何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

西伊豆町

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
西伊豆町

Default Banner.jpg

堂ヶ島の夕陽。

西伊豆町(にしいずちょう)は、静岡県伊豆半島西岸にある町。キャッチフレーズは「"ふるさと"と言いたくなる夕陽のまち」。[1]



分かる[編集]

仁科川、宇久須川の河口付近、入り江等に小規模な市街地を形成している。 複雑な海岸線を利用した港は、天然の良港として古くから漁業で栄え、特に鰹漁で有名となった。 名産の鰹を使った鰹節は田子節と呼ばれ、名産品となっている。 近年は、鰹の伝統的な保存食である「しおかつお」を名産品として売り出している。

町は、港を中心として地区分けされており、安良里(あらり)、宇久須(うぐす)、田子(たご)、仁科(にしな)、大沢里(おおそうり)の様に分かれている。町の中心地は仁科地区であり、役所からスーパーまで主要な施設などはこの地域に集中している。

着く[編集]

飛行機で[編集]

  • 富士山静岡空港 — 最寄空港は静岡県牧之原市にある富士山静岡空港である。空港からは静岡駅行きのバスを利用し、静岡駅。新幹線、もしくは東海道線にて三島駅まで移動し、西伊豆特急バスに乗り継ぐ。また、空港より清水港行きのバスを利用し、駿河湾フェリーで土肥港、そこから路線バスを利用する方法もある。西伊豆特急バスについては「バスで」の項目、駿河湾フェリーについては「船で」の項目を合わせて確認されたい。  WEB  富士山静岡空港
  • 東京国際空港 — 国内線の設定路線などを考慮すると、羽田空港を利用するのが便利である。羽田空港を利用する場合は、東京方面より京浜急行線等を利用し品川駅、新幹線に乗り継ぎ三島駅まで移動、西伊豆特急バスに乗り継ぐ。もしくは京浜急行、山手線を利用し新宿まで移動し、伊豆=新宿ライナー(高速バス)で三島駅、伊豆=新宿ライナー(高速バス)で修善寺駅まで移動し、路線バスに乗り継ぐ方法がある。バスの詳細は「バスで」の項目を参照されたい。

列車で[編集]

町内に直接到着できる鉄道路線は存在しない。鉄道を利用する場合は、以下の鉄道駅からバス等の交通機関を併用する。

  • 伊豆箱根鉄道 駿豆線 — 最寄り駅は修善寺駅である。三島駅でJR線と接続している。修善寺駅からは西伊豆特急バスか、路線バスの松崎行きを利用する。詳しくはバスの項目を参照されたい。  時間  始発の三島駅より約40分。  料金  修善寺駅~三島駅 大人 ¥400、小児 ¥250。
  • 伊豆急行 — 最寄り駅は伊豆急下田駅蓮台寺駅である。東京方面より踊り子号・スーパービュー踊り子号が運転されており、東京駅、新宿駅、池袋駅などから乗り換えなしにアクセスすることが出来る。両駅からは堂ヶ島行きの路線バスを利用すればよい。詳細はバスの項目を参照されたい。  時間  東京駅~伊豆急下田駅 約2.5時間、下田駅前からバスで約1時間。

車で[編集]

  • 東名高速道路を利用する場合 — 沼津ICより降り、沼津・三島方面へ進む。東海道新幹線と交差した先のランプを左方向に進み、国道1号線沼津バイパスに入る。南二日町IC(交差点)を右折し、国道136号線/下田街道に入る。大場川の橋を越え、その先にある大場川南(交差点)を右折、し直進。伊豆中央道(有料)、修善寺道路(有料)、天城北道路と進む。天城北道路終点を右折し、国道136号線/下田街道を左折。出口(交差点)を右折し、土肥温泉へ抜ける峠を越える。土肥温泉市街地内の土肥中浜(交差点)を左折し、国道136号を直進。約20kmで到着する。  時間  約2時間。
  • 熱海方面よりアクセスする場合 — 熱海方面よりアクセスする場合は、海沿いにある国道135号を南下し、長浜海水浴場の直ぐ先のY字路を右方向に進む。300m程先で右折し県道80号に入る。県道80号を進むと峠越えし修善寺に到着する。修善寺市街地に到着したら修善寺駅・修善寺温泉方面の標識に従い、国道136号線に入る。修善寺ICでは修善寺道路に入らず、国道136号を進む(修善寺温泉方面に行かず、IC下を左折する)。出口(交差点)を右折し、土肥温泉へ抜ける峠を越える。土肥温泉市街地内の土肥中浜(交差点)を左折し、国道136号を直進。約20kmで到着する。  時間  約2時間15分。
  • 下田方面よりアクセスする場合 — 国道414号/下田街道を稲生沢川沿いに北上し、天城峠方面へ進む。箕作(交差点)を県道15号線方面へ入る。婆娑羅峠を越えひたすら進むと松崎町に入る。宮の前橋(交差点)を右折し、国道136号線に入る。国道136号線をおよそ3kmで到着する。  時間  約1時間。
  • 伊東方面よりアクセスする場合 — 国道135号線/東伊豆道路をおおよそ35km程南下する。谷津(交差点)右折し、県道14号線に入る。上河津郵便局の先の交差点を左折し国道414号線/下田街道に入りおおよそ11km程進む。箕作(交差点)を県道15号線方面へ入る。婆娑羅峠を越えひたすら進むと松崎町に入る。宮の前橋(交差点)を右折し、国道136号線に入る。国道136号線をおよそ3kmで到着する。  時間  約2時間。

バスで[編集]

東京方面から向かう

東京から格安で西伊豆町を目指す場合は、伊豆=新宿ライナーの利用が便利である。 新宿 09:15 出発の便に乗れば、11:50には修善寺駅に到着。駅周辺でお昼を取りつつ12:45の松崎行きの路線バスに乗り換えれば14:17には堂ヶ島に到着できる。 伊豆=修善寺ライナーが往復 ¥4,500。路線バス往復が¥3,380。トータルで¥7,880(片道あたり¥3,940。)で到着できとても安価である。

  • 西伊豆特急バス — 沼津・三島・修善寺=松崎を運行する特急バスが東海バスによって運行されている。上り、下りで停車するバス停が異なるので注意。修善寺駅へは松崎・長八美術館行きの下り線のみ停車となる。  時間  1日3~4本程度運行されている。  料金  沼津・三島より堂ヶ島まで¥2,400。  WEB  「西伊豆特急バス」TOP
  • 伊豆=新宿ライナー新宿駅修善寺間を運行する高速バスであり、直接西伊豆町に到着することは出来ないが、修善寺より、路線バス、西伊豆特急バスを使用する事により到着可能である。  時間  新宿から修善寺まで2時間45分。修善寺から西伊豆町までは約1~1.5時間程度である。  料金  大人 片道 ¥2,500、往復 ¥4,500。(伊豆=新宿ライナー部分のみ)
  • 下田駅前~堂ヶ島線伊豆急下田駅より堂ヶ島まで1時間に1~2本ほど路線バスが運行されている。途中、下田セントラルホテル・大沢温泉口・松崎のみに停車する特急バスが1日1本だけであるが運行されている。堂ヶ島よりも北に向かいたい場合は、松崎、堂ヶ島で一般路線バスに乗り換える。  時間  下田駅前から1時間、特急バスで45分。  料金  下田駅前から¥1,360。  WEB  時刻表
  • 松崎~堂ヶ島松崎町からの路線バスが設定されている。詳細は「動く」の項目を参照のこと。

