何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

郡山市

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
かつて福島県尋常中学校の本館だった安積歴史博物館。

郡山市(こおりやまし)は福島県の中央部にある市である。現在では福島県内最大で、東北地方第2位の人口を擁する中核市である。 [1]


分かる[編集]

  • 古くから奥大道や奥州街道などの街道が通り、現在は東北自動車道と磐越自動車道の二つの高速道路が交わる他、東北新幹線の駅が設置された、東北地方の交通の要衝。東西南北へ向かう高速道路や鉄道網の交差点にあたる他、水戸市方面にも鉄道が通じている。
  • 明治時代に猪苗代湖から安積疎水を通して水を引いたことによって街が飛躍的に発展し、東北地方南部を代表する都市の一つになった。
  • 市内各地に多くの温泉があり、その多くが日帰りで入浴可能である。また、「ままどおる」、「ゆべし」、「薄皮饅頭」など、有名な菓子の産地でもある。

観光案内所[編集]

  • 郡山市観光協会 — パンフレットを無料で送ってもらえる。  所在  郡山市朝日1-23-7。  電話  (024) 924-2621  WEB  [2]  e-mail  [3]
  • 郡山市観光案内所 — JRとの共同施設。  所在  郡山市燧田195。JR郡山駅2階。  電話  (024) 924-0012  時間  9:00~17:30。年中無休。  e-mail  [4]

着く[編集]

飛行機で[編集]

福島空港(玉川村須賀川市[5]からリムジンバスで郡山駅前まで40分、大人片道¥1,080。

列車で[編集]

郡山駅

東京仙台からJR東北新幹線とJR東北本線、水戸市からはJR水郡線、いわきからはJR磐越東線、会津若松からはJR磐越西線が通じている。

車で[編集]

高速道路の東北自動車道が東京方面から仙台方面の南北に通じ、磐越自動車道がいわき市方面から会津若松方面の東西に通じている。

バスで[編集]

郡山駅東口バスロータリーが長距離バスの発着場所となっている。 バスロータリーには、福島交通のチケットセンターがあり、チケットの購入が可能である。 一部の長距離バスについては、郡山駅 みどりの窓口で発券できるものもある。

路線バス[編集]

あぶくま号。
  • 会津若松駅=郡山駅東口=いわき駅 — 会津バス、福島交通、新常磐交通が共同運行する路線バスで、予約不要で乗車できる。
  • あぶくま号福島駅東口・郡山駅東口・須賀川(営)西郷BS王子駅池袋駅新宿駅新南口のバスが福島交通、JRバス東北、JRバス関東の共同で運行されている。運行は1日12往復ほどで、車両は2名-2名シートの乗車定員40名のハイデッカータイプがメインで使用されており、トイレも設置されている。チケットは、JRバス窓口(新宿駅・東京駅)、福島交通窓口(福島駅東口・郡山駅前・須賀川営業所・白河営業所・二本松営業所)、JR駅「みどりの窓口」、旅行会社等で購入できる。  時間  新宿~郡山 約4時間。  料金  郡山駅前~王子駅・新宿駅 大人 ¥4,000。
  • あだたら号 — 郡山駅・須賀川(営)西郷BS浦和美園駅新越谷駅西口のバスが福島交通、東武バスセントラルの共同で運行されている。浦和美園駅は東京メトロ南北線・埼玉高速鉄道の終点駅、新越谷駅はJR武蔵野線・東武線の駅で、各方面からのアクセスも便利である。あぶくま号と異なり、チケットはJRの窓口で購入することは出来ない。  料金  郡山駅前~新越谷西口・浦和美園駅 大人 ¥3,000。
  • 須賀川・郡山=仙台 — 須賀川(営)-郡山駅-広瀬通り一番町-仙台駅前、福島交通、JRバス東北、宮城交通の共同運行である。乗車は予約不要。  料金  郡山~仙台 大人 ¥2,100。
  • 郡山=福島 — 郡山駅-コパル前-福島西IC-福島駅東口-県庁前-競馬場前。福島交通が運行しており、予約不要である。  料金  福島~郡山 大人 ¥800。
  • 郡山=新潟 — 郡山駅-新潟駅-万代バスセンターのバスが福島交通、新潟交通の共同で運行されている。  料金  郡山~新潟 大人 ¥3,000。
  • 福島・郡山=成田空港 — 福島高速BT-福島駅西口-郡山駅-成田空港第2-成田空港第1のバスが千葉交通により運行されている。  料金  郡山駅前~成田空港(第1、第2) 大人 ¥4,800。
  • ドリームふくしま・横浜号福島駅東口・郡山駅=東京駅八重洲南口・横浜駅東口。JRバス東北が運行する夜行便である。  料金  郡山駅前~東京駅 大人 ¥4,000。
  • ギャラクシー号福島駅東口・郡山駅・須賀川(営)=京都駅八条口・名神高槻・名神茨木・梅田・湊町ターミナル・あべの橋のバスが福島交通、近鉄バスの共同運行で運行されている。夜行便である。  料金  郡山駅前~大阪 大人 ¥12,030。
  • レインボー号 — 浜松町ターミナル・東京駅八重洲通り・上野駅・北千住駅・草加駅=須賀川・郡山駅・米沢(営)・赤湯温泉口・山交ビルのバスが東北急行バスにより運行されている。夜行便。東京=山形便ではあるが、早朝に郡山駅前に停車する。到着時間が早すぎるため、到着後の移動手段や公共交通機関の始発時間までどう過ごすかなどの問題もあるが、その点さえ除けば、最も時間効率がよい移動手段である。

