何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

JR九州・肥薩線の車窓を楽しむ旅

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
JR九州・肥薩線の車窓を楽しむ旅

Default Banner.jpg

これは「旅行プラン」の記事です。
「矢岳越え」は日本三大車窓の一つと言われる。

JR九州・肥薩線の車窓を楽しむ旅は、九州地方の熊本県八代市から鹿児島県霧島市へ、JR九州・肥薩線の列車に乗って1日或いは1泊程度で巡る旅行プランである。肥薩線(ひさつせん)は、日本三大車窓の一つと言われる矢岳越え(やたけごえ)や日本三大急流の一つと言われる球磨川(くまがわ)に沿って走る区間の沿線風景が楽しめる他、明治時代に建設された駅舎や施設などの鉄道遺産と言える歴史的建造物も残っており、見所が多い路線である。


分かる[編集]

肥薩線は八代市の八代駅から霧島市の隼人駅までの124.2kmを結ぶ、全線単線非電化のローカル線である。明治時代に建設され、一時期は幹線として人吉本線や鹿児島本線の一部であったが、昭和の初めに海沿いのルート(現在の肥薩おれんじ鉄道線と鹿児島本線)が完成すると都市間を結ぶ支線扱いとなり、さらに一部の区間が日豊本線(にっぽうほんせん)に編入されて現在の肥薩線の区間となった。このような経緯から建設当時以降に鉄道設備の大規模な変更や更新があまり行われなかったため、登録有形文化財に登録されたり、近代化産業遺産群に選定されるような鉄道遺産が残った。

車窓からは球磨川の渓谷、えびの高原や霧島連山などの風景を楽しむことができるが、沿線には九州最長の鍾乳洞「球泉洞」、球磨川下り・ラフティング、人吉温泉・霧島温泉郷など、列車に乗って通り過ぎるだけでなく途中下車して立ち寄りたい観光スポットもある。

御多分に洩れず利用者の少ない区間の廃止も取り沙汰されたりしたが、現在では前述のような観光資源を活用して観光路線に転換する取り組みがなされており、JR九州では中央に展望スペースのある観光列車「いさぶろう」・「しんぺい」を熊本~人吉~吉松間で運行したり、同様の車両による特急列車「はやとの風」を吉松~鹿児島中央間(日豊本線・鹿児島本線経由)で運行している。また、極限られた期間なのでイベント列車的であったが、機関車牽引による臨時快速列車「SL人吉号」・「ディーゼル人吉号」が熊本駅~人吉駅間で運行されていたこともあり、肥薩線の全線開通から100周年にあたる2009年から九州で唯一の蒸気機関車「SL人吉」号の運転が復活した。

2016年3月のダイヤ改正により、特急列車(九州横断特急・くまがわ)が快速列車に格下げになったが、2017年3月4日からは、JR九州で12番目になるD&S列車(観光列車)「かわせみ やませみ」号が熊本~人吉で運行を開始した。テーブル付きの座席でヒスイ色と青色の車両で運行されており、土休日限定の車内販売品がある列車でもある。少しずつではあるが肥薩線の魅力が増えている。

肥薩線で運行されている観光列車[編集]

 

かわせみやませみ[編集]

2017年3月から熊本~人吉で運行開始した特急のD&S列車(観光列車)。運行区間である球磨川沿いに生息している小鳥であるカワセミ(漢字表記:翡翠)の羽の色である翡翠(ヒスイ)色や青色の車体が特徴で、車両中央部には窓側に向いて座れるカウンター席や4人で座れるテーブル席が設けられている。今までのD&S列車と比較して車内で食べられる軽食やお弁当の品数が増えており、球磨地方の郷土料理のつぼん汁がセットになった球磨の四季彩弁当、球磨焼酎に合うおつまみと球磨焼酎がセットになったくまの宝箱セット、食後でも気軽に食べれる小さめのサイズのケーキが2個セットになったくまのスイーツボックスなどが土休日数量限定で販売されている。朝に運行される1~2号以外は全席指定席なので注意が必要。

SL人吉[編集]

熊本駅~人吉駅で運行されている全席指定のSL列車。大正11年(1922年)に日立製作所で製作され九州各地で活躍していた8620形蒸気機関車が、展望ラウンジやビュッフェ付きの3両の客車を牽引していく。引退して矢岳駅で保存されていたSLをあそBOYとして復活させたものの老朽化して2度目の引退をしたが、九州新幹線の全線開業の前年(2009年)に再び復活した。愛称は車両形式にちなんでハチロク

