何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

道の駅の一覧/北海道

提供: ウィキトラベル
道の駅の一覧 : 北海道
移動先: 案内検索
道の駅の一覧/北海道

Default Banner.jpg

このページは、北海道地区内にある道の駅の一覧である。


目次

国道40号:稚内市旭川市[編集]

  • わっかない (北海道-114、稚内市) — 稚内駅に併設された道の駅。バスターミナル、みなとオアシスも備える  所在  稚内市開運2丁目1番  時間  10:00~18:00(休憩・情報コーナーは24時間)
  • なかがわ (北海道-72、中川町) — 町内で発見された恐竜の化石にちなんでデザインされた、「恐竜トイレ」がある。  所在  中川町字誉498-1  電話  (01656) 7-2683  時間  9:00~17:00  WEB  [1] 地図
  • おといねっぷ (北海道-12、音威子府村) — レストハウス内に、ラーメン、音威子府そばなどを扱う麺類の専門店「麺屋一ふじ」がある。  所在  音威子府村字音威子府155番地  電話  (01656) 5-3111  時間  4月~10月:10:00~18:00、11月~3月:11:00~17:00  WEB  [2] 地図
  • びふか (北海道-5、美深町) — イタリア人の建築家の設計による、中世ヨーロッパの城風の建物が特徴の道の駅。施設内に温泉を併設しているほか、道の駅の裏手に広がる「びふか森林公園」で、キャンプやスポーツなどの各種アウトドアが楽しめる。また、売店では、白樺の樹液から作ったドリンク「森の雫」や、地元名産のくりじゃがを使ったコロッケなどの特産品も売られている。温泉では珍しいチョウザメを見ることができ、チョウザメ丼やキャビアなどのチョウザメ料理も賞味できる。  所在  美深町字大手307番地1  電話  (01656) 2-1000  時間  5月~10月:9:00~18:00、11月~4月:9:00~17:30、7月下旬~8月中旬の土・日・祝:9:00~19:00。年末年始(12/31~1/2)休み。  WEB  [3] 地図
  • もち米の里☆なよろ (北海道-102、名寄市) — 説明  所在  名寄市風連町西町334番地1  電話  (01655) 7-8686  時間  9:00~18:00。但し、元旦のみお休み。  料金  コインランドリー設備あり。  WEB  [4]
  • 絵本の里けんぶち (北海道-93、剣淵町) — 焼きたてパンの販売、 道の駅ロゴマーク入り食器の販売をしている。  所在  上川郡剣淵町東町2420番地tel= (0165) 34-3811  時間  9:00~18:00 (5~10月) 9:00~17:00 (11~4月)。年中無休。  料金  料金  WEB  [5]

国道232号:稚内市留萌市[編集]

  • 富士見 (北海道-8、遠別町) — 地元の物産販売所がある。また、施設内にあるレストラン「とんがりかん」では、地元の産品を使った本格的料理を提供している。  所在  天塩郡遠別町字富士見46-1。市街地の南約0.8km 地図
  • ☆ロマン街道しょさんべつ (北海道-98、初山別村) — かつてドラマ「白線流し」のロケ地にもなった日本最北の天文台、「しょさんべつ天文台」があるみさき台公園内にある道の駅。公園内には、他に温泉宿泊施設やゴーカート場、パークゴルフ場などの施設もある。レストランでは、初山別特産のふぐを使ったふぐそばやふぐ鍋などのメニューが楽しめる。また、ハスカップのジャムやジュースなどの特産品販売コーナーもある。  所在  苫前郡初山別村字豊岬153-1  電話  0164-67-2525  時間  4月~10月:10:00~21:00、11月~3月:10:00~20:00。毎週火曜日及び年末年始(12月29日~1月5日)休館。  WEB  [6] 地図
  • おびら鰊番屋 (北海道-27、小平町) — 施設内に、実際に鰊番屋として用いられていた木造建築物がある。小平の特産物を販売する売店と食堂があり、黒毛和牛を使ったハンバーグなどが賞味できる。月曜休館。  所在  留萌郡小平町字鬼鹿広富。「花田番屋前」下車  電話  (0164) 57-1411  時間  9:00~16:00(5月から10月は8:00~17:00)  WEB  [7] 地図

