何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

高山市

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
飛騨の里(飛騨民俗村)

高山市(たかやまし)は岐阜県北部にある山間の町。飛騨高山(ひだたかやま)とも呼ばれる。古い町並みが多く残る観光地として広く知られており、また、白川郷や奥飛騨方面などへの観光の拠点でもある。 [1]


分かる[編集]

高山祭の山車と観光人力車

高山市は岐阜県の北部に位置し、北陸三県(富山県、石川県、福井県)および長野県と接している。市域は平成の大合併により東西方向に約81km、南北方向に約55kmを有するほどの広さとなり、面積は2,177.67km²となった。これは大阪府(1,901.42km²)や香川県(1,876.58km²)よりも広く、高山市は現在、日本一広い市町村となっている。

高山市の中心市街地は古い町並みが多く残る観光地として広く知られており、小京都の1つに数えられている。また、観光地を抱えているだけでなく、朴葉(ほうば)味噌焼きや漬物ステーキといった郷土料理や飛騨牛といった名物グルメもあり、鉄道やバスなどの交通の要所でもあることから、白川郷や奥飛騨、北陸方面などへの観光の拠点にもなっている。

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン2009とその第2版(2011年版)で京都や奈良と同じ3つ星を獲得したことにより、国際的にも知名度が高くなり、外国人観光客も多い地域でもある。高山市観光課の観光情報ホームページは日本語以外に10ヶ国語に対応しており、外国人観光客の誘致に力を入れている。

高山市は行政区分場は東海地方に含まれるが、標高が高く北陸地方に近いこともあるため、冬に訪れる場合は雪国に行く覚悟で訪問するように準備したい。

観光案内所[編集]

  • 飛騨高山観光案内所 (市観光課) —  所在  高山市昭和町1。JR高山駅前。  電話  (0577) 32-5328  時間  8:30~18:30(11月~3月 17:00まで)。年中無休。  WEB  [2]
  • 飛騨高山シルバー観光ガイド (財 高山市シルバー人材センター) — 一人から申し込みを受け付けている(5日前までの予約必要)。  所在  高山市森下町1-208。高山市山王福祉センター3階。  電話  (0577) 32-8090  FAX  (0577) 32-8409  時間  8:30〜17:15。土日祝定休。  料金  ガイド料¥3,000+入場料等実費。  WEB  [3]  e-mail  [4]
  • (社)飛騨高山観光協会・飛騨高山観光客誘致推進協議会  WEB  [5]
  • 「飛騨・高山コンベンションビューロー」 WEB  [6]
  • 奥飛騨温泉郷総合案内所 (社団法人奥飛騨温泉郷観光協会) —  WEB  [7]

着く[編集]

飛行機で[編集]


列車で[編集]

高山駅

市の中心部に近いのは高山駅。JR高山本線の駅である。名古屋駅・岐阜富山から特急「ひだ」号を利用して高山駅へ向かうとよい。1日1往復だけではあるが大阪からの特急列車も運行されている。主要駅からの所要時間は以下の通り。

  • 名古屋駅から特急で2時間20分前後。毎時1本程度運行している。
  • 大阪駅から特急で4時間ほど。
  • 岐阜駅から特急で約2時間。
    • 普通列車なら3時間~3時間半、昼間は最大5時間ほど列車間隔が開く時間帯があるため注意が必要。
  • 富山駅から特急で1時間半、1日4往復運行。
    • 普通列車なら2時間~2時間半。途中の猪谷駅で乗り換える必要がある。
    • 当日中に乗り継ぎ可能な普通列車は1日6本。

車で[編集]

市内を国道41号線が南北に通じ、名古屋、富山方面などと結ばれている。また、国道158号線が長野県松本市と結ばれている。

バスで[編集]

高速バス[編集]