いさぶろう・しんぺい号[編集]

スイッチバックやループ線、木造駅舎や日本三大車窓など鉄道の魅力が凝縮された区間を走る古代漆色の車両の観光列車。熊本駅~人吉駅~吉松駅(熊本~人吉は特急)で運行されており、吉松行きの下り列車が「いさぶろう」号、人吉行きの上り列車が「しんぺい」号と区別されている。人吉駅~吉松駅を建設していた時代の管轄官庁の責任者である山縣伊三郎(やまがた いさぶろう)と、開業した時期の鉄道院総裁であった後藤新平(ごとう しんぺい)にちなんで名付けられた。自由席は7席(地元利用者優先)のみで他の席はすべて指定席となっている。事前に指定席券の購入を推奨。

はやとの風[編集]

各車両の中央部に展望スペースが設けられた漆黒の車両の特急列車。吉松駅~鹿児島中央駅で運行されており、特急列車でありながら、鹿児島~隼人で桜島を車窓から眺めつつ、築100年以上もの歴史がある木造駅舎の見学ができるなど、特急列車ではありながら比較的のんびりと走っていく。

この列車の誕生を記念して作られた嘉例川駅の駅弁「百年の旅物語かれい川」(予約のみ取り扱い)は「九州の駅弁ランキング」で3年連続で1位になったほど人気を誇るので、乗車ついでに食べておきたい駅弁でもある。

2018年3月17日より臨時列車となった。

準備[編集]

特別な準備をする必要は無いが、JR九州から割引きっぷ(観光きっぷ)が発売されているので、自分の旅程に合ったものがあれば活用したいところ。どれも九州でしか購入できない切符だが、JR九州電話予約センターで予約のした上でクレジットカード決済をしておけば、利用当日にJR九州管轄の指定箇所で電話予約しておいた切符が受け取れるので、活用してみるとよい。

JR九州電話予約センター

肥薩線のんびりきっぷ
フリー区間である「肥薩線全線」と日豊本線「鹿児島中央~隼人~霧島神宮」、鹿児島本線「熊本~八代」の特急・快速の指定席が乗り放題のフリーきっぷ。九州新幹線は熊本~鹿児島中央を1回に限り利用可。フリー区間までは九州新幹線の指定席が利用できる。
  • 福岡市内発¥15,430、熊本駅発・鹿児島中央発¥10,500。
  • 有効期間は3日間。
  • SL人吉は乗車するたびに指定席券(大人¥820、子ども¥410)が必要。
ぐるっと九州きっぷ
JR九州全線の普通・快速列車の自由席が乗り放題のフリー切符。別途特急券を購入することで九州新幹線、特急列車も乗車可能になる。肥薩線以外にも指宿や阿蘇・宮崎方面にも足を伸ばしたい場合に便利。
  • 大人¥14,000、子ども¥7,000。
  • 有効期間は、連続した3日間有効。

観光列車「いさぶろう」・「しんぺい」は列車の種類としては人吉~吉松は普通列車なので普通乗車券で乗車可能だが、座席の大半は指定席なので観光シーズンや休日には指定席券を購入しておいた方が良い。

人吉~吉松間の列車は本数が少ないので、途中下車して観光を楽しむのであれば、人吉あるいは吉都線の京町温泉辺りで1泊するような旅程を計画したほうが良い。いさぶろう・しんぺい号の場合は大畑・矢岳・真幸駅には駅舎見学のため数分間停車するため、この列車を旅程に組み込むとよい。人吉も大きな温泉地であるため、宿泊先の候補として考慮してみるとよい。

嘉例川駅へ行くのであれば、有名駅弁「百年の旅 かれい川」を食べることをお勧めする。2日前までにJR九州の駅窓口で駅弁引換券を購入。[1]製造元:「森の弁当 やまだ屋」 予約などの問い合わせは(092) 482-1489

出発する[編集]

肥薩線の両端の町である八代市と霧島市を除くと、出発地点として挙げられそうな大きな町は熊本市鹿児島市で、熊本市から八代市までは列車で約30分、鹿児島市から霧島市までは列車で約40分である。熊本~新八代は九州新幹線も利用できる。そのため、博多などから直行してもかまわない。

