何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

黒部市

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索

黒部市(くろべし)は富山県東部にある市。2006年に黒部市と宇奈月町が合併した。 [1]


分かる[編集]

黒部・宇奈月温泉観光協会 所在  黒部市宇奈月町内山3353。  電話  (0765) 65-0022  FAX  (0765) 65-0012  WEB  [2]

  • いっぷく処
    いっぷく処 — 地鉄:宇奈月温泉駅から徒歩1分(トロッコ列車乗り場から徒歩6分)の場所にある観光案内所を兼ねた休憩所。「宇奈月食べ歩きクーポン」の販売所でもある。エコの町活動を推進しており、電気自動車の貸し出しもしている。
  • 宇奈月食べ歩きクーポン
    宇奈月食べ歩きクーポン — 宇奈月温泉街にある和菓子やアイスを販売している9店舗(2013年6月現在)から3店舗を選んでクーポン券と商品を引き換えもらい、食べ歩きをしながら温泉街や足湯を巡ることができるお得なクーポン券。  所在  宇奈月温泉:いっぷく処で販売。  時間  9:00~16:00まで販売。  料金  ¥500。

着く[編集]

飛行機で[編集]

東京(羽田)、札幌から富山市富山空港(IATA: TOY)[3]を利用する。

また、富山空港へはウラジオストク(週3便)、上海(週2便)、ソウル(週3便)、大連(週3便)からの便も利用できる。

黒部市への直接の交通手段はタクシー・レンタカーのみである。

富山地方鉄道[4]によりJR富山駅まで「富山―空港線」が運行されている(¥400均一)。 富山駅よりJR北陸本線あるいは、富山地方鉄道 本線を利用する。

列車で[編集]

  • 北陸新幹線・黒部宇奈月温泉駅下車。隣接の富山地方鉄道・新黒部駅から地鉄電車に乗る。
  • あいの風とやま鉄道・黒部駅下車。
  • 宇奈月温泉へは富山駅(電鉄富山駅)・魚津駅(新魚津駅)黒部宇奈月温泉駅(新黒部駅)から富山地方鉄道で宇奈月温泉下車。

車で[編集]

北陸自動車道 黒部インターチェンジを利用する。

バスで[編集]

東京方面[編集]

富山地方鉄道により運行されている東京線(1日4往復)が、黒部インターチェンジのバスストップに停車する。

名古屋方面[編集]

直接の便はない。富山市より、富山地方鉄道により運行されている富山⇔名古屋線(1日4往復)を利用する。

大阪方面[編集]

直接の便はない。富山市より、富山地方鉄道・阪急バス[5]により運行されている大阪・京都⇔富山線(1日昼行1便、夜行1便)を利用する。

その他[編集]

富山地方鉄道により運行されている新潟線(1日2往復)が、黒部インターチェンジのバスストップに停車する。

船で[編集]

動く[編集]

黒部市HPに、市内の公共交通についてまとめたページがある。 公共交通で行こう!

列車で[編集]

あいの風とやま鉄道が市内を走っている。

 (魚津市魚津駅) - 黒部駅 - 生地駅 - (入善町 西入善駅)

富山市より富山地方鉄道本線[6]が走っている。

 (魚津市 経田駅) - 電鉄石田駅 - 電鉄黒部駅 - 東三日市駅 - 荻生駅 - 長屋駅 - 新黒部駅(北陸新幹線・黒部宇奈月温泉駅に隣接) - 舌山駅 - 若栗駅 - 栃屋駅 - 浦山駅 - 下立口駅 - 下立駅 - 愛本駅 - 内山駅 - 音沢駅 - 宇奈月温泉駅

宇奈月温泉駅より黒部峡谷鉄道が黒部渓谷沿いに欅平駅まで走っている。

バスで[編集]

市内の下記の路線が、黒部市公共交通戦略推進協議会により運営されている。 黒部市内路線バス

  • 新幹線市街地線
  • 新幹線生地線
  • 生地循環線
  • 石田三日市線
  • 池尻線
  • 南北循環線
  • 立山室堂直行バス「アルペンライナー」

