何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

芸術作品の舞台を巡る (テレビ)

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
芸術作品の舞台を巡る (テレビ)

Default Banner.jpg

これは「旅のテーマと主な目的地」の記事です。( → 芸術作品の舞台を巡る へ戻る)
『北の国から’89 帰郷』の撮影で使われた石の家(北海道、富良野市)

この記事では主にテレビドラマ作品を通じて、作品の舞台および被写体となった場所を芸術作品の舞台として紹介する。


日本[編集]

全国[編集]

  • 『孤独のグルメ』 — 2012年からテレビ東京系でシリーズ化されているドラマ(原作は同名の漫画)。2017年春にSeason6が放映された。俳優・松重豊が演じる主人公・井之頭五郎が仕事などで訪れた先で、空腹を満たすため飲食店(実在の店)に入り食事をして帰る(五郎は下戸)、というストーリーが毎回繰り返される。店探しとメニュー選びの様子以外は、ほとんどの時間が注文した品を五郎が食べるシーン。しかし、その食べっぷりが見事で、主に深夜時間帯に放映されることもあって「夜食テロ」という言葉も生まれた。訪れる土地は多くが首都圏だが、地方都市が取り上げられることもある(フランス台湾への出張編もある)。テレビ東京の公式ウェブサイトで、これまでに五郎が訪れたすべての店の情報が参照できる(地域での選択も可能)。  WEB  [1]

北海道・東北[編集]

北海道[編集]

  • 『愛をください』 — 2000年フジテレビ系列で放映されたドラマ。劇中歌で蓮井朱夏(菅野美穂演)が歌う『ZOO 〜愛をください〜』が実際にヒットした事でも知られる。ヒロインの「遠野李理香(蓮井朱夏)」を自殺から救い、文通を始める事となった「長沢基次郎(江口洋介演)」の住む町として函館の街が登場する。  所在  函館市
  • 『北の国から』 — 富良野市の麓郷地区を主な舞台に、東京を引き上げ故郷で暮らす主人公一家の営みを描いたドラマ。子供たちの成長を追いかけるような形で、スペシャル版も含め1981年から2002年までフジテレビ系列で断続的に放映された息の長いドラマとしても知られる。ロケ地の麓郷地区には、主人公黒板五郎の家などが残っている。  所在  富良野市
  • 『マッサン』 — ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝とその妻でスコットランド人のリタをテーマとしたNHK連続ドラマ。余市町にあるニッカの工場は史跡という部分もあり、観光によい。  所在  余市町

青森県[編集]

岩手県[編集]

  • 『あまちゃん』 — 岩手県北三陸市(架空 - 久慈市がモデル)で海女にあこがれた女性が様々な生き様を生きるドラマ。北三陸市のモデルとなった久慈市では海女の北限である小袖海岸があるほか、三陸鉄道もロケに使われている。地元の方言の「じぇじぇじぇ!」は流行語である。  所在  久慈市小袖海岸

宮城県[編集]

秋田県[編集]

山形県[編集]

福島県[編集]

関東[編集]

茨城県[編集]

栃木県[編集]

群馬県[編集]

埼玉県[編集]

千葉県[編集]

  • 『木更津キャッツアイ』
    『木更津キャッツアイ』 — 宮藤官九郎脚本のテレビドラマ(TBS系)で、タイトルが示す通り木更津市が舞台となっている。木更津市に住まう若者の日常(?)をテーマに作品にしたもので、余命半年と宣告された主人公「ぶっさん(配役:岡田准一)」を中心に草野球仲間(キャッツアイメンバー)と昼は野球に夜は泥棒にと明け暮れた日々をストーリーとした作品。当初は視聴率も芳しく無かったが、後にカルト的な人気が出て、舞台の木更津市がちょっとした観光地化する。また、続編が映画化された。  所在  木更津市
  • 『コーチ』 — 1996年にフジテレビ系列で放映されていた浅野温子主演のドラマ。都心の商社で働くバリバリのキャリアウーマンであった久保田渚(浅野温子)が仕事の失策で、九十九里町(架空の町という設定で実在の九十九里町とは別)の缶詰工場に左遷させられたところから物語が始まる。作中に登場するサバカレーの缶詰が、メインロケ地である川岸屋水産より実際に商品化され、販売されている。  所在  銚子市、他
  • 『スチュワーデス物語』 — 1983年10月から1984年3月までTBS系列で放送されていたテレビドラマ。当時アイドルだった堀ちえみが演じるスチュワーデス訓練生が3ヶ月間にわたる厳しい訓練を経て、一人前のスチュワーデス(現在の客室乗務員の事)になるまでのいきさつを描いたドラマ。日本航空が全面協力を行っており、羽田にある実際の日本航空の訓練施設や新東京国際空港(現成田空港)の北ウイングでロケが行われた。航空関連を扱ったドラマの代表的な作品の一つであり、現在でもたびたび同ドラマをオマージュしたパロディ作品などが見られる。  所在  成田空港