熊本県側と鹿児島県側のどちらから出発しても構わないが、肥薩線の起点が八代駅であることと、大畑駅(おこばえき)付近にはスイッチバックとループ線があり(スイッチバックは山の反対側の真幸駅(まさきえき)付近にもあるが)、これらを登って矢岳越えをしたいので、この旅行プランでの起点の町は八代市としておく。

また、肥薩線を走る列車は他にもあるが、せっかくなら観光列車「いさぶろう」・「しんぺい」や特急列車「はやとの風」にも乗っておきたいので、この旅行プランではこれらの列車の利用を前提とする。

列車に乗る[編集]

この旅行プランの軸となる列車は以下のとおりである。

観光列車のうち、いさぶろう・しんぺい号は上りと下りで列車名が異なっているだけであり、車両や駅舎見学等のサービスは共通している。「SL人吉」は全車指定席の臨時列車なので、利用の際は運転日を確認した上で指定席券(大人¥820、子供¥410)を購入する必要がある。


JR九州・肥薩線 時刻表(抜粋、2018年3月17日現在)
下り
駅名 / 列車名 つばめ307号 さくら403号 さくら405号 みずほ603号 つばめ325号  さくら411号
博多 6:10 7:23 8:39 10:19 13:56 15:18
熊本 7:00 8:00 9:17 10:51 14:46  15:56
かわせみやませみ1号 特急いさぶろう1号 SL人吉 かわせみやませみ3号 かわせみやませみ5号
7:39 8:31 9:45 11:24 15:22 16:04
八代 8:09 9:03 10:30 11:53 15:52 16:23
(直通) (直通)   (直通) (直通) (直通) 普通
8:10 9:04 10:36 11:55 15:53 16:23
人吉 8:44 10:04 12:09 13:03 17:00 17:41
----     (直通)普通いさぶろう1号 ---- いさぶろう3号 (直通)
10:08    13:22 17:44
    ↓   
吉松 11:22     14:48 18:44
はやとの風1号 はやとの風3号 普通
11:25     15:01 19:40
 
隼人 12:16 15:57 19:31
(直通) (直通) 普通
12:22 15:59 19:41
鹿児島中央 12:53 16:44 20:21
 
上り
駅名 / 列車名 きりしま2号 普通 はやとの風4号
鹿児島中央 5:59 9:41 13:23
    
隼人 6:33 10:06 10:22 13:57
普通 (直通) 普通 (直通)
7:06 10:08 10:35 14:00
吉松 8:10 11:11 11:43 14:54
普通 しんぺい2号 しんぺい4号
8:46 11:49 15:16
人吉 9:44 13:08 16:35
かわせみやませみ2号 普通 かわせみやませみ4号 SL人吉 (直通)特急しんぺい4号 かわせみやませみ6号
9:30 10:14 13:25 14:38 16:43 17:24
八代 10:33 11:32 14:36 16:23 17:46 18:23
(直通) 普通 (直通) (直通) (直通) (直通)
10:29 11:36 14:38 16:25 17:47 18:24
↓         
熊本 10:59 12:14   15:08 17:14 18:18 18:56
さくら550号 さくら554号 さくら560号 さくら566号 つばめ340号 さくら570号
11:09 12:35 15:35 17:35 18:31 19:04
 
博多 11:49 13:13 16:13 18:13 19:20 19:42
 
 



八代から人吉へ行く[編集]

球磨川
白石駅

八代駅から人吉駅までは球磨川に沿った区間で、車窓から渓谷を眺めることができる。

鎌瀬駅を過ぎると、肥薩線内での撮影スポットの1つである1906年に建設された球磨川第一橋梁があり、列車は球磨川の対岸へ渡っていく。

白石駅[編集]

木造駅舎は明治時代の肥薩線開業当初のままの状態で残っており、2007年11月30日には南九州近代化産業遺産群の物資輸送関連遺産のうちの1つに選ばれた。普通列車とSL人吉のみが停車する(快速列車は早朝と夜間のみ停車)。雰囲気がいい駅なので機会を作ってでも立ち寄ってみるとよい。

球泉洞駅[編集]

球磨村にある球泉洞駅から徒歩30分のところに、日本第6位・九州最長の鍾乳洞である球泉洞(きゅうせんどう)がある。球泉洞駅には普通列車しか停車しないので注意。


一勝地駅[編集]

縁起の良い名前の駅名であるため、お守り型の入場券(¥160)が一勝地駅観光案内所で販売されている。この入場券をもって甲子園に出たピッチャーが優勝したという逸話があったため、一時期注目を集めた。お守り型の入場券は人吉駅でも販売している。

