何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

豊富町

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
豊富町

Default Banner.jpg

豊富町(とよとみちょう)は、北海道北部、宗谷地方にある町。西側には広大なサロベツ原野が広がり、東側は山林が多い。酪農業が盛んで、とよとみ牛乳は全国的に販売されている。西岸を日本海に面し、幌延町猿払村および稚内市に接している。町内の海岸線沿いは利尻礼文サロベツ国立公園の特別保護地区に指定されている。 [1]


分かる[編集]

観光案内[編集]

  • 豊富町観光協会 所在  豊富町東4条3丁目。  電話  (0162) 82-1728  FAX  (0162) 82-3737  WEB  [2]  e-mail  [3]

着く[編集]

飛行機で[編集]

稚内空港から40km程度、車で約40分である。稚内空港は、羽田空港関西空港新千歳空港および札幌丘珠空港への便がある。鉄道を利用する場合は、空港連絡バスで南稚内まで行き、宗谷本線に乗り換える。レンタカーは稚内空港で借りることができる。

旭川空港から道央道・国道40号で240km程度、道央道・留萌自動車道・オロロンラインを経由すると260km程度で、いずれも夏なら4時間程度、冬は5時間程度である。ルートは、天候が良ければオロロンラインを選ぶと良いが、悪ければ40号が無難。旭川空港からは、東京、関西、中部、函館の各空港への便がある。

列車で[編集]

宗谷本線が縦断し、豊富駅、徳光駅、芦川駅、兜沼駅の4駅がある。このうち豊富駅が特急停車駅で、札幌と稚内を結ぶ特急「スーパー宗谷」2往復と「サロベツ」1往復が停車する。普通列車は上下5本ある。

札幌駅からの特急「スーパー宗谷」2往復、「サロベツ」1往復が名寄駅に停車する。

  • 札幌発- 08:30、12:37*、17:48**
  • 旭川発- 09:53、14:12*、19:13**
  • 豊富着- 12:48、17:30*、22:07**
  • 稚内着- 13:28、18:11*、22:47**

注:無印「スーパー宗谷1号」、* 「サロベツ」、** 「スーパー宗谷3号」

  • 稚内発- 07:10、13:45*、16:51**
  • 豊富発- 07:50、14:26*、17:30**
  • 旭川着- 10:44、17:33*、20:28**
  • 札幌着- 12:06、19:08*、21:50**

注:無印「スーパー宗谷2号」、* 「サロベツ」、** 「スーパー宗谷4号」

下り普通列車豊富駅時刻:6:36*、8:19**、10:41、15:53、18:02

  • 無印は名寄発稚内行き、* は幌延発稚内行き、** は音威子府発稚内行き。

上り普通列車豊富駅時刻:7:09、11:43、14:57、18:02、20:08*

  • 無印は稚内発名寄行き、* は稚内発豊富行き。

車で[編集]

国道40号線が旭川方面と稚内を結んでいる。海岸沿いには道道106号線が通っている。

バスで[編集]

札幌から都市間バス「特急はぼろ号」が4往復運行されている。運行は沿岸バス、要予約 TEL (0164) 62-1550。

  • 札幌駅前ターミナル(11番乗り場)出発時刻:8:00、13:00、15:00、18:00
  • 豊富営業所までの所要時間は5時間04分、運賃¥5,400。

留萌・羽幌・幌延・豊富を結ぶ路線バスが9往復運行されている。沿岸バス豊富留萌線

  • 留萌駅- 06:25、09:00、10:05、13:30、15:30
  • 幌延駅- 09:42、12:17、13:22、16:47、18:47
  • 豊富駅- 10:11、12:46、13:51、17:16、19:16
  • 豊富駅- 08:20、10:35、11:30、14:50、15:55、17:17
  • 幌延駅- 08:49、11:04、11:59、15:19、16:24、17:46
  • 留萌駅- 12:04、14:19、15:14、18:34、19:39、21:11

船で[編集]

旅客船航路はない。

動く[編集]

車で[編集]