国道238号:稚内市網走市[編集]

  • さるふつ公園 (北海道-54、猿払村) — 売店で生ホタテやソフトホタテなどのホタテ加工品が猿払村の特産品を買うことができる。また、施設内にあるレストラン「風雪」では、特産のホタテを使った料理を食べることができる。  所在  宗谷郡猿払村浜鬼志別214-7  電話  売店:(01635) 2-3433。レストラン風雪:(01635) 3-4314  時間  レストラン風雪:11:00~14:00 17:00~20:00。 地図
  • おうむ (北海道-53、雄武町) — 市街地とオホーツク海を一望できる展望台スカイキャビンがある。  所在  紋別郡雄武町字雄武1885-14。「雄武」下車  電話  (0158) 84-2403  時間  8:00~20:00(5月から10月は21:00まで)  WEB  [8] 地図
  • かみゆうべつ温泉チューリップの湯 (北海道-13、湧別町) — 道の駅にある日帰り入浴温泉施設。サウナ、露天風呂、レストランがある。泉質はナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉  所在  中湧別  電話  (01586) 4-1126  時間  10:00~22:00  料金  ¥500(小¥300)  WEB  [9] 地図
  • 愛ランド湧別 (北海道-52、湧別町) — サロマ湖を見下ろす高台にある道の駅。  所在  紋別郡湧別町志撫子4-5。国道238号志撫子。  電話  (01586) 8-2455  WEB  [10] 地図

国道275号:浜頓別町札幌市中央区[編集]

  • ピンネシリ (北海道-32、中頓別町) — 中頓別町の道の駅。売店はあるが、食堂はない。年末年始は休業。  所在  中頓別町字敏音知72番7。  電話  (01634) 7-8510  時間  9:00~17:00  WEB  [11] 地図

国道239号:留萌市網走市[編集]

  • にしおこっぺ花夢 (北海道-68、西興部村) — 道の駅に隣接して英国風の花の庭園、温室があり、押し花しおりやリース造りなどが体験できる。道の駅には売店、軽食堂、からくりオルガン、休憩ホールがある。  所在  西興部村字上興部37番地(市街地から西へ7km)  電話  (0158) 87-2333  時間  10:00~17:00(5月から8月は~18:00)  料金  ¥100  WEB  [12] 地図

国道233号:留萌市旭川市[編集]

国道273号:紋別市帯広市[編集]

  • 香りの里たきのうえ (北海道-45、滝上町) — 物産販売所、喫茶室、休憩所がある。ミントの香りのトイレと駐車場は24時間使用できる。  所在  国道273号旭町  電話  (0158) 29-3300  時間  9:00~17:30  WEB  [13] 地図

国道333号:上川町旭川市[編集]

国道39号:網走市旭川市[編集]

  • メルヘンの丘めまんべつ (北海道-79、大空町) — チャペルのような恰好の、とんがり屋根がトレードマークの道の駅。しそジュース、シジミドリンクなどの地元特産品を扱うアンテナショップ「ほのか」、「サクラ豚丼」や、ソフトクリームなどの名物を味わえるメルヘン観光交流センターなどの施設がある。  所在  網走郡大空町女満別昭和96  電話  0152-75-6160  時間  9:00~18:00。年末年始(12月30日~1月5日)休み。  WEB  [14] 地図

国道12号:旭川市札幌市中央区[編集]

