何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

Wikitravel:即時削除のガイドライン

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
Delete

ここではウィキトラベルでの削除ないしリバートの処置において、特に早急に対応が必要なケースについて述べています。

ウィキトラベルにおいて、不適切と思われる記事の扱いはWikitravel:削除の基本方針に従い、14日の審議期間を経て削除処理を行う事になっています。ただし、記事の中には旅行ガイドの作成というウィキトラベルの目的に照らして全くナンセンスなもの、単なるいたずら、サイトへの荒らしを目的としたページ立ち上げのような妨害行為に類するものも数多くあり、それらサイトにとって全く意味のないものも含め、削除対象となりうる記事の全てについていちいち削除処置のための審議を行おうとすれば、手続的にも煩瑣になるばかりか、それ自体が負担となってサイト全体の編集活動の停滞を引き起こすことにもつながりかねません。

その為以下に示す、明らかに不適切な記事の新設・編集に関しては審議を行わず、即時に削除およびリバート等で処置を行い、速やかに問題の無い状態に復元する必要があります


即時削除の適用範囲

即時削除の対象は目的地別各記事はもちろんのこと、ウィキトラベル内の全記事が対象になります。

たとえ自身の個人ページであったとしても、過度な宣伝広告を行なったり、利用者ページの利用方法として逸脱した使用をしている(例えばブログ代わりに使うなど)と言うことであれば削除対象と判断されることになります。

但し、その記事のローカルルールにて容認されている場合には、そのルールに準拠します。例えば、記事編集の練習目的で設置されているWikitravel:落書き壁では、トラベルガイドとして逸脱した内容の書き込みについても誹謗中傷の類でなければ、ある程度容認されており、練習の為という良識の範囲で編集を行なう分には削除対象にはなりえません。

即時削除の対象

即時削除が確定した記事に対する措置については厳密にせず、その時における最適な手段を取るものとします。

例えば、悪質ユーザーが削除対象になる記事を削除した後にまた同じ記事を立ち上げられるとする場合には、記事の削除は元より、投稿ブロックを行なった方が良いと考えられます。また、既存の記事を改ざんされると言う事であれば、その記事を最良の状態に戻して記事の保護を行なった方が良いと考えられます。

即時削除の手続き

ページの削除権限は管理者にのみ与えられていますので、管理者以外のウィキトラベラーで即時削除に値するような新規ページを見つけられた場合には、ページ冒頭に即時削除タグ(Template:SokujiSakujo)を貼りつけてください。タグが張り付けられたページはCategory:即時削除にリストアップされます。

即時削除タグを貼りつけられた記事について、管理者が確認した上で即時削除に該当すると判断した場合には、このガイドラインを元に削除処置を行います。

書式
{{SokujiSakujo|即時削除理由}}
即時削除の理由
  • 荒らし
  • トラベルガイドから逸脱した記事
  • 宣伝・広告
  • 削除審議済み記事の復元
  • 既存記事と重複した記事
  • 著作権侵害
  • その他

即時削除の対象となるケース

荒らし

概要

ウィキを初めとするネットワークコミュニティにおいて最も忌むべき行為がこの荒らし行為です。これら行為を行うユーザーについては、元々ウィキトラベルに貢献する意思が無く、悪意に満ちてコミュニティを混乱させるのが目的で行為に及んでいます。荒らし行為を行う不届き者に同乗して相手にしたりすると付け上がり、コミュニティが成立しなくなる程の大混乱を引き起こす事にもつながりかねません。何せ、彼らの目的はコミュニティの破壊なのですから。

ウィキトラベルの目標である「フリーで完全な、そして最新で信頼のおける世界規模の旅行ガイドブックを作る」を達成するには、荒らし行為を看過せず、またこの行為に及ぶユーザーに対しては、その行為に同乗するのではなく、追放といった罰も視野に入れて毅然として対処すべきです。

荒らし行為の例として以下のような事例が挙げられます。

いたずら
  • 実在しない国名や地名などの記事を立ち上げる
  • 意味のない文字列を記事名にして記事を立ち上げる
  • 既存の記事の情報を不当に削除したり白紙化する
  • 既存の記事の情報を意味のない文字列や記号などに書き換える
  • スパム
システム破壊
  • 記事とは直接関係のないURLへのリンクを多数張り付ける
  • DoS攻撃など。システムのダウンを狙って意味のない画像を大量に貼りつける等
対人的攻撃
  • コメントの改ざん。旅人の居酒屋や他のウィキトラベラーの利用者ページなどで他のウィキトラベラーが記したコメントの書き換えを行う等
  • 誹謗中傷。他のウィキトラベラーに対する挑発(煽り・釣り)や悪態、暴言を吐く等
  • 粘着行為。「対話をしろ!」など執拗に脅迫したり、嫌がらせを行ってまとわりつく等
  • 自作自演行為。可変IPである事を利用して、あたかも複数の人物が存在するかのようにして不適切な書き込みを継続する等
  • 成りすまし。他のウィキトラベラーに類似したログインアカウントを取得するなどして、混乱を招く等
反社会的行為
  • 個人情報の暴露を行う
  • 思想や信条など記事の客観的な内容を損なう、プロパガンダ的な記事を書き込む
  • 特定の人物や団体を陥れる風評や暴露記事を書く
  • 社会通念上、違法とされる内容(犯行予告など)を書く