ツアーバス[編集]

  • 東京シティーライナー — 福島駅西口・郡山駅前=東京駅八重洲通り。さくら観光が運行している。  WEB  [6]
  • 東京シティーライナー夜行 — 福島駅前・郡山駅前・須賀川・白河=新宿駅・東京駅・東京ディズニーリゾート。さくら観光が運行している。  WEB  [7]

動く[編集]

列車で[編集]

JR東日本

東北本線、磐越西線、磐越東線、水郡線の各路線が利用できる。

郡山市内では、東北本線、磐越東線の各駅でSuicaが使用できる。ただし、郡山駅以外は「簡易Suica改札機」を利用する。 入場(乗車時)は緑色、出場(下車時)は黄色の機械のSuicaマークの部分にしっかりとカードをタッチする。 タッチした際に、「ピッ」「ピピッ」となれば改札完了。「ピー」「ピピピピピ」という音が鳴った場合はうまくカードが読み取れていないので、その場合は液晶画面にエラー理由が表示されるので、表示を確認する。 乗降する場合は、忘れずにSuicaをタッチしよう。

  • 東北本線 — 安積永盛駅 - 郡山駅 - 日和田駅
  • 磐越西線 — 郡山駅 - 喜久田駅 - 安子ヶ島駅 - 磐梯熱海駅 - 中山宿駅
  • 磐越東線 — 郡山駅 - 舞木駅
  • 水郡線 — 郡山駅 - 安積永盛駅 - 磐城守山駅 - 谷田川駅

駅利用上の注意

  • 郡山駅 — 中心駅であり、各線の乗り換え駅でもある。駅ビル、飲食店、お土産店などが入っており、乗り換え等で時間をつぶす必要がある場合はこの駅を利用するのが良いだろう。駅前はバスターミナルとなっており、高速バス、路線バスに乗り換える場合も便利である。また、タクシーも終日待機しており利用できる。駅構内には主要なお土産品を販売するモールもある。東北本線、磐越東線、磐越西線のホームは特に迷わず番線で表示されるホームになっているが、水郡線のみ2・4番線ホーム南端に切欠き状に設置されている3番ホームが利用される。イレギュラーな場所にある上、遠いので乗り換え等は注意したい。
  • 安積永盛駅 — 東北本線-水郡線の乗換駅。駅舎に休憩室、自動販売機がある程度で駅付近には特に何もない。時間をつぶせるような施設はないので注意したい。タクシーは駅前に常駐している。利用客の大半は近所にある高校の生徒である。路線バス等のバス停は駅前になく、利用する場合は、駅前の道を直進した場所にある路線バスのバス停を利用することとなるが本数は少ない。
  • 磐梯熱海駅 — 磐梯熱海の温泉を利用する場合はこの駅を利用することとなる。温泉街は概ね徒歩圏内ではあるが、旅館などによってはタクシーを利用した方が良い場合もある。駅自体は旧会津街道沿いにあるため、旧国道49号線沿いより駅は見えるものの短距離でアクセスできる道路はない。旧国道49号線沿いの旅館等から駅を目指す場合は、あらかじめ移動経路を確認してから移動した方が良いだろう。磐越西線は列車本数は多くないが、駅前には足湯などがあり、列車待ち時等はそのような場所で時間をつぶすことが可能である。少し早めに駅に移動し、そのような場所を楽しむのもよいだろう。