また、合併以前から運行されている下記の2つの公営バスもある。 黒部市 公共交通のご案内

  • 入善町営バス「のらんマイ・カー」新屋線が、JR入善駅前と愛本(宇奈月庁舎前)を結んでいる。
  • 朝日町公共バス愛本線が、JR泊駅と宇奈月庁舎前を結んでいる。

足で[編集]

観る[編集]

法福寺 (ほうふくじ)  
北陸三十三観音霊場の三十三番札所。
 所在  黒部市宇奈月町明日 836。
入善町営バス「のらんマイ・カー」新屋線 愛本農協前バス停下車、東へ徒歩約600m。
富山地方鉄道本線 愛本駅 下車、北へ約1.7km。
 電話  (0765) 65-0526  WEB  
 開場時間    料金  


湯の街ふれあい音楽祭モーツァルト@宇奈月  
黒部峡谷鉄道#宇奈月駅参照。
 所在  宇奈月温泉街など。


YKK センターパーク 地図  
ジッパーや建具の世界的メーカーであるYKKグループの技術や歴史に関する数多くの資料展示が行われている施設。創業者がお隣の魚津市出身で、同社は現在でも黒部市を「技術の総本山」と位置づけ市内一帯に複数の大規模工場や事業所を保有しており、当施設はそのうちの黒部事業所敷地内にある。各種展示の見学のほか、ファスナー手作り体験もできる。オリジナルグッズの売店やカフェも併設。あいの風とやま鉄道の生地駅から徒歩15分、黒部市内路線バス(上記「#動く」参照)の新幹線生地線・生地循環線・南北循環線が工場敷地内まで立ち寄る。
 所在  黒部市吉田200  電話  0765-54-8181  WEB  [7]
 開場時間  9:00~16:30(月曜・年末年始休館、月曜が祝日の場合は翌日休館)。  料金  無料
YKK センターパーク

遊ぶ[編集]

黒部峡谷鉄道  
黒部川沿い(宇奈月~欅平)を走る観光鉄道。冬期運休。詳細は黒部峡谷鉄道参照。
 所在    電話  (0765) 62-1011
 FAX  (0765) 62-1724
 WEB  [8]
 営業時間  電話・FAXによる予約・問い合わせの受付時間は9:10~17:00。  料金  


宇奈月温泉  
詳細は黒部峡谷鉄道参照。
 所在  黒部市宇奈月温泉。富山地方鉄道で宇奈月温泉下車。


宇奈月温泉会館  
詳細は黒部峡谷鉄道参照。

買う[編集]

道の駅うなづき  
 所在  黒部市宇奈月町下立687。  電話  (0765) 65-2277  WEB  [9]
 営業時間  レストラン・売店「宇奈月麦酒館」 9:30~21:00。  値段  


魚の駅「生地」とれたて館  
魚の直売所。
 所在  黒部市生地中区265。  電話  (0765) 57-0192  WEB  [10]
 営業時間  9:00~18:00。  値段  

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

黒部の泡水  
黒部のご当地サイダー。1本¥300。
黒部の泡水


宇奈月麦酒館  
地ビールの「宇奈月麦酒」が飲める。
 所在  黒部市宇奈月町下立687 富山地方鉄道下立(おりたて)駅徒歩8分  電話  (0765) 65-2277  WEB  [11]
 営業時間  レストラン:平日10:00~18:00/土日祝10:00~21:00  料金  地ビール3種¥540など

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

ホテルアクア黒部  
黒部駅前のビジネスホテル。
 所在  黒部市天神新353-1。  電話  (0765) 54-1000  WEB  [12]
 時間    料金  


ファミリーロッジ旅籠屋・黒部店  
8号バイパス側道沿いにあるミニホテル。
 所在  黒部市中新237-1。  電話  (0765) 56-8848  WEB  [13]
 時間    料金  

高級[編集]

出かける[編集]




この記事「黒部市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。