何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

Wikitravel・トーク:今月の旅行先一覧

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索

レイアウトについて[編集]

レイアウトに関連した書き方を単純化する為、試しに2009年分をウィキテーブルからgalleryタグに変更してみました。新しい分はタグ内の先頭に行を追加するだけです。毎月更新する必要の無い過去の年度の分は現在のままにしようかと思いますが、今後更新する分について、このやり方ではいかがでしょうか?

尚、現在は1行2列(列幅200px)にしてありますが、1行4列(列幅120px程度?)への変更も開始タグ内の属性値を書き換えるだけです。 -- Tatata 2009年3月15日 14:58 (JST)

一部過去ログ化の提案[編集]

このページについては毎月画像が2枚ずつ増えていく関係で、それら画像の読み込みに時間がかかるためか、通信環境によってはページを開くのがやや重たくなるケースが見受けられるようになってきました。そこで、例えば直近の掲載年から過去3年分くらいを本体のページに残し、それ以前は子ページ⇒過去ログ化という対応をそろそろ考えてはどうかと思いますが、いかがででしょうか?子ページは掲載年ごとに1ページ作ってもいいですし、何年分かをひとまとめにしてもいいかと思います。--Shoestring 2011年4月2日 22:46 (JST)

現在の画像添付式の過去ログについては、年次おきに子ページ化するのが良いかと思います。ですが、リードイメージは不要なのでどこか別な場所でも良いので、メインページの旅行ガイドに使われているような掲載一覧がほしいところです。例えば、過去に掲載された旅行先の傾向を見て「掲載時期を早める、遅らせる」と言った判断を行うのに、あちこちに過去ログが分散してしまうと情報を探すのに大変になります。
現状のギャラリー形式については年間一覧形式にしてそれぞれを子記事化・データベース化し、別途旅行ガイドの掲載一覧に準じた文字だけのリストを挙げると言うのはどうでしょう?--木更津乃風 2011年4月2日 23:56 (JST)
直近の年だけギャラリー形式の画像を残し、その下にでも過年度掲載一覧として表か何かを残しましょうか?文字だけなら当面(数十年分とかでもない限り(笑))データ量が多すぎてページが重くなるということもないでしょうし。--Shoestring 2011年4月3日 21:51 (JST)
ギャラリー形式のリストについては「今月の旅行先一覧/20**年」という形でサブページ化し、本文(「今月の旅行先一覧」)の方はメインページの掲載一覧に習って表形式のリストにするという事にしましょう。見出しセルは「掲載年/掲載月/世界編or日本編/都市名/国名」という形にしておくと、例えば「何月だとどのような場所が良く選ばれてるかな~(それ以外の場所がいいんじゃないかな~)」という事にも使えるかと思います。
行の順についてメインページの掲載一覧はアイウエオ順で入れ込んでいたけど、こちらは入れ子式で最新の情報が頭に来るような形でどうでしょう?--木更津乃風 2011年4月3日 22:08 (JST)

掲載リストを年次保管するということであれば、画像だけでなく、どのような感じで掲載されていたのかを残す意味を踏まえて、下記テンプレートごと残すのはどうでしょう?もし、仮に再掲する事があった時に、その文面が同じにならないようにするという意味でも良いかと思います。--木更津乃風 2011年4月2日 23:59 (JST)

世界の旅
キルナ市役所の塔と鉄山

キルナ (Kiruna) はスウェーデン北部にある都市。

キルナ(キールナとも表記)は地理の時間で必ず習うほど著名な鉄山の街であり、鉱山会社LKABによって街が発展し、ここから掘り出される良質の鉄鉱石を搬出するためにルレオ(ボスニア湾側のスウェーデンの輸出港・冬は凍る)およびナルヴィク(大西洋側のノルウェーの輸出港・メキシコ湾流のおかげで冬も凍らない)とを結ぶ鉄道が建設された。第二次世界大戦中は、この鉄鉱石搬出ルートを確保する目的でナチス・ドイツがノルウェーに攻めこみナルヴィクの街を占領した。