船で[編集]

船を利用する場合は、土肥港(伊豆市)を利用し、そこから路線バス等を利用する事となる。

  • 高速船ホワイトマリンII — 沼津港(沼津市)、戸田港(沼津市)経由で土肥港を結ぶ航路。春・秋ダイヤの土日祝日便は、伊豆三津シーパラダイス(三津港)に寄港する便もある。  所在  伊豆市土肥2915-3。(戸田運送船 土肥営業所)  電話  (0558) 98-2255  WEB  [2]
  • 駿河湾フェリー — 清水港(静岡市)と土肥港間を1日4往復運行している。片道65分  電話  (054) 353-2221(予約受付 9:00~16:30、乗船日の1ヶ月前~前日まで)。  WEB  [3]

動く[編集]

列車で[編集]

町内に鉄道路線はない。

バスで[編集]

町内の南北を結ぶ国道136号線には、東海バスが運行する路線バスの設定がある。 仁科川沿いにも町内中心地向けの路線が設定されている。

東海バスの路線バスは、前乗り・前降り方式で利用する。乗車時に整理券を取り、下車時に料金表を確認し料金箱に運賃を支払う方法で利用する。車内では、¥1,000や硬貨の両替は可能であるが高額紙幣は両替できない。事前に小銭を用意する必要がある。また、バスターミナルなどにある窓口で乗車券を購入することも出来る。

ある一定距離以上であれば、往復乗車券を購入することも出来る。有効期間は4日ほどしかないが、割引運賃が適用になる。

  • 堂ヶ島~宇久須・土肥・修善寺・三島・沼津 — 1時間に2本程度、運行が設定されている。系統によりバイパス経由の運行と市街地を通る運行がある。田子、安良里、宇久須地区を訪れる場合は最寄バス停に停車するかどうかを確認してから乗車することをお勧めする。
  • 堂ヶ島~松崎 — 複数の系統が運行されているため、この地域にしては設定本数が多く利用しやすい。ただ、多いとは行っても1時間に2~3本であり、行き当たりばったりでバス停に向かうのはお勧めできない。
  • 宮ケ原~松崎 — 1日に3本程度運行されている。観光の足として使うには本数が少なく利用が難しい。沿線の温泉施設などを利用する場合は往復のバスダイヤを確認したのちに利用するか、タクシー等の他の交通機関との併用を検討したい。

足で[編集]

各地区内は、比較的コンパクトにまとまっており、徒歩での移動が容易である。また、リアス式海岸の入り江にある港町であるため、地区内の道が細く、また行き止まりなども多いため、車での移動は適さない場合も多く、徒歩が有利な場面も多い。

また、各地域間には遊歩道等が整備されている場所も多く、景色を楽しみながら移動することもできる。 主な遊歩道は以下の通り。

  • 堂ヶ島遊歩道 — 堂ヶ島の見所である、天窓洞と呼ばれる海の洞窟や三四郎島とトンボロ等を楽しむことが出来る遊歩道。これらのポイントは、堂ケ島洞くつめぐり遊覧船を利用すれば海上より楽しむことも出来るが、陸地から自分のペースでゆっくり楽しむのも良いだろう。道は整備されているが、一部に足元の悪い場所もある。運動靴などで行くのが良いだろう。
  • 燈明ヶ崎遊歩道 — 浮島海岸から田子瀬浜海岸までの、3.2kmの遊歩道。浮島海岸や堂ヶ島の海岸線を楽しむことが出来る。コース途中には、椿園や紫陽花畑などもある。 地図
  • 黄金崎遊歩道 — コース全長が約2キロ。所要時間約40分の遊歩道。黄金崎の展望台等を巡る。夕陽を見ながら歩けば感動すること間違い無しである。  所在  黄金崎クリスタルパークバス停より徒歩3分。海岸線側に入る。  WEB  [4] 地図
  • 三滝遊歩道 — コース全長が約1.5キロメートル。所要時間約55分の遊歩道。滝の音を聞きながら森林浴を楽しめる。  所在  三滝遊歩道口バス停より。  WEB  [5]
  • 今山遊歩道 — 大田子=安良里を結ぶ遊歩道。おおよそ3時間程度かかる。12月から1月頃いはアロエの段々畑に咲くアロエの赤い花が見頃となる。また駿河湾、駿河湾越しにうつる富士山が美しい。  所在  西伊豆町大田子。 地図
  • 安城岬公園遊歩道 — 大浜海岸の北端、安城岬を一周する遊歩道。一周歩くと1時間程度である。比較的整備された遊歩道ではあるが、多少危険な場所もある。足下はしっかりした装備で歩こう。岬には戦時中に設置された高射砲跡などもある。無料駐車場あり。  所在  西伊豆町仁科。 地図

観る[編集]

堂ヶ島  
駿河湾の荒波により侵食されできた断崖絶壁の海岸で、その美しさから「伊豆の松島」とも呼ばれている。堂ヶ島にある天窓洞も有名であり、これは、断崖絶壁に浸食によってできたトンネルの中央部分の天井が抜け落ちており、まるで天窓があるように見えることから名づけられたものである。昭和10年に天然記念物に指定されている。天窓洞は遊歩道からその穴を覗くこともできるが、遊覧船に乗船すれば、中からその風景を眺めることもできる。


三四郎島 地図  
堂ヶ島の200mほど沖合にある象島・中ノ島・高島・沖ノ瀬島の4つの島の総称で、干潮時になると幅 約30mの道が現れ、島へ歩いて渡ることが出来るようになる。この現象はトンボロ現象といい、比較的珍しい現象である。現在、静岡県の天然記念物に指定されている。この現象はいつでも見られるわけではなく、潮高や天候により現れないこともある。潮時表や天気予報等を確認してから訪れたい。
三四郎島


神洞滝 地図  
安良里港に注ぐ浜川の上流にある滝。
 所在  安良里。


西天城高原  
標高750mの爽やかな高原で、晴れた日には南アルプスや富士山も望める。
 所在  宇久須。


大滝  
仁科川上流にある滝の中で最も大きな滝。滝の落差は48mほどである。
 所在  大沢里。


らんの里堂ケ島 地図  
広大な敷地内にカトレアや野生ランを展示するオーキッドフォーラム。観賞温室などがあり、年間を通して美しい花が楽しめる。西伊豆の海を一望にする展望デッキなどもある。堂ヶ島の遊覧船乗り場、加山雄三ミュージアム等と隣接しているので、一緒に観光するのが良いだろう。
 所在  仁科2848-1。  電話  (0558) 52-2345  WEB  
 開場時間  8:30~17:00(入園は~16:00)。  料金  ¥1,300。


加山雄三ミュージアム 地図  
加山雄三の記念館。誕生から現在までを写真展示、愛用ギターや直筆の楽譜、映画で使われた小道具、自作の絵画などが展示されている。堂ヶ島の遊覧船乗り場、らんの里堂ケ島等と隣接しているので、一緒に観光するのが良いだろう。
 所在  仁科2048-1。  電話  (0558) 52-1122  WEB  [6]
 開場時間  8:30~16:30(入館は~16:00)。  料金  ¥720。
加山雄三ミュージアム