以下の高速バスが運行されている。

  • ひだ高山号 (JR東海バス・名鉄バス・濃飛乗合) — 名古屋から岐阜県内を結ぶ、毎日9往復運行している昼間高速バスである。4列シート車使用。  所在  市内バス停 高山濃飛バスセンター、崇教真光総本山前。  電話  東海予約 (052) 563-0489、名鉄予約 (052) 582-0489、濃飛予約 (0577) 32-1688  時間  所要2時間40分。  料金  大人片道¥2,900、往復¥5,000。回数券、奥飛騨乗継ぎキップあり。  WEB  [8]
  • 新宿~飛騨高山線 (濃飛乗合・京王バス) — 東京(新宿)から岐阜県内を結ぶ、毎日6往復運行している昼間高速バスである。女性専用席あり。  所在  市内バス停 高山濃飛バスセンター、丹生川、平湯温泉。  電話  濃飛予約 (0577) 32-1688、京王予約 (03)  時間  新宿(所要5時間30分)7:00、8:00、9:00、11:00、14:30、17:00。夏期のみ23:00発の夜行便が加えて設定される。  料金  新宿 片道¥6,500、往復¥11,700。回数券¥23,400。  WEB  [9]
  • 高山~京都・大阪線 (濃飛乗合・近鉄バス) — 大阪(近鉄なんば駅大阪駅)と京都(名神深草)から岐阜県内を結ぶ、毎日2往復運行している昼間高速バスである。4列シート車使用。  所在  市内バス停 高山濃飛バスセンター、崇教真光総本山前、清見道の駅七杜。  電話  濃飛予約 (0577) 32-1688、近鉄予約 (06) 6772-1631  時間  大阪(所要5時間30分)8:15発、16:30発。名神深草 9:26発、17:46発。  料金  大阪 片道¥5,500、往復¥9,900。京都 片道¥4,650、往復¥8,350。  WEB  [10]

特急バス[編集]

以下の特急バスが運行されている。

  • 特急バス高山線 (富山地鉄・濃飛乗合) — 富山から高山市内を結ぶ、毎日4往復運行している昼間特急バスである。神岡で奥飛騨温泉行きに接続している。  所在  市内バス停 JR高山駅前。  電話  富山予約 (076) 433-4890、濃飛予約 (0577) 32-1688  時間  JR富山駅前(所要2時間25分)8:30発、11:20発、15:00発、18:00発。  料金  大人片道¥2,000、往復3,500。子供片道¥1,000。  WEB  [11]

動く[編集]

列車で[編集]

高山市における中心となる駅はJR高山本線の高山駅であるが、1時間に1、2本ほどしか列車はなく、必ずしも移動に適しているとはいえない。1時間に1本の列車が特急のみのダイヤもあり、普通列車に乗りたいときは注意が必要である。

市内には以下の駅がある。

高山本線[編集]

(飛騨市飛騨古川駅) ― 飛騨国府駅 ― 上枝駅 ― 高山駅 ― 飛騨一ノ宮駅 ― 久々野駅 ― 渚駅 ― (下呂市飛騨小坂駅)。

バスで[編集]

  • さるぼぼバス — 高山市内を周遊する路線バス。主要な観光名所を結ぶ3路線が運行されており、市内観光に便利。  料金  1乗車¥200、1日フリー乗車券¥550。

自転車で[編集]

以下のレンタサイクルが利用できる。

  • 駅レンタサイクル 所在  高山市花里5-23。JR高山駅前。  電話  (0577) 33-3522  時間  8:00~17:00。  料金  利用料¥200/時間、¥500/4時間、¥1,000/日。
  • ひまわりレンタサイクル 所在  高山市花里5-23。JR高山駅前。  電話  (0577) 34-1506  時間  8:00~17:00。木曜定休。  料金  利用料¥200/時間、¥1,200/6時間。

足で[編集]

観る[編集]

古い町並  
江戸時代以来の古い建物が建ち並んでおり、国選定重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。
 WEB  [12]
古い町並


中橋  
飛騨高山のシンボルと一つとなる朱色の橋。
 所在  高山市本町一丁目と上三之町。
中橋


高山陣屋  
江戸幕府が設置した代官所・郡代。全国で唯一現存する。
 所在  高山市八軒町1-5。  電話  (0577) 32-0643  WEB  [13]
 開場時間    料金  
高山陣屋


飛騨の里 (飛騨民俗村)  
飛騨各地から移築された合掌造りの古民家の中に、数々の農具・生活用具を展示。30件ある古民家のうち4件が重要文化財に指定されてる。
 所在  上岡本町一丁目590。  電話  (0577) 34-4711  WEB  [14]
 開場時間  8:30~17:00。  料金  ¥700。
飛騨の里


飛騨一宮水無神社 (ひだいちのみや みなしじんじゃ)  
飛騨国を守る神社として平安前期には創設されていた神社。飛騨地方で一番格式が高い。毎年4月3日に開催される飛騨生きびな祭の会場になっている。
 所在  高山市一之宮町5323、JR飛騨一ノ宮駅から徒歩8分、濃飛バス下呂線飛騨一ノ宮バス停から徒歩3分。  電話  (0577) 53-2001  WEB  [15]
 開場時間  -  料金  参拝無料。
飛騨一宮水無神社