東京都[編集]

  • 『池袋ウエストゲートパーク』 — 宮藤官九郎脚本のテレビドラマ(TBS系)またはその原作小説で、タイトルが示す通り池袋が舞台となっている。通称『I.W.G.PIkebukuro WestGatePark:池袋西口公園)』。池袋に住む果物屋の息子「真島誠(配役:長瀬智也)」を中心に、池袋にたむろする不良ギャング達の周りで起こった事件にスポットを当ててストーリーが展開する青春サスペンスドラマ。  所在  豊島区池袋
  • 『踊る大捜査線』 — フジテレビ系列で放送された織田裕二主演の刑事ドラマで人気を博し、ドラマ終了後も続編にあたる映画化やスペシャルドラマや登場人物にスポットを当てたスピンオフ作品が作られた。お台場にあるという設定の湾岸署が舞台で、従来の刑事ドラマにありがちな犯人を追いかけて捕まえ、めでたしめでたしといったストーリー展開だけでなく、警察組織内における権力争いやキャリアによる上下関係などを上手く取り入れて、事件解決までのもどかしさを描いた臨場感のある作品となっている。作中に登場する「レインボー最中」が実際にフジテレビや羽田空港にて販売されるようになった。  所在  港区台場

神奈川県[編集]

中部[編集]

新潟県[編集]

富山県[編集]

石川県[編集]

  • まれ — NHK連続テレビ小説。石川県輪島市の津村稀がパティシエをめざすもの。  所在  輪島市

福井県[編集]

山梨県[編集]

  • 『花子とアン』 — 2014年上半期のNHK連続テレビ小説。主人公の村岡花子は甲府の貧農出身ながら教育熱心な家族の後押しで女学校を卒業し、故郷で教員となる。後に東京の出版社に転職し、『赤毛のアン』を翻訳することになる。山梨県各地でロケがあった。  所在  甲州市韮崎市北杜市

長野県[編集]

岐阜県[編集]

静岡県[編集]

愛知県[編集]

  • 『純情きらり』 — 岡崎のみそ製造業が舞台。舞台となったカクキュー八丁味噌は工場を公開している。  所在  岡崎市

近畿[編集]

三重県[編集]

滋賀県[編集]

京都府[編集]

大阪府[編集]

  • 『カーネーション』 — NHK連続テレビ小説の作品。小篠家からコシノヒロコ・コシノジュンコ・コシノミチコという大御所デザイナー3姉妹を生み出した歴史の話。岸和田はだんじり祭で有名であり、岸和田を代表するだんじり祭の話から始まる。  所在  岸和田市
  • 『ふたりっ子』 — NHK連続テレビ小説の作品。マナカナ演ずる一卵性双生児の姉妹が将棋に精を出す話。新世界が舞台となっている。  所在  大阪市/浪速区

兵庫県[編集]

  • 『夢千代日記』 — 山陰の温泉町を舞台に、胎内被曝の影響で原爆症を患う芸者夢千代と、夢千代を取り巻く人々を取り巻く人々の生き様を描いたドラマ。NHK「ドラマ人間模様」のシリーズとして、1981年から1984年にわたって三部作で放映された。舞台となった新温泉町の湯村温泉には、夢千代のブロンズ像が建っているほか、夢千代をテーマにした資料館もある。  所在  新温泉町

奈良県[編集]

和歌山県[編集]

中国・四国[編集]

鳥取県[編集]

島根県[編集]

  • 『ゲゲゲの女房』 — 戦争で腕を失い、結婚したものの貧乏であり続けながらも少しずつファンが増えていった水木しげる夫妻をテーマとした物語。妻・武良布枝の出身地である安来市のほか、水木しげるの出身地である鳥取県境港市も舞台。  所在  安来市鳥取県境港市

岡山県[編集]

広島県[編集]