田子特攻基地跡 地図  
大東亜戦争末期の1945年に、敵艦隊に魚雷を抱いて体当たりする ベニヤ板の特攻艇「震洋」を格納するため作られた洞窟群である。実際には終戦などにより使用されることは無かったが、貴重な戦争遺産である。現在は、道路の拡張工事などに伴い、多くの洞窟は失われてしまっている。残っている洞窟も、造船所などの倉庫になってしまっていたりなど、一見すると良く分からない状態になってしまっている場所も多い。田子地区から一つ目のトンネルを抜けたすぐ先に、特攻基地跡の説明板があるので、そこで配置などを確認すると良いだろう。
 所在  田子地区。田子港より、港よりの道を南下し、トンネルを抜けた付近より点在する。  電話    WEB  
 開場時間    料金  
田子特攻基地跡


夕陽の名所  
西伊豆町は夕陽の見ることの出来る名所が点在している。西伊豆町宿泊者に限られるが、宿泊日の3日前までに、西伊豆町観光協会 堂ヶ島観光案内所に申し込めば、西伊豆町夕陽ボランティアの会による写真撮影のアドバイスを受けることが出来る。
太田子海岸。
  • 仁科川河口 — 広い砂浜を散策しながら美しい夕陽を見ることが出来る穴場スポット。ベストな時期は10月頃から2月頃である。 地図
  • 仁科漁港 — 素朴な漁港の風景に夕陽に照らされた漁船のシルエットが美しい。ベストな時期は9月頃から3月頃である。  所在  仁科沢田。 地図
  • 三四郎島 — 夕陽と島のシルエットが美しい。ベストな時期は9月頃から3月頃である。
  • 浮島海岸 (ふとうかいがん) — 長さ100m程の小さな海岸を散策しながら見る夕陽は美しい。ベストな時期は2月頃から4月頃、8月頃から10月頃の2期である。  所在  仁科浮島。 地図
  • 沢田公園 — 断崖絶壁の上にたたずむ露天風呂から見る夕陽は格別である。通年、夕陽を楽しむことが出来る。夕日の時間を調べておき、公共の温泉である沢田公園露天風呂を利用するのがおすすめである。露天風呂は断崖絶壁の上にある露天風呂であり、風呂に入りながら夕陽を楽しむことが出来る。非常に小さな露天風呂のため、休日には多少の混雑は覚悟したい。 地図
  • 大田子海岸 — 男島・女島と呼ばれる島の間に沈む夕陽が有名。ベストな時期は9月頃から3月頃。季節になるとアマチュア写真家などでにぎわう。通称「メガネッチョ」と呼ばれる奇岩などが沖に浮かび美しいシルエットを眺めることができる。展望施設などもあり手軽に夕陽を楽しむことが出来る。 地図
  • 今山 — 12月頃に咲くアロエの花と夕陽のシルエットが美しい。それ以外の季節も、通年、夕陽を楽しむことが出来る。
  • 安良里漁港 (あらりぎょこう) — 弁天島越しに見る夕陽が美しい。ベストな時期は4月頃から8月頃である。  所在  安良里。
  • 宇久須港 (うぐすこう) — 通年、夕陽を楽しむことが出来る。  所在  宇久須。 地図
  • 西天城公園 — 標高750m程の場所。駿河湾や南アルプスまで展望できる。眼下に広がる夕陽は非常に美しい。夕陽は通年楽しむことが出来る。
  • クリスタルビーチ — キラキラ輝く遠浅の海岸から眺める夕陽は開放的で美しい。通年、夕陽を楽しむことが出来る。  所在  宇久須深田。「クリスタルビーチ」バス停下車すぐ。 地図
  • 黄金崎 (こがねさき) — 夕陽を浴びて輝いた岩肌が美しい岬。通年、夕陽を楽しむことが出来る。  所在  宇久須。「黄金崎クリスタルパーク」バス停下車。


大田子海岸夕陽展望所 地図  
大田子海岸に設置された展望所。夕陽をゆっくり楽しめるようにベンチが接地されている。駐車場も併設されており手軽に夕陽を楽しむことが出来る。大田子海岸の北端の位置にある。混雑している場合などは、目の前の大田子海岸にもベンチがあるので利用できる。見所は、メガネッチョと呼ばれる奇岩と夕陽のコントラスト。夕陽の角度と奇岩の位置が重なる季節になるとアマチュアカメラマンが多数訪れる。
大田子海岸夕陽展望所

遊ぶ[編集]

黄金崎クリスタルパーク  
現代ガラス作品や万華鏡を楽しめる美術館。ガラス工芸体験工房、ガラスショップ、レストランが併設されている。
 所在  宇久須2204-3。  電話  (0558) 55-1515  WEB  [7]
 営業時間  9:00~17:00。  料金  美術館 大人 ¥800、小人 ¥400など。
黄金崎クリスタルパーク


ガラス体験  
宇久須地区にはガラス工房などが多数あり、ガラス工作体験や吹きガラス体験が出来る所が多数ある。ガラス工房の体験の場合、作成した作品は、熱した作品の冷却などが必要な場合が多く、当日持ち帰ることが出来ない事も多い。もし宿泊などをする場合は、最終日以外に体験を組み入れた予定を立てるのが望ましい。体験するプログラムや工房によって様々なので、詳細は各工房に問い合わせよう。


  • ガラス工房 光箱~ライトボックス — ガラス吹き体験が出来る。吹きガラス体験は体験時間 約20分程度である。予約制である。。  所在  宇久須1068。  電話  (0558) 55-1750  時間  10:30~18:30。  料金  体験料金 ¥3,000/1人。
  • fornace FARO ーフォルナーチェ ファロー — ガラス吹き体験が出来る。グラス、ピッチャー、一輪挿し、小鉢などから選んで制作する。完全予約制。また作成した作品は翌日以降の受け取りとなる。翌日以降の受け取れない場合は郵送等も可能だが別料金となる。  所在  宇久須1919-1。  電話  (0558) 55-1582  時間  9:00~18:00。  料金  体験料金 ¥3,000/1人。  WEB  [8]
  • GORILLA GLASS GARAGE ーゴリラグラスガラージー — ガラス吹き体験が出来る。  所在  宇久須854-1。  電話  (0558) 55-1139  時間  11:00~13:00、14:00~17:00。


堂ヶ島ピアドーム天窓  
大型ドームスクリーンに映し出される、空からの街を眺めたり、海中を泳ぎ回ったりする映像を楽しめる体感ドーム劇場、海と山の材料を使って作るクラフト体験が出来る伊豆自然学校体験工房等がある。
 所在  仁科2097-1。  電話  (0558) 52-0080  WEB  [9]
 営業時間    料金  大人 ¥600、小人 ¥300。


堂ケ島洞くつめぐり遊覧船 地図  
三四郎島などを巡る遊覧船。最後に巡る天窓洞が見所。遊覧船が洞窟の中をゆっくり進むと上空から光の帯が差し込み美しい景色が広がる。荒天時、台風接近時等には運行されない日もある。訪れる際は事前に天候の確認や最新の運行情報などを確認することをお勧めする。もし、到着したのちに欠航が決まった場合などは、天窓洞や三四郎島を望むことができる遊歩道等で見学する方法もあるので、ほかの方法も事前に検討しておきたい。
 所在  堂ヶ島。  電話  (0558) 52-0013  WEB  
 営業時間  8:15~16:30(5~10分間隔で随時運行)  料金  ¥1,100。


