何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

野沢温泉村

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
野沢温泉村

Default Banner.jpg

野沢温泉村(のざわおんせんむら)は、長野県北部、下高井郡にある村。野沢温泉の湯を発見したのは、724年にこの地を訪れた僧「行基」であるという説、また修行中の山伏が見つけたという説、手負の熊の後をつけた猟師が見つけたという説がある。毛無山の麓にこじんまりと佇む町には、12世紀頃から湯治場として、また大正年間からスキー場として、毎年冬に多くの人達が訪れて賑わっている。1998年の長野五輪でスキー会場の一つに選ばれ、国際的にも知名度が上がりつつある。冬場の賑わいに比べ、夏場は閑散としてる。湯温はかなり高い。[1]


着く[編集]

飛行機で[編集]

信州まつもと空港から車で110分、タクシーの場合の料金は約4万円。空港内にトヨタレンタカー、ニッポンレンタカーの受付があり、県内の乗り捨ては無料になっている。

列車で[編集]

  • 関東方面からは北陸新幹線で飯山駅。
  • 名古屋関西方面からは特急しなの号で長野駅へ。
  • 北陸新幹線飯山駅から「野沢温泉ライナー」で約25分。冬期のみ長野駅東口から長電急行バス「のざわ菜号」があり、約75分。

冬期には関西・関東からスキー専用列車「シュプール号」と接続バスが運行される。

バスで[編集]

冬期には各方面からスキーツアーにあわせて夜行バスも多数走っている。

車で[編集]

  • 関西・名古屋方面からは上信越自動車道・豊田飯山ICより国道117号を経て約30分。
  • 関東方面からは関越自動車道・塩沢石打ICより国道353号・117号を経て約70分。

駐車場

  • 柄沢・南原・中尾駐車場は日帰り無料で、シャトルバスがある。
  • 中尾・横落駐車場は1泊2日¥1,500、以後¥500/日。

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

バスで[編集]

スキーシーズンには村内とゴンドラリフト乗り場・駐車場などを結ぶ無料のシャトルバスが巡回している。

足で[編集]

温泉街は坂や曲がり道が多いが小さくまとまっており、端から端まで歩いても20分程度。

観る[編集]

共同浴場  
村内に13軒ある無料の共同浴場はすべて掛け流し。外湯巡りの客のみならず、地元の人々も良く訪れる。
 所在  -  電話  -  WEB  [2]
 開場時間  10:00~19:00など。  料金  無料。


足湯  
共同浴場大湯・麻釜・旅館の軒先などに設けられ、無料で楽しめる。


温泉健康館のざわ  
露天風呂・打たせ湯・箱蒸し浴など7種類のお風呂が楽しめる。
 所在    電話  (0269) 85-3184  WEB  [3]
 開場時間  10:00~19:00、木曜定休。  料金  1日券大人¥1,000、小人¥500。


麻釜 (おがま)  
30以上ある源泉の一つで、100℃近い温度のお湯が湧出する。ここに住む人々が交代で清潔を保ち、野菜や卵を洗ったり茹でたりと暮らしに密着したお湯。昔は麻をゆでて皮をはぎ繊維を取る用途もあった。火傷など危険防止のため観光客は立ち入り禁止だが、秋になると野沢菜の仕込みを行う光景を見ることができる。


朝市  
野菜・山菜・土産物などが並ぶ。
 所在  大湯通り一帯。  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  5~10月の毎週日曜日、6:30~7:30。  料金  -

遊ぶ[編集]

野沢温泉スキー場  
大正13年に開業のスキー場にある全部で11箇所のゲレンデは、最長滑走距離10,000m、標高差1,085m。託児所あり。夏はキャンプ場になる。
 所在    電話    WEB  [4]
 営業時間  例年11月下旬~5月上旬。  料金  1日券 大人¥4,600、小人¥2,100、シニア¥3,500など。3日券やシーズン券などもあり。

買う[編集]

ハウス サンアントンジャム工房  
無添加ジャムと100%ジュースのお店。
 所在  野沢温泉村豊郷9515。  電話  (0269) 85- 2065  WEB  [5]
 営業時間  8:30〜21:00  値段  


ラトリエ クラ (L'Atelier KURA)  
ベーカリーカフェ。「野沢菜マヨパン」が人気。
 所在  野沢温泉村豊郷9778。  電話  (0269) 67-0607  WEB  [6]
 営業時間  10:00~17:00、定休日 月曜  値段  

食べる[編集]

野沢菜漬  
定番のお土産その1。蕪の葉のしょうゆ漬けはそのシャキシャキした歯ごたえと日持ちのよさが好まれる。宝歴6年(1756年)に健命寺八代住職晃天園瑞大和尚が京都から持ち帰った蕪の種がその発祥と伝えられる。


温泉まんじゅう  
定番のお土産その2。多くの土産物屋の店頭で蒸し器が湯気を上げており、湯上りの散歩の合間に気軽に食べられる。

安食堂[編集]

なっぱカフェ (nappa cafe)  
野沢温泉街にある小さなカフェ。
 所在  野沢温泉村豊郷9301-2  電話  (080) 1250-7878  WEB  [7]
 営業時間  10:00~20:00 (火 ~16:00、木 ~18:00)、定休日 水・木(隔週)  予算  

中級[編集]

萬里  
ジンギスカンの人気店。餃子も人気。
 所在  野沢温泉村豊郷横落9579。  電話  (0269) 85-2290  WEB  [8]
 営業時間  18:00~21:00  予算  


七良兵衛珈琲  
カフェ。アルコールも充実。
 所在  野沢温泉村豊郷9254。  電話  (0269) 67-0397  WEB  [9]
 営業時間  7:30~11:00 16:00~22:00、[夏季] 11:00~22:00、定休日 夏季は月火  予算  

高級[編集]

飲む[編集]

ブリューパブ里武士  
醸造所併設のパブ。
 所在  野沢温泉村豊郷9347。  電話  (080) 6930-3992  WEB  [10]
 営業時間  16:00~22:00、定休日 月 (冬季無休)  料金  

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

ハウス サンアントン  
隠れ家的プチホテル。
 所在  野沢温泉村豊郷9515。  電話  (0269) 85-3597  WEB  [11]
 時間    料金  


とうふや  
豆腐屋が営む民宿。
 所在  野沢温泉村豊郷7914-2。  電話  (0269) 85-4102  WEB  [12]
 時間    料金  


㐂八館  
猪鍋が名物の民宿。
 所在  野沢温泉村豊郷9439。  電話  (0269) 85-2729  WEB  [13]
 時間    料金  

高級[編集]

旅館さかや  
江戸の昔に造り酒屋を営み、御天領本陣をつとめたこともある老舗の高級旅館。大浴場では敷地内の源泉から湧いた湯をそのまま使用。
 所在  野沢温泉村大字豊郷9329。  電話  (0269) 85-3118  WEB  [14]
 時間    料金  2食付3名1室、¥15,000/人~。


奈良屋旅館  
民家造りの小さな湯宿。
 所在  野沢温泉村大字豊郷8736。  電話  (0269) 85-2155  WEB  [15]
 時間    料金  


かわもとや  
和と洋が調和するモダン宿。
 所在  野沢温泉村豊郷8955。  電話  (0269) 85-2064  WEB  [16]
 時間    料金  

出かける[編集]


この記事「野沢温泉村」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。