観光地がそれぞれ離れているので通常は自家用車・レンタカーでの観光となる。最寄のレンタカー営業所は稚内市である。なお、豊富温泉ふれあいセンターで実験的なカーシェアリングを実施している。

列車で[編集]

兜沼公園や徳満展望台は駅から徒歩圏であるから鉄道の利用も可能である。ただし普通列車の本数は1日5往復であり、不便であるため、鉄道旅愛好者でなければおすすめしない。特に、冬は天候が荒れると生命の危険もあるため、注意が必要。

バスで[編集]

  • 豊富駅と豊富温泉経由で幌延を結ぶバスの時刻(温泉までの運賃¥320、沿岸バス豊富幌延線 TEL (0164) 62-1550)
    • 豊富駅発(幌延駅行き) 08:20、10:35、11:30、14:50、15:50、17:10
    • 温泉発(豊富駅行き) 08:55、09:57、12:32、13:37、17:02、18:57
  • 豊富駅とサロベツ原生花園方面を結ぶバスの時刻(沿岸バスサロベツ線原生花園まで¥430)
    • 豊富駅発 6月~9月-08:25、12:55、15:03、10月~4月-09:15、14:00
    • 稚咲内第2発 6月~9月-08:56、13:23、15:30、 10月~4月- 09:41、14:26

足で[編集]

夏季は兜沼駅から兜沼公園まで歩くことは可能ではある。冬季は天候が悪いと遭難する可能性もあるので注意。

観る[編集]

サロベツ原野  
北海道宗谷支庁の天塩郡豊富町と留萌支庁の幌延町の海岸線沿いに広がる湿原。エゾカンゾウ、ツルコケモモ、ヒメシャクナゲ、エゾリンドウ、ワタスゲ、エゾノリュウキンカ、トキソウなどが初夏~初秋にかけて見られる。その種類は100種以上。利尻礼文サロベツ国立公園の一部。
 所在  豊富町・幌延町。  電話  (0162) 82-1728(豊富町観光協会)  WEB  [4]
 開場時間    料金  無料。


稚咲内海岸  
北海道道106号沿いの豊富町稚咲内周辺の海岸。絶景が広がる。
 所在  豊富町稚咲内。  電話    WEB  [5]
 開場時間    料金  無料。


大規模草地  
総面積1,500ha、日本有数の規模を誇る大規模草地牧場。見渡す限り牧場が続くなだらかな丘陵地帯に、約1,500頭の乳牛が放牧されている。レストハウスがあり、食事もできる。
 所在  豊富町字福永。  電話  (0162) 82-2431  WEB  [6]
 開場時間    料金  


兜沼  
兜沼は、水鳥の飛来地として有名。周辺には、オートキャンプ場、バンガロー、コテージなどがある。
 所在  豊富町兜沼。  電話  (0162) 84-2600  WEB  [7]
 開場時間  5月1日~9月30日。  料金  

遊ぶ[編集]

豊富温泉 (町営ふれあいセンター)  
大正時代に石油掘削に伴って湧出した温泉。宿は多くないが道北の離島観光の中継点にもなっている。少し色づいた温泉にわずかに石油臭がある。アトピー性皮膚炎に効果があるとされ湯治客も多数訪れている。
 所在  豊富駅から南東に約6km  電話  (0162) 82-1777  WEB  [8]
 営業時間  8:30~21:00  料金  ¥500(小¥250)。


サロベツカントリークラブ  
豊富温泉近くにあるゴルフ場。自然味あふれる丘陵地帯にあり、地形を生かしたコースレイアウトは初心者からベテランまで楽しむことができる。
 所在  豊富町字東豊富  電話  (0162) 82-1507  WEB  [9]
 営業時間  4月中旬~11月上旬。  料金  ビジター休日¥12,425(割引料金多数あり)。