遊歩道  
自然を満喫できる幾つかの遊歩道が整備されている。自然豊かな西伊豆町を体感する絶好の観光ポイントである。詳細は「動く」の項目に記載されているので参照されたい。


温泉  
西伊豆町内には、堂ヶ島温泉(どうがしまおんせん)、宇久須温泉(うぐすおんせん)、浮島温泉(ふとうおんせん)、祢宜の畑温泉(ねぎのはたおんせん)等数多くの温泉が点在している。泉質の異なるそれぞれの温泉をハシゴして温泉テイスティングするのも楽しい。各所には公共の温泉施設があり便利に利用できる。

堂ヶ島温泉

  • なぎさの湯
    なぎさの湯 — 町営温泉施設。大浜海水浴場のすぐそばにある温泉施設で、泉質はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉。海水浴の帰りに便利に利用できる。  所在  西伊豆町仁科814-4。  電話  (0558) 52-1820  時間  9:00~20:00、木曜定休。  料金  大人(12才以上) 町外者 ¥500、町内者¥300。小人(6才以上12才未満) ¥150。 地図
  • せせらぎの湯
    せせらぎの湯 — 町営温泉施設。仁科川のほとりにある温泉施設で、泉質はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉。温泉に到達するには仁科川にかかる小さな橋を渡る必要がある。若干分かりずらい場所にあるので、訪れる際には地図などで十分に確認するのが良いだろう。  所在  中532。  電話  (0558) 52-3355  時間  9:00~20:00、月曜定休。  料金  大人(12才以上)町外者 ¥500、町内者¥300。小人(6才以上12才未満)¥150。 地図
  • 沢田公園露天風呂 — 堂ヶ島温泉。景色の良い露天風呂で、目の前は断崖絶壁の海。地平線に沈む夕陽を鑑賞しながら入る露天風呂は格別である。町営温泉施設である。泉質はナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉。温泉は断崖絶壁の上にあるが、崖下の駐車場にある小屋が料金所になっており、事前にそこで入浴料金を支払う必要がある。駐車場も十分なスペースが確保されている。比較的わかりにくい場所にあるので、訪れる場合は沢田公園の案内を見落とさないようにしたい。  所在  西伊豆町仁科2910-2。  電話  (0558) 52-0057  時間  3月~5月、9月:9:00~19:00。6月~8月:9:00~20:00。(ただし、7月第3日曜日~8月第3日曜日までは、7:00~20:00。)10月~2月:9:00~18:00(ただし、12月29日から1月3日までは、7:00~18:00)。火曜定休。  料金  大人(12才以上)町外者 ¥500、町内者、及び町内宿泊者(前売り)¥300。小人(6才以上12才未満) ¥150。 地図
  • 海辺のかくれ湯 清流 — 堂ヶ島温泉。駿河湾に面した大浴場となぎさの露天風呂が利用できる。展望が素晴らしい。泉質は弱アルカリ性単純泉。  所在  西伊豆町仁科2941。  電話  (0558) 52-1118  時間  13:00~17:00  料金  大人 ¥1,000、小人 ¥500。  WEB  [10]
  • 堂ヶ島アクーユ三四郎 — 堂ヶ島温泉。泉質はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉。  所在  西伊豆町仁科2145。  電話  (0558) 52-0346  時間  12:00~15:00  料金  大人 ¥1,150、小人 ¥750。  WEB  [11]
  • 堂ヶ島小松ビューホテル — 堂ヶ島温泉。なぎさの露天風呂や展望露天風呂が利用できる。展望が素晴らしい。泉質はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉。  所在  仁科2943-4。  電話  (0558) 52-1101  時間  11:30~14:30  料金  大人 ¥1,200、小人 ¥600。  WEB  [12]
  • 堂ヶ島温泉ホテル — 堂ヶ島温泉。泉質はアルカリ性単純温泉。  所在  西伊豆町仁科2960。  電話  (0558) 55-1111  時間  13:00~19:30、20:00~21:00。  料金  ¥1,000。  WEB  [13]

宇久須温泉

  • 西伊豆クリスタルビューホテル — 宇久須温泉。泉質は硫酸塩泉。  所在  西伊豆町宇久須2102-1。  電話  (0558) 52-0275  時間  15:00~22:00  料金  大人 ¥1,000、小人 ¥500。  WEB  [14]


浮島温泉

  • しおさいの湯 — 浮島海水浴場から徒歩3分程上った場所にある町営温泉施設。海水浴の帰りに立ち寄ったりするのに便利である。内湯のみのこじんまりとした温泉ではあるが、休憩室も完備している。泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物温泉。駐車スペースは普通車3台程度用意されている。海水浴時期などは駐車場が混雑する。海水浴帰りに入浴する場合は、車は海水浴場に止めたまま向かうのが良いだろう。ただし、水着のままでの利用は出来ないので注意が必要である。  所在  仁科2190-1。  電話  (0558) 53-0981  時間  9:00~20:00 水曜定休  料金  大人(12才以上)町外者 ¥500、町内者¥300。小人(6才以上12才未満) ¥150。 地図

祢宜の畑温泉

  • 町営やまびこ荘
    町営やまびこ荘 — 廃校になった小学校を利用した宿泊施設である。泉質はカルシウム・ナトリウム硫酸塩泉 。  所在  大沢里祢宜の畑。  電話  (0558) 58-7153  時間  8:00~17:00。  料金  大人 ¥500、小人 ¥300。