バスで[編集]

  • 福島交通 — 湖南地域以外は福島交通が路線バスを運行している。近隣の地域に比べ充実はしているが、バスのみの移動では不便を感じることが多い。後乗り前降り後払い(整理券方式)で、車内精算機は¥1,000札以外の両替が出来ない。事前に小銭を用意する必要がある。
  • 会津バス — 湖南町は会津バスが路線バスを運行している。前乗り前降り後払い(整理券方式)で車内精算機は¥1,000札以外の両替が出来ない。事前に小銭を用意する必要がある。

自転車で[編集]

  • 郡山まちなかレンタサイクル (NPOまざっせKORIYAMA) — 1F受付にて申込書に記入し、利用登録を行う。貸出ナビ付き6台。盗難防止のため、駐輪時にナビを携帯する必要がある。  所在  郡山市大町1-2-23。まざっせプラザ内。  電話  (024) 925-7745  時間  10:00~18:45(時間厳守)。火曜日定休。  料金  2時間¥200、5時間¥500、1日¥1,000。

足で[編集]

観光地等が分散して存在しているため、徒歩での移動は現実的ではない。

観る[編集]

開成館  
明治7年建築の貴重な疑洋風建築。安積開拓の資料館として公開されている。
 所在  開成3-3-7。  電話    WEB  
 開場時間    料金  一般 ¥200、高校・大学生 ¥100、中学生以下、65歳以上 無料。
開成館


安積歴史博物館 (あさかれきしはくぶつかん) 地図  
国の重要文化財に指定されている旧・福島県尋常中学校本館の内部に、郡山市や安積疎水などの歴史資料を展示している。県立安積高校の敷地内にあり、建物自体も高校生が学習や部活などで現在も使用している。
 所在  郡山市開成5丁目25-63  電話  024-938-0778  WEB  [8]
 開場時間  10:00~17:00(月曜および年末年始休み、冬季休業期間あり。)  料金  大人 ¥300。
安積歴史博物館


麓山の滝 (はやまのたき) 地図  
猪苗代湖から郡山に水をひき産業発展の礎となった、明治の国家的開拓事業の一つである安積疎水の完成を記念してつくられた人工の滝。麓山公園(下記「#遊ぶ」参照)の中にある。1991年に復元され、2002年に国の有形文化財「安積疏水麓山の飛瀑」として登録された。市内中心部で見ることができる数少ない安積疎水関連施設。
 WEB  [9]
麓山の滝


紅枝垂地蔵サクラ  
樹齢400年の枝垂れ桜。
 所在  中田町木目沢字岡ノ内  電話    WEB  [10]
 開場時間    料金  


高柴デコ屋敷  
民芸の里。三春駒や張り子人形が作成されている。
 所在  西田町高柴。  電話    WEB  
 開場時間    料金  


布引山「風の高原」  
 所在  郡山市湖南町赤津字西岐。  電話    WEB  [11]
 開場時間    料金  


大安場史跡公園 (おおやすばしせきこうえん)  
 所在  田村町大善寺字大安場160。  電話    WEB  [12]
 開場時間    料金  


郡山市立美術館  
イギリス近代美術、明治以降の日本近代美術、佐藤潤四郎のガラス工芸をはじめとする郡山ゆかりの美術、本の美術を柱に体系的に収蔵を行っている。
 所在  郡山市安原町字大谷地130-2。  電話  (024) 956-2200  WEB  [13]
 開場時間  9:30~17:00。月曜日・祝祭日の翌日・年末年始定休。  料金  一般¥210、高校生・大学生¥130、小中学生無料。
郡山市立美術館


