何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

藤井寺市

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
藤井寺市

Default Banner.jpg

藤井寺市(ふじいでらし)は大阪府東南部にある市である。 藤井寺市


分かる[編集]

葛井寺の門前町として発展した藤井寺駅周辺が中心市街地。全国で6番目に面積が小さい市でありながら、国内最古級の旧石器時代の遺跡や巨大古墳群で知られている古市古墳群に、菅原道真ゆかりの国宝など、多くの歴史遺産を有する街である。また、かつてはプロ野球球団、近鉄バファローズの本拠地である藤井寺球場があったことでも知られている。

概要[編集]

大阪府中央部を東西に流れる大和川と南河内地域を南北に流れる石川の合流地点に位置し、市内はほぼ平坦である。大阪のベッドタウンとして人気があり、面積は8.89km²、人口約66,000人である。

着く[編集]

藤井寺市の位置

飛行機で[編集]

大阪空港からは、あべの行き直通バスに乗り、近鉄南大阪線阿部野橋駅から電車に乗り換え、藤井寺市内各駅へ。

関西国際空港からはJR阪和線に乗り、天王寺駅下車。近鉄南大阪線阿部野橋駅へ乗り換え、藤井寺市内各駅へ。

列車で[編集]

近畿日本鉄道南大阪線で藤井寺駅(大阪あべの橋駅から近鉄準急電車利用)、土師ノ里駅、道明寺駅へ。または近鉄道明寺線で道明寺駅へ。

車で[編集]

バスで[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

市内にある駅は、近鉄南大阪線の藤井寺駅・土師の里(はじのさと)駅・道明寺駅の3つだけである。いずれも駅の近くにに観光スポットがあり、その殆どが駅からの徒歩圏内である。準急と各停が全て停車する。

車で[編集]

回れないこともないが、道が狭く駐車場が無い所も多いので駐車場を探すのが大変で、比較的交通量も多い(近鉄バスも頻発する)。

バスで[編集]

路線バスは近鉄バス。

自転車で[編集]

近鉄南大阪線高鷲駅、古市駅に羽曳野市のレンタサイクルがある。

足で[編集]

市域自体が狭く名所、史跡の観光スポットの殆どが駅から近く狭い範囲に固まっているので、街中の気軽なハイキングに最適である。

観る[編集]

藤井寺駅周辺[編集]

葛井寺 (ふじいでら)  
西国三十三箇所観音霊場の五番札所。寺伝では、神亀2年(725年)に聖武天皇の勅願により行基が開基したと伝わるが、8世紀中期に渡来系氏族の豪族・葛井連の氏寺として建立したと考えられている。この寺は楠木正成親子が鎌倉幕府に戦いを挑むために陣を敷き、戦いの神・摩利支天に戦勝を祈願した。それ以後、摩利支天像は戦国武将の守護神として信仰されている。

毎月18日には「観音会」として、本尊の「十一面千手千眼観世音菩薩坐像国宝)」が御開帳される(¥300)。毎年8月9日の千日会式にお参りする千日まいりは1日で四万六千日分の御利益があるとされており、多くの参拝者で賑わう。藤の名所としても有名。駐車場無し。

 所在  藤井寺市藤井寺1-16-21。近鉄南大阪線藤井寺駅下車、徒歩5分。  電話  (072) 938-0005  WEB  [1]
 開場時間  8:00~17:00。  料金  参拝自由。
葛井寺


辛国神社 (からくにじんじゃ)  
雄略年間(456年~479年)創建と伝わる。物部氏が創建し、渡来系氏族の辛国氏が、辛国(韓国)の神を祀ったと言われている。参道は大阪みどりの百選に選ばれている。駐車場無し。
 所在  藤井寺市藤井寺1-19-14 。近鉄南大阪線藤井寺駅下車、徒歩5分。  電話  (072) 955-2473  WEB  
 開場時間    料金  拝観自由。


