何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

Wikitravel:旅人の居酒屋の過去ログ/2007年10月

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索

店舗情報の掲載基準[編集]

先ほど神戸市/東灘区に、紅茶店を1店舗「飲む」として投稿しました。 Wikitravel:どこに入れるかには、コーヒーショップの例があり、喫茶店レベルも想定されていると思われるのですがただ雑多に並べてしまうとタウンページか何かになってしまいます。 私は、この店を『日本紅茶協会が定期的に全店調査を行っている全国167店舗のうちの1つ』として、取り上げましたが……正直、この認定がどれだけの有意義なのかとか。あるいは、そもそも旅行者に必要な情報なのかとか(確かに、私は紅茶店めぐりが好きなので私にとっては必要ですが)。不安が沢山あります。(具体的には、目標でない事の7に、強く不安を抱いています)。みなさんは、この事に、どう考えでしょうか。--秋月智絵沙(Chiether) 2007年10月1日 01:41 (JST)

私はその記事に関しては全く問題無いと思いますし、今のところウィキトラベル日本語版の場合は情報量の少ない記事が多いので、あまり気になさらなくてもいいのではないでしょうか。具体的な「店舗情報の掲載基準」も無かったと思いますので、ご自分を含めて旅行者の役に立つかどうかという点だけで判断して良いと思います。自分が実際に訪れた場所やお店について、紹介したい或いは他の旅行者の役に立つと思われるのであれば、是非情報をご提供ください。また、ウィキトラベルに貢献する方法の囲み記事『「アームチェア・トラベラー」のススメ』にもあるように実際に自分が訪れたことの無い場所でも構わないようです。私自身のことを言えば、次回の旅行で食べてみたいと思っているものや自分が住んでいる町の泊まったことも無いホテルのことを調べて書き込んだりしています。(日本紅茶協会の認定のことは分かりませんが、調べごとに何かを利用するという点では同じことだと思います。)目標でない事の7に関しては、観る・遊ぶ・食べる・飲む・泊まるの各節にリストされた項目についてバランスが取れた記事になるよう心掛ければ良い様に思います。記事が成長した結果として記事内のある一地区の情報が集中するような偏りが出て来たら、場合によっては記事の分割による対応も考えられます。
因みに、私が個人的に気を付けた方が良いと思っていることとしては、その町に存在するという理由だけで片っ端から記事に載せないこと(コミュニティ・ポータル内の要注意の記事にリストされた近畿地方のある記事のように旅行ガイドの範囲を超えてしまう)、旅行者の注意を喚起する必要がある場合や他の選択肢が無い場合を除いて行くに値しない場所をわざわざ載せないことです。 -- Tatata 2007年10月1日 13:56 (JST)
店の掲載にあたって特に客観的な基準はありません。旅先で入ってみたらよかった、他の人に薦められる店を掲載していただければ結構です。wikitravel:ページの編集は大胆になどでも述べられているかと思いますが、ウィキトラベルでは、自分では掲載するほどのことではないと思える店の情報を削除することも含めて自由な編集行為が参加者各自に認められています。このような基本方針の下で、長期的に使えない情報は次第に淘汰されていくと思いますので、とりあえずは自分の尺度に従った形で店の選定・掲載を行っていただいて結構です。--Shoestring 2007年10月1日 21:39 (JST)

「暮らす」「連絡する」などの項目に対応したテンプレート[編集]

「暮らす」「連絡する」などの項目については、当初テンプレートの使用を想定していなかったのですが、例えばベイルート成田市のように、美容院やインターネットカフェなどを記述する際に既存の"asobu" "taberu" などのテンプレートを代用する例が出てきています。

テンプレートのカラーバーが増え過ぎるのも考えものですが、ただ実際需要があるなら、あと3種類くらい (「暮らす」「連絡する」「学ぶ」あたりを想定) 増やしてもいいようにも思いますが、どうでしょうか (代用を認めるのでもいいのですが、その場合はどのテンプレートで代用するかルール化しておかないと、同じ項目で色の統一が図れなくなります) ?それとも例えばあと一つ「暮らす」「連絡する」など複数の項目に使用できる汎用版のテンプレートを導入するような方向の方がいいと思いますか?--Shoestring 2007年10月10日 05:51 (JST)

