何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

黒川温泉

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
黒川温泉

Default Banner.jpg

黒川温泉(くろかわおんせん)は熊本県南小国町にある温泉地である。


分かる[編集]

黒川温泉観光旅館協同組合 — 黒川温泉の公式サイト。このホームページから温泉マップや道路地図の入手、各旅館の入浴情報(○:入浴可、△:混雑している、×:入浴不可など)や空室状況を知ることができる。  所在  南小国町黒川さくら通り  電話  (0967) 44-0076  FAX  (0967) 44-0819  WEB  [1]

べっちん館 — 浴衣に雪駄で散策できるように、浴衣+帯+雪駄を貸し出している。浴衣姿は彩りになる上、気軽なので挑戦してほしい。男女様々な浴衣がある。  所在  黒川温泉観光協会  電話  (0967) 48-8130  時間  10:00~16:30  料金  ¥1000  WEB  [2]

着く[編集]

飛行機で[編集]

利用可能な空港は熊本空港と福岡空港である。それぞれの空港からは直通バスが出ている。

列車で[編集]

駅からバスが利用可能であるのは日田駅、由布院駅、阿蘇駅である。駅からのバスの本数が少ないため利用の際は事前に十分な計画を立てた方がよい。

車で[編集]

湯布院・阿蘇方面からは県道11号線(やまなみハイウェイ)の瀬の本交差点から国道442号線を利用すればよい。福岡・長崎方面からは大分自動車道日田IC下車後、国道212号線と国道442号線を利用していけばよい。詳細な情報は[3]を参照。

温泉街に近い駐車場は満車になっていることが多いため、無理して中心部に止めるより、多少遠いところにある駐車場を利用し、周辺を散策することをおすすめする。

国道以外の車道には歩道がないため、黒川温泉を散策している観光客に注意が必要である。

バスで[編集]

福岡・博多方面から
九州産交バスと日田バスが運行している黒川温泉行きの高速バス(予約制)を利用するとよい。予約は九州産交バスまたは西鉄バスが担当している。2012年6月現在、1日2往復運行。各地から黒川温泉までの所要時間と運賃は以下の通り。
  • 博多バスターミナルから約3時間、¥3,000。
  • 天神バスセンターから約2時間40分、¥3,000。
  • 福岡空港(国内線)から約2時間20分、¥3,000。
熊本・湯布院・別府方面から
九州産交バスが運行している九州横断バスを利用するとよい。ともに予約制であるので満席の際は乗車できない場合がある。多客期は事前予約しておいた方がよい。2012年6月現在、熊本駅から1日6本、由布院駅前バスセンターから1日4本、別府から1日2本ほど運行。途中、南阿蘇の高森中央バス停で20分の休憩が入るバスが1本、阿蘇山で90分の食事休憩が入るバスが1本あるので、利用する前に経由地と所要時間を確認しておいた方がよい。各地から黒川温泉までの所要時間(阿蘇山経由食事休憩なし)と運賃は以下の通り。
  • 熊本駅前から約3時間20分、¥2,000。
  • 阿蘇くまもと空港から約2時間30分、¥1,700。
  • 阿蘇駅前から約50分、¥960。
  • 由布院駅前バスセンターから約1時間30分、¥1,700。
  • 別府駅前から約2時間20分、¥2,350。

動く[編集]

バスで[編集]

足で[編集]

温泉街は小さいので徒歩で充分。浴衣に雪駄で歩くのが心地よい。

観る[編集]

地蔵堂 地図  
黒川温泉にまつわる伝承の場所。使い終わった温泉手形に願い事を書いてここに納めている人が多い。願いごとを書くかわりに備え付けのスタンプ(恋愛成就、学業成就、家内安全の3種類)を押して入浴手形を納めてもよい。
 所在  河端通り沿い

遊ぶ[編集]

入湯手形  
黒川温泉の全24件の温泉のうち3ヶ所に入ることができる手形。1つの手形を複数人で利用することはできないので、1人1枚持参して温泉巡りをすること。
 所在  黒川温泉内。  電話  (0967) 44-0076  WEB  [4]
 営業時間  有効期限は半年間。入浴時間は8:30~21:00(旅館によって混雑や清掃時間確保のため入浴不可の場合あり)。  料金  大人¥1,300、子ども¥700。