豊富温泉スキー場  
豊富温泉近くにあるスキー場。コースは初級から上級まで4本。中級コースではスノーボードも楽しめる。ナイター設備も完備。スキー・スノーボードのレッスンもある
 所在  豊富町豊富温泉。  電話  (0162) 82-2842  WEB  [10]
 営業時間  10:00~16:30、16:30~20:30(ナイター営業は火木土)。  料金  1日券:大人¥2,000、子供¥1,400。

買う[編集]

サロベツファーム  
手作りのハム・ソーセージ、ジンギスカン、ホルモンなどを製造販売している。手作り体験も可能(要予約)。
 所在  豊富町字芦川。  電話  (0162) 84-2377  WEB  
 営業時間  9:00~18:00  値段  ウインナー200g:¥570~。


工房レティエ  
手作りナチュラルチーズ、ジェラートを製造販売している。チーズは洞爺湖サミットの朝食で提供された。手作り体験も可能(要予約)。
 所在  豊富町福永。  電話  (0162) 82-1300  WEB  [11]
 営業時間  10:00~18:00(冬季は17:00)。  値段  ジェラート¥350~。


川島旅館の牛乳プリン (豊富温泉)  
豊富牛乳で作ったプリン。川島旅館や町内各所で購入可能。
 所在    電話  (0162) 82-1248  WEB  [12]
 営業時間    値段  牛乳プリン¥200、特濃¥300。

食べる[編集]

  • 駅付近の市街地には食堂、寿司屋、喫茶店などの食事できる店が10店以上ある。
  • 温泉のふれあいセンター、大規模草地のレストハウスには食堂がある。
  • サロベツ原生花園レストハウスでは軽食が摂れる。
  • 稚咲内海岸に食堂が1軒ある。

安食堂[編集]

来々軒  
ラーメンなどを提供する食堂。味噌ラーメンの評判がよい。
 所在  豊富町字豊富西一条7丁目。  電話  (0162) 82-2151  WEB  [13]
 営業時間  11:30~14:00、17:30~20:00。  予算  ¥1,000以下。


ステーション  
カレー、ピラフ、中華丼、牛タン定食などメニューは豊富。ただし麺類はない。
 所在  豊富駅駅舎内  電話  (0162) 82-3130  WEB  
 営業時間  10:00~18:00  予算  ¥800~1,000程度


レストハウスサロベツ  
軽食やあげいも、いももちなどがある。濃厚な豊富牛乳、牛乳のコクを生かしながらもさっぱりとした風味の「香りちゃんアイス」が評判。5月から10月まで営業。
 所在  サロベツ原生花園  電話  (0162) 82-1129  WEB  
 営業時間  8:00~17:00(6月から8月は18:00まで)  予算  


ハウス砂丘林  
この付近では唯一の食堂。サロベツラーメンが名物。
 所在  稚咲内  電話  (0162) 85-2345  WEB  
 営業時間  9:30~17:00、冬季休業  予算  

中級[編集]

ミセス・ロビンソン  
離農した古い農家を再利用したスローフードを提供するカフェレストラン。みさわ牧場のノンホモ低温殺菌牛乳、サロベツファームのソーセージや工房レティエのチーズ、上勇知のカヤニファームの卵などこだわりの食材を使った料理を食べることができるほか、お酒も飲める。1日1組限定で宿泊も可能。店内に猫がいる。土日祝日などは混み合うので電話予約を。
 所在  豊富町兜沼。  電話  (0162) 84-9007  WEB  [14]
 営業時間  11:30~21:00  予算  ¥1,000~。

高級[編集]

町内に高級店はない。

飲む[編集]

  • 豊富牛乳
  • 駅付近の市街地には居酒屋、スナック、クラブなど15店程度がある。


イザカヤチルル  
豊富町にある居酒屋。郷土料理などメニューが豊富。
 所在  豊富町大通り8。高杉商店2F。  電話    WEB  [15]
 営業時間  17:00~24:00  料金  ¥2,000~

泊まる[編集]

キャンプ[編集]