海水浴  
西伊豆町内には数多くの海水浴場がある。全体的に波は穏やかで、磯遊びが出来る磯場がある場合が多い。また、夕陽の絶景ポイントである場合も多く、夕方に海水浴場越しに夕陽を見るのも良いだろう。
  • クリスタルビーチ — キラキラ輝く遠浅の全長500mのビーチ。岩場もあり磯遊びも楽しめる。キャンプ場も隣接しており、家族連れ等でにぎわう。温水シャワー施設、トイレなどの設備は整っている。駐車場が完備されている。  所在  西伊豆町宇久須深田。「クリスタルビーチ」バス停下車すぐ。  時間  7月16日~8月21日 9:00~17:00(2011年度の場合) 地図
  • 宇久須海水浴場 — 宇久須の漁港の中にある、全長230mほどの小石混じりの砂浜ビーチ。波が穏やかで子供連れでも安心である。  所在  西伊豆町宇久須。 地図
  • 黄金崎海水浴場 — 全長100mのこじんまりとした海岸。磯遊びも楽しむことが出来る。トイレ・シャワー施設あり。駐車場(有料)完備である。  所在  西伊豆町宇久須。「黄金崎クリスタルパーク」バス停下車徒歩5分。 地図
  • 安良里海水浴場 — 全長100mのこじんまりとした岩場もあるビーチ。遠浅の入り江で波も静かなのが特徴である。  所在  西伊豆町安良里坂本。 地図
  • 大田子海水浴場 — 全長100mの夕陽の絶景ポイントとして有名な海岸。40台ほどの無料駐車場を完備している。トイレ、シャワー施設もある。小石混じりの海岸には夕陽を眺めるためのベンチなども設置されている。  所在  西伊豆町大田子。 地図
  • 田子瀬浜海水浴場 — 全長60m程の小石混じりの海岸。ダイビングスポットでもあり透明度は高い。冬場でもダイバーが練習のために潜っているのを見ることができる。田子の街を抜けた最奥の場所にある。アプローチ道路が狭く車の行き違いなどが難しい場所もあるので注意して到着したい。トイレ・シャワー完備。有料だが駐車場が完備されている(冬場は無料)。  所在  西伊豆町田子。田子漁港より海岸線を走る道を南下。 地図
  • 浮島海水浴場 (ふとうかいすいよくじょう) — 全長100m程の小石混じりの砂浜ビーチ。ダイビングスポットでもあり透明度は高い。海岸目の前に有料の駐車場がある。海岸への入り方がわかりにくいのであらかじめ地図などを確認してから訪れたい。バイパスからアクセスする場合は田子南交差点から旧道に入り、トンネル手前の交差点を左折し坂を下る。海岸から徒歩2分ほどの場所に共同浴場しおさいの湯があり温泉も利用できる。  所在  仁科浮島。 地図
  • 乗浜海水浴場 (のりはまかいすいよくじょう) — 全長150mの小さな海岸。島に囲まれた景色も良く、波静かである。海水浴期間中はライフセイバーも常駐する。目の前に広がる堂ヶ島の美しい景色を見ながら海水浴を楽しめるのが一番のポイントである。駐車場(無料・有料)完備。海岸から徒歩5分位で絶景の沢田公園露天風呂もあり便利である。  所在  西伊豆町仁科沢田。堂ヶ島遊覧船乗り場より徒歩5分。 地図
  • 大浜海水浴場 — 西伊豆町最大の海水浴場。全長500m程の遠浅海岸で、海水浴期間中はライフセイバーも常駐する。小さいながら駐車場や公衆トイレも完備されており利用しやすい。比較的、波が穏やかな海岸ばかりの西伊豆町においては波は若干高め。子供連れの場合は注意したい。アクセスするための道路は広めで便利である。海岸線に共同浴場なぎさの湯があり温泉も利用でき便利である。  所在  西伊豆町仁科大浜。「浜橋」バス停 下車徒歩5分。 地図


釣り  
豊かな海に面しており、季節によって様々な魚を釣ることが出来る。本格的な釣り人からファミリーフィッシングまで幅広い人が楽しめる釣り場が揃っている。
田子漁港。

主な釣り場

主に次のような釣り場が有名である。比較的足場のしっかりした釣り場ではあるが、常に落水等の危険性はある。フローティングベストを着用するなど安全対策は十分に行いたい。また、堤防などは歩行者等も多いので、キャストする際には周囲に注意したい。

釣りで使用したごみなどは持ち帰り、コマセなどで汚れた岸壁の清掃は徹底して行い、近隣の人々や、次に利用する釣り人に迷惑がかからないようにしよう。

  • 安良里港 (あらりこう) — 奥に深い形状から巾着港と言われている。非常に波静かな港。岸壁では鯵、メジナ等が釣れる。  所在  安良里。
  • 宇久須港 (うぐすこう) — シーズンごとにアジ、メジナ、ソーダガツオ、アオリイカなどが釣れる。海岸よりからはシロギスなども狙うことが出来る。  所在  宇久須。 地図
  • 大田子漁港 — 隣の田子漁港と比較すると非常に規模は小さいが、多彩な魚が釣れる。堤防からは鯵や鯖。海岸からはシロギスなどが狙える。水深は浅めである。  所在  田子。
  • 田子漁港 — かつて鰹船で賑わった港。水深が深く魚種も多様で防波堤で気軽に釣りを楽しめる。季節によってメジナ、アジ、いわし、アオリイカなどが楽しめる。平日昼間であれば漁協ストアで釣り餌や簡単な釣り具などを入手することが出来るが、営業時間も短く種類も少ないので事前に餌などを用意してくることが望ましい。車ベタ付けで釣りが出来るので便利である。公園には水道、トイレが完備されており、女性でも安心して釣りを楽しめる環境になっている。  所在  田子。 地図
  • 仁科港 — 小さな港である。季節によってメジナ、ブダイ、アオリイカ、アジなどが釣れる。近年はアオリイカのポイントとしても有名である。すぐ脇に釣具屋もあり餌などの調達も容易。釣具屋によっては貸し竿などを行っている所もある。堤防は基本的に夜釣りが禁止されている。ほぼ通年べた凪の釣り場であり釣りがしやすい。休日には多くの家族連れなどでにぎわう。  所在  仁科沢田。 地図
  • 大浜港 — 小さな漁港で、見落としてしまいそうな場所である。主にシロギス等が釣れる。地元の人だけが竿を出すような釣り場であり、大きな釣果は見込めないが、ゆったりと釣りをするのには向いている。ただし、秋から冬にかけて吹く西伊豆特有の西風の影響を全面に受ける場所のため、釣りに向かう前に風向などの情報は確認した方がよい。風が吹くと全く釣りにならない。外海に面したテトラ帯は風が吹くと大波が打ち寄せることもある。安全に留意したい。  所在  仁科。 地図

釣具・餌を購入できる店

西伊豆町には大型の釣具店等は無く、小さい個人商店が中心である。釣行時間によっては釣具店が開いておらず餌の調達に困る場合もある。事前に調達できる場合は調達しておく方が無難である。

  • 藤井釣具店 所在  安良里中島626-2。  電話  (0558) 56-0102
  • 深沢釣具店 所在  宇久須298-3。  電話  (0558) 55-0778  時間  5:00~21:30
  • 田子漁協ストアー — 田子港より徒歩でアクセスできる。簡単な釣り具とコマセ等の餌を扱っている。釣り用の安価な氷も販売している。レジカウンターでコマセ等がほしい旨を伝え、外にある専用の冷凍庫から取り出してきてもらう事となる。店内に陳列されていたりはしない。  所在  田子1603-4。スーパーデッキ裏付近。
  • 高柳釣具店 — 貸し竿を扱っている。行楽時期には半解凍のコマセも置いてあり便利である。仕掛けなど種類は豊富とは言えないが、付近で釣りをするために必要な道具はすべて揃っている。ガイドが壊れた等の簡単な修理も応じてくれる。釣行中の急な竿破損等の際は相談してみるのもよいだろう。  所在  仁科874-1。仁科港南端付近。
  • まつや釣具店 — 仁科港付近であり、釣り場へ徒歩でアクセスできるので便利である。  所在  仁科870-1。仁科港南端付近。  時間  6:00~21:00、不定休。
  • セブンイレブン 西伊豆堂ヶ島店 — 簡単な釣具や、餌類を取り扱っている。専門店ではないため品揃えや価格は期待できないが、24時間営業というのがありがたい。環境配慮の為、店舗のカラーリングは一般的なセブンイレブンとは異なり茶色一色で行われているので注意。  所在  仁科2909-6。