提供する情報の種類やその表示順序を定型化するためにテンプレートを利用することには賛成します。しかし、カラーバーの付いた表形式のものは情報が少なくても数行分のスペースが必要になりますし、(私が勝手に思っているだけかも知れませんが)旅行ガイドの主要な情報と思われる既存のカラーバー付きのものが目立たなくなるような気もするので個人的には賛成できません。
テンプレート作成に関しては、既存のもの以外は英語版で使用しているタグ (<eat>, <drink>, <see>, <do>, <sleep>, <buy>, <listing>) のように汎用のものを一つ用意するだけでも良いような気もしますが、先日紹介させて頂いたようにIB社の開発チームによる機能拡張のようなことが将来実施される可能性もありますので、今から種類別(使用する節別)に分けておいた方が良いと思います。汎用のものを一つ用意して各節用のテンプレートから呼び出すようにすれば、メンテナンス時の手間を減らせますし、必要になった時点で呼び出しを止めて独自のものに変更することもできます。
もしカラーバー化するなら、記事全体の見栄えや色と節の紐付けを考えて、各節毎に違う色を使用して頂きたいと思います。また、(私もテンプレートの代用をしたことがありますけど、)テンプレート化を見合わせることになった場合は、見栄えや色と節の紐付けを曖昧にさせない為にテンプレートの代用は止め、Template:Ugokuの時のように単純にテンプレートを外す対応をとることにして頂きたいと思います。
ちょっと関係ないかも知れませんけど、公園のテンプレートを使った記事で基本フォーマットではないカラーバー付きテンプレートを使用するのも当初想定していなかったことではないかと思います。これについてはそのままで良いのでしょうか? ガイドを直してしまえば良いのかも知れませんが、町のテンプレートを使って行政区分による記事を作成した場合にそれが対象とする地理的な空間が公園のテンプレートの記事と重複するケースが出てくるはずなので、公園のテンプレートの記事では基本フォーマットを使用してシンプルな箇条書きで公園にフォーカスしたまとめ方にして、町のテンプレートの記事ではカラーバー付きテンプレートを使用して個別の詳細情報を書くということにしても良いようにも思えます(実質的には今のガイド通り)。 -- Tatata 2007年10月13日 19:58 (JST)

この件はどうなるのでしょうかね。テンプレートの代用は止めて、Template:Ugokuの時のように単純にテンプレートを外すということで良いのでしょうか?

ところで、カラーバー付きのテンプレートを作成するかどうかは別として、リスト項目の定型化のためにカラーバーの無い(表形式ではない)テンプレートを作成し、レンタサイクルのリストの情報を各旅行先ガイドの「動く」節へ移動する際に使用したいと考えています。また、作成に当たっては英語版で使用しているタグを参考に汎用的な項目のテンプレートを作った上で、可能であれば各節用の名前を付けたテンプレートの中から呼び出せるようにしたいと考えています。このようなテンプレートの作成及び使用について、何か問題はありますでしょうか? 暫く待ってご意見等が無ければ、とりあえず汎用的なもの1つと「動く」節での呼び出し用1つの合計2つだけ作ろうと思います。 -- Tatata 2007年11月5日 20:23 (JST)