渡駅[編集]

同じ球磨村の渡駅から徒歩6分のところに球磨川下り「急流コース」の渡発船場があり、ここから約90分掛けて球泉洞下着船場まで川下りを楽しめる。球泉洞下着船場から球泉洞駅までは徒歩20分である。

人吉駅[編集]

人吉市にある人吉駅で列車を降りると、人吉温泉の温泉街が球磨川沿いに広がっている。旅館や共同浴場も多いので、宿泊地の候補として挙げられる。但し、昼時には営業しない、2日に1回しか営業しない温泉浴場もあるので注意。

日本の滝百選の「鹿目の滝」(駅からタクシーで20分)や日本100名城の「人吉城跡」(駅から徒歩15分)など、見どころも多い。また、球磨川下り「清流コース」と冬季の「こたつ舟」は駅から徒歩20分の人吉発船場で乗ることができ、渡着船場まで約90分掛けて川を下る。渡着船場から渡駅までは徒歩6分である。

くま川鉄道湯前線へ寄り道する[編集]

くま川鉄道湯前線(ゆのまえせん)が人吉駅隣接の「人吉温泉駅」から湯前町の湯前駅までの24.8kmを結んでいる。2014年3月からは、景色がいい区間での徐行運転やおもてなし隊による特産品の販売が楽しめる観光列車「田園シンフォニー」号も運行している。

人吉温泉駅から20分ほどで駅名に「幸福」と付く現役の駅である「おかどめ幸福」駅に到着する。お人好し(おひとよし)は幸せ(幸福)になれるという願いが込められた記念きっぷ(人吉温泉駅発おかどめ幸福駅行き)が人吉温泉駅で販売されている。切符入れにはハート形とくまモンverの2種類がある。くまモンverを購入してお土産として渡すと熊本に行ってきたということがよく分かり喜ばれるのではないだろうか。

多良木駅には寝台車を使った宿泊施設「ブルートレインたらぎ」と多良木えびす温泉センターがあり、列車泊の雰囲気と温泉の両方を楽しめる知る人ぞ知る駅でもある。

湯前駅から徒歩20分のところに「ゆのまえ温泉」があり、宿泊だけでなく日帰り入浴もできる。


人吉から吉松へ行く[編集]

人吉駅からは観光列車「いさぶろう」に乗って吉松へ向かうが、人吉駅では駅弁の立売も行われているので、ホームで駅弁とお茶を買い、旅の気分を盛り上げてみてはどうだろうか。栗弁当、鮎寿司、幕の内のいずれも¥1,100、鶏のてりやき¥1,100、お茶が¥100となっている。

人吉駅を出発してから暫くすると列車は国見山地を登り始め、大畑駅でスイッチバックし、ループ線を登って行くと、肥薩線の最高地点である矢岳駅に到着する。ここから真幸駅へ向かって山を降っていく途中が日本三大車窓の一つの「矢岳越え」で、えびの高原や霧島連山などを車窓から眺めることができる。

真幸駅でスイッチバックし、太平洋戦争の終戦直後に痛ましい事故が起きた第二山神トンネルなどの多くのトンネルを抜けて行くと地形は平坦になり、列車は吉松駅に到着する。

大畑駅[編集]

大畑駅

日本で唯一スイッチバックとループ線の中にある駅で鉄道資源として貴重な存在である。大畑の駅舎に「名刺を張れば出世できる」と言われているため、木造の駅舎の内壁には訪問者の名刺が貼り付けてある。駅のホームには機関士たちがススに汚れた顔を洗っていたと言われる石造りの小さな噴水がある。駅とループ線の間にループ線の完成を記念した石碑(慰霊碑)が建っており、春にはちょっとした桜の名所になっている。

矢岳駅[編集]

D51型蒸気機関車

矢岳駅(人吉市)の標高は約536.9mで、肥薩線で最も高い場所にある。構内には人吉市SL展示館があり、D51型蒸気機関車が展示されている。この展示の蒸気機関車では運転台の中も見学できるので、記念撮影にはもってこいである。熊本県と宮崎県の県境が矢岳駅より少し南側の踏切付近にある。


真幸駅[編集]

スイッチバックがある駅。ホームには鳴らした回数に応じた幸せがつかめると言われている「幸せの鐘」が設置してある。詳細は宮崎県の「えびの市」の記事を参照。週末には、お茶菓子や漬物、野菜、真幸駅のキーホルダ、地元に関連本などを地元の人たちが販売している。