市立生涯学習センター アイセルシュラホール  
古墳建設時に、巨石を乗せて運んだと言われる「修羅」の形をした生涯学習センター。中には、旧石器時代から平安時代までの藤井寺の歴史をテーマにした展示フロアや古墳の模型、出土した埴輪などを展示した資料館がある。
 所在  藤井寺市藤井寺3-1-20。近鉄南大阪線藤井寺駅下車、徒歩8分。  電話  (072) 939-1111  WEB  [2]
 開場時間  9:30~17:15。  料金  無料。


小山善光寺 (こやまぜんこうじ)  
日本で最初に建立された善光寺。信濃善光寺の元祖ということで「元善光寺」と呼ばれている。元々は津堂城山古墳の後円部外側にあったのだが、織田信長の河内小山城攻めの折、小山城と共に戦火をうけ焼失してしまったため、江戸時代に現在地に移転再建される。気軽に大阪で善光寺参りができることもあって、多くの参拝者が訪れる。
 所在  藤井寺市小山1丁目16-39。近鉄南大阪線藤井寺駅下車、徒歩15分。  電話  (072) 954-2951  WEB  
 開場時間    料金  


古市古墳群 (ふるいちこふんぐん)  
4世紀末から6世紀前半頃までの約150年間に築造された、藤井寺市から羽曳野市の一帯にかけて東西3km、南北4kmの範囲内に分布する日本最大の体積を誇る「応神天皇陵」を中心とした87基(かつては123基だった)からなる巨大古墳群である。平野部に盛土をして築かれた百舌鳥古墳群に対して、羽曳野丘陵を利用して築造されているのが特徴。

堺市の百舌鳥古墳群とともに世界遺産の国内暫定リストに追加されている。

 所在  近鉄南大阪線古市駅、道明寺駅、土師ノ里駅、藤井寺駅下車。


岡ミサンザイ古墳 (おかミサンザイこふん)  
陵号は惠我長野西陵(えがのながののにしのみささぎ)。第14代仲哀天皇の陵墓に比定されている。墳丘長242mで古市古墳群では4番目、全国で18番目の規模の古墳。
 所在  藤井寺市藤井寺4丁目。近鉄南大阪線藤井寺駅下車、南に徒歩15分。


津堂城山古墳 (つどうしろやまこふん)  
4世紀後半に築造された、古市古墳群の中でも初期の全長約208mの古墳。室町時代に、河内小山城が築かれたために原型が崩れている。史跡公園として整備されており、展示施設の史跡城山古墳ガイダンス棟「まほらしろやま」(入館無料)や四季折々の草花が楽しめる、小山花しょうぶ園(花しょうぶ16,000株、すいれん6,000株)、津堂草花園などがある。駐車場無し。
 所在  藤井寺市小山6丁目5番6号。近鉄南大阪線 藤井寺駅から近鉄バス小山バス停下車。  電話    WEB  [3]
 開場時間  10:00~17:00。  料金  入場無料。

土師ノ里・道明寺駅周辺[編集]

土師ノ里 (はじのさと)  
垂仁天皇が古墳に生きた人を埋める殉死を禁じ他の方法を模索していた時、出雲国の勇士で相撲の神「野見宿禰(のみのすくね)」が陵墓へ殉死者を埋める代用に土で作った人馬(埴輪)を立てることを提案。その功績により「土師」の姓と、この辺り一帯を所領地として賜わり本拠地にしたことから「土師ノ里」と呼ばれるようになった。土師氏は古墳造営や葬送儀礼に関った氏族であり、後に「菅原氏」と改名した、菅原道真の祖先である。野見宿禰が相撲の神ということもあり道明寺八幡宮には土俵があり相撲大会が催される。
 所在  道明寺一帯。近鉄南大阪線土師ノ里駅または道明寺駅下車。