すみません。ちょっと議論を寝かしてしまいました。ベイルートの記事などを見ていただくとわかると思いますが、無理にカラーバーのテンプレートにあてはめているというより、むしろ情報がそれでうまく整理されているように見えますので、あえてテンプレートを外す必要はないのではと個人的には思います。ベイルートにしろ、成田市にしろ、要はその項目に上げるべき店の情報であり、所在地、営業時間、料金等、本質的には「遊ぶ」「買う」などと特に変わらないわけで、たまたまあてはまるテンプレートがなかったからそれに近いもので代用した、ということではないかと思います。であるとすれば、従来から使用しているテンプレートの色違いを作って使えばそれで済むのではないかと思いますが (技術的にいろいろと改良されているものを代用するので手っ取り早いし) 。使ってみて後で色を変えたほうがいいと思えばその時点で項目ごとに分岐させることも可能なので、とりあえずテンプレート"Sonota"とかで動いてみる、というのも手かな、と思います。なお、タグ形式のものについては、いろいろなタイプのものが混在するとかえって混乱を招くので、個人的には導入は反対です (もっとも英語のそれが日本語版でも動くみたいで、すでにドイツ関連のいずれか記事の「泊まる」の項目だったかに使われていたように記憶していますが) 。--Shoestring 2007年11月5日 23:34 (JST)
念のため確認ですが、「タグ形式」とは「表形式ではないテンプレート」のことを指していますよね。日本語版にもリスティングタグは導入されているので、「動く」節にはその中の<listing>を使用するということでもいいですが、もしかしたら問題があるかも知れません。一つは前に日本語版で少し弄った時に動きが変だったような記憶があること(行頭を半角スペースにした時や<pre>で囲った時に現れる枠が表示された)、もう一つは終了タグできちんと閉じないとそのページの節単位編集のリンクがおかしくなるので注意が必要なことです。テンプレートの方が扱い易そうですが、とりあえずリスティングタグを使ってみます。(リスティングタグを使い始めたら、それを使用している記事を後から探すのはテンプレートよりも大変、というより非常に困難ではないかと思います。たぶん、記事を編集モードにしないと探せないのではないでしょうか。)
カラーバー付きテンプレートに関しての私の意見は上に書いたとおりで今のところ変わっていません。賛成していませんが、反対もしていないので先へ進めて頂いて構いません。ただ、後で項目ごとに分岐させるには、今から節毎にテンプレートを用意しておいたほうが楽なのではないかと思います。-- Tatata 2007年11月6日 01:29 (JST)
リスティングタグのうち<listing>を少し弄ってみて分かったことをお知らせします。
1. 普通の使い方をしていれば枠は表示されませんでした。
2. 終了タグ (</listing>) で閉じない時は、閉じられていないタグがある節の次の節の節編集リンクがそのページの最初の節 (section=1) を指す、料金とその補足情報(price=""とpriceextra=""に設定した値)が枠で囲まれるなどの問題が起こるようです。(他にも細かい影響があります。)
3. 表示に使用される記号類が日本語版のスタイルマニュアルや日本語文で使用する通常の記号類と合わない点がある。(電話の絵、半角の丸括弧・角括弧・コロン・カンマ・ピリオド、一部の項目が斜体で表示されるなど)
個人的には、リスト項目のテンプレートをタグへ全面的に切り替えることになるか、又は、現在のテンプレートに影響を与えない形で内部に組み込めるようタグが改良され無い限り、<listing>タグのみを単独で利用するよりも表形式ではないテンプレートを追加する方が多くの人に扱い易く、かつ、タイプの異なるものの混在による混乱が少ないように思えます。なので、一応、実際に<listing>タグを使用するのは来週からにします。 -- Tatata 2007年11月7日 12:52 (JST)

話が進まないようなので、上記のような問題のある<listing>タグの使用は見合わせ、表形式ではないテンプレートを追加する方向で作業を始めようと思います。 -- Tatata 2007年12月13日 16:03 (JST)

