何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

鶴居村

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
鶴居村

Default Banner.jpg

鶴居村 (つるいむら) は、北海道東部の内陸にあり釧路地方に属する村である。[1]

日本で最も美しい村[2]のひとつである。


分かる[編集]

釧路湿原国立公園の指定地域の多くを占め、タンチョウが営巣する地としても知られている。釧路市釧路町および標茶町に接している。

着く[編集]

飛行機で[編集]

  • 釧路空港が近い。空港からは、阿寒バス阿寒湖線の釧路方面行きに乗り、鳥取分岐で鶴居線(「バスで」を参照)に乗り換える。
  • 釧路空港へ未就航の地域からは新千歳空港を利用し釧路便へ乗り換える。鉄道利用の場合新千歳空港駅から南千歳乗換えで釧路駅まで特急(「列車で」を参照)、釧路駅前からバスに乗る。

列車で[編集]

村内には鉄道路線は存在しない。

  • 帯広・南千歳・札幌方面からは特急「スーパーおおぞら」を利用し、釧路駅からバス。バスの便は「バスで」を参照。
時刻表
区間 列車名 発着時刻
札幌→釧路 Sおおぞら 札幌発- 07:03|09:04|11:51|14:20|15:50|17:57|19:58
釧路着- 10:51|13:03|15:42|18:14|19:45|21:43|23:52
釧路→札幌 釧路発- 06:32|07:39|08:39|11:47|13:25|16:17|19:08
札幌着- 10:31|11:29|12:14|15:14|17:17|20:13|22:58

車で[編集]

釧路市内から道道53号で中心市街地まで約30km、弟子屈からは39kmである。

バスで[編集]

釧路駅前(始発は市民病院)から鳥取分岐経由で鶴居市街(つるい保養センター)まで阿寒バス「鶴居線」がある。。

  • 釧路駅前-発: 08:55、10:25、13:25、14:40、16:20、19:00
  • 鳥取分岐-発: 09:17、10:47、13:47、15:17、16:57、19:37
  • 鶴居市街-着: 09:58、11:28、14:28、15:58、17:38、20:18

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

バスで[編集]

湿原展望台・温根内ビジターセンター・鶴見台・鶴居市街間は路線バスが利用できる。

足で[編集]

観る[編集]

温根内ビジターセンター  
湿原の生態を観察できる施設。
 所在  阿寒バス鶴居線「恩根内ビジターセンター」下車徒歩1分。  電話  (0154) 65-2323  WEB  [3]
 開場時間  10:00~16:00(4月~10月は17:00まで)。  料金  入館無料。


鶴居伊藤タンチョウサンクチュアリー  
日本野鳥の会が運営するタンチョウの生息地保護区域。ネイチャーセンターで解説を聞くことができる。4月から10月まで公開。
 所在  「鶴村役場前」下車徒歩15分。  電話  (0154) 64-2620  WEB  [4]
 開場時間  10:00~16:30。  料金  入場無料。


宮島岬・キラコタン岬  
海であった頃には岬だった丘の先端。湿原を流れるチルワツナイ川の蛇行の様子がよく見える。徒歩か馬でしか行けない。民有地のため通行には許可が必要。
 所在  宮島岬は下雪裡から約8km。


鶴見台  
タンチョウの給餌場がある。10月から3月の間、朝と14:00ころに給餌が行われる。
 所在  「鶴見台」下車。

遊ぶ[編集]

温根内ビジターセンターの木道  
ビジターセンターを基点にして2.6kmに及ぶ木道が整備されている。アシ・スゲの湿原、ミズゴケの湿原、ハンノキ林など1周約3.1km。ウメバチソウの群落を通る2.1kmの短絡路もある。
 所在    電話    WEB  [5]
 営業時間    料金  


ホーストレッキング(鶴見どさんこ牧場)  
引き馬から宮島岬への湿原トレッキングまでいくつかの乗馬体験メニューがある。宿泊もでき(2食付¥7,000程度)、お得なトレッキングとのセットもある。
 所在    電話  (0154) 64-2391  WEB  [6]
 営業時間  9:30~15:00。  料金  半日¥8,000~(引き馬は¥1,000~)。


農畜産物加工体験(らくらく館)  
アイスクリーム、バター、ソーセージ、燻製などの加工体験ができる施設。
 所在  「鶴居村役場前」下車徒歩10分。  電話  (0154) 64-3088  WEB  [7]
 営業時間  9:00~17:00。  料金  体験により各種。

買う[編集]

鶴居村の特産品 — 伝統あるタンチョウ木炭やエゾシカ肉の大和煮、やまべの甘露煮などの特産品がある。  WEB  [8]


鶴居たんちょうプラザつるぼーの家  
地域特産品の販売店。
 所在  鶴居村鶴居東1-1-3。  電話  (0154) 64-5350  WEB  [9]
 営業時間  9:00~18:00 (冬期 ~17:00)、定休日 冬期のみ月曜  値段  

食べる[編集]

鶴居村の飲食店 — ラーメンから本格的なレストランまで15軒以上の飲食店がある。  WEB  [10]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

鶴居村の宿 — 鶴居村には天然温泉の宿をはじめ10軒以上の宿泊施設がある。  WEB  [11]

安宿[編集]

民宿つるい  
鶴居市街地にある天然温泉の民宿である。日帰り入浴も可能で、この場合の料金は大人が¥380、小人が¥180。但し、毎週水曜日定休となる。(祝祭日・年末年始は除く)FAX予約をするときは、公式サイトのPDFファイルを印刷してからFAX送信する必要がある。JR釧路駅からバスで約40分。
 所在  鶴居村鶴居東3丁目3番地。  電話  (0154) 64-2030
 FAX  (0154) 64-2030
 WEB  [12]
 時間    料金  ¥5,800(冬季暖房料¥200)。

中級[編集]

HOTEL TAITO  
オーナーがプロ写真家で、天然温泉のホテル。ミニギャラリー、ライブラリー、貸し自転車、ランドリーコーナーがある。
 所在  「鶴居中学校」下車すぐ。  電話  (0154) 64-3111
 FAX  (0154) 64-3333
 WEB  [13]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  ¥10,000程度。

高級[編集]

出かける[編集]


この記事「鶴居村」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。