何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

長崎市/外海

提供: ウィキトラベル
長崎市 : 外海
移動先: 案内検索
長崎市/外海

Default Banner.jpg

外海地区(そとめちく)は長崎市にある地区である。


着く[編集]

  • 長崎バスターミナルから長崎自動車。

観る[編集]

出津教会 (しつきょうかい) 地図  
マリク・マリ・ド・ロ神父が立てた歴史ある教会で、1882年に完成した。2018年6月に登録された世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を構成する資産のひとつ。
 所在  長崎市西出津町2633。長崎駅より長崎自動車のバス1時間20分、出津文化村下車徒歩10分。  電話  (0959) 25-0012  WEB  [1]
 開場時間  9:00~15:00。見学についてはこちらを参照。  料金  無料。
出津教会


旧出津救助院 (きゅうしつきゅうじょいん) 地図  
ド・ロ神父が女性の自立支援のために作った施設。2018年6月に登録された世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を構成する資産のひとつ。
 所在  長崎市西出津町2696番地1 バス停「出津文化村」徒歩5分  電話  (0959) 25-1002  WEB  [2]
 開場時間  9:00~17:00 月曜休  料金  ¥300
旧出津救助院


ド・ロ神父記念館 地図  
鰯網工場に使われていた建物。ド・ロ神父は外海の文化振興に貢献しており、ド・ロ神父の功績を記念した建物。
 所在  長崎市西出津町2633番地 長崎駅前バス停から長崎バス「板の浦連絡・桜の里ターミナル」行きに乗り桜の里ターミナルバス停下車。同バス停からさいかい交通「板の浦行き」行きに乗り換え、出津文化村前バス停で下車、徒歩5分。  電話  (0959) 25-1081  WEB  [3]
 開場時間  9:00~17:00。  料金  ¥300。


大野教会堂 地図  
出津教会から北へ約4.4kmのところにある。出津教会の巡回教会として、神浦・大野地区の信徒のためにド・ロ神父が自費を投じ、信徒の奉仕によって建てられた教会堂で、1893年に完成した。2018年6月に登録された世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を構成する資産のひとつだが、内部の見学は不可。
 所在  長崎市下大野町2619。  電話    WEB  [4]
 開場時間  9:00~17:00。見学についてはこちらを参照。  料金  無料。
大野教会堂


池島炭鉱 地図  
外海の沖合い7kmの炭鉱の島。2001年まで炭鉱があった。炭鉱の見学ができる。
 所在  長崎市池島 JR長崎駅前より車で大瀬戸町瀬戸港まで約80分(または神浦港まで約70分)、

池島行きフェリーで約30分。

 電話  (095) 811-0369(予約)  WEB  [5]
 開場時間  午前の部 10:45 池島港集合、午後の部 14:15 池島港集合 約90分。  料金  ¥2,600(フェリー代別)。

遊ぶ[編集]

買う[編集]

道の駅 夕陽が丘そとめ  
外海の名産品、ド・ロさまそうめんなどの販売。
 所在  長崎市東出津町149番地2。  電話  (0959) 25-1430  WEB  [6]
 営業時間  9:00~19:00。  値段  

食べる[編集]

安食堂[編集]

食べ処 ヴォスロール  
旧出津救助院の上隣にあるカフェ&レストラン。
 所在  長崎市西出津町2696-2。  電話  (0959) 25-0018  WEB  [7]
 営業時間  11:00~16:30、定休日 月曜(祝日の場合は翌日)  予算  


かあちゃんの店  
池島にある長崎料理店。
 所在  長崎市池島町1597。  電話  (0959) 26-1123  WEB  
 営業時間  7:30~18:00  予算  

中級[編集]

向日葵亭  
トルコライスが看板メニューの洋食レストラン。
 所在  長崎市京泊2-9-34。  電話  (095) 840-1860  WEB  [8]
 営業時間  11:00~24:00。  予算  ヒレカツトルコライスグラタン ¥960、向日葵風・トルコライス(ミートソース) ¥990など。


水産食堂  
長崎漁港の食堂。
 所在  長崎市京泊3丁目3-1 A-26 長崎自動車「長崎魚市場」す。  電話  (095) 850-3751  WEB  
 営業時間  6:00~14:00。  予算  海鮮丼¥900など。

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

連絡する[編集]

この記事「長崎市/外海」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。