急ぐ話ではない (「連絡する」や「暮らす」へのテンプレートの転用事例が急に増えているわけでもない) ので、とりあえず既存のテンプレートをワードにコピペして研究してみようと思っているうちに随分時間が経ってしまいました。画像も含め現在書き込まれている情報を殺さない形であることと、既存のテンプレートの書式と大きくかけ離れた様式でなければ特に反対する理由もないので、作業を進めていただいて結構です。--Shoestring 2007年12月13日 22:15 (JST)
それでは表形式ではないテンプレートの方は作業に入ることにします。テンプレートの名前は当初Template:Listingにしようと考えていましたが、<listing>タグと紛らわしいのでTemplate:Itemにしようと思います。
表形式の方はShoestringさんが作成されますか? ちょうど既存のテンプレートを変更したい(「緯度経度情報の件を任意指定のオプション項目として組み込む」・「画像下にできてしまう空白スペースが無駄なので文字を回り込ませる」)と思っていたところなので、私が作成しても構いませんけど。但し私は色を選ぶのが苦手なので、背景色の指定無し(又は背景色に白を指定)で「暮らす」「連絡する」「学ぶ」の各節毎に作っておいて、後ほど色を決めてもらってから修正をかけることになります。 -- Tatata 2007年12月14日 15:18 (JST)
正直申し上げて技術面は暗いので、作成いただけるならありがたいです。ただ、Tatataさんが作られた表形式ではないものとの使い分けはどうしましょうか (ほとんど使い方が同じなら、あえて表形式のものを作らなくても片方だけで足りてしまうような気もしますが) ?--Shoestring 2007年12月17日 23:36 (JST)
テンプレートの使い分けとしては、原則として(専用の)テンプレートの有る節ではそれらを使用し、{{Item}}は(専用の)テンプレートの無い節で使用するということでどうでしょうか。「暮らす」「連絡する」「学ぶ」の各節用テンプレートを追加したとしても、「分かる」での案内所、「着く」「動く」での交通機関・ツアーを主催する現地旅行社・レンタサイクル店、「出かける」での観光スポットなどのリスティングに{{Item}}を使用できると思います。カラーバーの有無や表形式かどうかという見た目がそれほど重視されないのであれば、スペースを取らない表形式でないものだけでも良いのかも知れませんけど。先に既存テンプレートを弄ることにして、追加するかどうかついては他の方の意見をもう少し待った方が良いでしょうか? (現時点でShoestringさんが追加に賛成であれば、待つ必要は無いと思います。) -- Tatata 2007年12月18日 02:43 (JST)
(補足) お作りいただいたテンプレートItemですが、ひょっとして「代替名称」か「説明」が必須項目になっていますか?試しにタンザニア#連絡するで大使館情報を入れるのに使ってみたのですが、「代替名称」か「説明」を省略すると、「所在」の前に{{2}}という項目が表示されるようです。--Shoestring 2007年12月17日 23:53 (JST)
すみません。「説明」の分のパイプ "|"が無いケースに対応していませんでしたので修正を行いました。ご指摘、ありがとうございます。 -- Tatata 2007年12月18日 03:04 (JST)

早速修正していただいてありがとうございます。テンプレートの使い分けですが、たしかに (大使館情報のように) 説明や料金などの説明の必要がないものについて表形式でないものを使用する、みたいな整理でいいかもしれませんね。修正のタイミングですが、これまでこの項目での議論に他の人があまり加わってきていないことを勘案して、それほど時間を置かなくてもいいと思います (作ってみて、実際使われるかどうかで淘汰されていく、ということでしょうか) 。--Shoestring 2007年12月18日 05:41 (JST)