鉱脈が街の直下に延々と続き、このまま掘り進むと崩落する恐れがあるため、2030年までに順次、鉄山の反対側に街がそのまま引っ越す予定。毎夜1:16~1:45の間に、鉱山内で鉱脈を崩すために爆発させるダイナマイトの音が街中に響き渡る。

※今までに「今月の旅行先」に選考された旅行ガイドはこちら


メインページのテンプレートを使い始めたのは2007年の8月頃からで、それ以前の目的地についてはこのような形式でデータが残っていません。仮にこのような形式で統一しようとすると、一旦テンプレートにあてはめる作業が必要になりますが、どうしますか?過去のものについてはそのまま画像のみを保管し、テンプレートを使い始めてから以降のものについてはテンプレートごと保管する、という方が作業的には楽ですが。--Shoestring 2011年4月3日 21:42 (JST)

すでにデータが存在しないものについては仕方が無いとしても、サルベージ出来るものであれば、その時点からでも引っ張り挙げた方が良いと思います。--木更津乃風 2011年4月3日 22:08 (JST)
2005年分だけ、とりあえずやってみました。2005年7月~2007年7月分に関しては、メインページの履歴からサルベージ出来そうなのでそこから持ってきて、現在メインページで使われているものを流用して、新たに起こしたテンプレートTemplate:Dotm-logを使って、そこにあてはめる形にしました。--木更津乃風 2011年4月6日 23:14 (JST)
過去のデータがこのような形で拾えるのであれば、この形式のほうが過去の掲載ぶりが簡単にわかるのでいいですね。データをテンプレートに当てはめる作業が新たに発生しますが、少しずつ進めてもいいので、全体から見ればそれほど大きな負担にはならないかもしれません--Shoestring 2011年4月7日 05:41 (JST)

(インデント戻します)すでに過去のものから順次作業に着手している状態ですが、2008年に関して、テンプレート形式であてはめてみたところ、年間通じて世界編・日本編と分かれているため、記事のデータ容量が大きくなってしまう傾向にあります。例えば、2008年度分(日本+世界=24回分)が31,950 バイトに対して、2006年度分(1月が無いので11回分)が7,964 バイトとなっています。

従来の形式と異なり、一応日本編・世界編で24回分という上限があるから、これ以上、容量が増えると言う事は無いですが、元々Shoestringさんが指摘されていた「一覧のページサイズが大きくなりすぎた」という時点でのサイズとほぼ同じになっています。

日本編・世界編に完全に分かれた2008年度以降は「2008年世界編」「2008年日本編」のように記事を分けるようにしましょうか?--木更津乃風 2011年4月9日 11:30 (JST)

(補足)一応、私のスマートフォンで確認した分には大丈夫でしたが、2006年度、2007年度分でも開くのが重たいと言う人はいませんか?--木更津乃風 2011年4月9日 11:32 (JST)
システムに暗いので詳細はわかりませんが、分割前の記事を呼び出す際、単に記事のバイト数が多いというだけでなく、むしろシェアードから引いてくる画像の数が多いとそれだけページの展開が重くなっていたように感じています。通信環境にもよるでしょうが、24枚程度の画像なら、特に問題にするレベルではないのではないでしょうか。むしろ、ページを細分化するとそれだけ一覧性が悪くなりますから、個人的には、今のように日本・世界の1年分をまとめて1つのページでまとめた形の方がいいのではないかと思います。--Shoestring 2011年4月9日 21:58 (JST)
とりあえず現状のまま作業を進めることにし、後で不都合があった時にまた考える事にしましょう。一応、画像表示サイズをメインページ用のテンプレでは200pxとなっているものを180pxに若干落としています。これで表示の高速化に効果があるか分かりませんが…--木更津乃風 2011年4月9日 22:51 (JST)

ひとまず作業を終了しました。まだ、作業手順の説明など分かり難いところもあるかと思いますので、作業手順の説明に盛り込む為にも、使い勝手や他不明点等ありましたら宜しくお願いします。--木更津乃風 2011年4月10日 23:42 (JST)