ダイビング  
魚影が濃く、穏やかな海。ダイビングに良い環境が整っている。その為、多くのダイビングショップが店を構えている。
  • 安良里ダイビングセンター 所在  西伊豆町安良里556-3。  電話  (0558) 56-0195  WEB  [15]
  • 安良里マリン 所在  西伊豆町安良里84-1。  WEB  [16]
  • 安良里ダイビングサービス TATSUMI 所在  西伊豆町安良里111-13。  WEB  [17]
  • 田子ダイビングセンター 所在  西伊豆町田子2389-3。  電話  (0558) 53-1619  WEB  [18]
  • マリンステーション堂ヶ島 所在  西伊豆町仁科2107-1。  WEB  [19]


猿っ子踊り  
秋祭りに行われる踊り。赤装束に身をまとった子供達がお囃子に合わせ立ち踊り扇踊り、逆立ち踊り、鯨突き踊りを披露する。豊漁を祝う目出度い踊りである。発祥は1590年頃まで遡る。当時、海賊が出没し悪事を働いていた。困った漁民達が考えたのは、船の舳先に猿の格好をした人を立たせて海賊に向かっていくことだった。当時の漁民は猿という動物を「魚が"去る"」という迷信から忌み嫌っていたので、船に猿というのは考えられない組み合わせであった。その為、それを見た海賊が「なにか大変なことが起こるのではないか」と気持ち悪がり退散し、元の平穏な海に戻った。という出来事から始まった踊りであると伝えられている。昔は、本当に船の上で大人が行う行事であったが、現在は陸の上で子供が行う行事となっている。
 所在    電話    WEB  
 営業時間  11月3日。  料金  
  • 多爾夜神社猿っ子踊り 所在  西伊豆町安良里。  時間  11月3日 9:20 開始。
  • 出崎神社猿っ子踊り 所在  西伊豆町宇久須。  時間  11月3日 8:30 開始。


三番叟 (さんばそう)  
天下泰平、五穀豊穣、国土安泰を祈願して奉納される三番叟。西伊豆町内の各所で秋祭りで奉納されている。
 所在    電話    WEB  
 営業時間  11月2日~3日。  料金  
  • 牛越神社人形三番叟 (うしこしじんじゃにんぎょうさんばそう) — 庶民芸能として代々受け継がれている三番叟。県の無形文化財。  所在  西伊豆町宇久須302。  時間  11月2日 18:00~、11月3日 4:30~。
  • 神明社三番叟 (しんめいしゃさんばそう) —  所在  西伊豆町中。  時間  11月2日 18:00~、11月3日 8:00~。
  • 佐波神社三番叟 (さわじんじゃさんばそう) —  所在  西伊豆町仁科1820。佐波神社。  時間  11月2日 19:00~、11月3日 8:00~。


天神社のみかぐら  
獅子頭は2つ、演技は四通りの舞いが奉納される。弘化4年(1847年)のころより伝わるものと言われている。
 所在  西伊豆町仁科。  電話    WEB  
 営業時間  11月2日 18:30~、11月3日 9:00~。  料金  

買う[編集]

名産品[編集]

伊豆田子節  
全国的に高評価を受けている鰹節。伝統の「手火山焙乾製法」によって時間をかけて燻乾され、カビ付けを何度も繰り返して丁寧に作られる。芳醇な香りと、凝縮されたかつおの旨みが特徴。


塩カツオ  
西伊豆に古くから伝わる伝統的な食材で、正月魚(しょうがつお)とも呼ばれ、正月の期間には神棚に飾られる。神事を兼ねた保存食である。カツオを丸ごと塩に漬け込み作られる。日陰の風通しの良いところで保管すれば1~2ヶ月は日持ちするといわれている。長期保存する場合は、薄切りにて冷蔵庫、冷凍庫で保存する。食べ方などは新巻鮭とほぼ同じと考えてよい。
塩カツオ


塩茶漬け  
塩カツオをもっと手軽に食べられるようにと開発されたふりかけ状の食材。ご飯に掛けて塩茶漬けにするも良し、うどんに掛けて、塩カツオうどんにするも良し。伝統食を手軽に味わえる。


干物  
手作りされた各種干物は、昔ながらの味。特にカツオの腹から作った干物は酒肴として最適である。鯵の干物などもおいしい。お土産などに買う場合は、田子産と書いてあるものを選んでおけば確実に地元産なので間違いがない。他地域産の干物が売られている場合もあるので注意して確認すること。地元産の表記でも、干物の元となる魚は地魚を使用していない製品も多い。地魚を使用している場合はほぼ必ず地魚使用と書かれているので、こだわる場合はその点も確認したい。自家用のお土産として購入する場合は、地元系のスーパーで購入するのがおすすめである。非常に安価に購入することができる。


鮮魚  
毎日水揚げされる地魚が安くておいしい。都会のスーパーなどでは考えられない様な値段で購入することができる。地元の人が使用するようなスーパーなどで購入することをお勧めする。狙い目は季節によって異なるが、東京では高級魚として扱われているマゴチ、脂ののった尾赤アジ、他の地域ではあまり見かけないシイラ等は旅行の土産話にもなるのでお勧めである。

販売店[編集]

高齢化が進んでいる地域であり、買い物をする場合は販売店の営業時間や品揃えなどには注意する必要がある。 スーパーを始めとする販売店も数が少なくそれぞれの営業時間も短い。特に、港町にあるスーパーは普段の足のない高齢者などを主なターゲットとしているため、品数が少なく必要な物品がそろわない場合も多い。 また、コンビニエンスストアはバイパス沿い等に数軒あるにとどまる。 地域住民の買い物は通常、仁科地区か松崎町のスーパー等を利用している。

キャンプ等で滞在する場合は、あらかじめスーパーやコンビニエンスストアの場所と営業時間を確認しておくと便利である。


安良里地区


Aコープ 安良里店  
 所在  西伊豆町安良里635-1。  電話  (0558) 56-0301  WEB  
 営業時間  9:30~18:00。第3日曜日、1/1~1/3 休業。  値段  


宇久須地区


海産屋  
天然塩や天然塩を使用して作った干物などを販売する店。
 所在  西伊豆町宇久須2132。  電話  (0558) 55-2020  WEB  
 営業時間  8:00~17:00。  値段  


田子地区


田子漁協ストアー  
漁協で運営しているお店。生活に必要な最低限の物品が並んでいる。営業時間は短いが、釣用の餌や仕掛けなどを販売している。田子港の目の前にあり、釣り場からも至近で便利である。店頭には並んでいないが冷却用の氷が安価に販売されている。キャンプや釣りでクーラーボックスを冷やす必要がある場合などに便利である。購入の場合は、レジにて店員にリクエストすると出してもらえる。
 所在  西伊豆町田子1603-4。  電話  (0558) 53-0889  WEB  
 営業時間    値段  
田子漁協ストアー


Aコープ 田子店  
田子地区において生活に必要な品目を全般的に扱う、最も大きなのスーパーである。農協が運営しており、ほぼ年中無休である。食料品が調達できる他、薬局のコーナーで医薬品を購入することもできる。急に医薬品が必要になった場合は重宝する。地物の干物やB級グルメ製品などの取り扱いもある。それらの製品はパッケージはお土産用ではないが、その分価格も安くなっているので、中身重視のお土産を購入したい場合はこのような店で購入するのがよいだろう。
 所在  西伊豆町田子1118-3。  電話  (0558) 53-0889  WEB  
 営業時間  9:30~18:30(夏季 ~19:00)。1/1~1/3 休業。  値段  
Aコープ 田子店