では、とりあえず、表形式のものはTemplate:Miruの項目をベースにTemplate:KurasuTemplate:RenrakuTemplate:Manabuをカラーバー部分の色指定無しで作ってみましょうか。Template:Miru2に相当するものについては表形式でないものにすることにして、(上手く動くのかやってみないと分かりませんけど)Template:Kurasu2Template:Renraku2Template:Manabu2から{{Item}}へのリダイレクトにしようかと思います。{{Item}}をそのまま使っても良いのですが、リダイレクトで済むのであれば作っておいても良いような気がするので... 混乱しちゃいますかね? -- Tatata 2007年12月18日 13:28 (JST)
3つのテンプレート(現時点ではカラーバーに無色を指定)と3つのリダイレクト(Xxxxx2→{{Item}})を作成しました。Wikitravel:テンプレート集には追加しておきましたが、主要な観光関連情報ではないことと、実際にテンプレートの流用を行っている記事もそれほど見つけられなかったので、Wikitravel:観光スポットを追加するのようなガイドは作成していません。もし今後、これらの情報の記入が増えてガイドを作成するということになったら、個別ではなく1ページにまとめたもので良いような気がします。
それから、カラーバーが無色だとテンプレートの前後にある文章やテンプレートを2つ以上続けた場合の区切りが分かりづらいので、色が決まらないようであれば現在太字になっている所在料金を点線で囲って所在料金にし、太字の名称を目立たせるようにします。その際には、全体の統一感を損なわないようにTemplate:Miru・Template:Miru2などにも同様な変更を行います。
ところで、今回の作業を行って思ったのですが、各テンプレートで固有の情報(カラーバーの色指定)と共通の情報(レイアウト)を分離して固有の方から共通の方を呼び出す形にすれば、修正作業の対象を減らすことができます。そこでjikan=の表示についてですが、Miruの開場時間[1]とそれ以外のものの営業時間を今回作成したItem・Manabu・Renraku・Kurasuと同じ時間にしようと思います。また、Tomaruにはチェックイン・チェックアウトの時間を表示できるようにjikan=を追加しようと思います。特に不都合は無いと思いますが、大丈夫ですよね?
最後に、上に書いた「画像下にできてしまう空白スペースが無駄なので文字を回り込ませる」を試してみましたが、カラーバーと画像の間の隙間が大きくなったり、印刷バージョンで画像の周囲に余白ができてしまい、今のところ現行の設計が一番きれいに見えるので諦めました。文字を回り込ませて無駄なスペースを無くした方が良いと思われる方が私以外にもいらっしゃるようであれば、今回は試さなかった方法(画像の位置をカラーバーの横からカラーバーの下に変更)をやってみますのでお知らせください。 -- Tatata 2007年12月21日 15:53 (JST)
wikipedia:en:List of colorsを参考に、作っていただいたテンプレートのカラーバーの部分に色を入れた場合の全体イメージを落書き壁に作ってみました。全体のバランスを考えると今回のテンプレートのカラーバーだけあまりはっきりした色にもできないので、あまり選択の幅がないような気もしますが、とりあえずどんな感じでしょうか?
ところでテンプレートを共通の情報と固有の情報に分けて作りこむのは今でも行われていませんでしたっけ ("miru"を"mirubase"に固有情報を付加して作るといったように) ?それはともかく、「時間」の記述の統一については個人的には問題ないと思います。似たものに、「料金」と「予算」という項目がありますが…、これは仕方ないか。--Shoestring 2007年12月22日 19:10 (JST)
こんなリストがあったんですか... 便利ですね。今後、使わせてもらいます。落書き壁を拝見しましたが、全て微妙な色合いと言うか強くない色で揃えられていて良い感じですね(私にはこのように選ぶことができません...)。別の方の提案が出なければ、これで行きましょう。
Mirubaseの存在は知りませんでした。いくつかのテンプレートの履歴を見たところ、2005年11月にMiru2が追加された時から使い始めて2006年4月に使われなくなったようです。Mirubaseのリンク元を見ると現在は全く使用されていないのでこれを再利用させてもらい、Miru2系についてはMirubase2を追加することにします。「料金」と「予算」は変数名がryokinとyosanになっているので、今回追加したものはTaberuを流用したものへの対応としてyosanが有るときには「予算」を表示し、yosanが無いときには「料金」を表示するようにしてあります。なので、これについてもガイド類を変更し、時間を掛けて徐々にyosanからryokinへ移行しようと思っています(そこまでする必要がないという気もしますが、移行には時間が掛かるので今から仕込んでおこうと思います)。尚、Taberuのyosanをryokinへ移行しても表示自体は「料金」ではなく「予算」の方が良いというご意見があれば、この部分も固有情報として設定できるようにすることもできます。
ところで、 成田市の連絡する節にあったTaberu2の流用例(既にRenraku2に変更済み)を見た時、情報の定型化よりは外見の定型化のために使用したという印象を受けました。学ぶ・連絡する・暮らすの節で名前・説明・所在だけのテンプレートに対するニーズが本当にあるのか分からないですけど、今回追加したXxxxx2をItemへのリダイレクトからカラーバー付きへ変更した方が良いでしょうか? -- Tatata 2007年12月22日 23:16 (JST)

Manabu・Renraku・Kurasuへの色の指定を行い、Manabu2・Renraku2・Kurasu2はItemへのリダイレクトからカラーバー形式への変更を行いました。今回の変更によりMiru系はMirubaseから、Miru2系はMirubase2からレイアウトなどの共通情報を取得し、各テンプレートではカラーバーの色指定などの固有情報を持つようになっています。また、Mirubaseによるレイアウトの共通化とも関連しているのですが、KauとTomaruに項目を追加しています。尚、「開場時間」「営業時間」「料金」「予算」などは従来通りの表示にしてあります。 Taberuのyosan=に関してはyosan=が有る時はその値を表示し、yosan=が無い時はryokin=の値を表示するようになっており、ガイドとMediaWiki:Edittoolsはryokin=に修正しました。機会があれば、yosan=を使用している記事を探せるように少し細工をして、ryokin=への書き換えを行うかも知れません。(手作業での書き換えなので、やらないかも知れませんけど。)

今回の変更に伴う不具合点等が見つかりましたら、お知らせ下さい。 -- Tatata 2007年12月28日 14:56 (JST)