  • ライスランドふかがわ (北海道-71、深川市) — 道内の米どころとして知られる土地柄に因んだ名前の、全館「お米」がテーマの道の駅。釜飯や釜炊きご飯といったご飯ものの人気メニューが自慢のレストランや、深川産を中心とした品揃えの農産物直売所、精米を体験できるコーナーがある「お米ギャラリー」などの施設がある。  所在  深川市音江町字広里59-7  電話  0164-26-3636  時間  9:00~19:00。12月31日~1月2日休業。  WEB  [15] 地図

北海道道1160号:旭川市東川町[編集]

北海道道114号:赤平市奈井江町[編集]

北海道道139号:奈井江町江別市[編集]

  • しんしのつ (北海道-110、新篠津村) — 温泉施設「たっぷの湯」併設。  所在  新篠津村第45線北2番地。  電話  (0126) 58-3166  時間  10:00~23:00  WEB  [16] 地図

国道237号:旭川市浦河町[編集]

  • 樹海ロード日高 (北海道-38、日高町) — 国道274号と国道237号の分岐点にある道の駅。日高山脈の自然と登山と地質の博物館「日高山脈館」を併設している。  所在  沙流郡日高町本町東1丁目298-1  電話  (01457) 6-2008  時間  9:00~20:00(木曜日は~18:00、休日 年末年始(売店・レストランは木曜)  WEB  [17] 地図

国道38号:滝川市釧路市[編集]

国道244号:網走市根室市[編集]

  • はなやか(葉菜野花)小清水 (北海道-70、小清水町) — 付近の観光情報を提供するコーナーや喫茶、軽食堂があるほか、展望テラスからはオホーツク海や知床連山が見える。  所在  小清水町。国道244号沿い、浜小清水駅に隣接  電話  (0152) 63-4111  時間  8:30~17:30  WEB  [18] 地図

国道243号:網走市根室市[編集]

  • ぐるっとパノラマ美幌峠 (北海道-76、美幌町) — 美幌峠のレストハウスを兼ねた道の駅。2回には美幌峠の四季を映し出す大型パネル映像や、付近の観光情報を提供するタッチパネル四季パソコンがある。  所在  阿寒バス「美幌峠」下車(市街地から28km)  電話  (0152) 75-0700  時間  9:00~17:00(4月下旬から10月下旬は18:00まで)  WEB  [19] 地図

国道334号:美幌町羅臼町[編集]

国道335号:羅臼町標津町[編集]

  • 知床・らうす
    知床・らうす (北海道-63、羅臼町) — 観光案内所や展望コーナー、羅臼の海の幸を味わえる「海鮮工房」があるほかいくつかの商店が店を構える。  所在  羅臼町本町361。  電話  (0153) 87-5151  時間  10:00~16:00(5月から10月は9:00~17:00)。  料金  利用無料。  WEB  [20] 地図

北海道道1115号:斜里町弟子屈町[編集]

国道44号:根室市釧路市[編集]

  • スワン44ねむろ (北海道-59、根室市) — 風蓮湖沿いに建つ、全面ガラス張りの造りの道の駅。施設内から、野鳥の楽園である風蓮湖や春国岱を楽しむことができる。特産品等の展示・販売コーナーや鮮魚販売コーナー、地元産の素材をふんだんに使った料理が人気のレストランがある。  所在  根室市酪陽1  電話  0153-25-3055  時間  4月~6月、10月:9:00~17:00、7月~9月:9:00~18:00、11月~3月:9:00~16:00。年末年始(12月29日~1月5日)と11月~4月の毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)休館。  WEB  [21] 地図

国道241号:弟子屈町帯広市[編集]

  • ピア21しほろ (北海道-44、士幌町) — 「北の氷点菓」という特産物のミルクスイーツはここでしか売られていない。  所在  士幌町字士幌西2線147  電話  01564-5-3940  時間  4月~10月:9:00~19:00、11月~3月:9:00~18:00。12月31日~1月3日休み。  WEB  [22] 地図

北海道道134号:士幌町本別町[編集]