買う[編集]

どらどら  
どら焼き専門店。
 所在  南小国町黒川温泉6612-2。  電話  (0967) 44-1055  WEB  [5]
 営業時間  9:00~18:00  値段  

食べる[編集]

FORZA ASO (フォルツァ阿蘇) 地図  
牧場直送の牛乳を使ったソフトクリームが人気。熊本名物のいきなり団子を冷たくしてもおいしいようにした芋蔵(プレーン、柚子、抹茶、紫いも)も販売している。
 所在  南小国町満願寺6602黒川温泉川端通り  電話  (0967) 44-0777  WEB  
 営業時間  9:00~18:00  予算  ソフトクリーム¥300、芋蔵1個¥180など

中級[編集]

自然薯料理 やまたけ  
自然薯にこだわる店。
 所在  南小国町満願寺6994  電話  (0967) 44-0930  WEB  [6]
 営業時間  11:00~20:00  予算  とろろ膳¥1150など


とうふ吉祥  
豆腐料理の店。
 所在  南小国町満願寺6618  電話  (0967) 44-0659  WEB  [7]
 営業時間  11:00~17:00  予算  とうふ定食(梅)¥1600など


わろく屋  
あか牛料理とカレーの店。
 所在  南小国町満願寺黒川6600-1  電話  80967) 44-0283  WEB  [8]
 営業時間  9:30~17:00 木曜休  予算  炙り重¥1980、馬肉カレー¥950、焼きカレー¥1100など


うふふ  
郷土料理の店。
 所在  南小国町満願寺6606  電話  (0967) 44-0651  WEB  
 営業時間  12:00~14:00/18:30~19:40  予算  うふふ膳¥1575、馬肉煮込み定食¥1000など


味処 なか  
気軽に入れる郷土料理店。
 所在  南小国町満願寺6600-2  電話  (0967) 44-0706  WEB  
 営業時間  10:30~21:00  予算  てんぷら定食¥1300、たかなめし¥650、地鶏めし¥800、馬刺し¥1050など

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

山の宿 新明館 地図  
日本秘湯を守る会に所属している旅館の1つ。宿のご主人が自ら作った洞窟風呂(女性専用1ヶ所、混浴1ヶ所)は天然のサウナのようになっている。混浴の露天風呂の屋根がわらぶき屋根であったり、屋外の休憩所に囲炉裏があるなど秘湯の風情が散りばめられている。
 所在    電話  (0967) 44-0916
 FAX  (0967) 44-0532
 WEB  [9]
 時間  チェックイン 13:00 チェックアウト 10:00 立ち寄り湯は8:30~20:30。  料金  1泊2食付き¥12,750~、入浴のみ¥500。

高級[編集]

山河旅館  
温泉街から離れた雑木林の中にひっそりと佇む一軒宿。
 所在  南小国町満願寺6961-1。  電話  (0967) 44-0906  WEB  [10]
 時間    料金  


歴史の宿 御客屋  
創業三百年の老舗温泉旅館。
 所在  南小国町満願寺黒川温泉6546。  電話  (0967) 44-0454  WEB  [11]
 時間    料金  


旅館こうの湯  
全室露天風呂付き。大浴場には深さ最大162cmもある日本一深い立ち湯もある。
 所在  南小国町大字満願寺6784。  電話  (0967) 48-8700  WEB  [12]
 時間    料金  


山みず木  
渓流の傍にある旅館。
 所在  南小国町万願寺6392-2  電話  (0967) 44-0336  WEB  [13]
 時間    料金  


いこい旅館  
13種の浴槽がある。
 所在  南小国町万願寺6548  電話  (0967) 44-0552  WEB  [14]
 時間    料金  本館¥17430~

出かける[編集]

  • 阿蘇山 - 世界最大級のカルデラを持つ活火山。ドライブ、ツーリングスポットとして有名。やまなみハイウェイを利用して移動可能。
  • 由布市 - 九州の温泉として有名な由布院温泉や観光名所の金鱗湖などがある。やまなみハイウェイを利用して移動可能。


この記事「黒川温泉」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。