こおりやま文学の森資料館  
久米正雄、宮本百合子などの郡山にゆかりのある作家の作品・資料を収蔵している。資料館は、鎌倉から移設・復元された久米正雄が生前に住んでいた邸宅を使用している。
 所在  郡山市豊田町3-5。福島交通バス、郡山駅前7番からさくら循環乗車「総合体育館前」下車。  電話  (024) 991-7610  WEB  [14]
 開場時間  10:00〜17:00(入館は6:30迄)。毎週月曜日(休日の時は翌日)休館。  料金  一般 ¥210、高校・大学生 ¥130。


菓祖神「萬寿神社」  
郡山の銘菓、薄皮饅頭を作る柏屋(下記「#買う」参照)の裏手にある神社。饅頭と掛けて命名されている。中国から日本へ初めてお饅頭を伝えた祖神である、林浄因命。日本に橘を伝えた果実とお菓子の祖神、田道間守命。薄皮饅頭を作り出した柏屋 初代本名善兵衛命を祀っている。一応の神社の形式を取っており、おみくじ、絵馬などがある。見所は奉納されている巨大な薄皮饅頭。イミテーションではなく本物の巨大な薄皮饅頭が奉納されている。この巨大サイズは予約制ではあるが実際に購入可能である。郡山駅西口近くにある本店ではなく、市役所近くの開成柏屋そば。
 所在  郡山市朝日1-13-5。  電話  (024) 922-5533  WEB  [15]
 開場時間    料金  
菓祖神「萬寿神社」


安積国造神社  
安積国開祖の宗廟。
 所在  郡山市清水台1丁目6。  電話  (024) 932-1145  WEB  [16]
 開場時間    料金  
安積国造神社


笹の川酒造  
銘酒「笹の川」の醸造元。東北唯一のウィスキーメーカーでもある。見学を希望する場合、要問い合わせ。
 所在  郡山市笹川1-178  電話  024-945-0261  WEB  [17]
 開場時間  8:30~17:00  料金  


仁井田本家 地図  
銘酒「自然酒(しぜんしゅ)」「穏(おだやか)」を醸造。地元・田村町での有機農業による米づくりから手がける蔵元。蔵見学が可能(要予約)。
 所在  郡山市田村町金沢字高屋敷139  電話  024-955-2222  WEB  [18]
 開場時間    料金  

遊ぶ[編集]

郡山石筵ふれあい牧場  
家畜動物(馬、羊、兎など)とふれあえるコーナー、乗馬を体験できるコーナー、水遊びできるように整備された川などがある。また、乳製品の直売所、バーベキューハウスなどもある。
 所在  郡山市熱海町石筵字萩岡2-2。  電話  (024) 984-1000  WEB  
 営業時間  9:30~16:30(11月中旬より4月下旬、火曜日(祝日の場合は翌日)を除く)。  料金  一般¥310、小中学生¥150。


麓山公園 (はやまこうえん) 地図  
文政7年、郡山村が宿場町に昇格した記念に造られた公園で、二本松藩主の馬場として使われていた場所。老松と弁天池の日本庭園は市民の憩いの場になっている。園内には国の有形文化財に登録された安積疎水関連施設「麓山の滝」がある(上記「#観る」」も参照)。
 WEB  [19]
麓山公園


郡山カルチャーパーク  
 所在  安積町成田字東丸山61。  電話    WEB  [20]
 営業時間    料金  


郡山市ふれあい科学館「スペースパーク」 地図  
郡山駅西口に面した高層ビル「ビッグアイ」の最上階にある施設。プラネタリウムは「地上から最も高い場所にある」としてギネスブックに登録されている。眼下に郡山駅構内が広がり、遠くから高速で近づく新幹線車両の姿を眺めることもできる。
 所在  駅前2-11-1 ビッグアイ 20F。  電話    WEB  [21]
 営業時間    料金  一般 ¥400、高校・大学生 ¥300、小/中学生 ¥200、幼児・65歳以上 ¥100(展望ロビーは無料)。
郡山市ふれあい科学館「スペースパーク」