祭事[編集]

高山祭  
日本三大美祭の一つに数えられる。4月14 - 15日と10月9 - 10日に開催される。
 WEB  [16]
高山祭


飛騨生きびな祭  
飛騨地域から選ばれた女性がお内裏様やお雛様などの雛人形の姿に扮して飛騨一宮水瀬神社周辺を練り歩くお祭り。養蚕や農業の反映と女性の幸せを願って毎年4月3日に開催される。行列の先頭では行列の通る道幅を確保するために赤鬼と青鬼が竹の棒で露払いした後に、子どもたちの行列が過ぎていき、メインのお内裏様やお雛様、官女たち、左大臣や右大臣が練り歩いていく。雨天時は本殿の回廊を歩くことになる。
 所在  飛騨一宮水無神社およびその周辺の道路。  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  4月3日(毎年固定日)  料金  見学無料。
飛騨生きびな祭

遊ぶ[編集]

奥飛騨温泉郷平湯温泉・福地温泉・新平湯温泉・栃尾温泉・新穂高温泉  
詳細は「奥飛騨温泉郷」を参照。

買う[編集]

宮川朝市 地図  
鍛冶橋から弥生橋にかけての宮川沿いにわたって開かれる朝市日本三大朝市に数えられる。
 WEB  [17]
宮川朝市


陣屋前朝市 地図  
高山陣屋前の広場に開かれる。江戸時代からの歴史を持つ朝市で、宮川朝市と高山市の朝市の双璧をなす。
 WEB  [18]
陣屋前朝市


坂本酒店  
地下ワインセラーを作って20年以上、ドイツ、フランス、イタリアの生産者に直に会い、栽培地を視察し、感動したワインをお勧めしている。
 所在  高山市久々野町無数河616-2  電話  (0577) 52-2105   WEB  [19]
 営業時間  9:00~21:00、木曜定休。  値段  飛騨地区限定発売、渡辺酒造「蔵元の隠し酒」1.8ℓ¥2,100。


小鳥屋商店 (おどりやしょうてん)  
古い町並みの赤橋近くにある小物や反物を販売しているお店。飛騨高山が舞台となったアニメ「氷菓」のとJR東海とのコラボグッズを取り扱っている。
 所在  高山市上三之町5、JR高山駅・高山バスターミナルから徒歩10分。  電話  (0577) 34-0738  WEB  [20]
 営業時間  9:00~17:00。  値段  さるぼぼ¥400、手ぬぐい¥400~。
小鳥屋商店

食べる[編集]

漬物ステーキ  
漬物を鉄板で炒め、卵でとじた料理。細部は店によって異なる。元々飛騨高山では漬物を熱して食べる習慣があった。高山市内の居酒屋やレストランにおいてあるサイドディッシュ的なメニューだが、意外性からか観光客にも人気が高い。
漬物ステーキ


飛騨牛  
岐阜県内で14カ月以上飼育された黒毛和種で霜降り肉になっているのが特徴。ステーキやすき焼きをはじめ朴葉みそ味噌焼きやあぶり握りなど様々な種類の料理で高山市内で提供されている。画像は坂口屋の飛騨牛にぎり寿司。
飛騨牛


朴葉みそ味噌焼き  
朴葉みその上に肉や野菜をのせ味噌で味付けして焼いた郷土料理。食事処では飛騨牛入りの定食で提供しているお店が多い。
朴葉みそ味噌焼き


みだらし団子  
醤油ダレにくぐらせて焼いた串団子。み「た」らしではなくみ「だ」らしと濁る。コンビニ等で売られている砂糖醤油の甘辛いとろみのあるタレがかかっているみたらし団子とは別物なので注意が必要。食べ歩きできるように1本から購入できるお店が多い。1本¥70~、古い町並みや高山陣屋の周辺で販売している。
みだらし団子


ネギ味噌天ぷら  

安食堂[編集]

鍛冶橋そば  
高山ラーメンのお店。
 所在  高山市本町3-62。  電話  (0577) 32-0473  WEB  
 営業時間  11:00~25:00。  予算  


飛騨高山ラーメン 伝真  
高山駅前の高山ラーメン店。
 所在  高山市花里町5-20-3。  電話  (0577) 32-0444  WEB  [21]
 営業時間  11:30~21:00。  予算  