Miruなど一連のテンプレートをいろいろと改良していただいてありがとうございます。ところで、Tomaruのテンプレートについて、現在のところjikanの欄が常時表示されるような造りになっているかと思います。ノートの説明では、例えば山小屋のように季節営業の宿泊施設について、休業期間を入れるような場合などを想定されているようですが、通常の宿泊施設はむしろ年中無休の場合が大部分かと思いますので、この欄についてはむしろ任意項目とした方がいいように思いますが、どうでしょうか?--Shoestring 2008年1月4日 22:36 (JST)
返答が遅くなり、申し訳ありません。
「時間」は今回の設計の共通化で悩んだ部分です。現在はセル内にチェックイン時刻 (ci=)・チェックアウト時刻 (co=) ・休業日 (jikan=) の並び順で表示するようにしてあります。チェックイン時刻・チェックアウト時刻は人や状況によってそれほど重要ではないかも知れませんが、通常の宿泊施設であれば大部分が設定している基本的な情報(市販の旅行ガイドや予約サイトで見かけることも多く、<sleep>タグでも項目として用意されています)ですし、「時間」を表示させておいたほうが情報の提供を促すと思い、そのままにすることにしました。私も最初は同じように思って関連するデータの入力が無い場合に「時間」を非表示にしたり「料金」が行頭から始まるようにしようかとも考えたのですが、#ifを何段階にも組み合わせての表示・非表示の切り替えや#ifの中で{{!}}を使ってのセルの結合など、条件文やその内部が複雑になり過ぎるので止めることにしました。 -- Tatata 2008年1月8日 11:16 (JST)


ウィキトラベルへの貢献方法[編集]

Wikitravelに貢献する方法に「写真・図表を提供する」という記述が無かったので追加してはどうか?という提案をしたいと思います。つきましては皆さんの意見をノートにて頂きたいと思います。--木更津乃風 2007年10月14日 16:23 (JST)


危険情報の扱いについて[編集]

 海外旅行先の最新の危険情報を伝えることについてです。下のリンク先は毎日新聞の記事です。イランの学生誘拐について誘拐された場所は観光スポットだけれども危険も指摘されていたとのことで、その観光ガイドでの扱いについて問題提起をしています。ウィキトラは情報の新しさ(最近そこに行った人がいればの話だが)と紙面?の広さについてはガイドブックよりも大きな利点があります。現在でも下の北朝鮮の記事のように危険情報がありますが、さらにガイドブックではできないことをすることができるでしょう。

 ただ危険情報についてはどうしても難しい点があります。例えば外務省の危険情報は後で叩かれないように防衛線を張るためか大した危険のないところでもやたらに注意喚起しているとの指摘があります。かといってある程度危険があるにもかかわらず、「大丈夫だ」とか「大した問題はない」と言い切るのもそれはそれで問題です。それに関して責任問題になることはないかもしれませんが、例えば下のWikipediaの結核の記事の中にある「医療情報に関する注意」のように何らかの「言い訳」が必要になるかもしれません。この問題についてご意見いただきたく思います。

イラン:横国大生誘拐 危険性どう伝える? バム、観光地の魅力満載 ガイド本に課題 http://s01.megalodon.jp/2007-1014-1726-40/mainichi.jp/select/world/news/20071014ddm041040111000c.html

北朝鮮 http://wikitravel.org/ja/%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE

結核 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%90%E6%A0%B8

ResTpeRoc 2007年10月14日 17:53 (JST)

Wikipediaに危険情報を転載することは「印刷して持ち歩く」ためには便利かもしれませんが、情勢は刻々変化するものであり、危険地域への渡航に際してその都度最新の情報を当たるのは本来は旅行者の責任です。
重要な情報ほど、編集者の価値判断を避けて、客観的な記述にとどめる必要があります。「外務省の危険情報は転載せず、『気をつける』にリンクを掲載してこまめなチェックを推奨する。現地の生の声を書き足す場合は必ず日時を添える。」これが徹底できれば「言い訳」は必要ないと考えます。いろいろツールを増やすより、シンプルな構成で良いのではないでしょうか。 --ぐら 2007年10月18日 17:42 (JST)

電話番号表記の見直しについて[編集]