湖南七浜  
 所在  湖南町。  電話    WEB  [22]
 営業時間    料金  


磐梯熱海温泉[編集]

足湯

磐梯熱海駅前足湯 (ばんだいあたみえきまえあしゆ)  
駅前のロータリーに設置された足湯。電車の待ち時間の間などに利用でき便利である。
 所在  JR磐梯熱海駅前。  電話    WEB  
 営業時間  9:00~17:00(日没)  料金  無料。


けやきの森足湯  
 所在    電話    WEB  
 営業時間  9:00~17:00(日没)  料金  無料。


お美あしの湯  
栄楽館併設の足湯。
 所在  熱海町熱海4-47。  電話    WEB  
 営業時間  8:00~20:00。  料金  無料。


共同浴場


宝の湯  
浴場は無人の為、近所の安田商店、乙女食堂にて受付をする。地元の人が利用するタイプの共同浴場の為、清潔にはされているが、設備面では古さがある。
 所在  熱海町熱海5-169。  電話    WEB  
 営業時間  16:00~21:00。  料金  大人 ¥300、子供 ¥150。
宝の湯


錦星湯  
 所在  熱海町熱海1-87。  電話    WEB  
 営業時間  16:00~20:30。  料金  大人 ¥200、子供 ¥100。

日帰り温泉


湯元元湯  
昔から「くさっぽの湯」とよばれ、皮膚病に効くと言われている。設備が老朽化が目立ち、若干、女性等には不向き。ただ、お湯は非常に良好なので、温泉好きは一度は体験しておきたい。
 所在  郡山市熱海町熱海4-22。  電話  (024) 984-4016  WEB  
 営業時間    料金  

温泉複合施設


郡山ユラックス熱海  
会議室、多目的ホール等を持つコンベンションプラザ。健康温泉やプールが併設されている。開館時間も長く、大型駐車場もあるため、観光途中で入浴するなど便利に利用できる。
 所在  郡山市熱海町熱海2-148-2。  電話  (024) 984-2800  WEB  
 営業時間  9:00~21:00。第1火曜定休。  料金  温泉一般 ¥400、中学生¥300、小学生以下 ¥200。プール 一般¥520、小中学生¥300、幼児¥100。

買う[編集]

ショッピングモールフェスタ  
イオンを中心として構成されている大型専門店街。3,800台の駐車場を併設している。大観覧車(ビッグルーレット)が設置されており、ランドマークとなっている。
 所在  郡山市日和田町字小原1。  電話  (024) 968-0300  WEB  
 営業時間    値段  
ショッピングモールフェスタ


柏屋 (かしわや) 地図  
銘菓「薄皮饅頭」を製造販売する1852年創業の和菓子の老舗。福島県内はもちろん首都圏にも店舗網を持つが、郡山駅西口近くにある本店では、薄皮饅頭職人による作りたての「厚皮あんドーナツ」が味わえるほか、商品を購入した場合には紙袋に本店限定のオリジナルタグがつけられる。また郡山駅構内にある「おみやげ館」には薄皮饅頭手づくり体験コーナーが併設されている。
 所在  郡山市中町11-8 (本店)  電話  024-932-5580(本店)  WEB  [23]
 営業時間    値段  
柏屋


ベーカリーロミオ イトーヨーカドー郡山店  
ローカルB級グルメパン「クリームボックス」で有名なパン屋。入店するイトーヨーカ堂郡山店は郡山駅からバスで10分ほどの距離。箱入りのロミオのクリームボックスが、郡山駅構内の「おみやげ館」に入店する「三万石」で発売されている(数量限定)。
 所在  郡山市西の内2-11-40 イトーヨーカドー郡山店内  電話  (024) 939-1220  WEB  
 営業時間  10:00~21:00  値段  