道明寺天満宮 (どうみょうじてんまんぐう)  
土師氏遠祖の天穂日命を祀ったのが土師神社の始まりと伝わる。その後、仏教の伝来と共に土師寺を建立。

平安時代には菅原道真の叔母さんにあたる覚寿尼が住職を勤めていたので道真も度々訪れており、大宰府に左遷される途中に立ち寄って遺した6点の品々は国宝として保管されている。道真没後、道明寺に改称し道真ゆかりの地ということで、学問の神としての信仰を集めるようになった。

道真が梅が好きだったことに因んで、約80種800本の梅が植えられており、毎年2月上旬から3月上旬に梅まつりが開催され、道真の命日である2月25日には梅花祭が営まれる。梅園は中央に橋が架けられているので上から見下ろせる(一般¥300、中学生以下無料)。参拝者用駐車場あり。

 所在  藤井寺市道明寺1-16-40。近鉄南大阪線道明寺駅下車。  電話  (072) 953-2525  WEB  [4]
 開場時間    料金  境内自由(宝物館¥300)。
道明寺天満宮


道明寺 (どうみょうじ)  
真言宗御室派の尼寺。元々は道明寺天満宮の場所にあったのだが、明治時代の神仏分離で現在地に移転。

菅原道真自作の本尊「十一面観世音菩薩」(国宝)は毎月18日、25日に御開帳される。手水舎には女優の吹石一恵さんとお父さんの元近鉄バファローズの選手だった吹石徳一さんの名前が入った柄杓がある。参拝者用駐車場あり。

 所在  藤井寺市道明寺1-14-31。近鉄南大阪線道明寺駅または土師ノ里駅下車。  電話    WEB  [5]
 開場時間    料金  
道明寺


国府遺跡 (こういせき)  
約2万年前の旧石器時代から、縄文、弥生、古墳と、各時代の人々の集落遺跡。「日本には旧石器時代は存在しなかった」という定説を覆した貴重な発見である。周辺は史跡公園として整備されている。
 所在  藤井寺市惣社2丁目。近鉄南大阪線 土師ノ里駅下車 北東へ徒歩10分 。


志貴県主神社 (しきあがたぬしじんじゃ)  
周辺地域は奈良時代に朝廷の直轄地となり、この神社は河内国の国府が置かれた場所で往時の河内の中心地。楠木正成が祈願所にしていた。
 所在  藤井寺市惣社1-6-23。近鉄南大阪線 土師ノ里駅下車 。  電話    WEB  
 開場時間    料金  


市ノ山古墳 (いちのやまこふん)  
陵号は惠我長野北陵(えがのながののきたのみささぎ)。第19代允恭天皇の陵墓に比定されている。墳丘長は227mで全国20位。
 所在  藤井寺市国府。近鉄南大阪線土師ノ里駅下車、北に徒歩5分。


仲ツ山古墳 (なかつやまこふん)  
墳丘長は約290m古市古墳群で2番目、全国でも10番目の大きさを誇る。仲姫陵と比定されている。仲姫命(なかつひめのみこと)は、応神天皇の皇后で、仁徳天皇の母とされている。
 所在  藤井寺市沢田4丁目。近鉄南大阪線土師ノ里駅下車、南に徒歩5分

遊ぶ[編集]

源気温泉・藤井寺おゆば  
スーパー銭湯。
 所在  藤井寺市古室3-15-3。  電話  (0729) 30-1126  WEB  [6]
 営業時間  10:00~24:00(最終受付23:30)。  料金  中学生以上¥700、子供¥350、3歳以下¥100。

買う[編集]

朝日堂琮源 西店  
藤井寺駅前にある和菓子店。カフェを併設。
 所在  藤井寺市岡1-13-16。  電話  (072) 955-9316  WEB  [7]
 営業時間  9:30~19:00、定休日 火曜  値段  

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

出かける[編集]

大阪阿部野橋駅へは、市内にある藤井寺駅・土師ノ里駅・道明寺駅からの乗車だと準急利用が便利。また、河内長野駅方面は、準急を利用すること。(終点河内長野駅まで各駅に停車)


Wikitravel Shared Logo 藤井寺市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「藤井寺市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。