吉松駅[編集]

観光列車「いさぶろう」の旅は吉松駅(湧水町)まで。この駅では町と鉄道の関わりについての展示を行っており、駅前広場にはC55形蒸気機関車が保存されている。

吉松駅前ではかつて幹線として栄えていた名残で石炭を模した「汽笛饅頭」が販売されている。製造は「みやした菓子舗(0995-75-2049)」。

吉松駅前には「吉松駅前温泉」があり、便利良く入浴できる。

吉都線へ寄り道する[編集]

吉都線(きっとせん)が吉松駅から宮崎県都城市の都城駅までの61.6kmを結んでいる。

吉松駅から一つ目の鶴丸駅の周辺には鶴丸温泉があり、宿泊だけでなく日帰り入浴もできる。

吉松駅から二つ目の京町温泉駅(えびの市)の駅前には京町温泉の温泉街が広がっている。

吉松から隼人へ行く[編集]

吉松駅からは特急列車「はやとの風」または普通列車に乗車して隼人へ向かう。途中に多少の山はあるが、概ね、のどかな農村風景の車窓となる。

栗野駅[編集]

湧水町の栗野駅(くりのえき)の裏には日本名水100選の「霧島山麓丸池湧水」があり、駅からタクシーで15分ほどのところには栗野岳温泉がある。

大隅横川駅[編集]

霧島市にある大隅横川駅(おおすみよこがわえき)の駅舎は開業時から100年以上使われており、国の登録有形文化財にも登録されている。駅舎の柱には第二次大戦中に被災した機銃掃射や戦闘機の機関銃の跡がある。特急はやとの風が駅舎見学のために数分停車する。但し下り列車は駅舎と反対側に停まるので写真撮影や見学は難しい。

霧島温泉駅[編集]

霧島市の霧島温泉駅からバスやタクシーで霧島温泉郷の各温泉へ行くことができる。 2008年1月から近所に住む男の子がちびっこ駅長に就任し、はやとの風の到着に合わせてホームに出迎えにやってくることがある。

嘉例川駅[編集]

嘉例川駅

霧島市の嘉例川駅(かれいがわえき)の駅舎も開業当時からのもので、国の登録有形文化財にも登録されている。駅舎見学のために特急はやとの風が数分停車する。普通列車はすぐに出発してしまうため注意が必要である。記念入場券(¥160)は吉松駅の窓口で販売されている。

嘉例川駅で有名な駅弁は「百年の旅物語「かれい川」。駅弁ランキングでは上位を占めるものであり、旅行ではぜひ食べたい駅弁である。地元では「ガネ」と呼ばれるさつまいもの天ぷらが有名。特急「はやとの風」利用の際は火~日曜日、嘉例川駅では土日曜日販売。¥1050。2日前までにJR九州の駅窓口で駅弁引換券を購入。問い合わせ。(092) 482-1489

日当山駅[編集]

普通列車のみ停車。徒歩10分くらいのところに「日当山温泉」がある。ひなびた温泉地だが、隠れファンがいる。立ち寄り入浴も安いので、人吉も含めて温泉入浴がよいかもしれない。西郷どん湯(せごどんゆ)まで徒歩5分。

隼人駅[編集]

霧島市の隼人駅(はやとえき)で肥薩線は終わるが、特急列車「はやとの風」の場合はそのまま鹿児島駅・鹿児島中央駅へ向かう。

気を付ける[編集]

ここで挙げた肥薩線では、列車の本数が1から2時間に1本と少ない。乗り遅れがないように注意すること。 人吉周辺は霧の日が多い。寒暖の差が激しい地域なので冬期は雪で列車が徐行して遅れる例も多い。余裕を持った移動になるように注意すること。

帰る[編集]

隼人駅から先は日豊本線の鹿児島方面か、都城方面(宮崎・大分・別府・小倉など)に乗り換える。鹿児島方面の場合は、鹿児島駅から鹿児島本線で1つ先の鹿児島中央駅へ行くと、九州新幹線に乗り換えて八代市に戻ることができる。

八代駅から先は鹿児島本線の熊本方面(熊本駅など)か、肥薩おれんじ鉄道線の川内方面に乗り換える。熊本方面の場合は、八代駅から鹿児島本線で1つ先の新八代駅へ行くと、九州新幹線に乗り換えて熊本・久留米・博多・本州方面に向かうことができる。また鹿児島市に戻ることができる。