この他にも色々と荒らしに該当する事項が出てくるかと思いますが、それはその都度、検討が必要になってくるでしょう。

処置

  • 荒らしに該当する記事の編集・作成については即時に削除・リバートを行う
  • 継続して荒らし行為が行われる場合には、記事を保護する
  • 継続して荒らし行為を行うユーザーを投稿ブロックする

関連ガイドライン


あまりにもトラベルガイドから逸脱した記事

概要

一見、記事名からまともそうな記事のようにみえるが、内容を確認すると辞書的な内容に執着している等、とてもガイドブックとはかけ離れたものになってしまい、そこからの方向転換が困難な場合には、一旦削除して作り直すという事になります。

あまりにもトラベルガイドから逸脱した記事の具体例として以下が挙げられます。

字引き的な内容に徹している
「分かる」の節が文頭から文末まで続いているような記事。例えば東京駅という記事があったとして、この記事の内容が「一日の乗客数」の様なスペック情報や「東京駅の歴史」のようなコラムに特化しただけの内容のものであれば、トラベルガイドとして何ら読者に対し貢献するものにはなりません。
扱っている内容があまりにもミクロなレベルである
考慮すべきは「地理的条件としてミクロなレベル」、「扱う情報としてミクロなレベル」の二つが考えられます。地理的条件としてミクロなレベルとは、例えば一島一国の小さな島国であるナウルにおいてヤレン地区という島の区画の記事を作成しても、記事を新設するほどの情報が集約する事にはならないでしょう(ナウルの中で言及すれば済む事です)。逆に情報が二つの記事に分散する恐れが発生します。
扱う情報としてミクロなレベルとは、旅行にまつわる極一部のものを取り上げて記す様な事で、例えば「洗濯石鹸の有効活用法」といった旅行のカテゴリの中でも特定の事象に対してわざわざ記事を立てる必要性はありません。「持ち物チェックリスト」等でコラムとして述べればいいだけの話で、その話題のみを独立した記事として立てるべきではありません。
個人的トラベルエッセイ集
ウィキトラベルにおいて求められる記事とは、中立的な観点に基づき旅行に関する情報を提供する為のものであり、個人的な感想や体験談に執着した旅行記については、少なくとも記事として求められるものではありません。個人的な感想に終始したようなものについては、個人のブログないしSNSなどで行うことであり、ウィキトラベルの中で述べるべきことではありません。
ウィキトラベルにユーザー登録を行った際、各ユーザーには利用者ページが与えられており、その中で旅行記を記す分には問題ないでしょう。ですが、新規に記事を起こして旅行記を記すような事は止めてください。(それはウィキトラベルの私物化です)

処置

  • 原則、記事を削除する事で対処を行う
  • 但し記事名が適切であるならば、その時の状況に従いリダイレクトするか改めて記事を立て直すといった処置で代用する。
  • 記事の作成者に対し、フォローアップとして「何がダメなのか」利用者ノートページにて注意を促す。

関連ガイドライン

宣伝・広告

概要

ウィキトラベルでは、あくまでも中立的観点を持った上で編集を行うべきであり、特定の店舗について美辞麗句を並べた宣伝や広告を載せるのは売り込み禁止の観点から禁止されております。

一方で美辞麗句の営業文句の反対であるネガティブキャンペーンについても中立的観点から禁止されるべき事項の一つです。ネガティブキャンペーンとは否定的な説明文で終始するような事で、例えば「○○というレストランは料金が高いくせに、食材もいかがわしいものを使い、その料理人の腕もド素人以下でマズイからその店に行く必要は無い」といったように全否定を行うものです。まず、本当にそのような場所ならば、最初から記事に取り上げるべきではなく、また場合によっては、記事を書かれた側から営業妨害(虚偽風説流布業務妨害)に該当するとして訴えられる事も考えられます。

その為、宣伝やネガティブキャンペーンに該当するような記事や文章については、即時削除として対処します。

処置

  • 宣伝が情報源になりうる可能性もあるので、該当の箇所をコメントアウトする
  • 編集者に指摘し、記事の修正を促す
  • 編集者に修正の意思が無い場合、削除・リバートないし修正を行う

