何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

香美町

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
香美町

Default Banner.jpg

松葉ガニや紅ズワイガニなど新鮮な魚介が楽しめる町。

香美町(かみちょう)は兵庫県但馬地方にある町である。 香美町ホームページ


分かる[編集]

2005年4月1日に美方町・村岡町と香住町が合併して誕生した。

餘部大橋があるのは、ここである。香美町ホームページでも、新しくなった餘部大橋の現状が随時更新されている。

  • 香住観光協会 — 宿泊予約も受けている。  所在  香美町香住区七日市1-1。  電話  (0796) 36-1234  FAX  (0796) 36-3388  時間  8:30~17:30。年中無休。  WEB  [1]

着く[編集]

飛行機で[編集]

列車で[編集]

グルメに心躍らせ香住駅に到着。

JR山陰本線が町内を走っている。

香住駅には、大阪・鳥取間を結ぶ 特急「はまかぜ」が全便停車する。

車で[編集]

バスで[編集]

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

JR山陰本線が町内を走っている。

豊岡市竹野駅) - 佐津駅 - 柴山駅 - 香住駅 - 鎧駅 - 餘部駅 - (新温泉町久谷駅)

バスで[編集]

  • たじまわる — JR駅から但馬の観光名所を巡るバス。乗り降り自由で一日500円のフリーパスを利用。7~11月の土日祝に運行。1号~5号があり、香美町では香住駅に発着する2号・海コースと5号が設定されている。  電話  (0796) 26-3686(但馬観光協議会、平日9:00~17:30)  WEB  [2]

足で[編集]

観る[編集]

余部橋りょう  
山陰本線にある橋梁。高さが41.45mあり、その外観の美しさから観光客に人気がある。以前は鉄橋であったが架け替え工事の結果、コンクリート橋となった。
 所在  鎧駅~餘部駅間。


福壽蔵 地図  
銘酒「香住鶴(かすみつる)」の醸造元にある直売所。試飲ができるほか、蔵見学も可能(所要20~30分、10名以上の団体は要予約)。瓶に手作りラベルを貼るサービスもある(有料)。
 所在  香美町香住区小原600-2。  電話  (0796) 39-2910  WEB  [3]
 開場時間  9:00~17:00(見学は10:00~15:00)。  料金  見学無料、試飲も3銘柄まで無料。

遊ぶ[編集]

温泉[編集]

買う[編集]

かすみ朝市センター 地図  
香住東漁港の卸売市場すぐ横にある、10ほどの海産物店が集まった施設。食事を提供する店は入居していない。
 所在  香美町香住区境1114-1。  電話  (0796) 36-4500  WEB  [4]
 営業時間  8:30~15:00(ズワイガニ漁の解禁期間中の日・祝は~16:00)。  値段  
かすみ朝市センター


コインスナックふじ  
昔懐かしの自販機コーナー。国道9号線沿い。
 所在  香美町村岡区長板1069。  電話    WEB  
 営業時間  24時間営業  値段  

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

オーベルジュ花郷里 (はなごうり)  
海の幸が自慢のオーベルジュ。
 所在  香美町小代区大谷300。  電話  (0796) 99-6009  WEB  [5]
 時間    料金  


潮風香る 民宿 せきのや  
ズワイガニを堪能できる宿。
 所在  香美町香住区矢田59-2。  電話  (0796) 36-3782  WEB  [6]
 時間    料金  

出かける[編集]


この記事「香美町」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。