大友パン店  
さくら通りにある昔ながらのパン屋。
 所在  郡山市虎丸町24-9。  電話  (024) 923-6536  WEB  
 営業時間  7:30~19:30  値段  クリームボックス ¥105


しみてん 木乃幡  
福島の名物菓子「凍天」のお店。
 所在  郡山市燧田195 郡山ピボット1F。  電話  (024) 927-1655  WEB  [24]
 営業時間  10:00~20:00  値段  
しみてん 木乃幡


手づくりパンの店 ウォルト  
常時100種類のパンを用意。
 所在  郡山市富久山町八山田字三宝坦4。  電話  (024) 935-0603  WEB  [25]
 営業時間  10:00~18:30、定休日 月曜  値段  

食べる[編集]

おすすめ[編集]

カンニャボ  
キセル貝の一種で昔から肝臓に効くと言われている。アルコールの友として錠剤で販売されているものもあるが、カンニャボのドリンクやカンニャボ粉末入りのお茶など、色々な形のカンニャボが売られている。


あんぽ柿  
柿を硫黄で燻蒸したドライフルーツ。


郡山ブランド野菜  
味わいで高い評価を得ている、当地の風土にあった野菜。現在11品目ある野菜のネーミングはすべて公募で決められている。
 WEB  [26]


こおりやまグリーンカレー  
農業が盛んな当地の作物をふんだんに用いた新名物として売り出し中。
 WEB  [27]
こおりやまグリーンカレー


クリームボックス  
厚切りの食パンにミルククリームをたっぷり塗った、郡山市民に愛される食べ物。発祥とされる「ロミオ」(上記「#買う」参照)のほか、市内のパン屋さんやスーパーなどで販売されている。
 WEB  [28]
クリームボックス

安食堂[編集]

大番  
にんにく味噌ラーメンが名物。平打ち縮れ麺に摺り下ろしたにんにくがたっぷりと入ったスープが絡み合いひじょうに旨い。決して清潔感のあるとは言えない店内ではあるが、常連で店は混雑している。深夜まで営業しているので呑んだ後の締めの一杯には最適である。
 所在  郡山市中町18-6。  電話  (0249) 32-0597  WEB  
 営業時間  11:00~26:00  予算  ¥1,000前後。


チャイニーズキッチン みなみ  
地域で愛される中華料理店。定食等には最後にコーヒーが付く。値段も比較的安く、おいしい為、昼時には大変混雑する。
 所在  郡山市安積町長久保3-15-13。  電話  (024) 945-2771  WEB  
 営業時間    予算  ¥1,000前後。


まぜそば専門店 凛々亭 郡山本店 地図  
「まぜそば」の専門店。郡山駅西口から徒歩数分。
 所在  郡山市駅前2-7-16 アーケード第ニ増子ビル 1F。  電話  (024) 991-6570  WEB  [29]
 営業時間  11:20~14:30 18:00~27:00、定休日 日曜  予算  特選牛スキまぜそば ¥980、元祖国産ネギトロまぜそば ¥880。
まぜそば専門店 凛々亭 郡山本店


ますや 駅前店  
ご当地ラーメン「郡山ブラック」のお店。郡山駅西口徒歩3分。
 所在  郡山市駅前2-1。  電話    WEB  [30]
 営業時間  11:00~28:00  予算  


向山製作所  
生キャラメルが著名なカフェ。うすい百貨店近くにある「郡山表参道カフェ」と郡山駅構内のエスパル郡山にある「向山製作所Café」で店内飲食ができるほか、安達郡大玉村にある工場でも直売している。向山製作所Caféにはクリームボックスのセットメニューあり。
 所在  郡山市中町7-14おのやビル1F(郡山表参道カフェ)  WEB  [31]

中級[編集]

高級[編集]

福ケッチァーノ (Fuku-ché-cciano) 地図  
地産地消に拘ったレストラン。山形を拠点とする有名シェフ・奥田政行氏がプロデュースし福島出身の弟子に運営を任せる復興レストラン。
 所在  郡山市朝日1-14-1。  電話  (024) 983-3129  WEB  [32]
 営業時間  11:30~14:00 18:00~23:00、定休日 月曜  予算  ランチ ¥1,500~、ディナー ¥4,000~。
福ケッチァーノ

