何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

豊後高田市

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
豊後高田市

Default Banner.jpg

深山の巨岩に刻まれた不動明王。

豊後高田市(ぶんごたかだし)は、大分県にある市である。[1]


分かる[編集]

  • 2005年に、旧・豊後高田市と西国東郡真玉町・香々地町とが合併した。
  • 平安時代に建立された寺院や磨崖仏、荘園だった郷など千年の歴史を持つ一方で、旧・豊後高田市の中心市街地にある商店街が活性化策として取り組む「昭和の町」が、昭和ノスタルジー・ブームで話題になった。


着く[編集]

飛行機で[編集]

最寄りの空港は大分空港。

列車で[編集]

市内に鉄道の駅はない。最寄駅は日豊本線のJR宇佐駅。

車で[編集]

市内に国道213号線が走っている。

  • 大分・北九州からは国道10号線で宇佐市内まで行き岩崎交差点から国道213号線に入ればよい。

バスで[編集]

大分交通バスを利用するとよい。大分交通バス

  • JR九州の日豊本線・宇佐駅から豊後高田行きまたは伊美行きで約10分、¥240。毎時1~2本程度運行。

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

バスで[編集]

足で[編集]

観る[編集]

昭和の町 地図  
昭和30年代の町並みを再現した商店街。
 所在  豊後高田バス停から徒歩1分  電話  (0978) 23-1860(豊後高田市観光まちづくり株式会社)  WEB  [2]
 開場時間  -  料金  -


昭和ロマン蔵 地図  
野村財閥が建てた米蔵の中に昭和時代の絵本やおもちゃなどを展示している博物館。米蔵の周りには昭和時代に活躍していた自動車や自動三輪車も展示されている。駄菓子屋さんも併設しているのでちょっとした自分へのお土産を買って帰るとよい。昭和の夢町三丁目・駄菓子の夢博物館・昭和の絵本美術館の3館は有料、駄菓子屋さんは入場無料。
 所在  豊後高田市新町989-1、豊後高田バス停から徒歩1分。  電話  (0978) 23-1860  WEB  [3]
 開場時間  9:00~17:00  料金  3館共通入館券:大人¥800、小中校生¥560


昭和の夢町三丁目 地図  
昭和30年代~昭和40年代の民家、商店、教室を再現した施設。
 所在  昭和ロマン蔵の中  電話  -  WEB  [4]
 開場時間  9:00~17:00  料金  3館共通入館券:大人¥800、小中校生¥560


駄菓子の夢博物館 地図  
お菓子のオマケやブリキのおもちゃ、昭和時代の映画のポスターなど5万点が展示されている博物館。2005年に上映された映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の小道具の一部はここで借りられたものが多数ある。
 所在  昭和ロマン蔵の中  電話  (0978) 23-0008  WEB  [5]
 開場時間  9:00~17:00  料金  3館共通入館券:大人¥800、小中校生¥560


昭和の絵本美術館 地図  
子供向けの絵画(童画)の画家である黒崎義介(くろさき よしすけ)の童画を展示している美術館。
 所在  昭和ロマン蔵の中  電話  -  WEB  [6]
 開場時間  9:00~17:00  料金  3館共通入館券:大人¥800、小中校生¥560


熊野磨崖仏 地図  
巨岩に刻まれた8mの不動明王と6mの大日如来。平安時代末期のものとされ、国の重要文化財に指定されている。麓の駐車場に拝観料を払う事務所と売店があり、そこからまず、ある程度整備された登り階段(非舗装)を10分ほどゆくと、小さな石の鳥居が現れる(画像参照)。そこから、鬼が一夜で築いたという伝説が残る、石を乱積みした険しい石段を200段ほど登ると、左手に磨崖仏が鎮座している(熊野神社の本殿はそこからさらに100段ほど登る)。拝観料を払うと木の杖を貸してもらえるが、革靴やハイヒールでは危険だと思われる。
 所在  豊後高田市田染平野  電話  0978-26-2070  WEB  [7]
 開場時間  8:30~17:00  料金  200円
熊野磨崖仏


元宮磨崖仏 地図  
室町時代の作とされる地蔵菩薩や毘沙門天など5体が、2001年に出来た覆屋の中に鎮座する。
 所在  豊後高田市田染真中  電話    WEB  
 開場時間  県道からそのまま拝観できる。  料金  無料。
元宮磨崖仏


真木大堂 (まきおおどう) 地図  
平安時代に、当地で数多く建立された寺院の中心的存在だったとされる。地域の人びとが守り続けてきた9体の仏像はいずれも国の重要文化財に指定されており、その表情や色彩に圧倒される。
 所在  豊後高田市田染真木  電話  0978-26-2075  WEB  [8]
 開場時間  8:30~17:00(11月~4月)、8:30~17:30(5月~10月)  料金  200円。
真木大堂


富貴寺 (ふきじ) 地図  
平安時代に建立された寺院で、京都府宇治市の平等院鳳凰堂、岩手県平泉町の中尊寺金色堂とともに日本三阿弥陀堂の一つに数えられる、九州最古の木造建築物。紅葉の名所でもある。門前には食事処や土産店がある。
 所在  豊後高田市田染路  電話  0978-26-3189  WEB  [9]
 開場時間  8:30~16:30  料金  200円。
富貴寺


田染庄 (たしぶのしょう) 地図  
平安時代、墾田永年私財法の成立後に開墾された、宇佐八幡宮の荘園だった一帯。小崎地区では、当時をしのぶ風景を守ろうと「荘園領主制度」や農家民泊の取り組みを行なっている。
 所在  豊後高田市田染小崎2132-1(荘園の里推進委員会事務局)  電話  0978-26-2168  WEB  [10]
 開場時間    料金  

遊ぶ[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

大寅屋食堂  
「昭和の町」にある激安食堂。
 所在  豊後高田市新町992。  電話  (0978) 24-2357  WEB  [11]
 営業時間  [月~金] 10:00~15:00 17:00~21:00、[土日祝] 10:00~16:00、定休日 火曜  予算  ちゃんぽん ¥350

中級[編集]

四季彩  
完全予約制の郷土料理店。
 所在  豊後高田市池部451-1。  電話  (0978) 26-2900  WEB  [12]
 営業時間  11:30~14:00 17:30~21:00、定休日 木曜・第3水曜  予算  

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

HOTEL AZ 大分豊後高田店  
宇佐駅から車で約11分。
 所在  豊後高田市高田2861-1。  電話  (0978) 23-1301  WEB  [13]
 時間    料金  


蕗薹 (フキノトウ)  
国宝富貴寺に隣接する宿坊。
 所在  豊後高田市田染蕗2365。  電話  (0978) 26-2668  WEB  [14]
 時間    料金  

高級[編集]

出かける[編集]

  • 宇佐市 - 全国にある八幡宮の総本山である宇佐神宮がある。
  • 中津市 - 福沢諭吉ゆかりの地。紅葉で有名な耶馬溪がある。
  • 杵築市 - 杵築城下の武家屋敷や商人町が残る。
  • 国東市 - 大分空港がある。



この記事「豊後高田市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。