仁科地区


堂ヶ島小松観光センター  
堂ヶ島の遊覧船乗り場近くにあるお土産店。レストランもあり、堂ヶ島を見ながら食事をすることも出来る。レストラン部分は、昼時には団体観光客などで埋まっている場合もある。食事と遊覧船をセットで考えているのであれば、先にレストランに行き、空き状況を確認して食事を先にするか遊覧船を先にするかをきめた方が安全である。
 所在  仁科2052。  電話  (0558) 52-0059  WEB  [20]
 営業時間  8:00~16:30。  値段  


サンフレッシュ仁科店  
西伊豆町民ご用達の地域密着型のスーパー。特に鮮魚の値段が安い。朝水揚げした魚を未加工でそのまま安価で販売している。バーベキューなどの食材を調達するのに重宝する。地魚などは価格維持のため魚を捌くなどの調理依頼は受け付けていない。魚を捌くことが出来ない場合などは、多少高額とはなるが調理済みパック(価格的には他店との差は殆ど無い。)の製品を選択するか、フードストアあおき等、近隣の店を利用するのが良いだろう。魚を購入した際に店員に申し出れば購入量に応じて冷却用の氷なども付けて貰うことが出来る。お土産用などで購入する場合はおさえておきたい。
 所在  仁科357-2。  電話  (0558) 52-1408  WEB  
 営業時間  9:00~21:00。  値段  
サンフレッシュ仁科店


フードストアあおき西伊豆店  
西伊豆町でも最大規模のスーパー。食品から日用品まで調達できる。地元資本のお店の為、他地域では見かけない食材なども豊富である。店内を散策しお土産などを購入するのもよいだろう。各種アルコール飲料の取り扱うなどもある。食品冷却用の氷などはサービスカウンターで貰うことが出来るが、少量に限られる。
 所在  西伊豆町仁科298-2。  電話  0120-169-343  WEB  
 営業時間    値段  


大沢里地区


わさびの駅  
手作りわさび漬体験ができる他、地下1,000mからの湧き出る天城深層水が名物。ポリタンクなどを持参すれば、コイン式の水販売機で水をくむことができる他、ペットボトルでの販売も行っている。
 所在  西伊豆町大沢里628-1。  電話  (0558) 58-7315  WEB  [21]
 営業時間  9:00~15:00。  値段  
わさびの駅

食べる[編集]

名物[編集]

小あじ寿司  
宇久須の名物。新鮮なあじで作る小振りの寿司。宇久須には数件、小あじ寿司を出す店があるが、三共食堂が特に有名である。小あじ寿司を食べるなら一緒にカサゴ汁も味わうのが良いだろう。三共食堂の場合、小あじ寿司が¥1,260、カサゴ汁が¥840と若干値段が高いのが難点ではあるが、一度は経験しておきたい。


田子寿司  
田子の名物。干瓢と椎茸を使った押し寿司。


西伊豆しおかつおうどん  
ゆでたてのうどんに、しおかつおの焼き身、ごま、海苔、若布、鰹節と刻みねぎ、隠し味に出汁醤油を少量入れかき混ぜて食べるうどん。西伊豆の伝統的な保存食である「しおかつお」つかった料理である。お店で食べることができる他、一部、スーパーなどではインスタントパッケージで販売もされている。要冷蔵商品の為、お土産にするには苦労するが、自宅用に買って帰るのもよいだろう。
 WEB  [22]


海賊焼き  
イカスミを練り込んだ真っ黒な麺を使用した海鮮風塩焼きそば。

西伊豆町のご当地グルメである。

安食堂[編集]

宇久須地区[編集]

らーめん大慶  
ネギ味噌ラーメンとジャンボ餃子が人気の店。
 所在  宇久須670-4。  電話  (0558) 55-1755  WEB  
 営業時間  11:00~14:00、17:00~20:30、月曜定休。  予算  ¥1,000前後。


やぶ誠  
手打ちのそば・うどんの店。
 所在  宇久須647-3。  電話  (0558) 55-1431  WEB  
 営業時間  10:00~14:30、17:00~20:30、木曜定休。  予算  ¥1,000前後。


幸華  
中華料理の店。
 所在  宇久須448-7。  電話  (0558) 55-1221  WEB  
 営業時間  11:30~15:00、17:30~20:30、火曜定休。  予算  ¥1,000前後。

安良里地区[編集]

安良里 宝市場  
お刺身をナムル風に仕立てた創作どんぶりである「ちゃちゃら丼」が名物。
 所在  安良里30-3。  電話  (0558) 55-1755  WEB  [23]
 営業時間  9:00~17:00。  予算  ¥1,000前後。

田子地区[編集]

さかなや食堂  
地元で長年愛されている中華屋。港からも近く、釣りやダイビングの合間に気軽に入ることが出来る。味は全体的に昔懐かしい素朴な味で、食べてホッとする感じ。ラーメン¥500を始め全体的に懐に優しい価格設定が嬉しい。店の名前はさかなや食堂だが、魚のメニューは殆ど無い。店には駐車場は無いが、漁港に近いので、港に車を止めるのが良いだろう。
 所在  西伊豆町田子1603-5。  電話  (0558) 53-0169  WEB  
 営業時間  10:30~19:00、火曜定休。  予算  ¥500~¥1,000。
さかなや食堂


かしわや食堂  
昔なつかしい大衆食堂
 所在  西伊豆町田子。  電話  (0558) 53-0129  WEB  
 営業時間  9:00~19:30、木曜定休。  予算  ¥500~¥1,000。


そば処 やます  
かつお節をふんだんにつかったつゆで食べる蕎麦。かき揚げ天丼そば等がおすすめ。店舗には駐車場は用意されていない。利用する場合は漁港内に注射することと鳴る。
 所在  西伊豆町田子1159-4。  電話  (0558) 53-0073  WEB  
 営業時間  11:00~19:30、水曜定休。  予算  ¥1,000~¥1,250。


デュエット  
洋食・喫茶の店。
 所在  西伊豆町田子1101-10。  電話  (090) 5033-2579  WEB  
 営業時間  10:30~21:00。  予算  ¥1,000前後。

仁科地区[編集]

河津屋食堂  
地元グルメを提供する大衆食堂。
 所在  西伊豆町仁科1111-1。  電話  (0558) 52-0049  WEB  [24]
 営業時間  10:00~14:00 17:00~20:00  予算  潮かつおうどん ¥550

中級[編集]

宇久須地区[編集]

海鮮焼 カネジョウ  
西伊豆で唯一海鮮焼の店。デカ盛り料理の店としても有名。テラスからは宇久須の海岸が一望できる。
 所在  西伊豆町宇久須202-94。  電話  (0558) 55-0708  WEB  [25]
 営業時間  11:30~21:00、水曜定休。  予算  ¥1,500より。


新造屋  
魚にこだわった店。おすすめはぶっかけ丼。
 所在  宇久須283。  電話  (0558) 55-0030  WEB  [26]
 営業時間  西伊豆町平日 11:00~15:00、17:00~19:30。土日祝 11:00~20:00。  予算  ¥1,500~¥3,000ほど。