Wikitravel:電話番号及びWikitravel:レストランを追加する(他に、飲み屋宿観光スポットショッピング情報など)でガイドされている電話番号の表記方法を変更する提案を行いました。2週間程ご意見・ご提案を募ってからガイドの変更を行うことにしたいと思いますので、Wikitravel‐ノート:電話番号#電話番号表記の見直しをご覧下さい。ご意見・ご提案はそちらの方へお願いします。 -- Tatata 2007年10月20日 13:50 (JST)

ガイドの変更を行いました。変更内容や変更を行ったガイドについてはWikitravel‐ノート:電話番号#修正案をご覧下さい。 -- Tatata 2007年11月22日 14:08 (JST)

私個人としては、半角括弧の入る(0123) 456-7890よりすべてハイフンの0123-456-7890のほうが読みやすく感じます。括弧書きにするようにしたのはなぜでしょう?
それと、フリーダイヤルや携帯電話(屋台などで使用)はどのように書くべきでしょう?
  1. 0120-029-333
  2. 0120-25-5971
本来ハイフンの入らない下6桁をどうするか決めていないのが気になります。案内上でも決めていない例が多いと思います。--たぬき 2008年6月4日 16:59 (JST)
私はWT日本語版のガイドが括弧を使い始めた本当の理由を知らないのですが、2007年10月からの議論の中でWT英語版のガイドなどを見ているうちに、それを使うことで市内通話に不要な番号を識別するのに役立っていることに気が付きました。 WTの当初のガイド(英語版)では「電話番号は地元の人が一般的に使っている形式を使用してください。」となっていましたが、英語版では議論が繰り返され現在では「国際通話の形式を使用してください。」になったようです。
フリーダイヤルや携帯電話については市内通話と市外通話の識別はないので、個人的には0120-xxxxxxや0x0-xxxx-xxxxで良いように思えますが、ガイドにも記載した方が良いようであればWikitravel‐ノート:電話番号などでご提案頂ければと思います。 -- Tatata 2008年6月5日 11:16 (JST)
別に不満があるわけではないのですが、同じ市町村でも市外局番が異なるとかで市外局番が必要な例もあります。市町村合併でそのような地域が増えました。それから、フリーダイヤルは外国からは通じないことがありますが、フリーダイヤルのみを対外的に使用している場合はそのフリーダイヤルのみ書いてよいのですか?--たぬき 2008年6月15日 16:31 (JST)
電話番号表記の見直し議論の中で電話に関する情報のテンプレート化の話が出ましたが、その後進んでいません。一つの町の記事内で市外局番が異なる場合は、とりあえず「連絡する」節にその旨を書いておいてあげると読者に親切ではないかと思います。(その節が無い場合は必要に応じて追加して頂いて構わないと思います。)
一般向けにフリーダイヤルしか公表していないケースではそのまま書くしかないですけど、フリーダイヤルと普通の電話番号の両方が一般向けに公表されている場合は、普通の電話番号を電話番号の項目に書いて、フリーダイヤルを説明の項目の最後のあたりに「フリーダイヤルは0120-xxxxxx。」「予約は0120-xxxxxx。」みたいに書いても良いのではないかと思います。 -- Tatata 2008年6月19日 16:52 (JST)

何度もすみません。↑とは逆に市外局番自体は同じだが実際はその土地同士では市外局番が必要なときは、どのように注記すべきでしょうか?たとえば下関市が合併に伴い「083」になりましたが、それ以前に山口市も「083」になっています。固定電話や公衆電話を利用する人が迷うと思います。Wikipediaでは説明されていますが、電話をかける前にWPをいちいち見るでしょうか?という疑問があります。--たぬき 2008年7月28日 22:02 (JST)

逆のケースについても基本的な考え方としては上と同じで、とりあえず「連絡する」節にその旨を書いておいてあげると読者に親切ではないかと思います。(その節が無い場合は必要に応じて追加して頂いて構わないと思います。)
ウィキペディアをいちいち見るかどうかについては、たぶん見ないんじゃないでしょうか。そのこととWikitravel:外部リンク#リンク先に頼らないを前提に、読者がウィキペディアやその他のサイトを見ないで済むように書いて頂けると助かります。但し、ウィキトラベルはウィキペディアやアンサイクロペディアではないことに気を付けてください。(すみません。最近そのような書き込みをよく見かけるので。) -- Tatata 2008年8月3日 01:59 (JST)

旅人の居酒屋の過去ログに戻る