関連ガイドライン

削除審議により削除が決定された記事の復元・同一記事の作成

概要

正式に削除依頼がなされて、審議の結果「削除すべきでない理由」が明確にされておらず意見が覆る事が無ければ、手続きに従いその記事は削除されます。その為、きちんと審議を経てコミュニティの中で「削除すべき記事」と判断されたものについては、改善が無くそのままの状態で再掲されても、すでに審議が終わっているものとして即時削除されます。

もしその記事を再掲する事を考えるのであれば、まずは削除依頼の中で「何が問題なのか」指摘の内容を踏まえて改善を行い、その上で再掲を行うという流れで作業を行うべきです(一度、削除対象になった事から、旅人の居酒屋やノートページにて査読を依頼するのが確実だと思われます)

もし改善という手続きを踏まず、削除が決定された記事を復元するという行為が繰り返されるようであれば、そのユーザーは「無意味な投稿を繰り返す」という理由から投稿ブロック対象にもなります。

処置

  • 前回の結果と同様の処置を行う
  • 改善を行わず、同一記事の作成を繰り返すユーザーに対しては投稿ブロックを行う

関連ガイドライン

既存の記事と重複する記事の作成

概要

特にお役立ち情報旅のテーマと主な目的地に該当する記事を作成する際に、つい「自分のアイディアが素晴らしい!」と自画自賛するあまりに、同じような内容の記事を作成してしまう傾向が見受けられます。ここで同様の記事をいくつも乱立させても、情報が分散してしまう事にも結びつき、読者に対しても他の編集者に対しても「どちらを参考にすれば良いのか?編集すればよいのか?」混乱を招く以外に他なりません。その為、重複する記事については、既存の記事に情報の集約した上で削除処理を行います。

記事の重複について具体例を述べるとすると、例えば小笠原村という地理的階層に準じた記事が存在し、それに対して、小笠原諸島という地域として小笠原村と全く一致する記事を新設したとします。この場合、小笠原村を既存の記事として残し、小笠原諸島に残る情報を小笠原村に移動した上でリダイレクト記事にします。

ここで述べる重複とは「記事 対 記事」の関係だけでなく、「記事 対 項目節」の関係についても同様の事が言えます。例えば「パスポートの申請方法」という記事を新規作成するが、パスポートの記事中に件の節がすでに存在しており、分割するほど成長もしていないのであれば、わざわざ新規記事を作成するには至らないと考えられます。

その為、重複と判断される記事については削除ないしリダイレクト記事にするのが妥当と判断されます。

処置

  • 既存と判断される記事を合併元として残し、削除する側に情報がある場合には合併元の記事に移行する
    • 情報が過多になっている場合には、一旦ノートページに移動して、順次移行作業を行う
  • 削除対象となる記事について、記事名が参照される可能性がある場合にはリダイレクト記事にする
  • それ以前に記事名が不適切な場合は削除する

関連ガイドライン

著作権侵害

概要

ウィキトラベルではクリエイティブ・コモンズ表示 - 継承ライセンス第3.0版に基づき、再配布・再使用を行う事が認められています(それがウィキトラベルが100%フリーの旅行ガイドと呼ばれる所以です)。それを実現する為には、ウィキトラベルにある全ての記事・画像についてコピーレフトライセンスに基づくものでなくてはいけません。その為、著作権(コピーライト)によって制約された情報を掲載してしまうと、その時点で再配布・再利用が制限される事になってしまいます。

著作権は何も特別な事象に限らず、制作物全てに対して与えられるものです。例えば、そのホテルの説明文を記述する為、件のホテルのホームページにアクセスし説明文を丸々コピペするという行為について、そのホームページがコピーレフトライセンスより提供されていない限りは著作権侵害に該当します。

その為、コピーレフトで提供されていない文章や画像を掲載した場合には、削除処理を行います。

処置

  • コピペされた文章が情報源になりうる可能性もあるので、該当の箇所をコメントアウトする
  • 編集者に指摘し、記事の修正を促す
  • 編集者に修正の意思が無い場合、削除・リバートないし修正を行う

関連ガイドライン


その他

ケースとしては少ないかもしれませんが、その他にも即時削除に該当するような一例について記しておきます。

ループリダイレクト
リダイレクト先を順次追いかけていくとまた同じ記事に戻ってきてしまう、このような参照の仕方をしているリダイレクトについては無意味である為、適切な形に戻すか、あるいは適切なリダイレクト先が無ければ削除処理を行います。
投稿者からの自己申告
投稿者から誤って記事を作成してしまったなどの自己申告があった場合には、審議を経ず即時削除する事があります。

関連項目