仁科地区[編集]

海鮮食堂 岩屋  
金目鯛の料理の店。
 所在  仁科2049-10。  電話  (0558) 52-0395  WEB  
 営業時間  11:00~15:00、17:00~19:00。  予算  ¥1,000~¥2,000。


沖あがり食堂  
漁港直営食堂。
 所在  西伊豆町仁科980-6。  電話  (0558) 52-0018  WEB  [27]
 営業時間  11:00~15:00、定休日 火曜  予算  いか様丼 ¥720

高級[編集]

宇久須地区[編集]

食処うまいや 東洋  
どんぶり料理の店。
 所在  西伊豆町宇久須61-1。  電話  (0558) 55-1115  WEB  [28]
 営業時間  11:30~16:00、木曜定休。  予算  ¥2,000前後より。


三共食堂  
小鰺寿司の店。
 所在  西伊豆町宇久須283。  電話  (0558) 55-0030  WEB  
 営業時間  11:00~15:00、17:00~19:30、水曜定休。  予算  小あじ寿司(大)¥1,575、カサゴの味噌汁 ¥840。


元祖こあじ鮨 食事処 八起  
小鰺寿司の店。
 所在  西伊豆町宇久須669-1。  電話  (0558) 55-0598  WEB  
 営業時間  10:00~22:00、火曜定休。  予算  ¥2,000前後より。


海鮮料理 魚武  
卸問屋直営。その朝揚がった海の幸を味わう事が出来る。
 所在  西伊豆町宇久須513-1。  電話  (0558) 55-0326  WEB  
 営業時間  11:00~17:00、木曜定休。  予算  ¥2,000前後より。



飲む[編集]

宇久須地区[編集]

スナック 浜木綿 (はまゆう)  
 所在  西伊豆町宇久須568-5。  電話  (0558) 55 - 1033  WEB  
 営業時間  不定休。  料金  


田子地区[編集]

シャレード  
田子港近くのスナック。
 所在  西伊豆町田子1155-1。  電話  (0558) 53-1691  WEB  
 営業時間  月曜定休。  料金  

仁科地区[編集]

串特急  
 所在  西伊豆町仁科460-3。  電話  (0558) 52-6369  WEB  
 営業時間  17:00~25:00。  料金  

泊まる[編集]

キャンプ場[編集]

宇久須キャンプ場  
宇久須にあるキャンプ場。ゴールデンウィーク頃から9月下旬までの期間限定で運営されている。
 所在  西伊豆町宇久須深田。  電話  (0558)55-0311  WEB  
 時間  チェックイン 12:00 チェックアウト 11:00   料金  サイト料金 ¥5,000/1泊、駐車料金 ¥1,000/1泊、毛布 ¥200/1枚、シャワー ¥200/3分。


キャンプ黄金崎  
 所在  西伊豆町宇久須黄金崎公園内。  電話  (0558) 55-1100
 FAX  (0558) 55-1105
 WEB  [29]
 e-mail  [30]
 時間  チェックイン 13:00 チェックアウト 11:00   料金  サイト料金 ¥4,200/1泊。
施設利用料 大人 ¥1,050/1泊、小学生 ¥525/1泊。
駐車料金 ¥1,000/1泊(ゴールデンウィーク、夏期期間のみ)。


安宿[編集]

町営やまびこ荘  
廃校になった小学校を利用した宿泊施設。
 所在  西伊豆町大沢里祢宜の畑。  電話  (0558) 58-7153  WEB  [31]
 時間    料金  大人1泊2食付 ¥4,725など。

中級[編集]

漁火の宿 大和丸  
漁師が営む宿。
 所在  西伊豆町宇久須202-97。  電話  (0558) 55-0100  WEB  [32]
 時間    料金  


はかまだ  
 所在  西伊豆町田子2340-3。  電話  (0558) 53-0059  WEB  [33]
 時間    料金  平日 1泊 ¥7,500など。
はかまだ


小春荘  
海女さんの民宿。
 所在  西伊豆町仁科1934-3。  電話  (0558) 52-0181  WEB  [34]
 時間    料金  

高級[編集]

西伊豆クリスタルビューホテル  
 所在  西伊豆町宇久須2102-1。  電話  (0558) 52-0275  WEB  [35]
 時間    料金  


堂ヶ島温泉ホテル  
堂ヶ島温泉にある宿。
 所在  西伊豆町仁科2960。  電話  (0558) 55-1111  WEB  [36]
 時間    料金  


堂ヶ島小松ビューホテル  
なぎさの露天風呂や展望露天風呂が利用できる。展望が素晴らしい。
 所在  西伊豆町仁科2943-4。  電話  (0558) 52-1101  WEB  [37]
 時間    料金  


気を付ける[編集]

地震・津波[編集]

地震・津波。すぐに避難。

西伊豆町は駿河湾に面したリアス式海岸に立地する街であり、震発生時等に津波におそわれる可能性が少なからずある。 リアス式海岸という地形上、津波が到達した場合は他の地域より波が高くなる可能性が高く、津波発生時は最も危険なエリアとなる。 強い地震を感じた場合や、大津波警報、津波警報、津波注意報が発令された場合は、出来るだけ速やかに高台に逃げるか、強固な建物(避難ビル)等に避難する必要がある。

現地に着いたら、あらかじめ自分のいる位置の海抜表示の確認避難経路指示等の標識等を確認を行うのが重要である。漁港等にいる場合は、防潮堤等を乗り越え避難するために設置されているハシゴや階段の場所等の確認もしたい。緊急時には防潮堤に設けられた通路などはすぐに閉鎖されてしまうので、それらの確認を忘れるといざという時に最も危険な海岸から離れることが出来なくなってしまう可能性も考えられる。


各自の身は各自で守るという意識で、 いざという時にどの様に行動したら良いか等、色々な情報を把握しておこう。


道路事情[編集]

港町のエリアは、数少ない平坦地に民家が密集して立ち並び独特の景色を作り出している。

このような密集状態であるので、必然的に道路も狭くなっており、徒歩でしか入れない様な道も非常に多い。 多少、道幅に余裕のある道はバス道路となっている場合が多く、余裕だと思って進入するとバスとの擦れ違いで苦労することもある。 このような道路事情のため、地元車の軽自動車率が非常に高い。

車格の大きな車で港町に入る場合は、十分注意して道を選びたい。

海岸や港には駐車場が併設されている場合が多いので、運転に自信がない人は、その様な場所に駐車し、徒歩で移動する方法も合わせて検討すべきである。

出かける[編集]

  • 沼津市 — 戸田などの美しい海岸線を持ち、自然豊かである。鯵の干物など海産物で有名である。
  • 下田市 — 幕末の舞台として有名。小さな街ながら歴史を感じさせる場所も多く、幕末の歴史に興味のある人にお勧めである。
  • 三島市 — 東海道の宿場として栄えた街であり、伊豆半島への入り口の一つでもある。
  • 伊豆市 — 公共交通機関で訪れる場合に乗り換え等で利用する修善寺温泉、土肥温泉を擁している。どちらも有名な観光地である。
  • 松崎町 — ナマコ壁等の独特の建築物等が見所。観光エリアとしては西伊豆町と同一であり、同時に観光することをおすすめする。


Wikitravel Shared Logo 西伊豆町に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。