豆天狗  
高山ラーメンのお店。
 所在  高山市八軒町2-62。  電話  (0577) 33-5177  WEB  [22]
 営業時間  11:00~19:00、定休日 火曜。  予算  


喫茶去かつて  
さんまち通りにある古民家喫茶。
 所在  高山市上三之町92。  電話  (0577) 34-1511  WEB  [23]
 営業時間  10:00~17:00、定休日 水曜。  予算  あずきわらびもち ¥700。


栄屋食堂  
高山駅前の大衆食堂。
 所在  高山市花里町5-22。  電話  (0577) 34-2354  WEB  
 営業時間  11:00~18:00、定休日 水曜。  予算  天ぷらラーメン ¥680。


かじ橋食堂  
宮川朝市にある定食屋。
 所在  高山市下三之町1。  電話  (0577) 33-0474  WEB  [24]
 営業時間  6:00~15:00、 [夏期] 6:00~17:00。  予算  飛騨牛ほうばみそ定食 ¥1,500。

中級[編集]

飛騨高山 京や  
飛騨の郷土料理のお店。
 所在  高山市大新町1-77。  電話  (0577) 34-7660  WEB  [25]
 営業時間  11:00~22:00、定休日 火曜。  予算  鶏ちゃん ¥650、漬物ステーキ ¥550。


吉ぽう  
高山陣屋の裏にある飛騨牛のお店。
 所在  高山市八軒町2-22。  電話  (0577) 32-6850  WEB  [26]
 営業時間  11:30~14:00 17:00~22:00。  予算  飛騨牛牛めし丼 ¥2,100。


蕎麦正  
日本一の蕎麦の町とうたってる荘川にある手打そばのお店。
 所在  高山市荘川町牧戸160-1。  電話  (057) 692-2234  WEB  [27]
 営業時間  11:00~売り切れまで(土・日・祝 10:30~)、定休日 木曜(祝日営業)。  予算  源流そば(もり) ¥1,000。


丸明 飛騨高山店 (まるあき)  
飛騨牛のお店。
 所在  高山市天満町6-8-1。  電話  (0577) 35-5858  WEB  [28]
 営業時間  11:00~21:00。  予算  


センターフォーハンバーガーズ (CENTER4 HAMBURGERS)  
外国人観光客にも人気のハンバーガーショップ。
 所在  高山市上一之町94。  電話  (0577) 36-4527  WEB  [29]
 営業時間  11:00~14:30 18:00~21:30、定休日 水曜。  予算  

高級[編集]

キッチン飛騨  
飛騨牛専門の老舗ステーキ店。取り寄せもできる「ご飯にかける飛騨牛ハンバ具ー」は人気。
 所在  高山市本町1-66。  電話  (0577) 36-2911  WEB  [30]
 営業時間  11:30~15:30 17:00~20:30、定休日 水曜(祝日の場合は営業)  予算  

飲む[編集]

飛騨高山一番街  
飲み屋が集まる歓楽街。
 所在  高山市朝日町。  電話    WEB  [31]
 営業時間    料金  
飛騨高山一番街


飛騨オレンジ・飛騨パイン  
飛騨酪農農業協同組合が販売するご当地乳飲料。果汁プラス牛乳という組み合わせでフルーツオレの味を1種類の果物に特化させたような味。
 所在  高山市とその周辺。  電話    WEB  [32]
 営業時間    料金  1本¥100~120。
飛騨オレンジ・飛騨パイン

泊まる[編集]

以下の組合にて宿泊情報を得る事ができる。

飛騨高山宿泊ガイド (飛騨高山旅館ホテル協同組合) —  電話  (0577) 33-1181  FAX  (0577) 33-9606  WEB  [33]

飛騨高山民宿協同組合 (飛騨の民宿・ペンション検索) —  所在  高山市総和町1-50-30  電話  (0577) 33-8501  FAX  (0577) 33-8504  WEB  [34]  e-mail  [35]

奥飛騨温泉郷のホテルは奥飛騨温泉郷#泊まるを参照。

山小屋[編集]

安宿[編集]