  • 『一番電車が走った』 — NHKで放送されたドラマ。かつて広島電鉄が女学校を作り、学生を乗務させた。広電の復旧の際、変電所の技師と一緒に、被爆3日後に電車が一部復旧した話。  所在  広島市
  • 『西部警察PART-Ⅱ』 — 広島市の話で、広島電鉄を運休して市内全体でロケし、最後は広電宮島口駅(当時は広電宮島駅)で路面電車を爆破したことが話題になった。もみじまんじゅうのギャグで有名な漫才師・B&Bが出演している。広電宮島口駅は改装されたが、駅構内はほぼ爆破シーンと同じである。  所在  広島市廿日市市
  • 『てっぱん』 — NHK連続テレビ小説の番組。尾道市の女子高生がお好み焼きの店を開こうと努力する話。尾道の各所が出てくる。  所在  尾道市

山口県[編集]

徳島県[編集]

香川県[編集]

愛媛県[編集]

  • 『東京ラブストーリー』 — 1991年のドラマ。松山市の伊予鉄道・梅津寺駅に「ハンカチを結びつけると素敵なことがある」と、梅津寺駅ホームで柵にハンカチを結びつける人が絶えない。  所在  松山市

高知県[編集]

九州・沖縄[編集]

福岡県[編集]

  • 大都会PART2 — 北九州ロケで、現在は廃線になった路面電車の西鉄北九州線を追いかけ、窓から飛び乗って乗客が非常ブレーキをかけるシーン。実際に小倉北区魚町付近で俳優が線路上を走っている。現在は路面電車はないが、通りの繁華街はそのままである。  所在  北九州市/小倉北区

佐賀県[編集]

長崎県[編集]

熊本県[編集]

大分県[編集]

宮崎県[編集]

鹿児島県[編集]

  • 『Dr.コトー診療所』 — 甑島列島が舞台。甑島にはモデルとなった医師が現在も診療を続けている。  所在  甑島列島

沖縄県[編集]

  • 『ちゅらさん』 — NHK朝の連続テレビ小説で小浜島が舞台。  所在  小浜島

アジア[編集]

韓国[編集]

  • 『秋の童話』 — 運命に翻弄される、血のつながらない兄妹の再会と別れを描いた、2000年韓国KBS制作のドラマで、韓国で爆発的なヒットを記録し、日本をはじめ台湾やタイなど、アジアの他の国々でも放送された。束草のアバイ村などを中心にロケが行われ、現地には今でもヒロイン「ウンソの家」をはじめとする、ロケに使われた場所が残っており、それぞれ観光スポットになっている。  所在  束草
  • 『冬のソナタ』 — 学生時代に知り合い、事故死したと思っていたかつての恋人と時を経て再開したヒロインが、婚約者との間で心を揺り動かすといったストーリーで、今日の韓流ドラマブームの火付け役ともなった2002年KBS放送の作品。江原道の春川とその周辺がロケ地であり、近郊を流れる北漢江湖に浮かぶ半月型の小島、南怡島(ナミソム)のメタセコイヤ並木が特に有名。中高年の女性を中心に、日本からも多くの韓流ドラマファンが訪れる。  所在   江原道春川

オセアニア[編集]

ヨーロッパ[編集]

アフリカ[編集]

北米[編集]

アメリカ合衆国[編集]

  • 『ビバリーヒルズ高校白書』 — ビバリーヒルズのハイスクールを舞台とした青春ドラマで、日本ではNHKにて放送された。ミネソタ州ミネアポリスに住んでいた双子の高校生がビバリーヒルズのウェストビバリーハイスクールに転校する所から物語がスタートする。アメリカの高校生の恋愛や悩みなどの日常的な生活の他、時には親の離婚問題や麻薬、HIVや人種差別などと言った社会問題などが取り扱われ、アメリカの若者像が垣間見れるドラマとして話題となる。続編の『ビバリーヒルズ青春白書』と合わせて10シーズンにわたる長期ドラマである。劇中のウェストビバリーハイスクールは架空の高校で実在せず、実際のロケはトーランスハイスクールで行なわれた。  所在  ロサンゼルス
  • 『フルハウス』 — 日本ではNHKで何度も放送されたホームコメディ。妻を亡くしたサンフランシスコのテレビ局員・駆け出しのコメディアン・ロックにあこがれるギタリストの3人の男とその子供の明るい家族の話。サンフランシスコの各地が登場する。  所在  サンフランシスコ

中南米[編集]

その他の地域[編集]

関連記事[編集]

この記事「芸術作品の舞台を巡る (テレビ)」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。