  • しほろ温泉 (北海道-95、士幌町) — 露店風呂やジャグジー、サウナ、パークゴルフ場などの施設がある。  所在  士幌町字下居辺西2線134  電話  01564-5-3630  時間  10:00~21:00、レストラン11:00~15:00(L.O.14:30)、地場産品展示販売コーナー11:00~21:00。年中無休。  WEB  [23] 地図

国道240号:網走市釧路市[編集]

国道242号:網走市帯広市[編集]

  • ステラ☆ほんべつ (北海道-107、本別町) — 2006年4月に廃止となった、「ふるさと銀河線」の旧本別駅舎を利用した道の駅。施設の生い立ちからもわかるとおり、鉄道時代の名残を留めている。多目的ホールや物産販売所、レストラン、パン工房などがある。  所在  中川郡本別町北3丁目1-1  電話  0156-22-5819  時間  9:00~22:00(施設内のコーナーにより終業時間が異なる)。年末年始(12月30日~1月30日)休業。  WEB  [24] 地図

北海道道238号更別幕別線:更別村幕別町[編集]


国道236号:帯広市浦河町[編集]

国道274号:標茶町札幌市/東区[編集]

  • 足寄湖 (北海道-10、足寄町) — 1階がチーズ工場。  所在  足寄町中矢673番地の4。  電話  (0156) 25-3901  時間  9:00~18:00(4~9月)、9:30~16:00(10~3月)  WEB  [25] 地図
  • マオイの丘公園 (北海道-37、長沼町) — マオイの丘公園内にある、サイロを模したような丸い塔のようなレンガ造りの建物が特徴的な道の駅。屋上に上ることができ、そこから石狩平野を一望できるほか、2階のレストランからもとてもきれいな夕日を見ることができる。施設内に農産物の直売所やレストラン、パークゴルフ場などがある。  所在  夕張郡長沼町幌内  電話  0123-84-2120  時間  5月~10月:9:00~20:00、11月~4月:9:00~18:00。12月31日は15:00まで、1月1日休館。  WEB  [26] 地図

国道235号:浦河町室蘭市[編集]

国道337号:千歳市小樽市[編集]

  • サーモンパーク千歳 (北海道-85、千歳市) — その名のとおり、サケをテーマにした道の駅。サケピンポンコロッケなどサケを使ったメニューがそろったレストランのほか、サケをはじめとした淡水生物を扱った博物館「千歳サケのふるさと館」などの施設がある。また、秋には付近の川を遡行するサケの捕獲器、「インディアン水車」によるサケの捕獲風景も楽しめる。  所在  千歳市花園2丁目312  電話  0123-42-3001  時間  9:00~18:00。12月26日~翌1月6日休業。  WEB  [27] 地図

国道337号:室蘭市札幌市/中央区[編集]

国道229号:小樽市江差町[編集]

  • スペース・アップルよいち (北海道-49、余市町) — 余市宇宙記念館に隣接する道の駅。屋外の売店で、余市ワインやアップルパイ、ジェラートなどを楽しむことができる。  所在  余市郡余市町黒川町6丁目4-1  電話  0135-22-1515  時間  4月中旬~11月上旬:9:00~18:00、11月上旬~4月中旬:9:00~16:00。11月上旬~4月中旬の毎週月曜日(月曜日が祝日の際はその翌日)と年末年始(12月30日~1月3日)休館。  WEB  [28] 地図
  • よってけ島牧 (北海道-20、島牧村) — 地元の農産品・海産品が手に入る。自然体験学習センター「島牧知ろう館」(開館時間10:00~17:00、火曜休館、入館無料。)を併設している。  所在  島牧郡島牧村字千走11-1  電話  (0136) 74-5183  時間  9:00~17:00(7・8月は19:00まで)  WEB  [29] 地図

国道230号:札幌市/中央区せたな町[編集]