飛騨高山ゲストハウスとまる  
夫婦で運営する、最大宿泊人数15名のみのアットホームな旅人の宿。築70年の民家を改築。旅人同士や宿スタッフと語らえるラウンジ、自由に使えるキッチン、館内どこでも無線ラン、フカフカの布団、可愛らしいレンタサイクル等。
 所在  高山市花里町6-5。高山駅、バスセンターから徒歩2分。  電話  (0577) 62-9260
 FAX  (0577) 62-9260
 WEB  [36]
 e-mail  [37]
 時間  チェックイン 16:00 チェックアウト 11:00   料金  ドミトリー¥2,500~、和室ツイン/トリプル一名¥3,000~。


ジェイホッパーズ飛騨高山ゲストハウス  
飛騨地方初のバックパッカーズホステル(国際旅人宿)。自炊キッチン、食堂、リビングルーム、コインランドリー、無線インターネットアクセス、レンタサイクルなどがある。門限無し。 (Skype : jhoppers_takayama)
 所在  高山市名田町5-52。高山駅から徒歩3分、高山郵便局の前。  電話  (0577) 32-3278
 FAX  (0577) 62-9662
 WEB  [38]
 e-mail  [39]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 11:00   料金  ドミトリー¥2,500~、和室ツイン/ダブル一名¥3,000~。


ひだ高山天照寺ユースホステル  
高山駅下車、徒歩20分。
 所在  高山市天性寺町83。  電話  (0577) 32-6345
 FAX  (0577) 32-6392
 WEB  [40]
 時間  チェックイン 15:00~21:00 チェックアウト 7:00~9:30   料金  非会員¥3,600。朝食代として¥630。冬期は暖房費として¥600。

中級[編集]

飛騨高山ワシントンホテルプラザ 地図  
高山駅前にある全175室のホテル。客室はいわゆるビジネスホテルで、最も狭い客室の広さは11平方メートル。朝食は和朝食か洋朝食の選択。このホテルは名古屋市中区に本社があるワシントンホテル株式会社が展開しており、ワシントンホテルを展開し、ホテル椿山荘東京に本社のある藤田観光株式会社とは無関係。ただ、かつてはワシントンホテルプラザはワシントンホテルと提携関係にあった。
 所在  高山市花里町5-20。  電話  (0577) 37-0410
 FAX  (0577) 35-3755
 WEB  [41]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 10:00   料金  ¥6,342~。
飛騨高山ワシントンホテルプラザ


ホテルグランティア飛騨高山  
高山駅より車で10分(送迎バスあり)。
 所在  高山市千島町1070-1。  電話  (0577) 32-0100  WEB  [42]
 時間    料金  


スーパーホテル飛騨・高山  
高山駅より徒歩約2分。
 所在  高山市天満町4-76。  電話  (0577) 32-9000  WEB  [43]
 時間    料金  


ベストウエスタンホテル高山  
高山駅より徒歩約1分。
 所在  高山市花里町6丁目6番地。  電話  (0577) 37-2000  WEB  [44]
 時間    料金  


スパホテル アルピナ 飛騨高山  
高山駅より徒歩3分。
 所在  高山市名田町5丁目41番地。  電話  (0577) 33-0033  WEB  [45]
 時間    料金  


四季倶楽部 飛騨高山荘  
オールシーズン1泊朝食付き¥5,250。
 所在  高山市西之一色町3-950-1。  電話  (0577) 32-3525  WEB  [46]
 時間    料金  


カントリーホテル高山  
高山駅より徒歩1分。
 所在  高山市花里町6丁目38番地。  電話  (0577) 35-3900  WEB  [47]
 時間    料金  

高級[編集]

高山グリーンホテル  
温泉大浴場が大きく料理も美味しい。
 所在  高山市西之一色町2-180。  電話  (0577) 33-5500
 FAX  (0577) 32-4434
 WEB  [48]
 e-mail  [49]
 時間    料金  ツイン¥10,500~。
高山グリーンホテル


ホテルアソシア高山リゾート  
北アルプスを望む露天風呂が自慢。
 所在  高山市越後町1134。  電話  (0577) 36-0001  WEB  [50]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 12:00   料金  


旅館 清龍  
飛騨牛が満喫できる温泉旅館。
 所在  高山市花川町6番地。  電話  (0577) 32-0448  WEB  [51]
 時間    料金  

出かける[編集]

  • 奥飛騨温泉郷
  • 白川郷 - 世界遺産の合掌造り集落で有名な観光地。高速バスで50~60分で行ける。
  • 松本市 - 国宝の松本城がある。特急バスで約2時間20分。


Wikitravel Shared Logo 高山市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。