飲む[編集]

駅前と市役所周辺の朝日に飲み屋街がある。 カラオケスナックは¥3,000~¥4,000/2時間が相場、入店時に値決めして入ると安心。駅前には陣屋、エリート、増子ビルなどの飲み屋ビルが集積し夜の社交場を形成する。


ホルモン大豊 本店  
郡山においてはトップクラスのホルモンを提供する店。価格も良心的である。人気店の為、できるだけ予約をしてから訪れたい。お勧めは「内臓盛り合わせ」。良質で美味しいモツが美しく盛り合わせられて提供される。数人で1つ注文すれば十分な量である。
 所在  郡山市大町1丁目2-9。  電話  (024) 933-8650  WEB  [33]
 営業時間    料金  
ホルモン大豊 本店


駅前一丁目二百十一番地酒場 地図  
レトロな雰囲気の店内で七輪を用いて肉を焼く。郡山駅西口から南へ徒歩5分。
 所在  郡山市駅前1-9-18  電話  024-922-5383  WEB  
 営業時間  11:30~14:00/17:00~24:00(無休、金土は~25:00、日祝はランチ休み)。  料金  ホルモン3兄弟 ¥750、手作り円盤餃子 ¥830(15個)。


安兵衛 地図  
地産地消にこだわる地元料理と福島の地酒が楽しめる店。つきだしには福島ならではの「いかにんじん」が供される。郡山駅西口から西へ徒歩5分。
 所在  郡山市大町1丁目3-12  電話  024-933-9326  WEB  [34]
 営業時間  17:00~24:00(無休、金土祝前日は~25:00)。  料金  


もりっしゅ 地図  
郡山駅構内にある地酒バー。會津ソースかつ丼なども提供。
 所在  郡山市燧田195 エスパル郡山店 2F。  電話  (024) 933-5105  WEB  [35]
 営業時間  11:00~21:30  料金  
もりっしゅ

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

ドーミーインEXPRESS郡山  
ペット同伴専用ルームを完備。
 所在  郡山市大町2-18-1。  電話  (024) 935-5489
 FAX  (024) 935-5490
 WEB  [36]
 時間    料金  


コンフォートホテル郡山  
郡山駅東口出口より徒歩約2分。
 所在  郡山市方八町2-2-22。  電話  (024) 941-2911  WEB  [37]
 時間    料金  


チサン ホテル 郡山  
郡山駅西口から徒歩2分。
 所在  郡山市駅前1-8-18。  電話  (024) 923-6711  WEB  [38]
 時間    料金  


ホテル・アルファ-ワン郡山東口  
郡山駅東口より徒歩1分。
 所在  郡山市方八町2-2-8。  電話  (024) 956-3900  WEB  [39]
 時間    料金  


磐梯熱海温泉 清稜山倶楽部  
磐梯熱海温泉にある温泉ホテル。源泉地に近く、湯量も豊富。
 所在  郡山市熱海町熱海5-18。  電話  (024) 984-2811  WEB  [40]
 時間    料金  

高級[編集]

四季彩一力  
磐梯熱海温泉の老舗宿。
 所在  郡山市熱海町熱海4-161。  電話  (024) 984-2115  WEB  [41]
 時間    料金  

出かける[編集]

  • 二本松市 — 城下町であり、歴史を感じさせる観光地が多い。岳温泉を始めとする多数の温泉場を抱えている。
  • 須賀川市 — 牡丹園等で有名である。夏に行われる釈迦堂川の花火大会は地域でも有数の花火大会である。
  • 会津若松市 — 歴史と伝統の街であり、特に戊辰戦争の悲話で知られる。
  • 猪苗代町 — 福島で最も大きな湖である猪苗代湖や磐梯山等を擁しており、すばらしい自然を体感できる。野口英世のの出生地としても有名であり、記念館なども設置されている。
  • 喜多方市 — 蔵の街として有名。喜多方ラーメンの街でもあり、多くのラーメン店が軒を連ねている。



Wikitravel Shared Logo 郡山市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「郡山市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。