兜沼公園キャンプ場  
公園の指定地域からは少し離れているが、上サロベツ原野の北端にある兜沼畔にあるキャンプ場である。300張分のテントサイトがあり、炊事場、トイレ、シャワー、コインランドリー、五右衛門風呂、売店、公衆電話がそろっており、バンガローなどもある。近くにはオートキャンプ場やフィールドアスレチック、パークゴルフ場がある。
 所在  兜沼駅から0.5km  電話  (0162) 84-2600
 FAX  FAX
 WEB  [16]
 時間    料金  1泊¥400~

安宿[編集]

湯快宿 (豊富温泉保養宿泊所)  
温泉療養を目的とした2泊以上の長期滞在者用の町営施設。宿には温泉はなく200m離れた「町営ふれあいセンター」(遊ぶを参照)を利用する。自炊施設があり、食事の提供はしない。
 所在  豊富町温泉。JR豊富駅から6km。  電話  (0162) 82-2292  WEB  [17]
 時間    料金  ¥2,000(10~5月暖房料¥500)。


民宿夢大陸  
自炊ができるキッチンがある。
 所在  兜沼駅から徒歩10分宗谷本線線路脇。  電話  (0162) 84-2001  WEB  
 時間    料金  ¥3,500~、素泊まり¥2,000。


あしたの城  
サロベツ原野のはずれにある旅人宿。牛乳鍋が名物。
 所在  豊富町豊徳。バス停はないがバスの運転手にあしたの城へ行きたいといえば前で停まってくれる。  電話  (0162) 85-2115  WEB  [18]
 時間    料金  相部屋2食付¥4,900など。

中級[編集]

ホテル豊富  
 所在  豊富町温泉。  電話  (0162) 82-1055  WEB  [19]
 e-mail  [20]
 時間    料金  ¥8,000~20,000。


ホテルニューサロベツ  
 所在  豊富町温泉。  電話  (0162) 82-1211
 FAX  (0162) 82-2211
 WEB  [21]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 10:00   料金  ¥8,550~15,900(ビジネスパック¥6,450)。


ニュー温泉閣ホテル  
 所在  豊富町温泉。  電話  (0162) 82-1243
 FAX  (0162) 82-1291
 WEB  [22]
 時間    料金  ¥8,550~15,000。


川島旅館  
昭和2年創業の老舗旅館。札幌の料亭で修行した板長自慢の地元食材を活かした料理が評判。客室12室。日帰り入浴可(¥400)。豊富牛乳で作った白いプリンが好評。
 所在  豊富町温泉。  電話  (0162) 82-1248  WEB  [23]
 時間    料金  ¥7,350~10,500。


福ノ家旅館  
 所在  豊富町字温泉。  電話  (0162) 82-2827  WEB  
 時間    料金  ¥5,800~。


民宿 百葉園  
 所在  豊富町温泉。  電話  (0162) 82-1066  WEB  
 時間    料金  ¥6,980~。


HOTELウィン  
ウイークリーマンションタイプ。長期滞在割引がある。
 所在  豊富町温泉。  電話  (0162) 82-3030  WEB  [24]
 e-mail  [25]
 時間    料金  ¥5,980。


トーヨーホテル  
ビジネスホテル。豊富駅から徒歩10分。
 所在  豊富町大通り12丁目。  電話  (0162) 82-2881  WEB  
 時間    料金  ¥6,300~


松屋旅館  
豊富駅から徒歩1分。
 所在  豊富町駅前通り。  電話  (0162) 82-2526  WEB  
 時間    料金  ¥5,300~

高級[編集]

出かける[編集]

  • 稚内市 — 約40km。風景に定評のある道道106号を北上し稚内市街に至るコースがお勧め。宗谷岬周辺までは日帰り可能な距離である。
  • 猿払村 — 帆立と酪農の町。帆立の干貝柱や崎陽軒のシウマイなどを買うことができる。ルートは道道138号。
  • 幌延町 — 下サロベツ、トナカイ牧場がある。
  • 利尻島 — 利尻富士登山が有名。稚内港からフェリーが出ている。
  • 礼文島 — 高山植物が有名。稚内港からフェリーが出ている。


Wikitravel Shared Logo 豊富町に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「豊富町」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。