムメッセージを書いていますが、個人的な観点から、次のような場合にはウェルカムメッセージの記入を控えています。

  1. 荒らし行為のためわざわざアカウントを取得した人 (ウェルカムな人ではないため)
  2. 自分の経営するホテルの紹介など、営業活動のためのアカウントを取得している場合 (それ以外の記事を書いてもらえる見込みが少ないし、売り込み自体がそもそもウェルカムな行為ではないため。ただし、そのような売り込み以外にその土地のことを広く紹介してくれるなど、ウィキトラベルの発展に貢献してくれている場合はメッセージを送付しています)
  3. 既にアカウントを取得している人が、何らかの理由で別のアカウントを取得したことが明らかな場合(メッセージの重複を避けるため)

これらについては全く個人的な見解ですので、メッセージを送ったほうがいいと思う人がいればこれらの人に対しても各自の判断でメッセージを送ってください。また、ウェルカムメッセージの送付自体私の専売特許でも何でもないので、新規アカウント取得に気づかれたかたがもしおられたら、その時点でどんどん記入していただいて結構です (私が作った定型的なものでなく、各自が考えていただいたメッセージでも、もちろんOK) 。--Shoestring 2007年6月10日 09:33 (JST)

誰でも行える管理作業の先頭に載っている事もあり、Shoestringさんが旅行中の時など以前から気になってはいたのですが、ついついそのままにしてしまい申し訳ありません。1.~3.のケースについて適切に判断できる自信が無いのですが、誰でも行える管理作業としての観点から赤リンクのままのノートがあまり増えないようにしたほうが良いと思い、1.のケースについてはスペースを入力して保存、2.のケースについては一般の利用者とは別のメッセージを書いてみました。 -- Tatata 2007年6月13日 17:31 (JST)
今まで日本語版では自分のユーザーページの一部分に作成したメッセージをコピー&ペーストしていましたが、最近はそのページを一々開く手間を省くためにメッセージだけを独立したサブページへ移してsubstで呼び出しています。SharedのようにメッセージをTemplate:名前空間に置いて{{subst:Welcome}}や{{subst:Intro}}で呼び出すようにすれば、他の人たちもやり易くなるのではないかと思います。テンプレート化して、誰でも行える管理作業内の「新規ユーザーを歓迎してください。」からテンプレートの使い方にリンクを張るようにしませんか? -- Tatata 2007年11月21日 13:57 (JST)
私自身はウェルカムメッセージのテンプレート化について特に異存はありません。ただし、テンプレートを使うのも使わないのも個人の自由、ということにしませんか?もともとメッセージは個人的に送るものでしょうし、そこにどのような思いを込めるのもこれまた個人の自由でしょうから (あまりウィキトラベルのポリシーに反することを書かれてもそれはそれで問題でしょうけれども) 。--Shoestring 2007年11月25日 23:41 (JST)
テンプレート化の意図は手軽に定型文を利用できるようにすることで多くの人が誰でも行える管理作業に参加できるようになるのではないかと思うからで、テンプレートの使用を強制するつもりは毛頭ありません。Sharedと同じようにボックスタイプとテキストタイプを用意し、好みの方を利用できるようにしたいと思います。私が普段使用しているものをボックスタイプとしてTemplate:Introに提供しますが、テキストタイプとして私がShoestringさんから頂いたものをTemplate:Welcomeに入れて宜しいでしょうか? -- Tatata 2007年12月4日 15:28 (JST)
ええ、どうぞ。文案もまた適宜編集していただければと思います。ところで先週末からもう12月だったのですね…。そんな調子なもんですから、メインページの更新をすっかり失念しておりました (笑) 。作業していただいてありがとうございます。--Shoestring 2007年12月4日 22:12 (JST)
上記2つのテンプレートを作成しました。使い方(書式)はそれぞれのテンプレートのノートページをご覧下さい。 -- Tatata 2007年12月5日 18:16 (JST)

旅人の居酒屋の過去ログに戻る