何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

蘭嶼島

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索

蘭嶼島(ランユとう) は台東県蘭嶼郷に属し、台湾南東部に浮かぶ島。「」自体が小島を意味するため、正確には蘭嶼と呼ぶ。


分かる[編集]

概要[編集]

台東の南東約90kmのところにあり、面積は約45平方km。台湾原住民のひとつであるタオ族(ヤミ族)が暮らしている。タオ族はフィリピン北方の民族と共通点が多く、フィリピンから渡って来たと考えられている。タオ族は日本統治時代に性急な同化政策を受け入れなかったため、現在でも独特のトビウオ漁や、芋を中心とした食生活など、昔ながらの自給自足をベースとした伝統を守り続けている。

島の人口のほとんどをタオ族が占めている。

気候[編集]

蘭嶼島の平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)18.418.820.422.424.225.626.225.925.223.721.519.322.6
降水量 (mm)273.9219.8163.0164.8263.0262.9225.0275.0394.2331.0273.7235.03,081.3
データ出典

着く[編集]

飛行機で[編集]

蘭嶼空港(蘭嶼航空站)

台東豊年空港から約25分(徳安航空1日6便)。なお、冬季は天候が荒れるため、飛行機の便は度々欠航となる。運よく島に渡れても予定通り帰って来られないリスクも高いので要注意(飛行機の定員自体が17名程度と極端に少なく、欠航になって飛行機に乗り損ねた人があぶれるため、後続の便に振り替えようとしても相当先の便になる可能性もあるし、それすら欠航となる可能性もある)。


船で[編集]

冨岡漁港の待合エリア

台東市にある冨岡漁港(冨岡港)から夏季は毎日1~2便、冬季は週2便。所要約2時間、1150元~。スケジュールは気象条件などで変わりやすいため、台東市台東県ビジターセンター(旅遊服務中心)で確認を。または墾丁にある後壁湖漁港から夏季のみ毎日1便。所要約2時間、1150元。Google Maps上での後壁湖漁港の位置


動く[編集]

バス、タクシーで[編集]

こちらにある「蘭嶼島内の交通」によると、バスは「一時期には島を一周バスが運行されたこともあったが、基本的にはないと考えて」とのこと。タクシーはない。港や空港からホテルや民宿までの交通は、宿泊先に送迎を依頼する。基本的に送迎は無料。

足で[編集]

こちらにある「蘭嶼島内の交通」を参照。

観る[編集]

五孔洞 地図  
名前のとおり、五つの洞窟が奥でつながっている。そのうち、ふたつの洞窟は教会として使われており、十字架がある。
 所在  右側の「地図」を参照。  電話    WEB  [1]
 開場時間    料金  無料。


蘭嶼気象台 (蘭嶼氣象站) 地図  
蘭嶼島の中央部、急な坂を上った山の頂にある、日本統治時代に開設された気象台。現在も観測で使われている。ここからの眺めがすばらしい。
 所在  右側の「地図」を参照。  電話    WEB  [2]
 開場時間    料金  無料。
蘭嶼気象台


野銀部落 地図  
蘭嶼島の東清湾に面したところにある部落。そこには古くから伝わる半地下式住居で生活している人がいる。半地下式住居とは、海岸から続く斜面に地面を掘り下げ、屋根を取り付けた住居。半地下にすることで、蒸し暑さを緩和し、台風などの強風から守ることができる。屋根が低いため、とても立つことはできない。部落には民宿や食堂がある。
 所在  右側の「地図」を参照。  電話    WEB  [3]
 開場時間    料金  
野銀部落の半地下式住居


奇石怪礁 地図  
島を一周する環島公路沿いには多くの奇岩が存在する。島の中央よりやや北西には大きな饅頭に見える「饅頭岩」があり、飛行機が降下する際の目印になっている。島の北西にある「紅頭岩」は蘭嶼島の旧名、紅頭嶼の由来となった岩。島の北東の沖合いにある「軍艦岩」はアメリカ軍が旧日本軍の軍艦と見誤り砲撃した岩。ほかにもいろいろな名前を持つ岩がある。
 所在  右側の「地図」は饅頭岩の場所。  電話    WEB  [4]
 開場時間    料金  無料。
饅頭岩

遊ぶ[編集]

買う[編集]

島には2軒のセブン-イレブンがある。

  • セブン-イレブン東清湾店
    セブン-イレブン東清湾店 (7-Eleven 東清灣門市) — 島の北東、東清湾の北にある。  所在  台東県蘭嶼鄉東清村東清路7号。  電話  +886 89 732917  時間  24時間 地図
  • セブン-イレブン蘭嶼店 (7-Eleven 蘭嶼門市) — 島の北西、開元漁港(開元港)の近くにある。  所在  台東県蘭嶼鄉椰油村椰油296之12号。  電話  +886 89 731061  時間  24時間 地図

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

無餓不坐 地図  
八代湾を望む高台にあるレストラン兼バー。建物に赤い字で無餓不坐と書かれている。
 所在  台東県蘭嶼郷漁人77号。  電話  +886 89 731623  WEB  
 営業時間  昼食11:00~13:00、夕食18:00~20:00、バー20:30~、水曜休業  予算  


美佳欣餐館 地図  
蘭嶼島では比較的大きな店。
 所在  台東県蘭嶼郷椰油村20号。  電話  +886 89 732150  WEB  
 営業時間  10:00~14:00、16:00~20:00、無休  予算  

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

江愛民宿 (江民宿) 地図  
蘭嶼島の北部にある安宿。白とオレンジ色が鮮やかな建物。宿名の江愛は、主人の名前である江主愛からとったもので、福原愛の台湾名である江愛からとったものではない。
 所在  台湾台東県蘭嶼郷朗島村18号。  電話  0968–403482  WEB  [5]
 時間    料金  2,000元~。

中級[編集]

高級[編集]

出かける[編集]

外部リンク[編集]

Create category

この記事「蘭嶼島」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。