  • 230ルスツ (北海道-73、留寿都村) — ルスツふるさと公園に併設されている、羊蹄山を眺望できる絶景地に位置する道の駅。公園内には多目的芝生広場や遊技広場などの施設がある。また、村内で収穫された野菜などを販売する農水産物直売所やレストランコーナーなどの施設がある。道の駅の近くには、「ふれあい公園パークゴルフ場」やリゾート施設のルスツリゾートなどのレジャー施設もある。  所在  虻田郡留寿都村字留寿都127  電話  0136-47-2068  時間  4月~10月:9:00~18:00、11月~3月:9:00~17:00。年中無休。  WEB  [30] 地図

国道276号:苫小牧市江差町[編集]

  • いわない (北海道-14、岩内町) — 国道270号、旧国鉄岩内駅跡地にある道の駅。ガイドセンター「たら丸館」は、ヨットをイメージしたデザインとなっている。周辺に、「木田金次郎美術館」や「いわないマリンパーク」などの施設がある。  所在  岩内町字万代47-4  電話  0135-63-1155  時間  4月~10月:9:00~18:00、11月~3月:9:00~17:00。毎週月曜日(11月1日~4月第3月曜、月曜日が祝日の時は翌日)及び年末年始(12月31日~1月5日)休み。  WEB  [31] 地図

国道5号:札幌市/豊平区伊達市[編集]

北海道道66号:岩内町洞爺湖町[編集]

国道453号:室蘭市長万部町[編集]

  • だて歴史の杜 (北海道-65、伊達市) — 2012年4月に同じ公園の敷地内で施設が移転し、新たに観光物産館などが整備された。敷地内には、藍染めの体験学習(最大定員70名)が楽しめる「藍工房」や日本刀の刀鍛冶工の見学コーナー、地元特産の「きんきいずし」や「チーズ」などの加工食品、染物などの地元産品の販売コーナーもある観光物産館の「黎明観」、かつて市内に居住したこともある女流直木賞作家、宮尾登美子の文学記念館がある。  所在  伊達市松ヶ枝町34番地1。  電話  0142-25-5567  時間  9:00~18:00、年末年始(12月31日~1月5日)休館。  WEB  [32] 地図

国道5号:札幌市/中央区函館市[編集]

  • ニセコビュープラザ (北海道-40、ニセコ町) — 12角形の木造のような建物が特徴的な道の駅。地元特産のジャガイモを使ったファーストフードショップや地元のミルクをふんだんに使ったソフトクリームなどを楽しむことができる。  所在  虻田郡ニセコ町字元町77-10  電話  0136-43-2051  時間  7月~8月:9:00~19:00、9月~6月:9:00~18:00。年中無休(ただし直売所とフードショップは年始(1月1日~1月3日)休業。)  WEB  [33] 地図

国道227号:江差町函館市[編集]

  • あっさぶ (北海道-19、厚沢部町) — 観光協会があり、インフォーメーションで地図・観光パンフレットを配布。  所在  厚沢部町緑町72-1。国道227号沿い、函館から車で約1時間。  電話  (0139) 64-3738  FAX  (0139) 64-3738  時間  売店9:00〜17:30、トイレ・公衆電話は24時間利用可能。12月30日〜1月5日は休館。  WEB  [34]  e-mail  [35] 地図

国道228号:江差町函館市[編集]

国道278号:森町函館市[編集]

  • つど~る・プラザ・さわら (北海道-62、森町) — 国道278号沿いにある道の駅。  所在  森町字砂原2丁目358-1。  電話  (01374) 8-2828  時間  9:00~17:00。12/30は9:00~12:00。12/31~1/3は休み。 地図
  • 縄文ロマン 南かやべ函館市
  • なとわ・えさん (北海道-61、函館市) — 国道278号沿いにある道の駅。津軽海峡を望む。施設内にはキャンプ場がある。  所在  函館市日ノ浜町31番2。  電話  (0138)85-4010  時間  (5~9月)9:00~18:00、(10~4月)9:00~17:00、休館日 毎週月曜 ※月曜が祝日の時は翌日  WEB  [37] 地図